Home > NEWS > 修斗 > 岡田遼×徹肌ィ郎、フェザー級新鋭×ベテラン対決直前談話:3.21 後楽園

岡田遼×徹肌ィ郎、フェザー級新鋭×ベテラン対決直前談話:3.21 後楽園

 プロフェッショナル修斗公式戦 3月21日(月/祝) 後楽園ホール大会で対戦するフェザー級(-61.2kg)の岡田遼(パラエストラ千葉/世界6位、環太平洋4位)と徹肌ィ郎(和術慧舟會東京道場)の直前インタビューが主催のサステインから届いた。

 なお、当日は18:00に第1試合開始。新人王決定トーナメント3試合の後に入場式が行われる。第8試合終了後、4.23舞浜アンフィシアター大会のカード発表と選手挨拶が行われ、その後に休憩が入る。

岡田遼「この試合を良い形でクリアして、環太平洋王者に挑戦したい」



岡田遼
―― もう本格的な練習も終えているのと思うのですが手応えはいかがですか?
「しっかり追い込みも終えて怪我もなく体調もいいので、仕上がりには自信があります。パラエストラ千葉・松戸をメインにボクシングジムや他のジムでも練習させてもらっていて、かなりいいトレーニングが出来ています」

―― 昨年のインフィニティリーグでは3勝1分と無敗だったにも関わらず、1R決着を連発した小蒼卓也選手に勝ち点で抜かれ、2位という結果に終わってしまいました。リーグ戦ならではの結末だったと思うのですが、ご自身ではこれをどう捉えていますか?
「リーグ戦は優勝できなければ意味がないものなんで、2位という結果には自分自身にはらわた煮えくり返るくらいムカついてます(苦笑)。でも1年間コンスタントに試合をすることが出来て、強い相手と戦ってきたので、いい経験は詰めたと思います。リーグ戦の経験は自分にとって大きなプラスになっています」

―― 1間のスケジュールが決まっていて、勝っても負けても試合をしなければいけないという状況は初めての経験だったと思います。
「はい。1月の時点で年末までの試合日程が決まっていて、試合が終わっても気が抜けないプレッシャーはありましたけど、僕はそっちの方がスケジュールは立てやすかったですし、心身ともにタフになれたと思います」

―― そして今大会ではかつてのトップランカー徹選手と対戦が決まりました。ここ数年修斗から離れていた選手なので、あまり対戦をイメージすることはなかったと思うのですが、どんな印象を持っていますか?
「ザ・グラップラーですよね。過去の映像も見たり、対戦経験がある扇久保(博正)さんから話を聞いて、しっかり対策を練っています。ちょっと不気味な部分はありますけど、僕の中ではきっちり倒して試合を決着するイメージは出来ています」

―― 2016年最初の試合ですが、今年はどんな1年にしたいですか?
「今回の試合を良い形でクリアして、戦ったことがある2人が同じ日に環太平洋のベルトを争うので、その勝者に挑戦できるように、というところですね」

―― リーグ戦の順位とはいえ、リーグ戦で勝利している小蒼選手がチャンピオンシップに出ることは複雑ではないですか?
「小蒼さんに対してどうこうはないですけど、めちゃくちゃ悔しいです。だからこそここでチャンピオンシップに負けないインパクトを残してやろうと思います」


徹肌ィ郎「MMAゲームというよりは楽しい格闘技の試合を見せたい」



徹肌ィ郎
―― 約3年振りの修斗参戦が迫ってきました。調整は順調ですか?
「体調はいいと思います。試合は久しぶりですが、いつも通りに練習してきました」

―― 試合間隔が空いた理由は何だったのですか?
「色々と練習環境が整わなくて、それで試合から遠のいてしまいました。試合そのものはやりたかったんですけど、なかなか自分自身、試合をするという踏ん切りがつかなくて…。ここを逃すと次はないと思って(試合を)決断しました」

―― 今は主にどちらで練習されているのですか?
「(和術慧舟會)東京道場に行かせてもらったり、色んなジムを転々としながら練習しています」

―― これだけ試合間隔が空くと、そのままフェードアウトしてしまう選手もいますが、そういったことも頭によぎりましたか?
「そうですね。このまま終わってしまうのかなとも思ったんですけど…でもまた戻ってきちゃいました」

