Home > NEWS > シュートボクシング > S-cup等で集めた約40万円を「子供の未来応援基金」に寄付

S-cup等で集めた約40万円を「子供の未来応援基金」に寄付

 シュートボクシング協会は昨年11月11日のS-cup TDCホール大会でのグッズ収益、同大会でのアンディ・サワーやRENAらの着用グローブ等のネットオークションでの収益の合計約40万円を、内閣府や日本財団等による「子供の未来応援基金」に寄付した。2月11日の後楽園ホール大会でもRENAのチャリティオークションが行われる。以下SB協会からのプレスリリース。

[Press Release]

一般社団法人シュートボクシング協会が大会チャリティ・募金を実施
「子供の未来応援基金」に集められた401,602円全額を寄付
~協会と選手が一体となって子供の未来を応援する活動を強化
2016.02.11㈯『SHOOT BOXING2017 act.1』にてRENAがチャリティオークションを実施予定~



一般社団法人シュートボクシング協会(東京都台東区)は、2017年1月30日に、内閣府・文部科学省・厚生労働省及び、公益財団法人日本財団が推進する「子供の未来応援基金」に対し、大会開催時に寄せられた募金額合計401,602円を寄付致しましたことをご報告致します。
また来たる、2016.02.11㈯『SHOOT BOXING2017 act.1』にてシュートボクシング絶対女王RENA(写真)も自らの商品をチャリティオークションに出品、全額を同基金に寄付する予定です。

【募金実施概要】
2016年11月11日(木)に開催された『SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2016』にて選手や協会のオリジナルグッズ、試合着用グローブや選手サイン入りパネルなどをインターネットオークション、及び大会当日に物販形式で実施した。最前線で活躍する現役選手自らが販売する商品を決め、選手たちが直接当日会場でチャリティへのご支援を呼びかけたことで多くの皆様にご協力いただきました。(下写真はS-cup 2016のロビーでの物販の様子)


【寄付金:合計401,602円】
■大会当日物販:90,911円
■インターネットオークション:310,691円

【2016.11.11オークション出品物(一部抜粋)】
●S-Cup 2016 シュートボクシングRENAサイン入り試合着用グローブ
●S-Cup 2016 シュートボクシングANDY SOUWER 試合着用グローブ
●S-Cup 2016 シュートボクシングMIOサイン入り試合着用グローブ
●S-Cup 2016 World Tournament優勝者(ザカリア・ゾウガリー)試合着用グローブ
●S-Cup 2016 World Tournament トーナメント参加者サイン入りボード
ほか

今、日本は6人に1人の子どもが、貧困状態にあるといわれています。日本財団は一人でも多くの子どもたちが貧困の連鎖から抜け出せるように支援活動を行っており、その活動にシュートボクシング協会も積極的に支援してまいります。

シュートボクシング協会は、これまでも愛知県の黄柳野(つげの)高校で学校教育にシュートボクシングプログラムを取り入れる活動や、青少年育成のための独自プログラムの提供、キッズたちを集めた農業の実施など、子ども達の健全な身体と精神の育成にも積極的に活動してまいりました。

今後も子どもたちにとって希望の持てる未来を支援するためのあらゆる活動を続けてまいります。


■子供の未来応援基金について
子どもの貧困対策として、平成27年4月に官民で発足させた「子供の未来応援国民運動」(事務局・内閣府、日本財団など)は、国民運動の一環として、基金を設立して寄付を受け付けしております。集めた寄付金は、子どもの貧困防止や自立支援に取り組むNPO団体などの財政支援に活用されます。
◇子供の未来応援基金:https://www.kodomohinkon.go.jp/fund/


■一般社団法人シュートボクシング協会について
シュートボクシングというスポーツ格闘技を通じて「人々を、地域を、世界を元気にする!全ての子ども達・大人達に夢と勇気を!」これがシュートボクシングのミッションであると考えています。私たちは、地域社会の発展と人々の心身の健全な発展に貢献し、これらの活動を日本から世界へとワールドワイドに発信してまいります。
◇一般社団法人シュートボクシング協会:http://shootboxing.or.jp

■シュートボクシングについて
シュートボクシングは今年で設立32周年を迎える、パンチ、キック、立ち関節技、投げ技を駆使して闘う、日本生まれの立技総合格闘技です。倒れた相手には手を出さないという「侍スピリット」を重視し、グローブをつけて行われるスポーツライクな格闘技です。現在では、日本国内30の加盟ジムに加え、アメリカ・オランダ・フランス・ブラジル・オーストラリア・韓国の6つの海外支部で構成される団体へと発展しました。
設立以来、青少年育成を視野に入れ、アマチュア選手の育成や地域の子ども達とのふれあいも重視してきました。競技人口推定10,000人。2020年に開催される東京オリンピックに向けて様々なスポーツが盛り上がる中、一般の方にも健康なこころとカラダづくりの手段の一つとして親しんでいただける格闘スポーツへと成長させてまいります。
◇シュートボクシング:https://shootboxing.org

Home > NEWS > シュートボクシング > S-cup等で集めた約40万円を「子供の未来応援基金」に寄付

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
元世界チャンピオンが教えるムエタイ、キックボクシングジムです。 見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