Home > NEWS > シュートボクシング > 北斗拳太郎・水落洋祐・内藤大樹、前回勝った相手との再戦への思いは?:2.11 後楽園

北斗拳太郎・水落洋祐・内藤大樹、前回勝った相手との再戦への思いは?:2.11 後楽園

 SHOOT BOXING 2017 act.1(2月11日(土) 後楽園ホール)の主要カード3試合はいずれも再戦だ。北斗拳太郎は過去2勝したSB日本スーパーウェルター級王者の坂本優起との3度目の対決に不満だが、相手は気にせず「ただ目の前の敵を壊すだけ」と発言。水落洋祐は昨年S-cup準優勝のMASAYAを「強くなっている」と警戒し、内藤大樹は宮崎就斗の同門の那須川天心の「目に留まるような試合」を目指す。

北斗拳太郎(ボスジム/J-NETWORKスーパーウェルター王者)
坂本のシュートボクシング日本王座奪取に自信満々「ボス神拳は無敵だ」



 両者はノンタイトル戦でこれまで2度(15年8月16年2月)対戦し、僅差の判定ながらいずれも北斗が勝利を収めている。3度目の対戦を前に、北斗は「北斗の拳」の主人公ケンシロウになりきり「ボス神拳で倒す」と意気込みを語った。

――昨年は3戦して3勝。現在5連勝と好調ですね。
「ボス神拳において常に鍛錬をしている身だ。去年は良い1年が過ごせた。良い鍛錬もできた。それを今年証明してく。ただそれだけだ」

――今回、坂本選手が保持するSB王座への挑戦が決まりました。
「うむ、遂にタイトルの掛かった戦いを迎えることができた。特に3度の対戦などは気にしていない。ただ何度も私の前に立ち塞がれてしまうと面白くはない。今度こそは牙大王(北斗の拳に登場するキャラクター、牙一族の長)を壊す」

――試合後のマイクアピールの時もそうですが、インタビュー時まで完全にケンシロウになりきって質問に答えていただけるんですね(笑)。そもそもどうしてケンシロウを演じてみようと思ったのですか?
「私はキャラではない」

――……。坂本選手を牙大王に例えてる理由はなぜですか?
「私はやつのことを牙大王だとしか思っていない。やつの名は坂本というのか?」

――はい……。坂本選手、もとい、牙大王と2度対戦してどういう印象がありますか?
「牙大王は身体の強さと攻撃力で向ってくるタイプだと聞いていたが、ボス神拳においてその点は問題はなかった。私の方が強い。ボス神拳は無敵だ!」

――何度対戦しても同じ結果になりますか?
「うむ、やる意味はない」

――今回新しく見せたい技はありますか?
「新たなボス神拳を習得中なので、それを見せたいと思っている」

――何度も同じ相手と対戦する機会はそんなにあるものではありませんが、対戦するときは同じ相手として見ますか? それとも別な対戦相手としてみますか。
「私に取って同じ相手だろうが、違う相手だろうが関係はない。ただ目の前の敵を壊すだけだ」

――今回でSB 4戦目なりますが、早めのタイトル挑戦のチャンスが巡ってきたことに関してはどうでしょう。
「うむ、そうだな。王者に2回も勝っているということでもう少し早く挑戦しても良かったんじゃないかと思う。ただ、常に私は強くなっている。今の私であればベルトを獲るのは容易なことだ」

――試合に向けて強化していることはありますか。
「特にはない。ボス神拳は無敵だ」

――2017年初戦をクリアーして、今年はどういう1年にしていきたいですか。
「そうだな。まずはSBの頂を獲り、2017年は全ての戦いにおいてボス神拳の強さを証明していく」

――SB王者になって今後はSBを主戦場にしていきますか? それとも他団体に出てSBの強さを証明していきますか?
「全団体においてボス神拳は無敵だということを証明していきたい。ただこのSBのタイトルは私にとって思い入れがある団体のタイトルの1つだ」

