Home > NEWS > 掣圏 > 大鵬の孫・納谷幸男が佐山サトル率いる掣圏真陰流に入門

大鵬の孫・納谷幸男が佐山サトル率いる掣圏真陰流に入門

 元・横綱の大鵬の孫・納谷幸男が、佐山サトル総監率いる掣圏真陰流に入門した。18日の掣圏真陰流神楽坂スタジオでの入門会見と初稽古のレポートが、掣圏真陰流興義館から届いた。
[Press Release]

大鵬の孫・納谷幸男が掣圏真陰流に入門、武道家としてスタート!
初稽古でそのポテンシャルを発揮!
「尊敬する祖父や佐山先生のようになれるよう頑張っていきたい」



 18日、新生武士道 掣圏真陰流『神楽坂スタジオ』にて、掣圏真陰流の新入門生・納谷幸男の入門会見と初稽古が行われた。

 納谷は元・横綱の大鵬を祖父に、元・関脇の貴闘力(現在は鎌苅忠茂氏)を父に持つ格闘技界のサラブレッド。身長196cm、体重120kgという日本人離れした体格を誇り、この春に高校を卒業したばかりの18歳だ。相撲ではなく、総合格闘技に興味を持ち、昨夏に父親と親交のある佐山サトル総監率いる掣圏真陰流に入門を希望。そして今日、初稽古を迎えた。

入門の裏側に隠された祖父・大鵬の言葉とは?


 緊張した面持ちで道場に現れた納谷は、「本当に素人なので、強くなるのか自分でも自信がないですが、“最後までやり切る”のが目標。自分のできるところまでやり通したいなと思っています」とコメント。この“最後までやり切る”という言葉の裏には、この1月に亡くなった祖父・大鵬の思いがあるという。

「やっぱりお祖父ちゃんは相撲の道に進んでほしかったと思うんですけど、最後に“やるなら最後までやり通せ”という風に言われたので。その言葉を胸にやっていきたいなと思います」

 相撲の経験はトータルで2年間があるが、自ら率先して挑んだわけではなかったため、長続きしなかった。しかし、高校時代に短期間ながら、佐山総監と親交の厚い“キックの神様”藤原敏男に師事。それによって総合格闘技への思いが高まり、今回の入門となった。

 掣圏真陰流は総合格闘技やキックボクシングで活躍する桜木裕司や瓜田幸造の2大王者を輩出しているが、その根本は「武道家」であり、「武士道」である。納谷も入門生として、掣圏真陰流所属の武道家として、当然、格闘技の技術だけではなく、礼儀作法や精神的な部分の教えも学んでいく。

 佐山総監は「納谷君は素直な子ですし、相撲という厳しい世界の影響だと思いますけど、礼儀作法や道を追求していく意味をよく知っていると思います。ただ、まだ殻の中にいる」と現状を分析し、「ルールがないような形で殻を破るのではなくて、仁義礼智信というものを背負った形で殻を破って、世界に出て行く。これを将来、納谷君はやってくれる…いや、必ずやります」と力強く宣言した。

 スーパー・タイガー・ジム時代からこれまでに数千人もの選手を教えてきた佐山総監から見て、格闘家に一番必要なのは「素直さ」だという。それを持った納谷に大きな期待を示すと「自分ではおそらく自信を持ってないと思います。なぜならばまだ開花してないから。これほどの金の卵なのに、まだ殻を割っていない自分がいる。それを割らせて自分を持たせることが最初にやることだと思います」と“自信を持たせること”の必要性を語っていた。

初稽古で重たいミドルキックを披露!


 会見の後に行われた初稽古でも佐山総監はマンツーマンで指導。さすがは多くの弟子を育ててきた名伯楽なだけに、指の角度や体重の乗せ方、全身の使い方などを細かく理論的に教えていく。納谷も真剣な表情でそれに聞き入っていた。

 刀の持ち方、刀礼の順序、礼の仕方などの礼儀作法からスタートし、さらには実戦的な練習も公開。パンチやキックの練習となると、佐山総監のアドバイスがすぐに効果を現し、見るからに動きがシャープになっていく。ジャブ、ストレート、フックといったパンチのコンビネーションに続き、ミドルキックの打ち方も伝授。桜木師範や瓜田師範も交えて、打撃のみならず、チキンウイングアームロックなどの関節技やパスガードの仕方など1時間にわたりみっちりと指導した。

 目立ったのはその打撃の重さ。素手でジャブを受けた佐山総監が驚くほどの破壊力で、ミドルキックはキックミットを持つ桜木師範が思わず浮き上がるほど。底知れぬポテンシャルを感じさせた。寝技は経験がないだけに戸惑いが見られたが、それでも順応力を発揮。練習終了後、佐山総監は「関節技もパンチもキックも覚えが早い。これは冗談抜きで本当に自信を持っていいと思います」と絶賛していた。

 最初は表情の硬かった納谷だったが、練習の充実感からか、後半は笑顔も覗かせており、「尊敬しているのはお祖父ちゃんであり、佐山先生。懐が大きさや人を思いやる心を見ていて、本当に凄いなと思いました。自分もそういう風になれるように頑張っていきたいです」と力強く宣言した。

目指すは総合格闘技の世界王者!