―― まだプロのリングで輝きたいという想いがあったのでしょうか?
「やっぱり僕は格闘技が好きなんで、少しでも長く格闘技をやっていたいです」

―― 今の修斗を見ていてどんな印象がありますか?
「いつの間にか世代が新しくなって、僕が戦っていた相手は修斗から離れていて、戦ったことがない選手ばかりになったなと思います。ある意味、僕は当時のトップ選手と一通り戦ったんで、やる相手がいなかったというのもあるんですけど。でも次の相手もまさに新しい世代の代表格みたいな選手ですよね」

―― 岡田選手の印象を聞かせてください。
「なんでもできて、そつなくこなすタイプですよね」

―― その岡田選手相手にどんな試合をしようと思っていますか?
「とりあえず自分の良さを出して戦うだけですね。お客さんには動きのある楽しいを見せたいですね。MMAのゲームというよりは楽しい格闘技の試合を見せたいです」

―― ちなみに今回も入場パフォーマンスは準備していますか?
「はい。それなりに用意しているので楽しみにしていただけたら幸いです(笑)」

対戦カード


第11試合 メインイベント 修斗環太平洋フェザー級(-61.2kg)チャンピオン決定戦 5分3R
竹中大地(パラエストラ和泉/環太平洋1位、世界3位)
小蒼卓也(スカーフィスト/環太平洋5位、世界7位、インフィニティリーグ2015優勝)

第10試合 セミファイナル フェザー級(-61.2kg) 5分3R
岡田 遼(パラエストラ千葉/世界6位、環太平洋4位)
徹肌ィ郎(和術慧舟會東京道場)

第9試合 フェザー級(-61.2kg) 5分3R
安藤達也(TRIBE TOKYO M.M.A/世界10位、環太平洋8位)
海老原洋輔(パラエストラ松戸)

 ~休憩~
 ~4.23舞浜アンフィシアター大会カード発表、選手挨拶~

第8試合 バンタム級(-56.7kg) 5分3R
大里洋志(スカーフィスト/世界8位)
田丸 匠(NASCER DO SOL/2015年同級新人王&MVP)

第7試合 フライ級(-52.2kg) 5分3R
マッチョ“ザ”バタフライ(総合格闘技道場コブラ会/世界8位)
ジェットタテオ(和術慧舟會HEARTS)

第6試合 ライト級(-65.8kg) 5分3R
太田拓己(PUREBRED鳥取/世界7位)
平川智也(久我山ラスカルジム)

第5試合 インフィニティリーグ2016 バンタム級(-56.7kg) 5分2R
北原史寛(パラエストラ札幌/世界6位)
梶川 卓(スカーフィスト)

第4試合 フライ級(-52.2kg) 5分2R
猿田洋祐(和術慧舟會HEARTS/バンタム級(-56.7kg)世界3位)
前山哲平(AACC)

 ~入場式~

第3試合 2016年度新人王決定トーナメント・フライ級(-52.2kg)1回戦 5分2R
新井 丈(キングダム立川コロッセオ)
小川竜輔(パラエストラ八王子)

第2試合 2016年度新人王決定トーナメント・ライト級(-65.7kg)1回戦 5分2R
葛西 達(ブレイブハート)
SA$KE(MASTER JAPAN)

第1試合 2016年度新人王決定トーナメント・バンタム級(-56.7kg)1回戦 5分2R
輝龍(roots)
榎木勇介(TURNING POINT MMA)

スケジュール


開場・17:30  開始・18:00

チケット料金


RS席 10,000円
SS席 8,000円
S席 6,000円
A席 5,000円
※3歳以上はチケットが必要となります。
※大会当日は全席種500円増し

チケット発売所


チケットぴあ(Pコード:594-730)
書泉グランデ 03-3295-0011
フィットネスショップ水道橋店 03-3265-4646
後楽園ホール 03-5800-9999
東京イサミ 03-3352-4083
チケット&トラベル T-1 03-5275-2778 http://www.t-1.jp/tk/
DMM.E http://event.dmm.com/
修斗GYM東京(サステイン) 03-3788-3042

お問い合わせ


サステイン 03-3788-3042 http://www.x-shooto.jp/ 

Home > NEWS > 修斗 > 岡田遼×徹肌ィ郎、フェザー級新鋭×ベテラン対決直前談話:3.21 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について