――SBではRENA選手の活躍が目立っていますが、男子選手は元気がありません。こちらの現状についてはどう思いますか?
「そうだな。その点においては私がSBを代表する選手になり、SBを盛り上げていきたいと考えている」

――今後対戦したい相手はいますか?
「修羅の国の猛者を倒す。あとは、アンディ・サワーなど世界の頂に立っている者たちと戦いたいと思っている」

――最後に会場に来るファンにメッセージをお願いします。
「ボス神拳は無敵だ。SBの掟は俺が守る」

――牙大王にもメッセ―ジをお願いします。
「牙大王、お前はすでに死んでいる」

――牙大王は浅草人力車夫として有名ですが、ご存じですか?
「いつか俺のバギー(砂地などを走るように作られた自動車)として使ってやる、以上だ」


水落洋祐(はまっこムエタイジム/元WPMF世界ライト級暫定王者)
MASAYA戦では「どの技でもKOを狙えるように技を磨いてきた」



――昨年はご自身にとってどういう1年でしたか?
「大事なところで負けることが多く、チャンスを掴めなかった年でした。3月にNO KICK NO LIFE、8月にKUNLUN FIGHT、11月にS-cupと大きな大会に出させていただきましたが、結果を出せず辛い1年でした」

――前戦のS-cupを振り返っていただきたいのですが、一回戦ではタップロン・ハーデスワークアウト戦では2RにTKO負けでした。
「自分がやりたいことをやる前にいいパンチをもらって効かされてしまいました。タップロン選手は今までやってきたタイ人選手と比べてもパンチが重く、距離感、タイミングが抜群にうまかったです」

――最近の5試合は勝っても負けてもKO決着が続いてますが、これは意識的にKOを狙っての結果でしょうか。
「全力で戦った結果です。以前は判定決着も多かったのですが、強い相手とばかりやることになってからそういう結果になっていると思います」

――今年初戦が2015年12月に対戦しているMASAYA選手に決まりました。
「あれから1年少し経ってお互いに成長していると思うので、この前の結果を気にせずに別人と対戦する気持ちでいます」

――対戦したときの印象はどうでしたか?
「細かいパンチ、蹴りを打ってきて、自分の隙を突いてくる上手な選手だなと思いました」

――MASAYA選手の最近の試合は見ていますか?
「自分と同じS-cup世界トーナメントに出ていて、自分は準備があったので少しだけしか見られませんでした。前回戦ったときよりは、全体的に強くなっている印象は受けました」

――二人ともうまく勝ち上がれば決勝戦で対戦する可能性もありましたが、意識していましたか?
「僕も過去に(ザカリア・)ゾウガリー選手に敗れているのでゾウガリー選手の方が意識が強かったですけど、いつでもやる準備は出来ていました」

――MASAYA選手はひたすら前に出て手数を出す選手ですが、水落選手にとってやりやすい相手ですか? やりにくい相手ですか?
「やりづらいところもありますが、うまく対処できるように練習しています。隙も出てくると思うので、作戦をうまくはめていきたいと思います」

――試合に向けて強化していることはありますか?
「どの技でもKOを狙えるよう、全体的に強くなるように意識しています」

――現SB日本スーパーライト級王者のMASAYA選手に今回勝てば、その先はタイトル挑戦も見えてくると思いますが、そこは意識していますか?
「とりあえずはMASAYA選手との一戦のことしか考えておらず、その先のことは特に考えてないです」

――今回はKO決着になりそうでしょうか。
「そうですね。自分は全力で戦うのでそういう結果になれば嬉しいです」

――所属するはまっこムエタイジム全体でみると、若い選手の活躍が目立っています。
「みんな頑張っていて、自分も負けられない気持ちになります。強くなっている秘訣としては、一人一人がみんな一生懸命なのでそれがいい影響になっているのだと思います」

――タイ人のユタポン前田会長指導の下、はまっこムエタイジムの選手は、過去にシュートボクシングに上がっている高橋幸光選手といい、みんなファイトスタイルが違いますが、それはなぜですか?
「それぞれの得意なところを会長が伸ばしてくれているからだと思います」

