Home > NEWS > 掣圏 > 若翔洋、相撲の禁止技を桜木戦で解禁?:5.24 後楽園

若翔洋、相撲の禁止技を桜木戦で解禁?:5.24 後楽園

 『武道 掣圏』第一回武術大会(5.24 後楽園ホール)を4日後に控えた20日、掣圏真陰流本部・興義館で同大会に出場する若翔洋と長谷川秀彦が公開練習を行った。 (情報提供:掣圏真陰流 興義館/リアルジャパンプロレス)
 最終試合で掣圏真陰流の師範代である桜木裕司と対戦する若翔洋は、元大相撲関脇だけあって相撲の動きを中心にダイナミックな力技を披露した。現役時代に得意としていた四つ相撲(ガッチリと組み合った体勢)から、投げ技へと展開。基本の上手投げだけでなく、相手の足を取って担ぎ上げたり、後ろに回り込んで押し出したりと、様々なパターンを見せた。調整も順調に進んでいて、現在の体重は150㎏を超えているという。桜木との体重差は約60㎏。若翔洋が圧倒的に有利だ。

「八角形の土俵だと思って、自分の相撲が取り切れるようにやっていきたい。体重差も活かしていきたいですね。相手も舞の海みたいにちっちゃくはないので、そんなに恐怖心はないです。『武道 掣圏』に“外に出したら勝ち”というルールがあるのは、こっちとしては有利かなと思いますね」

 桜木も十分対策は積んでおり、すでに「押し出しに気を付けたい」とコメントしているが、もちろん若翔洋も桜木サイドの動きを警戒しており、別のパターンも想定している。

「相手は打撃が強いと思うので、それをどうかいくぐっていけるか。当たれば効くと思うので、最低限ズラしていきたい。まあ、2、3発は我慢すればいいかなと。向こうが押し出しを警戒してくるのであれば、それ意外のことも頭に入れておきます。相撲にもいろいろな技があるんでね」

 1つの作戦として若翔洋が明かしたのは、危険な投げ技だ。

「組んでからなら捻ったり、関節技に近い形もある。関節を痛めてしまうような投げ技が多々あるんでね。過去に相手が1回腕を折っちゃったんですよ。靱帯を伸ばしたこともあって」

 若翔洋は「狙っていこうと思ってもそうそうできるものじゃないんで」と話していたが、「全ては流れやタイミングから、全部押し出しでいくかもしれない」と最後にニヤリ。ルール面でも体格面でも有利な若翔洋を相手に、打撃で距離を取ってじっくり戦いたい桜木だが、かなり難しい戦いを強いられそうだ。

 また、第7試合で佐藤光留と対戦する長谷川秀彦も練習を公開した。長谷川と言えばねちっこいグラウンド戦を得意とするが、この日の公開練習は打撃オンリー。鋭いミドルキックやショートレンジのパンチで相手を追い込むと、終盤にはローリングソバットも見せ、順調な仕上がり具合を感じさせた。

「体調は万全です。僕にとっては初めてのルールですが、向こうは1度経験しているので(佐藤は第零回大会の最終試合で勝利している)、頑張って勝ちに行きたいと思ってます」

 普段から興義館で桜木らと練習を積んでいる長谷川だが、その立場からしても『武道 掣圏』は未知のルール。しかし、「僕の弱いところを補えるルール。普段やっている総合格闘技とはまったく別物だと思ってますが、この試合を経験することが、総合格闘技の方でも活きてくると思ってます」と前向きな姿勢を示した。

 佐藤とは2003年6月22日に行われたパンクラス後楽園ホール大会で対戦しており、その時は長谷川が判定2-1で勝利している。「まさか再びこういう形で戦うことになるとは」と語る長谷川だったが、調整も順調で死角はない。

「以前対戦した時は元気のいい若者だと思いましたけど、今は元気のいいオッサン(笑)。普段の試合はあまり考えずにやっているので、今回も考えずに行くと思います。でも、パンクラスで桜木さんが対戦した時、“佐藤光留はローリングソバットに弱い”ことが分かったので、試合の流れ次第ですけど、そういうところも多少考えて戦いたい」

