Home > NEWS > 修斗 > 澤田龍人「進化した姿を見せる」、小堀貴広「爪痕を残す」:2.27 新宿

澤田龍人「進化した姿を見せる」、小堀貴広「爪痕を残す」:2.27 新宿

 SHOOTO GIG TOKYO Vol.20(2月27日(土) 新宿フェイス)のメインイベントで対戦するフライ級(-52.2kg)の澤田龍人(AACC/世界5位)と小堀貴広(総合格闘技ゴンズジム/世界8位)の直前インタビューが主催のサステインから届いた。

澤田龍人「ただ勝つだけじゃなくて、負けを経験して進化した姿を見せなきゃいけない」



澤田龍人
――約7カ月ぶりの試合が迫ってきました。仕上がりはいかがですか?
「いつもよりばっちり仕上がっています。試合期間が空いた分、基本を一からやり直してきました」

――昨年7月の内藤のび太選手とのタイトルマッチは残念な結果になってしまいましたが、あの試合でどんなことを感じましたか?
「チャンピオンとの差を痛感させられましたね」

――チャンピオンを追い込む場面もありましたが、差を感じたのですね。
「はい。1Rは自分のペースでいけましたが、それ以外はすべて相手に取られていたので、差はあったと思います。ちゃんと試合映像を見直して、自分に何が足りなかったかを考えました」

――あの敗戦で自分がやるべきことが分かりましたか?
「ベルトが欲しくて焦って倒しにいってしまったかなと思うし、ベルトが欲しい気持ちはあって当然ですが、そのうえで冷静に戦わなければいけなかったと思います」

――そこで必要なことが基本をやり直すことにもつながっているのですか?
「そうですね。あれから自分を見つめ直して、自分が本来やらなければいけないことが再確認できたと思います」

――さて今回はランキング9位の小堀選手と対戦が決まりました。対戦相手としてどんな印象を持っていますか?
「ランキングに入っているんで楽に勝てる相手ではないと思います」

――復帰戦という部分では相手よりも自分がどう戦うかというテーマもあると思いますが。
「はい。自分がタイトルマッチで負けてどう変わったかをお客さんに見せられたらいいなと思います。ただ結果として勝つだけじゃなくて、負けを経験して強くなった姿や進化した姿を見せなきゃいけないと思います」

――今回が再起の一戦です。2016年をどんな1年にしたいと思いますか?
「たくさん試合をして、またタイトルに挑戦して今度こそチャンピオンになりたいですね」

――そのチャンピオンはここまで盤石の強さを見せ続けています。ベルトを獲ること、内藤選手にリベンジすること。澤田選手にとってはどちらが大きいですか?
「どちらもですね。内藤さんを倒したい気持ちもし、修斗で世界チャンピオンになりたい気持ちもある。その2つを胸に戦っていきたいと思います」

澤田龍人 RYUTO SAWADA
世界フライ級5位
さわだ・りゅうと
[所属]AACC
[出身]東京都
[身長]156cm
[生年月日]1995年11月27日(20歳)
[戦績]6戦3勝(2S・1KO)2敗1分
[最近3試合の戦績]
2014.12.21 ○(1R2:37 腕ひしぎ十字固め)マッチョ“ザ”バタフライ
2015.02.11 ○(3R0:16 KO)正城ユウキ
2015.07.26 ×(4R4:46 肩固め)内藤のび太
[Twitter]@aaccryuto


小堀貴広「僕と澤田選手は真逆の格闘技人生。でも爪痕を残して沸かせます!」



――澤田戦が近づいてきましたが、今どんな心境ですか?
「僕は他団体も含めるとデビューから7連敗して、2年も3年も勝てなかった人間なんですね。でもそういう人間がこうして東京の大会でメインを張らせてもらうことをうれしく思います。僕もプロで試合をしてきて何がよかったかというと、東京で試合をした時に負けた時でも『よかった』とか『面白かった』と声をかけていただいて、関西で試合をしている時にはそういうことがなかったんですね。だから東京で試合できることがうれしいですし、澤田選手という注目されている選手と試合が組まれたことは選手冥利につきると思います」

――最初に澤田戦のオファー受けた時は何を思いましたか?
「やった!と思いましたよ。僕が言える立場ではないのですが、澤田選手がデビューした時からいつか戦って見たいと思っていたんで、本当にうれしかったです」

――小堀選手は修斗を始める前は何か格闘技をやられていたんですか?
「いやただの格闘技オタクでした。専門誌を読んで頭の中でどんな選手かを想像してニヤニヤしているような(笑)。格闘技そのものは小学校2年生くらいから好きやったんですけど、自分でやってみようという根性はなかったですね」

――ファンの期間はどのくらい続いたのですか?
「高校生の頃にちょっと柔術をかじったことはあったんですけど、本格的に始めたのは19歳で今の師匠のところに入ってからですね」

――そこでついに自分でもやろうと決心した、と。
「そういうわけでもなくて…大学に入っても学生生活が楽しくなくて、1年くらい引きこもってたんです。それでリハビリがてらに1回くらいジムに行ってみようかなと思ったのがきっかけです」