 まずは120kgある体重を絞って格闘家としての肉体作りに励むという。そこから実戦的なトレーニングに入っていき、掣圏真陰流が推し進める『武道 掣圏』でのデビューを目指す。

 当然、その先にはUFCを筆頭とした世界レベルの総合格闘技が待ち構えている。佐山総監は「武道の選手としてUFCに打って出ていきたい」とコメントしていたが、掣圏真陰流 興義館では、桜木裕司、瓜田幸造の他、チャンピオン及び、チャンピオンレベルの総合格闘家が日常的に合同トレーニングを行っている。さらに、新弟子募集もスタートしており、来月には寮も完成し、昼夜問わず練習に励める環境が整うという。

 また、佐山総監は「あくまで先の話ですが、本人が望むならプロレスをやる可能性もあるでしょう。最初からそれに持っていくと違う方向に行ってしまいますけれど、将来的には可能性もあるのではないかと思います」と語っており、プロレスデビューの可能性も示唆した。今月22日に行われるリアルジャパンプロレス後楽園ホール大会のセコンドに付くという。

「この環境にドップリ浸かっていけば、必ず強くなると確信を持っています。まだルーキーの状態で、高校を卒業したばっかりですが、こんな素直な子が入ってくれるとこちらもやり甲斐があります。どういう風に成長していくか。精神的にどれだけ強くなっていくか。礼儀作法とともに強くなっていく幸男の姿を見守ってやってください。お願いします」

 最後にあえて「幸男」と呼んだのも佐山総監の期待と愛情の表れ。尊敬すべき祖父と新たな師匠の言葉に応えるべく、納谷幸男は格闘家としての果てなき道を歩み始めた。

納谷幸男プロフィール


◆生年月日:1994年(平成6年)8月17日(現在18歳)
◆出身地:東京都江東区
◆出身校:埼玉栄高校出身(本年3月卒業)
◆身長:196㎝/体重:(約)120㎏/足サイズ:32㎝

2013.03.18 納谷幸男 掣圏真陰流 初稽古 コメント全文


■佐山サトル総監
「お集まりいただきまして誠にありがとうございます。納谷幸男、掣圏真陰流への入門発表、並びにトレーニング開始の記者会見を行います。本人は今、緊張していますけど、凄く素直な子です。やはり相撲という厳しい世界の影響だと思いますけど、そういうところで培った礼儀作法や道というものを追求していく意味をよく知っていると思います。ただし、それはまだ殻にこもっています。ですから、その殻を開けてあげるのが私たちの役目だと思っています。必ず世界チャンピオンになれるように、掣圏真陰流の技術を駆使してやっていきたいと思います。必ず世界チャンピオンにします。皆さん、期待をかけて、本人を温かく見守ってください」

■納谷幸男
「自分にとってみては、まだやらせていただいて間もないですし、このような場で喋らせていただいているのは本当におこがましいことで。本当に実力もないですし、このような場で喋らせていただけるというのは自分にとっても想像できないことなので。これから佐山先生の下で修行させていただけるということで、本当に素人なので強くなるのか、ならないのかは自分でも自信がないですが、最後までやり切るということが自分の目標なので。自分のできるところまで、最後までやり通したいなと思っています」

■佐山サトル総監(納谷の言葉を受けて)
「これから納谷君が何をやっていくのかをお伝えしたいと思います。私は格闘技を創ってきましたが、この20年間は武道のことを追求してきました。そして、格闘技を封印してきました。武道を創ることとプロレスをやってきましたけども、納谷君に入っていただくのは武道の方です。その武道の選手としてUFCに打って出ていきたいと思います。その武道とは何か? 礼儀作法とか、精神的な部分を非常に大切にしたものです。
 もう1つ、ここには我々の思想があります。金髪にしない。ピアスをしない。タトゥーを入れない。礼儀作法をしっかりさせる。これは武道ですから、武士道であります。総合格闘技や他の格闘技で行われているような、少しグレーかかったような、ブラックかかったような試合ではなく、まっさらな白い試合をするということです。それが一番重要だと思っていますので。そして、武道というのは人を育てることです。ルールがないような形で殻を破るのではなくて、仁義礼智信というものを背負った形で殻を破って、世界に出て行く。これを将来、納谷君はやってくれる…いや、必ずやります。納谷君だけではなくて、本郷にある本部道場では武道の選手を募集していきます。1ヵ月後には寮もできます。そこで佐山武道を体験して、やれる選手はUFCやロシアの試合にどんどん出て行っても結構。ただし武道の世界から始めるということをわかってください。こういうところに納谷君は入ってきたということです。世界中のお父さんお母さんにも自信を持って薦められる武道ですので。納谷君は最後までやり切ると言いましたけど、みんなの夢のためにもやり切ってもらいたいなと。今日は初日のトレーニングですから厳しいことはしませんけど、まず礼儀作法の方からしてもらいたいと思います。そういう姿勢の武道でございます」