 2006年1月26日に開催されたパンクラス後楽園ホール大会で桜木vs佐藤が行われ、桜木は強烈なローリングソバットからの踏みつけで、佐藤から秒殺勝利を奪っている。この時、桜木のセコンドについていた長谷川にも強烈な印象が残っていたようで、今回の公開練習で早くもローリンソバットを試し斬り。試合でも使える感触を掴んだようだ。

 かつて1度敗れた相手からのこの挑発とも取れる発言は、佐藤としても期するものがあるはず。最終試合以上に両者の対決も注目だ。

若翔洋


――コンディションは?
「試合まであと4日なんですけど、体調の方もベストできてますんで、いい試合ができればなと思いますね。八角形の土俵と思って、相撲が取り切れるようやっていきたいと思います」

――今の体重は何キロぐらい?
「ちょっと前までは150キロを切ってたんですけど、150キロを超えちゃいましたね。なんか現役に戻りつつあるような体重になってきたんで。重さはかなりあると思うので、体重も活かしつつやりたいと思います」

――約60キロの差があるが、軽い相手とやるのはやりやすい?
「いや、特にやりやすい・やりにくいというのは今のところ全然考えてないので。もう自分の試合をすることしか考えてないのでね。相手も舞の海みたいにちっちゃくないんで(笑)、そんなに恐怖心はないですね。相手は打撃が強いと思うので、それをどうかいくぐって試合ができるかなと。それだけですね」

――桜木選手は押し出しを警戒していると発言していたが。
「“外に出したら勝ち”というポイントがあるのは、こっちとしては有利なのかなと思いますけど、相撲でもいろいろな技があるんでね。外に出すだけでなく、いろんなことがあるので、それができればいいかなと。一番手っ取り早いのは、外に出すことなんですけど、向こうがそれを警戒してくるのであれば、それ意外のことも頭には入れてるんで」

――ルールの部分で不安はある?
「まったくありません」

――総合ルールよりもやりやすい?
「相撲に近い部分があるので・・・。今のところ、まだ緊張はしてないんで。試合当日に緊張できればいいかなと。とりあえず今のところ身体はどこも悪くないので」

――相撲ではいろいろ技があるというが、出せそうな技はいくつぐらい?
「試合の流れで出るか・出ないかというのがあるので、数がどのぐらい出るかっていうのは。投げ技もあるだろうし、捻ったり、関節技に近いようなものもあるので、それが流れで出れば。なかなか狙っていこうと思っても、そうそうできるものじゃないんで。押し出し以外でも出せれば」

――ちなみに一番得意な相撲の技は?
「基本的に四つ相撲だったんで、組んでからですよね。そこから前に出るか、投げを打つかという形にはなると思うので。投げでも、ちょっと関節を痛めてしまうような投げが多々あるのでね。」

――関節を痛める投げというのは、相撲でも禁止されている?
「いや、やってました。過去に1回だけ腕を折っちゃったんですね、相手が。まあ、タイミングがたまたまそうなっただけなんですけど、だいたい軽くても靱帯伸ばしたりとか。それは狙っているわけじゃないですけど、何でも流れやタイミングでだから、もしかしたら全部押し出しかもしれないし」

――今はどういったところで練習している?
「地元のジムだったりとか、あとは仲間内で使ってない学校の体育館とかを使って。本当は回しを付けて、部屋で稽古できればいいんですけど、朝早いんで(苦笑)。四股と鉄砲ぐらいやっとけばある程度は……」

――具体的な練習相手は?
「地元の近くにジムがあるので。あとはプロレス関係の仲間というか、そういう人たちとやってます」

――打撃を警戒するコメントがあったが、体重差があっても警戒する部分はある?
「やっぱり打撃はちゃんと当たれば効くと思うので、最低限ちょっとずらしてでも。まあ、2、3発は我慢すればいいかなと」


長谷川秀彦


――コンディションは?
「体調は万全です。初めての『武道 掣圏』のルールで、向こうは1回このルールを経験しているので、ちょっと頑張って勝ちにいきたいと思ってます」

