Home > NEWS > 修斗 > バンタム級リーグ最終戦、征矢貴は「KO・一本勝ちに集中」:12.18 新宿

バンタム級リーグ最終戦、征矢貴は「KO・一本勝ちに集中」:12.18 新宿

 インフィニティリーグ2016優勝決定戦(12月18日(日) 新宿フェイス)で同リーグ最終戦・オニボウズ(総合格闘技ゴンズジム/勝ち点8)vs. 北原史寛(パラエストラ札幌/勝ち点4)、征矢貴(パラエストラ松戸/勝ち点6)vs. 藤田ケオン寿大(AACC/勝ち点0)が行われる。藤田以外の3人に優勝の可能性があるが、各選手の直前の思いは?征矢と藤田のインタビューとリーグ戦解説が主催のサステインから届いている。


インフィニティリーグ2016バンタム級優勝の行方



 優勝の可能性を残した選手はオニボウズ(8点)、征矢貴(6点)、北原史寛(4点)の3名
 試合順は先にセミファイナルで征矢vsケオンの試合を行い、その結果を受けてオニボウズvs北原の試合を行います。
 征矢vsケオンの試合結果により、優勝に必要な得点が変動します。

□征矢vs藤田の試合結果
・征矢が1RでKOor一本勝利・・・勝ち点10となり、オニボウズは判定勝ち以上で優勝。ドローor敗戦の場合、征矢が優勝。北原の優勝が消滅。
・征矢が2RでKOor一本勝ち・・・勝ち点9となり、オニボウズはドロー以上で優勝。敗戦の場合、征矢が優勝。北原の優勝が消滅。
・征矢が判定勝利・・・勝ち点8となり、征矢の優勝が消滅。オニボウズは試合が2Rに突入した時点で敗戦でも優勝決定。北原が優勝するには1R以内にKOor一本勝利が必要。
・征矢が敗戦した場合・・・征矢の優勝が消滅。オニボウズは試合が2Rに突入した時点で優勝決定。北原は1R以内にKOor一本勝利で優勝が決定。

・インフィニティリーグ2016最終戦見所
 上記のようにセミで行われる征矢vsケオンの勝敗如何によって優勝への可能性が変動するという今年も波乱の展開に。可能性が高いのは現在1位のオニボウズ(8点)、次に征矢(6点)。自力優勝の可能性は無くなったものの、逆転優勝の可能性を残す北原が続いている状況だ。
 まず征矢は2R終了のゴングを聞いた時点で優勝が消滅となる。となれば征矢が優勝の可能性を上げる為には、一刻も早いフィニッシュが必要となる。オニボウズとの直接対決に敗れているだけに、同点では優勝できない。早いフィニッシュほど加点が大きいリーグ戦。征矢は一刻を争う事になるが、この試合でなんとか爪痕を残したいケオンも易々と勝ち点を献上する訳がない。
 メインで待ち構えるのが現在1位のオニボウズ。仮に征矢が1R勝利を修めても判定勝ち以上でオニボウズの優勝が決定する。セミがどのような結果であれ、手堅く勝ちに徹すれば自ずと優勝を手中に収める事ができる。だがオニボウズの性格上、難敵・北原を沈めて完全優勝を狙ってくるに違いない。
 自力優勝の可能性が消滅した北原だが、ここはベテランの意地で少ない可能性に懸けたいところだ。


征矢貴「オニボウズVS北原がどうなるにせよ、僕はKO・一本勝ちに集中しています」



――試合に向けて体調やコンディションはいかがですか?
「コンディションはばっちり仕上がっているので、あとは試合当日に爆発するだけです」
――今回の試合のために取り組んだ練習はありますか?
「前回KO勝ち(VS梶川卓)が出来たので、そのいいイメージを残しつつ、パンチだけにならないように寝技とMMAの練習もしっかり積んできました」
――ここまでのリーグ戦を振り返っていかがですか?
「初戦と2試合目は1Rを取られて、2Rに僕が盛り返すという展開が続いて、自分らしくなかったかなと思います」
――少し動きが固くなってしまったところがあったのですか?
「う~ん…ちょっと自分に対する緊張感がなかったかもしれないですね。リラックスしようとしすぎて、逆にエンジンのかかりが遅かったかもしれません」
――そういった反省が前回のKO勝利につながったのでしょうか?
「そうですね。1RでKOしないと優勝はないと思ったので、それがそのまま試合に出せたかなと思います」
――いい時の自分の戦い方を取り戻せましたか?
「僕はデビューからずっと1RKOで勝ってきて、初めて菅原(雅顕)選手にKO負けて、そこで少し動きに迷いが出た部分もあります。技術を覚えた分、戦い方にも迷いが出たというか。そういう自覚症状があったのですが、前回のKO勝ちで昔の動きを取り戻せたかなと思います」
――最終戦の勝ち方次第では逆転優勝の可能性が残っています。対戦相手の藤田選手にはどんな印象がありますか?
「基本的には空手の選手で蹴りが強い印象ですね。あとは独特の距離感があるかな、と。ただちゃんと自分の距離を把握して得意なパターンに持ち込んで一気に爆発させればなと思います」
――オニボウズVS北原史寛の結果にもよりますが、逆転優勝のことは意識していますか?
「次の試合がどうなるにせよ、僕はKO・一本勝ちする以外、優勝の可能性は残されていないので、そこに集中しています」
――リーグ戦のことを抜きにしても最初から倒しに行くのが自分らしいスタイルだ、と。
「1Rから突っ込んでいく昔のスタイルと距離を取って戦うスタイル、どちらも出来るようになったと思うので、僕が最初からしっかり(ポイントを)取れるように戦いたいと思います」
――リーグ戦の優勝争いもありますが、2016年を締めくくる一戦でもあります。どんな試合で今年を締めくくりたいですか?
「『やっぱり征矢の試合は面白い』とか『征矢の試合はすげえな』と思われる試合をしたいですね。同じ日にパンクラスやKrushがありますが、修斗を見に来てよかった・征矢を見に来てよかったと思わせます」


