Home > NEWS > シュートボクシング > 海人、肘は「マッハ!」で勉強。宮越慶二郎「自分のスタイル貫く」:9.16 後楽園

海人、肘は「マッハ!」で勉強。宮越慶二郎「自分のスタイル貫く」:9.16 後楽園

 SHOOT BOXING 2017 act.4(9月16日(土) 後楽園ホール)のメインイベントでWBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者の宮越慶二郎(拳粋会)と対戦するSB日本ライト級1位・海人(TEAM F.O.D)。6月大会では鈴木博昭と対戦し、肘打ちによる1R TKO勝ちで大番狂わせを起こした。“新エース”となった海人の初戦の相手は、肘有りルールの経験豊富な国内ライト級トップクラス。“真エース”になるために、海人は初の試練を乗り越えることができるか。(記事提供:シュートボクシング協会)
――まず6月の鈴木博昭戦を振り返っていただきたいのですが、1Rに肘でのカットでTKO勝ちでした。
「お互いに様子見の段階で決まったので勝ったことにあまり実感がありません。狙えるときに狙って行こうと思っていて肘が当たったんですが、お互いにまだちゃんと強さを出せてない状況で終わってしまったので、もうちょっと試合時間を伸ばしてもよかったかなと。ですが、斬りたいと思っていてそういう結果になってので良かったとは思います」

――最初から肘を狙っていたと?
「肘で倒そうと思っていましたが、いきなり肘を当てて斬って勝ってしまったので、たまたま当たったとちゃうんか?と思われてしまうかもしれないじゃないですか。全然たまたまではなく、肘の練習をしてきたので、それが当たった感じです。鈴木選手は蹴り終わりにフロックが多いと思ったので、その後に肘を混ぜたコンビネーションでつなげて行けました」

――ディフェンス能力の高い鈴木選手から肘でカット出来たことは相当な自信になったのでは?
「ブロック越しに肘を効かせるのは難しいことだと思うので、それで肘で斬れたので自信になりましたね。このカードが決まった時点で、鈴木選手は両腕ブロックが多いので縦肘が入るとは思ってました」

――肘ありルール初挑戦ということで、どの選手の肘を参考にしていたというのはありますか。
「以前から練習していたこととはいえ、急に肘ありルールに決まったことなので、何か肘を打つ映画はないかなと探していく中、映画『マッハ!』を見て肘を勉強しました」

――ムエタイをテーマにしたアクション映画ですよね。ちなみに試合までに何回ぐらい見たんでしょうか。
「1週間レンタル出来たので1日1回は1週間ずっと見ていました」

――まさかあの肘はタイのアクション俳優トニー・ジャーを真似たものだったとは意外ですね。今回の宮越慶二郎選手との一戦も肘ありルールの一戦となりました。
「他団体のチャンピオンですし、ここで勝ったら美味しいですよね。いつかやるんじゃないかなと思っていた選手なので対戦が決まって良かったです」

――宮越選手の試合などを見た印象はどうでしょう。
「ニンジャ・フットワークと言われている独特な左右に動くステップからパンチを打つタイプなのでちょっとやりにくい相手かなとは思います」

――どう攻略しますか。
「攻めに弱い部分もあるので、今回は前進しながら攻めるスタイルを見せたいと思います」

――鈴木選手を倒して真のSBエースになっての初戦ということで注目を集める一戦となっています。
「本物のエースだとみんなに認めてもらいたいので絶対に落とせない試合ですし、勝ち方にもこだわっていきたいです」

――タイに修行に行かれていたんですよね?
「初のタイ修行で8月中旬に1週間いきました。ジム名はあまり有名ではないのでわからないのですが、トレーナーにマンツーマンで指導していただいたので凄く為になりました」

――一番身に付いたことといえば?
「首相撲、肘、ヒザ、蹴りのテクニックが凄く勉強になりました。日本では首相撲は自分は出来る方だと思っていたのですが、タイでは全然通用しなかったのでいい機会でした。あと、肘の技術もさらに磨きがかかったと思います」

――6月大会のパンフレットでの座談会で元SB日本スーパーフェザー級王者の大江慎さんが「海人選手は全てにおいて器用。強弱がなかったり、これといった技がないので、これだ!という技を持つべきだ」と言われていました。ご自身でもそう思いますか?
「自分でも万遍なくどの技が出来ると思っています。それもいいことかもしれませんが、一発がないですし必殺技と呼べるものがないと自分でも思っていました。今は必殺技を作ろうとも思っています」

――それは肘?
「この技がいいというのではなく、どの技でも倒せるように必殺技を作っています」

――今回の一戦をクリアーしたらその後見据えているものはありますか?
「今は宮越戦に集中していますが、鈴木選手との再戦オファーがあれば受けて立ちます。肘ありだから勝てたと言われるのも嫌なので肘なしでもやりたいと思います」

――宮越選手から海人選手にメッセージを受け取ってまして「バチバチに打ち合いましょう」ということでした。
「打ち合ってくれるなら打ち合いたいと思います。ぜひよろしくお願いします」


宮越慶二郎「自分の方が経験が上なので問題はない」



 ニンジャ・フットワークと言われる独特なステップと手数を武器に、宮越慶二郎(拳粋会)は国内トップ選手から勝利しているだけでなく海外でも活躍している。今回SB初参戦で新SBエース・海人との対戦が決まり、どのような戦いを見せるのか。

