Home > NEWS > ZST > 組技タッグに宇野薫&植松直哉、戸井田カツヤ&齊藤曜参戦:4.12 新宿

組技タッグに宇野薫&植松直哉、戸井田カツヤ&齊藤曜参戦:4.12 新宿

  • ZST
  • 更新・2015-03-16 (Mon)21:02
 ZST.45(4月12日(日) 新宿フェイス)で一回戦の行われる「第二代GT(グラップリング)タッグ王者決定トーナメント」の参加チームとして、宇野薫(UNO DOJO)&植松直哉(Nexusense)、戸井田カツヤ&齊藤曜(トイカツ道場)、牧野仁史(リバーサルジム東京スタンドアウト)&太田裕之(OFC)の3組が発表された。残りは1組で調整中。決勝はZST.46(5月24日(日) ディファ有明)で行われる。
 GTタッグの初代王者は2008年11月のトーナメントで優勝した所英男&今成正和組。今回のトーナメントの契約体重は両選手合わせて135kg。一回戦は15分1本勝負、決勝は15分3本勝負で、時間内に差がつかない場合はジャッジ3名によるマスト判定で勝敗が決まる。
 宇野と植松は既に出場の発表されていたメンバー。戸井田とTheギロチンこと齊藤は師弟コンビ。牧野と太田はZSTのグラップリングの主力選手で、2月22日のZST.44での対戦を通じて意気投合し、今回タッグを結成した。

 ZSTの上原譲代表は16日、東京・大久保のGENスポーツパレスでの会見で「宇野さんが10年以上前にプロデュースしていたコンテンダーズを見て、GCMの久保(豊喜)社長に相談し、当時のGCMさんの大会の演出をやっていた方に協力していただいて初めて開催したのがZSTなんですね。GCMの守山(竜介)さんやスタッフの方々が築き上げられた大会で、グラップリングへの憧れもあって、うちでもずっとやっている部分もあります。私と同い歳の宇野さんがこうやって、40手前にして上がってもらったこと感謝しています」とコメントした。コンテンダーズは後のPRIDE武士道やHERO'Sで活躍する選手が多数上がっていたグラップリングのプロ大会。タッグマッチも頻繁に行われており、先駆者の宇野がこのような形で参戦することに上原氏も感慨深い様子だった。
 トーナメントの組合せとについて上原氏は「もう1チームが決まってから決めます。私も最近Twitterを始めましたので、ファンの方からはこういうチームがいいとか提案をしていただきたいですし、我こそはという選手がいれば名乗り出て欲しいです」と話した。

 会見には6選手が勢ぞろいし、トーナメントに向けての意気込みを語った。

◆宇野薫
「修斗で負けてから(1月の中村ジュニア戦)、今年はグラップリング、柔術に挑戦したいと思うようになりました。ベルトがかかっている試合ですので、ベストな試合ができるように頑張ります、柔術では植松選手が先生なので、息の合った試合をしたいと思います。どのチームも強いので、楽しみな反面、怖さもありますね。タッグはコンテンダーズで10年ぐらい前にやっていたので楽しみです。コンテンダーズの時のように、動きのある試合をして、細かいテクニックでもお客さんを魅せられればと思います」

◆植松直哉
「今回のお話をいただいた時、違う選手と組もうとも思ったんですが、都合で出れないということで、宇野さんに軽くお伺いしたところ快諾して頂けました。以前に試合したりだとか、私がコーチングしてセコンドについたりしたことがあるのですが、一緒に戦えるのは光栄です。この中では一番現役から退いている部分があるので、きれば宇野さんにたくさん戦ってもらって、ベルトにたどりつきたいです(笑)。
(戸井田の対戦要求に対して)戸井田さんは怖いんで、できれば違う人で。たぶん一番僕が練習してないんですが、この中で一番うまいんで、のらりくらりとやります。齊藤君は後輩で、一番若いんで、うまくあしらおうかなぐらいには思っています」

◆戸井田カツヤ
「全国で11店舗の道場を展開する戸井田カツヤです、そうそうたるメンバー、誰とやっても面白くなるよ。自分もプロ選手は引退した身ですけど、またいいところ見せちゃおうかなって思います。
 先輩の宇野さんいますし、植松君には2回負けてるんで、宇野・植松組と一回戦、よろしくお願いします。コンテンダーズでは僕がセミあたりで試合していたけど、宇野さんがメインで試合をしていて、やっぱり輝いてましたよ。敵でやるなら、俺がその輝きを上回ろうと思います。
 うちの齊藤は喋れないってことでね、じゃあ俺が代わりに…(齊藤が真面目なコメントを耳打ちすると)『全員ギロチンで仕留めてやる。宇野さんの首は俺が取る』って言ってます(場内笑)。この前も齊藤が(D-NETのトーナメントで)佐々木憂流迦に勝って優勝してますけど、極めに関してはうちがナンバー1です」



◆牧野仁史
「トイカツさんみたいに面白いことは言えないですけど、グラップリングで借りりを返したいです。得意の足関を炸裂させます」

◆太田裕之
「いつもZSTのグラップリングに出させてもらい、ボスキャラのような選手たちと戦ってますけど、今回は大ボスの大ボスと戦わせてもらえる感じです。前回の試合では牧野選手に足関を極められて、強さを体感しました。牧野選手と参加できて心強いです。ZSTのグラップリングが一番凄いというところを見せたいです」

 会見ではZSTルールの5カードも発表。昼の部のZST CHALLENGE 139では女子のGTルールの試合も組む予定で、ZSTでは出場者を募集している。

対戦カード


フェザー級 5分2R
川村 謙(リバーサルジム東京スタンドアウト)
伊達和貴(Team DATE)

バンタム級 5分2R
平田純一(STL-OFC)
野沢零羽(和神会)

フライ級 5分2R
上原佑介(マルワジム横浜/team roial)
坂巻魁斗(BRAVE)

フライ級 5分2R
田村 淳(拳心會)
吉岡弘晃(Brightness)

54.4kg契約 5分2R
澤田健壱(パラエストラ東京)
木内崇雅(和術慧舟會GODS)

出場予定選手


第二代GT(グラップリング)タッグ王者決定トーナメント一回戦


宇野 薫(UNO DOJO)&植松直哉(Nexusense)
戸井田カツヤ(トイカツ道場)&齊藤曜(トイカツ道場)
牧野仁史(リバーサルジム東京スタンドアウト)&太田裕之(OFC)
※契約体重は両選手合わせて135kg。残り1チームは後日発表。一回戦は15分1本勝負、決勝は15分3本勝負

スケジュール


開場・17:30 開始・18:00

チケット料金


VIP席(最前列) 12,500円
VIP席(カウンター席) 12,500円
SRS席 8,500円
A席 6,500円
立見券 5,000円
※当日購入の際は、全席種一律500円増しとなります
※1歳よりチケットが必要となります
※ドリンク代別途500円が必要です

チケット販売所


チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:594-770)

お問い合わせ


ZST事務局 03-6433-5253 http://www.zst.jp/   info@zst.jp  

Home > NEWS > ZST > 組技タッグに宇野薫&植松直哉、戸井田カツヤ&齊藤曜参戦:4.12 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について