Home > NEWS > 新日本キック > 波賀宙也「WBCムエタイのベルトを取り戻して引退したい」:1.7 後楽園

波賀宙也「WBCムエタイのベルトを取り戻して引退したい」:1.7 後楽園

 WINNERS 2018 1st(1月7日(日) 後楽園ホール)のトリとなる「新春スペシャルマッチ」でバカイペット・JSK(タイ/元BBTVバンタム級王者)と戦う波賀宙也(立川KBA/元WBCムエタイ日本統一スーパーバンタム級王者)のインタビューが新日本キックから届いた。

波賀宙也



――試合が近づいてますが、コンディションはいかがですか。

「いつも通りの調整が出来ているので今まで以上、今まで以下ということも特にないですね。普段通りの感じて仕上がっています」

――練習で強化していることは?

「今年はヒジで斬られて負けることが多かったので、逆にヒジで斬りたいと思うようになりました。斬られるまではそんなにヒジを練習していなかったのですが、もらわないようにするという意味もあり、特にヒジを意識しながら練習しています。負けて学ぶことが あるとは言いますが、だったらずっと負けていればいい。負けて学ぶようではダメだと思いますね」

――今回、新日本キック初参戦となりました。

「初めての新日本キックのリングでありながら、チャンピオン勢が出た後のオオトリを任せていただけるのは凄くありがたいことなので、ちゃんと勝って結果を残したいと思います」

――新日本キックにはどのようなイメージがありますか。

「昔は他の団体と交流しないイメージがありましたが、今は色んな団体と交流してますし、強い選手が揃っているイメージがあります。特に新日本キックのお客さんは新日本キックにくっ付いているお客さんが多く、僕の試合を観るのが初めての人もいると思うので、そこで強い波賀宙也の姿を見せたいと思います」

――11月のガオテーム・ルークプラパーツ戦で敗れ、現在5連敗中と厳しい状況ですね。

「そろそろ連敗を脱出してもいいのかなと(苦笑)。ここでバカイペットに勝てれば調子も出てくるのかなと思います。11月は現役ラジャダムナンのチャンピオンに負けてしまいましたが、今年の試合の中では一番いい内容だったと思いますし、少しずつ調子も上がっているのでバカイペット戦にピークを持っていければ」

――5連敗の前は7連勝でしたが、良い時期と悪い時期とでは何が違うのでしょう。

「特に何が悪いというのはないのですが、勝ち続けるということは難しいということではないでしょうか。良い時期には慢心という気持ちもないです。ワンマッチ、タイトルマッチなど、どんな試合でも勝ちたいという気持ちは変わりません。自分の身体も良く負傷箇所はないですし、相手も一生懸命にやってくるのでそこで負けないように色んな引き出しを作ってどんな状況でも耐えられるようにしようとは思っています」

――バカイペットについてはどのような印象がありますか。

「うまさよりも力強さが際立っている選手だと思います。逆に攻めが粗く隙はいくつかあるので、そこを突いていければなと。日本で試合をした時は観戦していませんが、最近のタイでの試合映像はインターネットで見ました。実際に左ミドルを食らってみないと、どれぐらい強いのかもわからないですし、5Rあるのでしっかり1Rにわかったところで色々と対応していこうとも思います。左ミドルをカットしてもどんどん蹴ってくるので、そこをしっかりカットしてその後に蹴りを返す練習をしています。今後は誰が相手でも勝たないといけないですね。新年一発目がバカイペットできついですけど、逆にチャンスです」

――どんな勝ち方をイメージしてますか。

「相手はずっとタイのトップでやってきた選手なのでそんな簡単にはいかないと思いますが、一番理想の勝ち方はヒジで斬ることです」

――2018年はどのような1年にしたいですか。

「昨年は全敗だったので、とりあえず全部勝ちたいです。身体が持てば何試合でもやりたいですし、新春一発目にいいスタートをして引退するまでずっと勝ち続けたいですね。いつ引退するのか、具体的なことは決めていませんが、あと2~3年は続けた後に引退したら、嫁がタイ人なのでタイで永住しようと思っています。特に日本でやりたいことがなく、嫁が農園を持っているのでその経営を含めてやっていこうかなと」

――引退ですか!?

「引退が視野に入ってきているので意味のある試合をやっていきたいですね。自分の為にも相手の為にもならないような、ただの消化試合ではやりたくはないです。とりあえず、WBCのベルトは獲られているので、それは取り戻して引退したいとは思っています。

――6月に出場したKNOCK OUTの舞台についてはどうでしょう?

「またお話があれば出てみたいですね。そう言える立場ではありませんが、バカイペットを倒して勝ち続ければ自然とそういう道が出来るのかなと思いますね。うまさ、強さを見せて必ず勝ちたいと思います」

対戦カード


第12試合 新春スペシャルマッチ 56.5kg契約 3分5R
バカイペット・JSK(タイ/元BBTVバンタム級王者)
波賀宙也(立川KBA/元WBCムエタイ日本統一スーパーバンタム級王者)

第11試合 メインイベント 52kg契約  3分3R
石川直樹(治政館ジム/日本フライ級王者)
ラタケット・パンダクラタナブリー(タイ)

第10試合 メインイベント 59kg契約 3分3R
石原將伍(ビクトリージム/日本フェザー級王者)
スウィーレック・パンダクラタナブリー(タイ)

第9試合 メインイベント ヘビー級 3分3R
柴田春樹(ビクトリージム/日本ヘビー級王者)
OD・KEN(ReBORN経堂/J-NETWORKライトヘビー級4位)

第8試合 セミファイナル 63kg契約 3分3R
ヨーペットJSK(タイ/元BBTVトーナメント王者)
永澤サムエル聖光(ビクトリージム/日本ライト級1位)

第7試合 68.5kg契約 3分3R
政斗(治政館ジム/日本ウェルター級1位)
憂也(魁塾/DEEP☆KICK -65kg王者)

第6試合 ライト級 3分3R
直闘(治政館ジム/日本ライト級2位)
内田雅之(藤本ジム/日本ライト級3位、元日本フェザー級王者)

第5試合 54kg契約 3分3R
馬渡亮太(治政館ジム/日本バンタム級2位)
田中亮平(市原ジム/日本バンタム級6位)

第4試合 62kg契約 3分3R
興之介(治政館ジム/日本ライト級10位)
まさきラジャサクレック(ラジャサクレックジム)

第3試合 55kg契約 3分3R
阿部泰彦(JMN/日本バンタム級3位)
古村匡平(立川KBA/NJKFバンタム級5位)

第2試合 フェザー級 3分2R
瀬川 琉(伊原道場稲城支部)
島袋一将(治政館)

第1試合 女子49.5kg契約 3分2R
祥子(JSK)
亜由美(トーエルジム)

スケジュール


開場・16:45  開始・17:00

チケット料金


SRS ¥20,000
RS ¥15,000
S ¥10,000
A ¥7,000
B ¥5,000
立見 ¥4,000(当日のみ販売)

チケット販売所


チケットぴあ
出場選手所属ジム

お問い合わせ


治政館ジム 048-953-1880 http://shinnihonkickboxing.com/ 

Home > NEWS > 新日本キック > 波賀宙也「WBCムエタイのベルトを取り戻して引退したい」:1.7 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について