石橋佳大「明るく激しく楽しいMMA」、佐藤将光「エゴのぶつかり合い」:3.24 後楽園

 プロ修斗 3月24日(金) 後楽園ホール大会のメインイベントは、修斗年間表彰'16 MVP&ベストバウトW受賞の環太平洋バンタム級王者・石橋佳大(Duroジム)の初防衛戦。主催のサステインから届いたインタビューでは、90年代の全日本プロレスのような「明るく激しく楽しいMMA」を見せて防衛したいと意気込む。挑戦者の佐藤将光(坂口道場一族)も「お互いのエゴとエゴのぶつかり合い」と激戦となることを予想する。

石橋佳大「“明るく激しく楽しいMMA”を見せたい」



――初防衛戦が近づいてきましたが、コンディションはいかがですか?
「ちょっと体重が増えたのですが、コンディションはいつも通りで問題ないです」

――体重が増えたのには理由があるのですか?
「(昨年11月の)岡田(遼)戦が終わって、体力的なことも含めて全体的な部分を底上げしたいと思って、フィジカルトレーニングや体の使い方の練習をしっかりやるようになりました。その成果だったらいいんですけどね(笑)」

――岡田戦でそうした練習の必要性を感じたのですか?
「フィジカルは自分の武器の一つですし、新しいことを覚えるというよりも、今自分が持っているものを底上げするというイメージでトレーニングに取り組んできました」

――実戦練習で体力・フィジカル面での向上は感じますか?
「正直まだ分からないですね…。僕はいつも必死に練習で追い込むので、どう変わったかを感じる暇がないです(苦笑)」

――逆に言うとそれだけ練習で追い込めたということですか?
「僕はいつも『前回より厳しい練習をする』ことをテーマに取り組んでいます。だから自ずと練習の強度は上がっていますね」

――今回の試合に向けた練習もかなりハードでしたか?
「キツかったですね……。夜寝ているときに突然目が覚めて、逃げ出したくなるぐらい練習がきつかったです(苦笑)」

――チャンピオンになったからこそ、今よりもっと強くならなければいけないという気持ちになりましたか?
「はい。僕はもっと上を目指しているし、チャンピオンになった以上、強い相手としか戦わないと思います。そういう選手たちに勝つためには、もっと練習して、もっと強くなるしかないです」

――挑戦者の佐藤選手にはどんな印象を持っていますか?
「シャープな打撃を持っていて、全体的なゲームメイクが上手いですよね。試合のペースを支配する能力に長けていると思います。その上で一番警戒すべき点は打撃ですね」

――言える範囲で構いませんが、どんな試合展開を予想していますか?
「僕がやりたいことをやらせてもらえる相手ではないと思いますが、僕は動き続けて攻め続けます。そうすれば必ず隙が生まれると思うので、その隙を突いていきたいです」

――昨年の年間表彰でMVP&ベストバウトを受賞して、周囲の期待も高まっていると思います。どんな試合をしてベルトを防衛したいと思いますか?
「“石橋=激闘男”がファンのみなさんにも広まっていると思うので、“明るく激しく楽しいMMA”をお見せしたいと思います」


佐藤将光「石橋選手との試合はエゴとエゴのぶつかり合いになる」



――チャンピオンシップが近づいてきましたが、コンディションはいかがですか?
「いつも通り追い込んで、きっちり仕上がったと思います」

――挑戦者決定戦となった1月の祖根寿麻戦(ヒジ打ちでTKO勝利)を振り返っていただけますか?
「間合いを自分でコントロールして、ゲームを冷静にコントロール出来た中で、たまたまたヒジでカットして勝てた試合だと思います。フィニッシュもそうですが、僕としてはトータルでコントロールできた試合だと思いますね」

――特にヒジ打ちを練習していたわけじゃない?
「そうですね。練習で出すには出していましたけど、特に狙っていたわけではないです。練習でヒジをがっちり当てることはないので。ただ二発目のヒジが当たった時はかなり手応えがありました」