――2017年初戦をクリアーして、今年はどういう1年にしていきたいですか?
「今年はいい試合をしていい結果を残していきたいです」

――最後にファンにメッセージをお願いします。
「KO目指して一生懸命頑張りますので応援よろしくお願いします」


内藤大樹(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級(55kg)王者)
「SB内で考えていることがあるので、今回しっかり勝ってからそれを言いたい」



――まずは昨年11月のSB日本スーパーバンタム級タイトルマッチから振り返っていただきたいと思います。挑戦者・植山征紀選手に2度のダウンを奪われながらも、左フックのカウンターを炸裂させて大逆転KO勝ちでした。
「ダウンしたことはダメでしたが、自分の中では勝つことが最低条件でした。作戦としては冷静に対応してやるつもりでしたが、試合前から結構(植山に挑発的なことを)言われていて自分も熱くなるものがありました。ダウンしてからは気持ちを切り替えて冷静になれたので良かったと思います」

――植山選手とは2013年11月の愛知大会で対戦経験があり、内藤選手が判定勝ちしています。その後、植山選手はタイトルマッチまで11連勝中でした。そういう勢いを感じましたか?
「テクニックの面でうまさは感じませんでしたが、一発の破壊力は連勝しているだけにあるなと。勢いがあるのは感じました」

――今回の2度のダウン後もそうですが、2015年8月のBLADE FC JAPAN CUP 2015 -55kgトーナメント決勝戦で那須川天心選手にダウンを奪われた後、内藤選手はすぐに立ち上がっていて、いつも回復力が早いですよね。
「自分でも早い方だと思います。ダウンを取られたら冷静に考えて立ち上がったら、足元がフラついてないかなど、あの短い時間の間でも考えられるようになりました。今年はダウンを一回もしないで、圧倒的に勝つことを目標にしていきます」

――そこまで冷静に考えていられるんですね。ダウンを取られて意識が飛んだこともないですか?
「一瞬飛ぶことはありますが、長い間飛ぶことはないので冷静に立て直すことが出来ているのかなと思います」

――同じS-cupでは、S-cup65kg世界トーナメントに同門の鈴木博昭選手が出場し一回戦をクリアーしましたが、ダメージは大きく準決勝はドクターストップで棄権となりました。それを聞いたときはどういう心境でしたか?
「まさかそうなるとは思いませんでした。控室で(鈴木を)見たら試合が出来るような状態ではなく、試合前で凹んだ部分もありましたが、気持ちを切り替えてさらに気持ちを高ぶらせて集中するようにしました」

――今回は2年前に対戦したRISEバンタム級3位・宮崎就斗選手が対戦相手となりました。
「最初相手の名前を聞いたときは『またやるのか』と意外だったのですが、昨年11月にSB日本フェザー級チャンピオン(深田一樹)がKOされているので、自分がSBチャンピオンとしてやり返さないといけないなと感じたのでモチベーションは高いです」

――シュートボクサーとしては他の階級のチャンピオンが倒されたのは許せない?
「フェザー級チャンピオンが何やってるの?と思いましたが、もう自分しかいないなと思いました」

――以前から最近の宮崎選手の試合はチェックされていたんですか?
「映像は見ていませんが、試合結果だけはチェックしていました。前回対戦した時もいい選手だなとは思いましたね。2年経って宮崎選手も強くなっていると思うので油断は一切していな
いです。むしろこっちも2年経って前回やった時以上に比べ物にならないぐらい自分は強くなっていると思うので、そういう意味では楽しみですね」

――最近の練習で強化していることはありますか。
「やはり攻撃力がだいぶ上がってきていると思うので、一発当たれば倒せる自信はあります。そういう中でディフェンスが疎かになっている部分があったので、今は攻撃力を上げつつ、昔を思い出してディフェンスを意識してやっています

――攻撃力の強化はどのような練習で培っているのでしょうか。
「ミット打ちを何となくするのではなく、一発一発効かせるようなイメージをしながら練習しています。BLADE前から始めていたフィジカルトレーニングは1年経ったので、質が変わって軸がブレなくなったので攻撃力も重みが出るようになりました」