――第零回大会は観戦した?
「はい、会場で観ました」

――どんな印象を持った?
「さすが佐山先生だなと。面白かったです。試合の流れもそうだし、試合前後の儀式とかも見ると。そういうのも含めて、いつもの後楽園ホールとは全然違った雰囲気で、凄い良かったと思います」

――礼儀・作法の練習はした?
「刀礼をやってないので、この後、斎藤指導員にみっちり仕込んでいただこうと。あれを間違えたら失格ですからね。まずそこをクリアーしなくては」

――礼節を重んじる『武道 掣圏』のコンセプトについてはどう感じている?
「日本人ですから、そういうところは大事にしていかなきゃいけないなと思ってます」

――ルールについては?
「どちらかというと、僕は寝技でコテコテやっている方が得意なんで、僕の弱いところを補えるルールなんじゃないかなと思ってます。普段やっている総合格闘技とはまったく別物だと思ってます」

――弱いところを補えるのは勉強にもなると?
「そうですね。この『武道 掣圏』を経験することによって、“まったく別物”とは言いましたけど、総合格闘技の方ももっと良くなるんじゃないかと思ってます」

――佐藤選手との対戦はイメージできてる?
「あんまり考えずに普段の試合はやるので、今回もあまり考えずに行くと思います」

――佐藤選手の印象は?
「実は8年前にパンクラスで試合してるんですけど(2003年6月22日、後楽園ホール。判定2-1で長谷川が勝利)、その時は元気のいい若者というか。今は元気のいいオッサン(笑)。佐藤選手は僕と年齢はそんなに変わらないですよね」

――佐藤選手のプロレスでの試合は見たことある?
「リアルジャパンの試合で」

――変わったなと思った?
「元気のいいオッサンだなと(笑)」

――前戦の印象は?
「それから何十戦もやっているので、その中の1つとしか思ってなかったんですけど、まさかこういう形で再び戦うことになるとは」

――最後に意気込みを。
「数年前にパンクラスで桜木さんと佐藤選手が試合をやった時(2006年1月26日、後楽園ホール)、桜木さんのセコンドに付いていて。佐藤光留はローリングソバットに弱いということが分かったので、試合の流れ次第ですけど、そういったところも多少考えて戦いたいと思います」


対戦カード


第8試合 メインイベント 無差別級 3分2R+2分1R
桜木裕司(掣圏真陰流興義館)
若翔洋(フリー)

第7試合 セミファイナル 90kg契約 3分2R+2分1R
佐藤光留(パンクラスMISSION)
長谷川秀彦(SKアブソリュート)

第6試合 76kg契約 3分2R+2分1R
山本裕次郎(チーム太田章)
高橋良明(パラエストラ八王子)

第5試合 90kg契約 3分2R+2分1R
宮沢 誠(荒武者総合格闘技)
岡田 孝(UMW)

第4試合 87kg契約 3分2R+2分1R
間下隼人(掣圏真陰流興義館)
立原基大(UMW)

第3試合 83kg契約 3分2R+2分1R
斎藤彰文(掣圏真陰流興義館)
竹嶋健史(格闘探偵団バトラーツ)

第2試合 70kg契約 3分2R+2分1R
吉間順一(MAX-GYM)
山根聖也(竜司team)

第1試合 60kg契約 3分2R+2分1R
百々拳人(実武道会館)
大西健司(截空道京都総本部)

スケジュール


開場・17:30 開始・18:30

チケット料金


VIP席 10,000円 RS席 8000円 S席 6000円 A席 4000円

チケット販売所


e+(イープラス) http://eplus.jp/tiger/ 
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:818-654)  http://pia.jp/t
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:38455) http://l-tike.com/
CNプレイガイド 0570-08-9999  http://www.cnplayguide.com/
後楽園ホール 03-5800-9999
闘魂ショップ水道橋店 03-3511-9901
書泉ブックマート 03-3294-0011、
チケット&トラベル T-1 03-5275-2778
バトルロイヤル 03-3556-3223
チャンピオン 03-3221-6237
東京イサミ 03-3352-4083

お問い合わせ


掣圏真陰流本部 興義館 03-3812-1202 http://www.seikenshinkageryu.com

Home > NEWS > 掣圏 > 若翔洋、相撲の禁止技を桜木戦で解禁?:5.24 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニング大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について