Home > NEWS > ZST > 永田克彦が初参戦。小谷の先の標的は所英男

永田克彦が初参戦。小谷の先の標的は所英男

  • ZST
  • 更新・2008-10-31 (Fri)20:40
 ZST.18 ~旗揚げ6周年記念大会~(11月23日(日) ディファ有明)に永田克彦が参戦し、小谷直之とZSTルール・ライト級で戦うことが決まった。永田は小谷を下し、2度対決が流れた所英男とのDynamite!!での対戦につなげたい考えだ。大会の全カードが決定している。


 永田は3年前のDynamite!!でのMMAデビュー戦で所と戦う予定だったが、欠場の秋山の代わりに所がホイスと戦うことになり、永田はレミギウスと戦い勝利。そして昨年3月のHERO'S名古屋大会で永田と所の一戦が再び組まれたが、今度は永田の怪我で中止となった経緯がある。

 永田は31日、東京・代々木のリバーサルジムで記者会見。「K-1のリングでZST 選手に2回勝っている(レミギウスと勝村)。ZST最強と言われている小谷選手に勝って、ZSTをぶっ潰したい。過去2回試合が流れている選手と大晦日にやっても面白い」「今は階級が違うけど、大晦日だからこそ普段できないマッチメイクがあっていいと思う」と所との一戦を熱望した。

 小谷については「小谷選手の対戦相手を研究するためにビデオで見ていたけど、小谷選手のことは意識はしていなかった。これから研究する」と話し、パウンドの無いZSTルールについては「どんなルールでも強い選手が勝つと思う。それは問題ない」「掌底を使ってみたい。このルールでできる嫌なことをやりたい」と話した。

 ZST事務局の上原譲広報は、永田のZSTへの継続参戦を熱望。「若い選手にも胸を貸してほしい。リングスのKOKトーナメントでダン・ヘンダーソン選手が優勝したように、レスリングの選手はこのルールに向いている。このルールでの強さを見せてほしい」と話す。永田本人は「小谷選手を倒して、僕に挑戦したい選手がいればやりたい。タッグマッチも興味ある」と前向き。プロレスラーの兄・裕志とのタッグ結成も期待されたが「できれば同じチームの選手と組みたい」と答えた。

 会見ではZSTのラウンドガールとの撮影にも、カメラマンからのポーズ要請に気軽に応じ、タッグマッチで出場する伊藤健一&有起兄弟とも敬礼ポーズを取る等、気さくな人柄が印象的だった。この日はちょうど35歳の誕生日で、誕生日ケーキのプレゼントもあった。永田は「35歳といっても体力は落ちてないし、技術を身につければまだまだこれから活躍できる」と自信たっぷり。今年結婚し、来年第一子が生まれる予定で、精神的にも充実している様子。そんな永田が6周年以降のZSTにどんな新風を吹かせるか注目したい。

Home > NEWS > ZST > 永田克彦が初参戦。小谷の先の標的は所英男

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

TRY-EX(トライエクス)キックボクシングジム
JR総武線「市川」徒歩8分
12月2日に新装移転オープン!1月に入会の方は入会金無料です!“楽しいキック”をモットーに指導をしています。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について