Home > NEWS > 新日本キック > 緑川創、渡辺健司×大和侑也、斗吾×斎藤智宏 直前インタビュー:12.10 後楽園

緑川創、渡辺健司×大和侑也、斗吾×斎藤智宏 直前インタビュー:12.10 後楽園

 SOUL IN THE RING 15(12月10日(日) 後楽園ホール)に緑川創 vs. サグントーン・トーポンチャイ、渡辺健司 vs. 大和侑也、斗吾 vs. 斎藤智宏の3カードのうち、日本勢5選手の直前インタビューが新日本キックから届いた。
第12試合 70kg契約 3分5R
緑川 創(藤本ジム/元日本ウェルター級王者)
サグントーン・トーポンチャイ(タイ/元ルンピニー認定スーパーフライ級5位)

◆緑川 創

――試合が近づいてますが、コンディションはいかがですか。

「バッチリ仕上がっています。最近の練習ではフィジカルトレーニングの量を増やして、それプラスいつも以上に諸動作や、爆発的な一発が出来るように速く強く打つことを意識しています。フィジカルの量を増やすことで減量が楽になり、体つきも多少変わり、動くときも身体の重さを感じないので成果を感じています」

――前回10月の再起戦となったポーンパノム・ペットプームムエタイ戦では3Rに右ローキックでKO勝ちでした。

「派手にパンチで倒そうと思っていたら、思ってもいなかったローで相手が倒れたので不完全燃焼で終わってしまった感はあります。でも、今やっていることは間違っていなかったなと感じました」

――今回の相手サグントーン・トーポンチャイ選手についてはどのような情報を入手していますか。

「後輩の勝次が以前にやっていて(2015年7月12日)、判定で負けているんです。テクニシャンタイプであまり前に出てこない選手ですが、中に入って倒したいと思います。ちなみに勝次からは『カットがうまくて、スネが硬い選手でした』としかアドバイスがなく(苦笑)、あいつらしいですよね。今回は再起2戦目ですが、こういうところでしっかりといい勝ち方をして周りの評価を変えていきたいと思っています」

――どのような勝ち方をイメージしていますか?

「どの技でも倒したいのですが、とにかくガンガン前に行って倒します」

――今年最後の試合になりますが、2017年はどういう1年でしたでしょう。

「昨年は全勝でしたが、今年はラジャダムナンスタジアムの現役ランカーとの試合で負けたりと大事な試合で落としてしまいましたが、今になって気付いたことがあるので得るものは大きかったと思うようにしています」

――来年はどういう1年にしたいですか。

「全部勝ってKNOCK OUTに出たり、もしラジャダムナンのタイトル挑戦の話が来たら、気持ちを前面に出す試合をして絶対に勝ちたいですね」

――会場に来るファンにメッセージをお願いします。

「今回は藤本ジム主催興行です。メインは江幡(睦)君ですけど、その前に藤本ジム所属の僕が精一杯頑張ります。観ている方が何かを感じ取ってもらえるような試合をして勝ちますので応援よろしくお願いします」


第11試合 68kg契約 3分3R
渡辺健司(伊原道場稲城支部/日本ウェルター級王者)
大和侑也(大和ジム/WBCムエタイ日本統一ウェルター級1位・元王者)

◆渡辺健司

――対戦相手の印象を教えて下さい。

「今まで大和選手のことを意識したことがなく、オファーが来たときは意表を突かれましたね。大和選手はビッグネームなので試合が楽しみです。試合が決まってからYoutubeでの試合映像を見ましたが、とてもテクニックがあり、僕とやったらうまく噛み合う試合になるんじゃないかと思います」

――渡辺選手はここ最近、他団体のトップ選手との対戦が増えてきましたね。

「団体の看板を背負って出るので、自分が負けたら新日本キックは弱いと思われてしまうので絶対に負けられないという気持ちで試合に臨んでいます」

――前戦となった9月の元DEEP KICK王者・憂也選手との試合は引き分けに終わりました。

「大変素晴らしい選手でしたが、若い選手なので舐めていた部分がありました。かなり様子を伺い過ぎて消極的になってしまったので、1Rからプレッシャーをかけていけば良かったなと。3Rに取り返さないといけないと思い攻めにいきそこで終わってしまったので悔いが残った試合でした。出来れば再戦したい気持ちは強くあります」

――渡辺選手は変則的なスタイルですよね。

「周りから“やりづらい”とよく言われます。自分は一発があるタイプではなく、自分が得意なのはディフェンス力です。特に才能があるわけでなく、僕は考えながら作戦を詰めていくタイプです」