藤田”ケオン”寿大「僕は征矢選手を評価しているからこそ、勝って超えたい」



――試合に向けて体調やコンディションはいかがですか?
「あとは体重を落とすだけで、調整は万全です」
――今回の試合のために取り組んだ練習はありますか?
「前回から試合間隔が一カ月なんですけど、得意の蹴りに磨きをかけてきました。毎日何百本も蹴り込みをやって、蹴り疲れしないようにしてきました」
――格闘技人生でこれほど蹴ったことはないですか?
「空手で前蹴りをたくさん蹴ることはありましたが、ミットで何百本も蹴ったのは初めてですね」
――スパーリングで蹴り込みの成果を感じることはありますか?
「はい。手数も増えたし、蹴り疲れすることもなくなりました」
――ここまでのリーグ戦を振り返っていかがですか?
「結果は3戦3敗なのですが、どの試合も決して負ける試合ではなかったかなと思います。あと一歩のところで勝てた試合というか。2Rまで倒しきる力だったり、一発をもらわないディフェンスの強化が必要だったかなと思います」
――リーグ戦という形式の試合は初めてだったと思いますが、それについてはどうでしょう?
「新人王を獲ってから一気に対戦相手のレベルが上がったし、リーグ戦でも世界ランカークラスの選手たちの試合が続いたのかな、と。結果は負けなので、そこでプラスになったことがあったかどうかは分かりませんが、強い選手たちと鎬を削ってきたという想いはあります。しかも最終戦の相手が征矢選手で、ここで征矢選手を倒せば一気に自分の評価も上がると思っています」
――対戦相手の征矢選手にはどんな印象を持っていますか?
「もともと僕は征矢選手のファンで、すごいなと思って見ていた選手だったんです。ファイトスタイルもすごいし、体つきもすごい。修斗の中でも輝いていて、いつかは肩を並べたいと思っていた選手です。今回はそんな征矢選手と戦うことが出来るので、楽しみな気持ちもあるし、征矢選手に勝って超えたいという想いもあります」
――残念ながらリーグ戦で優勝の可能性はなくなってしまいましたが、征矢選手に勝てばこれまでの不調も払しょくできると思っていますか?
「はい。征矢選手は強くて勢いがあって選手もある。修斗を引っ張る選手の一人だと思うんですよ。それだけ強い選手だし、僕はそのくらい征矢選手のことを評価しているんで、だからこそ勝ちたいです」
――今回はリーグ戦の最終戦であり、2016年を締めくくる一戦でもあります。どんな試合で今年を締めくくりたいですか?
「KOで勝つのが一番ですが、今はとにかく勝ちたい。勝ちにこだわって戦いたいです。僕を応援してくれる人たちに2年も勝つ姿を見せられていないので、その人たちが笑顔になってくれるように勝って1年を締めたいです」

対戦カード


第9試合 インフィニティリーグ2016公式戦バンタム級 5分2R
オニボウズ(総合格闘技ゴンズジム/勝ち点8)
北原史寛(パラエストラ札幌/勝ち点4)

第8試合 インフィニティリーグ2016公式戦バンタム級 5分2R
征矢 貴(パラエストラ松戸/勝ち点6)
藤田ケオン寿大(AACC/勝ち点0)

第7試合 フライ級 5分3R
木内崇雅(和術慧舟會GODS/世界7位)
ジェットタテオ(和術慧舟會HEARTS/世界10位)

第6試合 バンタム級 5分3R
六本木洋(総合格闘技道場STF)
萩原幸太郎(パラエストラ八王子)

第5試合 2016年度新人王決定トーナメント決勝戦 フライ級 5分2R(延長1R)
箕輪ひろば(総合格闘技道場STF)
大西ヒロト(パラエストラ札幌)

第4試合 2016年度新人王決定トーナメント決勝戦 フェザー級 5分2R(延長1R)
中本龍平(BLOWS)
一條貴洋(ブレイブハート福島)

第3試合 2016年新人王決定トーナメント決勝戦 ウェルター級 5分2R(延長1R)
長田拓也(BLOWS)
間宮昇仁(マルスジム)

第2試合 2016年度新人王決定トーナメント決勝戦 バンタム級 5分2R(延長1R)
黒石大資(スカーフィスト)
鎌田悠介(ピロクテテス新潟)

第1試合 バンタム級 5分2R
輝龍(roots)
ケンジ(K.O.SHOOTO GYM)

オープニングファイト フライ級 5分2R
楳沢智治(AACC×SPIDER)
小川竜輔(パラエストラ八王子)

スケジュール


開場・17:00 オープニングファイト開始・17:30 本戦開始・18:00

チケット料金


VIP ¥10,000/RS ¥8,000/S ¥6,000/A ¥5,000
※当日は500円増し。
※ご入場の際、ドリンク代500円が別途必要になります。

チケット販売所


DMM.E http://event.dmm.com/
チケット&トラベル T-1 03-5275-2778 http://www.t-1.jp/tk/
修斗GYM東京 03-3788-3042

お問い合わせ


サステイン 03-3788-3042 http://shooto-mma.com/ 

Home > NEWS > 修斗 > バンタム級リーグ最終戦、征矢貴は「KO・一本勝ちに集中」:12.18 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニング大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について