――今回2017年初戦をクリアーして、今年1年をどういう年にしたいですか?
「今年は勝負の年だと思っています。今回しっかり勝ちます。これからは楽な相手と対戦することはないので、しっかり一つずつクリアーしていき、盛り上がっているKNOCK OUTにも絡んでいきたいです。あと、シュートボクシング内で考えていることがあるので、今回しっかり勝ってからそれを言いたいと思います」

――試合後のマイクアピールに注目したいと思います。勝ち進んでいけば、やはりその先は打倒那須川ですか?
「負けてからは忘れたことはありません。強い選手だとわかっているので並大抵の覚悟ではやれないと思っています。宮崎選手は那須川選手と同門なのでここでしっかり勝って、向こうの目に留まるような試合をしていきたいと思います」

――昨年6月に敗れた小笠原瑛作選手もKNOCK OUTで活躍しています。
「そうですね。自分に勝っている選手が大舞台で活躍しているので刺激になってますし、悔しさがあります。ああいう大きな舞台でもリベンジをしたいと思います」

――SBといえば、RENA選手の活躍が目立っています。男子選手の代表として刺激になりますか?
「S-cupでもメインはRENA選手でしたし、悔しさしかないです。RENA選手の強さは認めざるをえないと思いますので自分も続きます」

――最後に会場に来てくれるファンにメッセージをお願いします。
「去年のS-cupを一番盛り上げたのは自分だと思っています。
今年1発目も自分らしくSBを盛り上げますので今年もよろしくお願いします」


対戦カード


SB日本スーパーウェルター級(70kg)タイトルマッチ 3分5R(無制限延長R)
坂本優起(シーザージム/王者)
北斗拳太郎(ボスジム/1位、J-NETWORK王者)

65.5kg契約 3分5R(無制限延長R)
MASAYA(シーザージム/S-cup 65kg世界トーナメント'16準優勝、SB日本スーパーライト級王者)
水落洋祐(はまっこムエタイジム/元WPMF世界ライト級暫定王者)

56kg契約 3分3R(無制限延長R)
内藤大樹(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級(55kg)王者)
宮崎就斗(TARGET/RISEバンタム級(55kg)3位)

女子ミニマム級(48kg) 3分3R(無制限延長R)
MIO(シーザージム/SB日本女子王者)
クォク・ホイリン(香港/レイズムエタイジム/IPPC 51kg 2015王者)

ライト級(62.5kg) 3分3R(無制限延長R)
海人(TEAM F.O.D/SB日本1位)
YUSHI(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本5位)

スーパーバンタム級(55kg) 3分3R(無制限延長R)
平山滉大(フォースクワッド/SB日本スーパーバンタム級6位)
川上 叶(龍生塾)

出場予定選手


村田聖明(シーザージム/SB日本スーパーフェザー級2位)
笠原弘希(シーザージム/SB日本フェザー級2位)
マツシマ タヨリ(シーザージム/SB日本スーパーウェルター級7位)

スケジュール


OPEN17:15/START17:30~

チケット料金


RRS席/15,000円(パンフレット付)
RS席/10,000円
SS席/7,000円
A席/5,000円
B席/4,000円
※当日券は各¥500UP
☆U-18チケット(当日券のみ)
18歳以下のお客様に限り、当日券立見チケットを1,000円にて販売いたします(要身分証提示)。
販売所=後楽園ホール1F当日券売り場

チケット販売所


シュートボクシング公式ネットショップ(http://shootboxing.org/shop/
チケットぴあ(http://t.pia.jp/) TEL0570-02-9999
ローソンチケット(http://l-tike.com/) TEL0570-084-003(24時間受付)
e+(http://eplus.jp/
後楽園ホール TEL03-5800-9999

お問い合わせ


シュートボクシング協会 03-3843-1212 http://shootboxing.org/ 

Home > NEWS > シュートボクシング > 北斗拳太郎・水落洋祐・内藤大樹、前回勝った相手との再戦への思いは?:2.11 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