フォンペートのラジャダムナン王座再挑戦の江幡睦の談話届く:3.15 後楽園

 新日本キック「MAGNUM 37」(3月15日(日) 後楽園ホール)でのラジャダムナン&WKBA世界バンタム級ダブルタイトルマッチでフォンペート・チューワッタナ(タイ/ラジャダムナン王者)と対戦する江幡睦(伊原道場本部/ラジャダムナン10位、WKBA世界王者)の直前インタビューが新日本キックから届いた。


―― まずは、ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級&WKBA世界バンタム級ダブルタイトルマッチを控えた現在の心境はいかがですか?
「体調も良く、いい緊張感で仕上がってきています。3月15日は最高の状態で挑むのみです」

―― タイの国技、ムエタイ500年の歴史でも過去外国人が王者となったことがない『神の階級』に挑むわけですが、まずは4度目の対戦となるフォンペート選手の印象をあらためてお聞かせ下さい。
「気持ちのある良い選手です。4度目も楽しみです」

―― 昨年の対戦(9月後楽園、ノンタイトル戦)と違い今回はラジャダムナン王座を賭けた戦いとなり王者フォンペート選手も王者の威信を賭けて向かってくると思いますが、江幡選手は今回の試合に向けてどんな練習、対策をしてきましたか? お答えできる範囲で結構なので教えて下さい。
「伊原会長とバランスを徹底して強化しました」

―― 新日本キックボクシング協会としては昨年引退した石井宏樹(元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級王者)選手以来の王座奪取に期待が高まっていますが、江幡選手にとってこの泰国ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級チャンピオンに対する思いとはどんなものですか?
「目指していたベルトです。歴史あるベルトであり、打倒ムエタイになるベルトです」

―― では、3.15後楽園大会にお越しになる皆様をはじめ、応援して頂いている皆様へ一言。
「キックボクシングの歴史を変えたいと思います。応援宜しくお願いします。宜しくお願いします」

対戦カード


第12試合 ラジャダムナン&WKBA世界バンタム級ダブルタイトルマッチ 3分5R
フォンペート・チューワッタナ(タイ/ラジャダムナン王者)
江幡 睦(伊原道場本部/ラジャダムナン10位、WKBA世界王者)

第11試合 日本ライト級王座決定戦 3分5R
勝次(藤本ジム/1位)
永澤サムエル聖光(ビクトリージム/2位)

第10試合 スーパーウェルター級 3分5R
喜多村誠(伊原道場新潟支部/日本ミドル級王者)
ペットーン・キャリーボーイ(タイ)

第9試合 59kg契約 3分3R
内田雅之(藤本ジム/日本フェザー級王者)
重森陽太(伊原道場稲城支部/元日本バンタム級王者)

第8試合 63.5kg契約 3分3R
石井達也(藤本ジム/元日本ライト級王者)
ガンスワン(タイ/元ラジャダムナン認定スーパーライト級王者)

第7試合 ウェルター級(肘無し) 3分3R 
大槻翔太(伊原道場本部/日本ウェルター級2位)
田中克昌(Club E.D.O.)

第6試合 58kg契約 3分3R
ジョニー・オリベイラ(ブラジル/トーエルジム/日本フェザー級6位)
櫓木淳平(ビクトリージム/日本フェザー級7位)

第5試合 ミドル級 3分3R
斗吾(伊原道場本部/日本ミドル級1位)
未定

第4試合 54kg契約 3分3R
がってん古川(治政館ジム/日本フライ級3位)
海彦(伊原道場本部)

第3試合 ライト級 3分2R
和己(伊原道場本部)
里見柚己(横須賀太賀ジム)

第2試合 55kg契約 3分2R
平塚一郎(トーエルジム)
皆川祐哉(藤本ジム)

第1試合 ライト級 3分2R
龍斗(横須賀太賀ジム)
古川真司(伊原道場新潟支部)

中継


テレビ朝日「GET SPORTS」4月5日(日)深夜0:45~2:45

スケジュール


開場・16:45 開始・17:00

チケット料金


SRS席 ¥20,000
RS席 ¥15,000
S席 ¥10,000
A席 ¥7,000
B席 ¥5,000
立見 ¥4,000(当日)

お問い合わせ


伊原プロモーション 03-3780-1338

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

おすすめジム欄へのジム広告掲載について