――今回SB初参戦が決まりました。最初オファーが来たときの心境はどうでしたか。
「毎年S-cupなど大きな大会を両国国技館やTDCホールなどの大きな会場で開催していて凄く盛り上がっている団体だという印象があり、いつか自分も出てみたいとは思っていました。初めて挑戦するルールなので不安と楽しみの半分半分の気持ちです。やはり不安な面というのはSB特有の立ち関節技と投げ技ありのルールですね」

――SBルール対策としてはどういうことをやっていますか。
「立ち関節技などのやり方自体は教えてもらったのですが、特に自分から積極的にやるつもりはありません。仕掛けられたらディフェンスして自分のスタイルを貫くことを心掛けて練習しています」

――今回対戦する海人選手についてはどのような印象を持っていますか。
「SBライト級でベルトを持っているのは鈴木選手ですよね? 本当は鈴木選手とやりたかったのですが、6月に海人選手は鈴木選手に勝っているのでまぁいいかなと。今一番乗っている選手なのでメインにふさわしいカードになったと思います」

――海人選手の試合映像は見られました?
「最近の試合動画が見つからないので古い映像を見て、だいたいこんな感じかなと思いながら戦いをイメージしています。長身で手足も長く、リーチを活かした選手というのは聞いています。ディフェンスに長けた鈴木選手を肘でカットしてTKO勝ちしているので、そこは気を付けたいと思っています」

――今回肘あり特別ルールとなり、肘ありだと海人選手は2戦目。宮越選手の方が経験豊富なのでその差を見せつけたいという考えはありますか?
「僕も肘を積極的にやるタイプではないのですが、自分の方が経験が上なので問題はないですね。でも今までの対戦相手で180㎝近くもある選手はいなかったので、最初に距離を取って攻め方を考えていきます」

――練習ではどういうことを重視してやっていますか。
「なるべく身長の高い方と実戦の練習をして、距離をイメージしながらやっています」

――お客さんにはご自身のどういうところを見てもらいたいでしょう?
「メインらしく1Rから5Rまでしっかり打ち合って見せ場を作られたら、と思います」

――今回の一戦をクリアーしたら今後も定期的にSB参戦も?
「オファーがあればぜひどんどん出たいと思います。鈴木選手にもまだ興味があるので、いつか体重が合えばやりたいですね」

――海人選手にメッセージはありますか。
「バチバチに打ち合いましょう」

対戦カード


第9試合 63.5kg契約(肘有り) 3分5R(無制限延長R)
海人(TEAM F.O.D/SB日本ライト級(62.5kg)1位)
宮越慶二郎(拳粋会/WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者)

第8試合 SB日本スーパーバンタム級(55kg)タイトルマッチ 3分5R(無制限延長R)
内藤大樹(ストライキングジムAres/王者)
植山征紀(龍生塾ファントム道場/1位)

第7試合 SB日本スーパーフェザー級(60kg)王座決定戦 3分5R(無制限延長R)
村田聖明(シーザージム/1位)
池上孝二(フォースクワッド/2位)

第6試合 スーパーウェルター級(70kg) 3分3R(無制限延長R)
坂本優起(シーザージム/元SB日本スーパーウェルター級王者)
パク・ウィンヒョン [向柏榮](香港/ボンバージム)

第5試合 女子57.5kg契約 3分3R(延長無制限)
MIO(シーザージム/SB日本女子ミニマム級(48kg)王者)
ルンナパー・ポームアンペット(タイ/ムエサヤーム・パカーム女子48kg級王者)

第4試合 57.5kg契約 3分3R(無制限延長R)
笠原弘希(シーザージム/SB日本フェザー級1位)
Phoenixx祥梧(MuayThai Phoenixx/元大和フェザー級王者)

第3試合 69kg契約 3分3R(無制限延長R)
マツシマ タヨリ(シーザージム/SB日本スーパーウェルター級(70kg)4位)
クレベル・コイケ(ブラジル/ボンサイ柔術/SB東洋太平洋ウェルター級(67.5kg)2位)

第2試合 ライト級(62.5kg) 3分3R(無制限延長R)
西岡蓮太(龍生塾/SB日本2位)
上田一哉(シーザージム新小岩)

第1試合 スーパーバンタム級(55kg) 3分3R(延長無制限)
笠原友希(シーザージム)
佐藤執斗(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本8位、香港WMC I-1 54kg&51kg王者)

スケジュール


開場・17:15 開始・17:30

チケット料金


RRS席 15,000円(パンフレット付)
RS席 10,000円
SS席 7,000円
A席 5,000円
B席 4,000円
※当日券は各¥500UP

☆U-18チケット(当日券のみ)
18歳以下のお客様に限り、当日券立見チケットを1,000円にて販売いたします(要身分証提示)。販売所=後楽園ホール1F当日券売り場

チケット販売所


シュートボクシング公式ネットショップ http://shootboxing.org/shop/
チケットぴあ http://t.pia.jp/ 0570-02-9999
ローソンチケット http://l-tike.com/ 0570-084-003
e+ http://eplus.jp/
後楽園ホール TEL03-5800-9999

お問い合わせ


シュートボクシング協会 03-3843-1212 http://shootboxing.org/ 

Home > NEWS > シュートボクシング > 海人、肘は「マッハ!」で勉強。宮越慶二郎「自分のスタイル貫く」:9.16 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