――渡辺選手のスタイルはどの選手を真似したものですか。

「今までの経験の中で色んな選手を見てきてこういうふうにやればもっとうまく出来るのでは?と思いながらやってきて今のスタイルがあります。あえて言うなら、フロイド・メイウェザーのディフェンスはかっこいいなと思い、メイウェザーの映像をよく見るようになってからは避ける技術が上がりました。あと、ムエタイの映像を見て、相手の攻撃が当たらない距離での戦い方を参考にしています。元々のスタイルはガムシャラに突っ込むスタイルだったので、今はそのガムシャラにやる気持ちを入れて戦わないといけないなとは思います。今のような間合いを取る戦い方だとなかなか試合が動かないこともあり、引き分けも増えてしまいます」

――来年はどういう1年にしたいですか。

「後輩の(重森)陽太が頑張っているので、僕はKNOCK OUT出場を意識しています」

――最後にファンにメッセージをお願いします。

「相手はNJKFのチャンピオンなので必ず勝って次につながるようにするので応援よろしくお願いします」


◆大和侑也

――新日本キックのリング初参戦となりました。

「まず最初に他のリングと違うと思ったのは、当日計量であること。以前はNJKFも当日計量で当時の自分は全然身体が出来ていなく、減量もなかったので特に気になっていませんでした。今回、契約体重がいつもより重いので、どのような感じで動けるのか楽しみでもあります」

――今回の試合に向けて練習で強化してきたことはありますか。

「相手がガムシャラに前に出てくる選手だと思うので、3Rしっかり動けるようにしてきたぐらいですね。今回は特に変わった練習はしていません」

――渡辺選手についてはどのような印象がありますか。

「最近の試合映像が全く見つからなかったので特に研究はしていません。変則的な動きをする選手ですよね? 対戦相手は渡辺選手のぺ―スに飲まれていつの間にか3Rが終わってしまったという展開になっているんだと思います。相手のペースに付き合わずに、自分のペースで戦えば絶対に隙が出てくるので攻撃を当てます」

――今回は3分3R制の試合ですが、戦い方は変わってきますか?

「陸上競技で例えると短距離走と長距離走の違いぐらいあります。3R制だと1Rから手数を出す戦いになって5R制とはペース配分が違ってきますが、今年は3戦して全て3R制だったのでラウンド数は特に気にしていません」

――大和選手はNJKFの看板選手の一人であり、対する渡辺選手は新日本キックの現役チャンピオンです。団体の看板を背負って戦うという意識はありますか?

「意識はあんまりしていませんが、自分はNJKFの選手なのでここで下手な試合をしたらNJKFの価値を下げてしまうことになるので他の団体の選手には負けたくないですし、負けられません。“NJKFの大和は強い”と思わせる試合をします」

――今年最後の試合となりますが、来年はどういう1年にしたいですか。

「今年はすでに3戦して結構強い選手とやってきました。渡辺選手は僕よりもキャリアが長いですが、自分もそれなりに強い選手とやったり、海外で試合したりと経験を積んでいます。最後の試合で負けたらいい1年じゃなかったと思ってしまうので、しっかりとKOで締めたいですね」

――最後にファンにメッセージをお願いします。

「盛り上げる試合をするのでぜひKOする瞬間を見逃さないで下さい」


第10試合 73.5kg契約 3分3R
斗吾(伊原道場本部/日本ミドル級王者)
斎藤智宏(Ys.k KICKBOXING GYM/覇王スーパーウェルター級王者)

◆斗吾

――試合が近づいてますが、コンディションはいかがでしょうか。

「いつも通り順調に仕上がっています。試合に向けて特別に強化していることはないのですが、伊原(信一)会長の指示通り黙々と練習してきました」

――対戦相手の斎藤選手についてはどのような印象を持っていますか。

「3年前に一度対戦したことがあるのですが(2014年3月9日:写真)、全然気は緩んでいません。当時の印象としては、身長が高くて首相撲で来る選手なので、今回そこを気を付けて試合に臨めば問題ないと思います。もう一度しっかり勝って今年を締めて来年につなぎたいと思います」

――KO勝ちが続いてますが、今回の試合のテーマはありますか。

「練習してきたことを全部出そうと思って臨んだ結果、KO勝ちにつながっています。今回もKOや倒すことがテーマです」

――今年最後の試合になりますが、2017年はご自身にとってどういう1年でしたでしょうか。

「3月に日本ミドル級タイトルの初防衛に成功したことで人として成長できたかなと思います。私生活では規則正しく生活を送るようになり、朝は6時前に起きて夜は22~23時寝るのでもっと人間らしくなりました(笑)。チャンピオンとしての自覚も出来ましたし、また今野顕彰選手がベルトを取りに来ると思うので獲られたくはありません」

――来年はどういう一年にしたいですか。

「今年よりももっといい年にしたいですね。世界タイトル挑戦やラジャダムナンの王座も狙っていきたいと思いますし、また人間的にも成長していきたいと思います」

――新日本キックの選手が続々とKNOCK OUTに参戦しています。

「今回(江幡)塁が出ることでもっと新日本の選手が出やすくなるのかなと思います。伊原道場にはいい選手がいるのでどんどん出ていければいいですね。駅のホームなどにKNOCK OUTのポスターが貼ってあったり、テレビでも放送されているのを見ると羨ましく思います。指をくわえて待ってるわけにはいきません。自分もタイミングが合えばぜひ出たいです」

