Home > NEWS > 修斗 > 佐藤ルミナ、日本修斗協会理事長に就任。アマの全国組織も強化

佐藤ルミナ、日本修斗協会理事長に就任。アマの全国組織も強化

 日本修斗協会は14日、協会とアマチュア修斗委員会の新人事を発表した。12年の協会の一般社団法人化の際、協会内にアマ委員会ができ、役員は佐藤ルミナ委員長一人だったが、新人事では全国に9支局を設け、松根良太が総支局長、リオン武が関東地区支局長に就任する等、全国組織を強化。ルミナ氏は9月から協会の理事長も兼任し「盛り上がっていた頃の修斗に近づけたい。よりダイナミックにスピーディーに色々なことを変えたい」と語った。
 同協会の鈴木利治事務局長は昨年10月の修斗創始30周年記念パーティーで「世界で勝てる総合格闘技」を目指すことをコンセプトに、プロルールの変更を表明。今年1月からルールを変更し、7月には審判部を解散し、元選手や他団体で実績のある審判も試合を裁けるようにする等、プロの改革を進めてきた。9月22日(火/祝) に神奈川・小田原アリーナで毎年恒例の全日本アマチュア修斗選手権大会が開催されるが、それに先駆けてアマの組織も強化する。
 
 14日の新宿での会見で鈴木氏は「これまで私がプロとアマを、言い方は悪いですがゴチャマゼに見ていました。これからは一般社団法人化前にアマとプロを別々に運営していた形に戻り、佐藤ルミナが昔の活気あるアマ修斗に戻したいということですので、ダイナミックに動いてもらう組織が決まりました。プロは今まで通り私が管轄します」と説明。さらに「協会の理事会も若返りを図ります。これまで佐藤信義会長が理事長と同じ立場でしたが、定款を書き換え、会長はこれまで通り佐藤信義、理事長は佐藤ルミナになります」と話し、アマだけでなくプロも含めた修斗全体においても、90年代の修斗ブームの立役者であるルミナ氏に強い権限を与えることを発表した。


 ルミナ氏は「近年、修斗はプロアマ含め求心力が無くなっています。自分の愛した修斗がこのような状態なのは悲しいですし、盛り上がっていた頃の修斗にできるだけ近づけたいので、よりダイナミックに、よりスピーディーに色々なことを変えたいです。海外のネットワークを活かして広げたり、女子やキッズにも力を入れて、より多くの人が携われる競技としての、総合格闘技・修斗の確立を今一度、ですね。以前は地方にだいぶ根が伸びたのに、ある時期から水を撒けなくなって、枯れそうな状態だったので、水を撒いて、新たな種を撒いて、大きな組織として根付く競技を作って行きたいと思います」「ゆくゆくはアマの世界選手権もやれたらいいですね。UFCが流行っていても、新聞やテレビのニュースで結果が出ることは無いので、一つのスポーツとして認められる動きをしていきたいです。イベント的なものではなく、残るものにしたいです」と今後のビジョンを語った。

 アマ委員会の新人事では、東日本と西日本の副委員長、女子とジュニアの強化委員、審判部長も設け、全国9地区の支局長を束ねる総支局長には松根良太が就任する。大内敬・東日本副委員長兼審判部長は「ここ数年、アマ修斗は実行委員を大会ごとにまとめ、単発のみの活動で、各地区の意見を吸い上げることに支障をきたしていました。これからは役割と担当者を決め、円滑に運営を進めます」、鶴屋浩・ジュニア強化委員は「将来的にはK-1甲子園のような形で全国の高校生が出られる大会ができればいいと思います」と話した。

 さらにプロ昇格に向けての新たな道筋として「トライアウト制度」の導入も発表された。例えば長年アマで試合をし、プロでも戦えるスキルがあっても、アマの選手権大会での実績が無く、プロ昇格がなかなか認められない選手や、他団体のプロで既に試合をしている選手にも、チャンスを与えることが目的。プロの2回戦と同じルールで5分1Rの試合を、プロ・アマの大会の中で実施し、トライアウトだけの大会も年内開催の予定だ。さらに9月22日の全日本アマ修斗は2つのケージを設置して試合を行うことも発表されている。

 会見で鈴木氏は、最近の修斗全体の改革と、今後の方向性についても説明。「プロは7月から審判部を解散し、コミッション以外の人間が試合を裁くようになりました。プロは試合数が減少する傾向にありますので、テコ入れしてプロの興行を増やしたいのですが、これまでレフェリーが私1人で、同日開催ができませんでした。地下格闘技の影響で会場が取りにくくなり、いい日程で会場が取れても、他の地域で大会があると、開催をあきらめざるをえなかったことも実際にもあり、より興行をやりやすくするには審判員の増加が急務でした。ルールも他の団体さんとの壁も無くなってきていますので、既存の場で活躍している審判の方に協力してもらって、7月から実際にやってみました。これまでアマも同じように地方の関係者が審判員をやり、近年は私がレフェリーをやらなくても開催できていましたので、このような措置を取りました」「修斗は競技であり、スポーツであり…、という枠がありますが、枠から抜け出せないことで修斗がダイナミックに動けず、閉塞感を生んでいました。佐山サトルが修斗を司っていた時のように、新しいことにチャレンジする本来の姿に戻そうと思い、審判部という枠にこだわらず、思い切って解散したというところもあります。私の顔色をうかがわず、思い切ったことをやってもらうということで、佐藤ルミナに秋から理事長を務めてもらうことになりました」と語った。

Home > NEWS > 修斗 > 佐藤ルミナ、日本修斗協会理事長に就任。アマの全国組織も強化

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について