――それからのめりこんで試合にも出るようになったわけですか?
「いや…そこも試合に出る気は一切なくて(笑)、むしろ出たくなかったんです。でもうちの師匠が熱い人なんで、こっちが『試合はちょっと…』と適当に返事している間に、あれよあれよという間に話が進んでいて、試合をやることになりました(笑)」

――そうだったんですね(笑)。
「だからプロにもなる気もなかったんですけど、ちょうど自分が試合に出始めた頃に師匠が独立して自分のジムを始めて、ちょっとでも師匠の力になりたかったんです。当時はジムにプロが誰もいなかったんで。だから『自分がプロになりたい』というよりも『この人を少しでも上げたい』と思ったのがプロになるきっかけでした。プロになったなったらで全く勝てなかったんですけどね(苦笑)」

――途中でやめようとは思わなかったですか?
「普段自分に自信がある人間ではないんですけど『俺はもうちょっといける。師匠に教わったことをちゃんと出せばこういう結果にならないはずや!』っていう気持ちがあったんですね。だからあとは自分次第やと思って続けて来て、それがようやくちょっとずつ結果になってきたんだと思います」

――プロになるために格闘技を始めて、デビュー直後から注目されていた澤田選手とは正反対の格闘技人生ですね。
「もう本当に真逆だと思いますよ。でも僕にも意地があるんで全力でぶつかります」

――今回の試合にかける想いも一際強いのではないですか?
「競技なんで勝ちという結果は必要なんですけど、今まではそれにこだわりすぎて面白い試合が出来てなかったと思うんですね。今回はもう腹を括って自分のやってきたことを出すしかないと思っているんで、いい意味で吹っ切れてますね」

――色んな注目している試合だと思います。ずばりどんな試合を見せたいですか?
「生駒純司先輩にも叱咤激励していただいて『東京のお客さんの前でしょうもない試合したらしばき倒すぞ』と(笑)。今回は澤田選手との勝負であり、お客さんとの勝負やと思っているんで爪痕を残します。そして沸かせます!」


□プロフィール
小堀貴広  TAKAHIRO KOHORI
世界フライ級9位
こほリ・たかひろ
[所属]総合格闘技ゴンズジム
[出身]兵庫県小野市
[身長]170cm
[生年月日]1985年12月19日(30歳)
[戦績]14戦5勝(1S)7敗2分
[最近3試合の戦績]
2014.04.12 ○(2R判定2-0)馬淵剣山
2015.09.06 ○(2R判定2-0)ニシダ☆ショー
2015.12.23 ×(3R判定0-3)マッチョ“ザ”バタフライ
[Twitter]@SPAWNZ_TETSU

対戦カード


第9試合 メインイベント フライ級(-52.2kg) 5分3R
澤田龍人(AACC/世界5位)
小堀貴広(総合格闘技ゴンズジム/世界8位)

第8試合 セミファイナル インフィニティリーグ2016 バンタム級(-56.7kg) 5分2R
征矢 貴(パラエストラ松戸)
オニボウズ(総合格闘技ゴンズジム)

第7試合 バンタム級(-56.7kg) 5分3R
塙 真一(パラエストラ小岩/世界7位)
内藤頌貴(パラエストラ松戸)

第6試合 フェザー級(-61.2kg) 5分2R
金物屋の秀(SHOOTO GYM K'zFACTORY)
海下竜太(パラエストラTB)

第5試合 バンタム級(-56.7kg) 5分2R
ヒートたけし(和術慧舟會船橋道場)
斉藤健史(SHOOTO GYM K'z FACTORY)

第4試合 フェザー級(-61.2kg) 5分2R
山田丑五郎(修斗GYM東京)
魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS)

第3試合 フェザー級(-61.2kg) 5分2R
松下佑介(パラエストラTB)
阿部貴広(トイカツ道場

第2試合 2016年度新人王決定トーナメント1回戦 ライト級(-65.8kg) 5分2R
小川将貴(ピロクテテス新潟)
霧狼(パラエストラ小岩)

第1試合 2016年度新人王決定トーナメント1回戦 バンタム級(-56.7kg) 5分2R
ケンジ(K.O.SHOOTO GYM)
鎌田悠介(ピロクテテス新潟)

スケジュール


開場・17:30 開始・18:00

チケット料金


VIP席 ¥10,000
RS席 ¥8,000
S席 ¥6,000
A席 ¥5,000
立見 ¥4,000
※3歳以上はチケットが必要となります。
※入場時にドリンク代として別途¥500が必要となります。
※大会当日は全席種¥500増し

チケット販売所


チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:594-730)
書泉グランデ 03-3295-0011
フィットネスショップ水道橋店 03-3265-4646
後楽園ホール 03-5800-9999
東京イサミ 03-3352-4083
チケット&トラベル T-1 03-5275-2778 http://www.t-1.jp/tk/
DMM.E http://event.dmm.com/
修斗GYM東京 03-3788-3042

お問い合わせ


サステイン 03-3788-3042 http://www.x-shooto.jp/  

Home > NEWS > 修斗 > 澤田龍人「進化した姿を見せる」、小堀貴広「爪痕を残す」:2.27 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

TRY-EX(トライエクス)キックボクシングジム
JR総武線「市川」徒歩8分
12月2日に新装移転オープン!1月に入会の方は入会金無料です!“楽しいキック”をモットーに指導をしています。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について