Home > NEWS > UFC > 夜叉坊と同じ大会で廣田瑞人、5年ぶりにライト級戦:2.11 オーストラリア

夜叉坊と同じ大会で廣田瑞人、5年ぶりにライト級戦:2.11 オーストラリア

  • UFC
  • 更新・2017-12-22 (Fri)10:42
 UFC 221: Whittaker vs. Rockhold(2018年2月11日(日) オーストラリア・パース:パース・アリーナ)に石原“夜叉坊”暉仁に続き、廣田瑞人(CAVE)も参戦する。石原と廣田は14年のRoad to UFC JAPANフェザー級決勝で引分け、揃ってUFCと契約。既報通り石原は今回から修斗時代と同じバンタム級に戻すが、廣田は修斗・ケージフォース・SRC・DEEP時代の12年までと同じライト級に戻す。
 石原戦を経てUFC復帰を果たした廣田は1勝1敗の後、今年9月のさいたま大会で試合が組まれたが、前日計量でフェザー級+1ポンドの146ポンドのリミットを4ポンド(1.8kg)オーバーし、体調不良でドクターストップがかかった。前回の反省を踏まえ、階級をフェザー級からライト級に戻し再始動する。現在36歳。
(写真は9月のさいたま大会の計量の2日前の会見での廣田。この時は減量は順調そうな様子だった)

 対戦相手に決まったロス・ピアソンは04年にMMAデビューし、09年のジ・アルティメット・ファイター(TUF)シーズン9で優勝しUFCと契約し、今も途切れず上がり続け、現在33歳。過去にはアーロン・ライリー、ジョージ・ソテロポロス、グレイ・メイナード、サム・スタウトをKOしているが、勝ち負けを繰り返すレコードで、とりわけここ2年は苦戦。最近4試合はウィル・ブルックス、ホルヘ・マスヴィダル、スティーヴィー・レイ、ダン・フッカー相手に連敗中と崖っぷちだ。フッカーにKOで敗れたのは今年6月のニュージーランド大会で、廣田も同じ大会でアレクサンダー・ボルカノフスキーに判定負けしている。

 廣田のコメントがUFC日本広報から届いている。

「まず、9月のUFCファイトナイト・ジャパンの計量オーバーに関して、対戦選手の(チャールズ)ローザ選手、およびチーム・ローザの皆様、UFC関係者の皆様、そしてファンの皆様に改めて深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。前回の反省を踏まえて、階級をフェザー級からライト級に転向して出直すことになりました。この機会を与えてくれたショーン(シェルビー/マッチメーカー)とUFCに感謝しています。
 対戦相手のロス・ピアソンはTUFシーズン9の優勝者で、名前のある選手です。現在4連敗中ですが、強い選手にしか負けてないですし、映像を見直しても間違いなく強敵です。自分は日本版TUFの同時優勝でしたが、このTUF優勝者対決を制して、日本人の強さを証明したいと思っています。よろしくお願いします」

Home > NEWS > UFC > 夜叉坊と同じ大会で廣田瑞人、5年ぶりにライト級戦:2.11 オーストラリア

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
5月は入会金無料!フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニン...

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について