Home > NEWS > 修斗 > 21歳無敗対決 覇彌斗×田丸匠 直前インタビュー。アマ時代から続く対抗心:3.24 後楽園

21歳無敗対決 覇彌斗×田丸匠 直前インタビュー。アマ時代から続く対抗心:3.24 後楽園

 プロ修斗 3月24日(金)後楽園ホール大会では、フライ級の21歳の新鋭対決がセミで組まれている。広島在住の覇彌斗 [はやと](BURST/世界2位)は1月大会で前田吉朗を寝技で圧倒しプロ10戦全勝。対する岐阜在住の田丸匠(NACER DO SOL/世界4位)は昨年11月に漆谷康宏を腕十字で極めプロ7戦全勝。アマ時代には覇彌斗が勝っており、主催のサステインから届いたインタビューでも互いに強く意識しあっていることがわかる。

田丸匠「どの局面でも倒せると思うし、きっちり力の差を見せて叩き潰す」



――覇彌斗戦が近づいてきましたが、コンディションはいかがですか?
「試合の一週間前でも練習の量は落ちてなくて、そこからはスパーリングより動きの調整という感じで練習を続けています」

――田丸選手は試合の直前まで動くタイプですか?
「そうですね。2~3日前までは普通に動いています」

――前回の漆谷康宏戦を終えて、意識している練習はありますか?
「近距離の打撃に関して漆谷選手はとても上手くて、自分に足りないものがよく分かりました。そういった自分の伸びしろになる部分はたくさん練習してきました」

――今回の覇彌斗戦は1月の後楽園大会終了後に両者の間でやりとりがあって決まった試合です。覇家斗選手から対戦要求があり、ケージで並んだ時にはどんな心境でしたか?
「最初は『おっ!面白いな』と思ったんですけど、それから次第にムカついてきました(苦笑)。僕に勝てると思っているのがしゃくに触るし、僕は上に行きたくてやっているのに後ろから引っ張られた感じがしました」

――いざ試合が決まってからの心境はいかがですか?
「多少は若くて勢いがある選手とやっても面白いかなと思うし、ここできっちり力の差を見せて叩き潰すのもいいかなと思います」

――田丸選手と覇彌斗選手は年も同じで、アマチュアでも同期になるんですよね。
「そうですね。実は僕がフリーターになって『これで負けたらやべえぞ』と思って出場したアマ修で試合したのが覇彌斗選手だったんですよ。しかもその時、僕は覇彌斗選手に負けてしまって…。そこで格闘技に対して気持ちが入ったんで、アマチュア時代に覇彌斗選手と戦ったことは僕にとってターニングポイントなんですよね。ある意味、覇彌斗選手は僕が格闘技に真剣になるきっかけをくれた選手です」

――なるほど。とはいえ田丸選手としてはプロの舞台で圧勝することがテーマですよね。
「もちろん。漆谷戦の時もそうだったんですけど、僕はどの局面でも倒せると思っているし、そのための準備をしています。どこで終わるかは分かりませんが、どこでも終わらせます」

――また1月の後楽園大会後のケージ上から世界王者の扇久保博正選手に「この試合の勝った方とやってほしい」という対戦アピールもありました。
「あれは自然に出てましたね。だから本音だと思います」

――力の差を見せて「田丸だったら扇久保に勝てるんじゃないか?」と思わせる試合にしたいですか?
「正直、今の自分が扇久保選手に勝てるかどうかは分かりません。でも刺し違えることは出来ると思うし、僕の方が伸びしろはあるので、もし扇久保選手と戦う時が来たら、僕は間違いなく成長していると思います」

――それでは最後にファンのみなさんにどんな試合を見せたいと思いますか?
「レベルの差と格の違いを見せて、後楽園ホールが一体になるような試合をすることが理想です」

覇彌斗「田丸選手のことはアマチュア時代から意識していた。勝つ自信は100%あります」



――田丸戦が近づいてきましたが、コンディションはいかがですか?
「体重も問題なく落ちているし、いい感じに仕上がっているので順調です」

――1月大会では前田吉朗戦から勝利を収めましたが、あの試合以降、どんなことを意識して練習しているのですか?
「全体的に打撃から寝技を練習した感じで、フィジカルトレーニングとスタミナをつけることを意識しました」