――斗吾選手はKO率が高いのでKNOCK OUT向きの選手ですね。

「一番合っている選手だと思います(笑)。NKBやNJKFにはミドル級のチャンピオンがいるので、そういう選手とやりたいですね。倒して新日本最強、伊原道場最強を証明します」


◆斉藤智宏

――試合が近づいてますが、コンディションはいかがでしょうか。

「今は試合に向けて最終段階で練習しながら体重調整をしているところです」

――練習で強化していることはありますか。

「斗吾選手とは一度対戦したことがあり、その時は自分が前半押していたのですが、2Rに警戒していたヒジで斬られてドクターストップ負けになりました。対戦した時、斗吾選手はまだ日本ミドル級1位でしたが、今はチャンピオンです。自分はあれから独立してジムを開き、タイ修行にも行ってパタヤにあるMAX MUAYTHAIで斗吾選手以上の強いタイ人選手と試合をしてきたので今回心配はありません」

――一度対戦した相手と再戦するのはやりやすいですか、やりにくいですか。

「チャンピオンにとってはいい思い出はないかもしれませんが、僕は苦手意識もなく相性としてはいいと思います。ここでチャンピンを倒せば自分の評価も高くなるので美味しい相手ですね」

――ジム経営もやりながら選手として活動するのは大変ではありませんか?

「元々は会社員をやりながら趣味でキックボクシングをやっていました。今はジム経営・管理をしないといけないのですが、その分、自分のジムなので好きなタイミングでタイ修行に行けますし、こちらの都合でタイ人トレーナーを呼べるので会社員にいた時よりも選択の自由は大幅に広がっています。ちなみに11月の中旬からラジャダムナンの現役チャンピオンをトレーナーに迎えての練習が出来ています。今回の一戦は僕にとっては、棚からぼた餅です。僕は負けて失うものはないので挑戦するのみです」

――最後にファンにメッセージをお願いします。

「王者をどう苦しめるかを考えて練習してきました。負けるときはKO負け、ドクターストップ負けもあるかもしれませんが、いい勝負をして会場を盛り上げたいと思います」

対戦カード


第13試合 54.5kg契約 3分5R
江幡 睦(伊原道場本部/WKBA世界バンタム級王者)
トートー・ペットプームムエタイ(タイ)

第12試合 70kg契約 3分5R
緑川 創(藤本ジム/元日本ウェルター級王者)
サグントーン・トーポンチャイ(タイ/元ルンピニー認定スーパーフライ級5位)

第11試合 68kg契約 3分3R
渡辺健司(伊原道場稲城支部/日本ウェルター級王者)
大和侑也(大和ジム/WBCムエタイ日本統一ウェルター級1位・元王者)

第10試合 73.5kg契約 3分3R
斗吾(伊原道場本部/日本ミドル級王者)
斎藤智宏(Ys.k KICKBOXING GYM/覇王スーパーウェルター級王者)

第9試合 フェザー級 3分3R
瀬戸口勝也(横須賀太賀ジム/日本3位)
皆川祐哉(藤本ジム/日本6位)

第8試合 ライト級 3分3R
ジョニー・オリベイラ (ブラジル/トーエルジム/日本4位)
大月慎也(治政館ジム/日本6位)

第8試合 ミドル級3分3R
本田聖典(伊原道場新潟支部/日本2位)
萩本将次(CRAZY WOLF GYM)

第6試合 バンタム級3分3R
古岡大八(藤本ジム/日本3位)
鰤鰤左衛門(CORE/NJKF 5位)

第5試合 ライト級 3分3R
渡邉涼介(伊原道場新潟支部/日本5位)
TASUKU(CRAZY WOLF GYM)

第4試合 ウェルター級 3分3R
リカルド・ブラボ(アルゼンチン/伊原道場アルゼンチン支部)
山本ジエゴ(ウルブズズクワッド)

第3試合 フライ級 3分2R
山野英慶(市原ジム)
空龍(伊原道場新潟支部)

第2試合 女子フライ級 3分2R
白石瑠里(藤本ジム)
加藤みどり(エイワスポーツジム)

第1試合 ライト級 3分2R
KAZUMA(揚心ジム)
中田憲四郎(藤本ジム)

スケジュール


開場・16:45 開始・17:00

チケット料金


SRS席 ¥20,000
RS席 ¥15,000
S席 ¥10,000
A席 ¥7,000
B席 ¥5,000
立見 ¥4,000(当日)

チケット販売所


チケットぴあ
後楽園ホール
藤本ジム

お問い合わせ


藤本ジム 03-3493-5988  http://www.shinnihonkickboxing.com/

Home > NEWS > 新日本キック > 緑川創、渡辺健司×大和侑也、斗吾×斎藤智宏 直前インタビュー:12.10 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について