――改めて修斗のタイトルに挑むことについてはどんな心境ですか?
「修斗のベルトもそうですけど、ようやく今までやってきたことが形になるところまで来たなという気持ちですね」

――佐藤選手がベルトのかかった試合をやるのは今回が初めてですか?
「いえ、2008年にトリビュレートという大会でタイトルマッチをやりました。ただしっかりキャリアを積んでからのタイトルマッチは初めてですね。自分はずっと勝ったり負けたりを繰り返していた選手で、ここ2~3年でようやく勝ちが先行するようになったんですよね。そういう意味でようやく来たという気持ちです」

――例えば最近の試合で佐藤選手自身、何が勝利につながっていると思いますか?
「落ち着いて試合が出来るようになりました。変に力むことなく。それがいい結果につながっているんだと思います」

――対戦相手としてチャンピオンの石橋選手にはどんな印象がありますか?
「極めが強いのとなりふり構わず来るのが強みだと思います。その分、正直なスタイルなので石橋選手は石橋選手、自分は自分の戦い方をするような試合になるんじゃないかな、と。お互いのエゴとエゴのぶつかり合いになると思います」

――このチャンピオンシップを楽しみにしているファンのみなさんにメッセージをいただけますか?
「タイトルマッチということで今まで僕に格闘技を教えてくれた人、家族、アマチュアの頃から一緒に練習している人…色んな人たちが僕に期待してくれています。決してこれがゴールではないですけど、そういう人たちにベルトという“形”を見せてあげたいという気持ちが強いです。ファンのみなさんには自分と石橋選手の気持ちの戦いを見てもらえれば伝わるものがあると思います」

対戦カード




第6試合 メインイベント 修斗環太平洋バンタム級チャンピオンシップ 5分3R
石橋佳大(Duroジム/環太平洋王者、世界3位)※初防衛戦
佐藤将光(坂口道場一族/環太平洋1位、世界2位)

第5試合 セミファイナル フライ級 5分3R
覇彌斗(総合格闘技道場BURST/世界2位)
田丸 匠(NACER DO SOL/世界4位)

第4試合 バンタム級 5分3R
小蒼卓也(スカーフィスト/世界9位、環太平洋7位)
魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS/環太平洋10位)

キッズ修斗 51kg契約 3分1R ※休憩中に実施
大塚歩空(総合格闘技道場STF)
高澤浩和(心技館)

第3試合 フライ級 5分3R
清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A/元パンクラス・フライ級王者)
大里洋志(スカーフィスト)

第2試合 フライ級 5分3R
井上 学(U.W.F.スネークピットジャパン/世界9位、元パンクラス・バンタム級王者)
梶川 卓(スカーフィスト)

第1試合 MOBSTYLES プレゼンツ インフィニティリーグ2017フェザー級 5分2R
内藤太尊(roots/世界5位、環太平洋2位)
三上譲治(修斗GYM東京)

オープニングファイト第3試合 ウェルター級 5分2R
田口泰地(roots)
上野勇貴(AACC×SPIDER)

オープニングファイト第2試合 2017年新人王決定トーナメント1回戦バンタム級 5分2R
聖剛(秋本道場JungleJunction)※伊藤聖剛 改め
よしずみ(SHOOTOGYM K'z FACTORY)

オープニングファイト第1試合 2017年新人王決定トーナメント1回戦ライト級 5分2R
Ju-sei Aquila(パラエストラ小岩)
森 修(トライデントジム)

スケジュール


開場・17:30 オープニングファイト開始・17:45 本戦開始・18:30

チケット料金


VIP 15,000円/RS 10,000円/SS 8,000円/S 6,000円/A 5,000円
小中学生 立見 2000円(当日のみ)
※当日座席券は500円増し。
※小学生以上はチケットが必要。

チケット取扱所


DMM.E https://event.dmm.com/detail?event_id=74321
後楽園ホール 03-5800-9999
チケット&トラベル T-1 03-5275-2778 http://www.t-1.jp/tk/
修斗GYM東京 03-3788-3042

お問い合わせ


サステイン 03-3788-3042 http://shooto-mma.com/ 

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

おすすめジム欄へのジム広告掲載について