――フィジカル・スタミナが自分には足りないと感じていたのですか?
「前回の試合でもフィジカルとスタミナが必要だと思ったので、今回はそこに時間を割きました」

――スパーリングなどの実践練習でトレーニングの成果は感じていますか?
「技に入るときに楽になったり、スタミナが着いた分、最後まで集中して動けるようになりました」

――今回は1月の後楽園大会終了後に覇彌斗選手から田丸選手に対戦アピールがあり、それが実現する形での試合です。田丸選手のことはずっと意識していたのですか?
「はい。田丸選手とは同い年だしアマチュアでも同期なので、アマチュア時代から意識していた選手です」

――覇彌斗選手にとっては自分よりも一歩先をいっている選手という印象ですか?
「そうですね。ずっとそういうイメージで見ていました」

――アマチュア時代にも対戦経験があり、その時は覇彌斗選手が勝っているんですよね。
「でもプロになってからは僕が出なかった新人王トーナメントで(田丸が)優勝していますし、プロとしては僕よりも先にいる選手だと思います」

――いざ試合をするとなれば覇彌斗選手も自分の方が勝つ・強いという自信はありますか?
「もちろん、勝つ自信は100%あります。ずっと田丸選手に勝つイメージをして練習しているので、そこにハマれば勝てると思います」

――自分が実力を出して、やるべきことをやれば勝てる、と。
「はい。自分が持っているものをすべてぶつけて勝つことしか考えています。自分の持ち味であるアグレッシブな試合をして、最初から最後まで全開で飛ばしていきたいです」

――見ている人たちにはどんな試合をしたいですか?
「見ている人を楽しませたうえで、しっかり勝つ姿を見せたいです」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。
「最後まであきらめない姿勢だったり、最初から攻める姿勢だったり、僕のファイトスタイルを見て楽しんでもらいたいです」




対戦カード


第6試合 メインイベント 修斗環太平洋バンタム級チャンピオンシップ 5分3R
石橋佳大(Duroジム/環太平洋王者、世界3位)※初防衛戦
佐藤将光(坂口道場一族/環太平洋1位、世界2位)

第5試合 セミファイナル フライ級 5分3R
覇彌斗(総合格闘技道場BURST/世界2位)
田丸 匠(NACER DO SOL/世界4位)

第4試合 バンタム級 5分3R
小蒼卓也(スカーフィスト/世界9位、環太平洋7位)
魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS/環太平洋10位)

キッズ修斗 51kg契約 3分1R ※休憩中に実施
大塚歩空(総合格闘技道場STF)
高澤浩和(心技館)

第3試合 フライ級 5分3R
清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A/元パンクラス・フライ級王者)
大里洋志(スカーフィスト)

第2試合 フライ級 5分3R
井上 学(U.W.F.スネークピットジャパン/世界9位、元パンクラス・バンタム級王者)
梶川 卓(スカーフィスト)

第1試合 MOBSTYLES プレゼンツ インフィニティリーグ2017フェザー級 5分2R
内藤太尊(roots/世界5位、環太平洋2位)
三上譲治(修斗GYM東京)

オープニングファイト第3試合 ウェルター級 5分2R
田口泰地(roots)
上野勇貴(AACC×SPIDER)

オープニングファイト第2試合 2017年新人王決定トーナメント1回戦バンタム級 5分2R
聖剛(秋本道場JungleJunction)※伊藤聖剛 改め
よしずみ(SHOOTOGYM K'zFACTORY)

オープニングファイト第1試合 2017年新人王決定トーナメント1回戦ライト級 5分2R
Ju-sei Aquila(パラエストラ小岩)
森 修(トライデントジム)

スケジュール


開場・17:30 オープニングファイト開始・17:45 本戦開始・18:30

チケット料金


VIP 15,000円/RS 10,000円/SS 8,000円/S 6,000円/A 5,000円
小中学生 立見 2000円(当日のみ)
※当日座席券は500円増し。
※小学生以上はチケットが必要。

チケット取扱所


DMM.E https://event.dmm.com/detail?event_id=74321
後楽園ホール 03-5800-9999
チケット&トラベル T-1 03-5275-2778 http://www.t-1.jp/tk/
修斗GYM東京 03-3788-3042

お問い合わせ


サステイン 03-3788-3042 http://shooto-mma.com/ 

Home > NEWS > 修斗 > 21歳無敗対決 覇彌斗×田丸匠 直前インタビュー。アマ時代から続く対抗心:3.24 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について