■質疑応答
――相撲ではなくここで修行したいと思うようになったキッカケは?
納谷「父と佐山先生が知り合いで、佐山先生の話を直に伺った時に、自分もここでやりたいなと思って」
――これまでの格闘技歴は?
納谷「やっているうちに入るのかはわからないんですけど、キックボクシングを本当にちょっとやっていました」
佐山「藤原先生のところでやっていました。あと相撲は2年間やっています」
――格闘技自体は好きだった?
納谷「そうですね。格闘技もそうですし、家が相撲部屋だったんで、そういうことに触れあう機会が凄く多くって、関心は常に持っていました」
――K-1やPRIDEのテレビ中継は見ていた?
納谷「見てました。全般的に見ていて、BSで深夜にやっている格闘技も見たりしてました」
――佐山先生から見た納谷さんの素質は?
佐山「練習はまだ見ていません。藤原先生から聞いていることもあります。どっち構えなのか? そして何より性格が一番ですね。素直なのか? 僕はこの20~25年間ぐらい人に教えているわけで、もう何千人も教えているわけですけども、素直なのが一番です。素質は言うことないでしょう。柔らかさと強さを備えていて。自分ではおそらく自信を持ってないと思います。なぜならばまだ開花してないからですね。こういう金の卵なのに、まだ殻を割っていない自分がいる。それを割らせてあげる、自信を持たせるということがまず最初に来ると思います。必ずやり遂げてみせます」
――お祖父さんの教えや言葉はある?
納谷「やっぱりお祖父ちゃんは相撲の道に進んでほしかったと思うんですけど、最後に“やるなら最後までやり通せ”という風に言われたので。その言葉を胸にやっていきたいなという風に思います」
――まずは武道からという話だったが、将来的にはプロレスをやる可能性もある?
佐山「ありますよ。本人が望むならそれもあるでしょう。ただ、最初からそれに持っていくと心が違う方向に行ってしまうので。うちの姿勢は皆さんもおわかりだと思いますけど、こういう姿勢なので。でも、将来は必ずあるのではないかと思いますけどね」
――具体的に進路を決めた時期はいつ?
納谷「佐山先生のところに弟子入りをさせてくださいという話をしたのは、去年の夏頃です」
――去年の夏以前に藤原道場でキックボクシングをやっていた?
納谷「そうですね。少しやっていました」
――キックボクシングではなく、なぜ総合格闘技や武道の方向に進むことを選んだ?
納谷「やっぱり総合格闘技というものに興味があったので」
――目標とする選手、尊敬する選手は?
納谷「尊敬しているのはお祖父ちゃんであり、佐山先生であって。そういう行き方とかを凄く尊敬しているので、自分もそういう風になれるように頑張っていきたいなと思います」
――ファンとして総合格闘技やK-1を見ていた時に好きだった選手は?
納谷「本格的に選手の名前を覚える感じで見ていたわけじゃないので」
佐山「礼儀作法の練習に入っていきますけど、明後日以降は興義館の方でプロ練習も行います。瓜田や桜木は当たり前のことですけど、他にも日本の総合格闘技のチャンピオン、あるいはチャンピオンクラスの人間が実はうちで練習していまして。その人たちとともに、一緒に世界へ進んでいくという体制になっています。皆さんがご想像するよりもよい環境で。実は興義館は密かにやっておりましたので、その環境にドップリ浸かっていくと必ず強くなるではないかなと思います。確信を持っています。精神的なことも当然教えていきますんで。まだルーキーの状態です。高校を卒業したばっかりです。こんな素直な子が入ってくれるとこちらもやり甲斐があります。どういう風に成長していくか。精神的にどれだけ強くなっていくか。これを見守っていただきたいです。今日は初日の練習ですが、本当にセメントでやらせていただけるので、うちは礼儀作法からやらせていきます。礼儀作法とともに強くなっていく幸男の姿を見守ってやってください。お願いします」

■佐山サトル総監(練習終了後)
「関節技も覚えが早いし、パンチもキックも覚えが早いので。自信を持っていいと思います。これは冗談抜きで、本当に自信を持っていいと思います」

■納谷幸男(カコミ)
――相撲の経験が2年というのは、色々な時期を合わせて?
「そうですね。途切れ途切れでやっていて、全体的にそのぐらいです。キックも高校2年ぐらいの時に少しやっていました」
――生き方に憧れがあると言っていたが具体的には?
「懐が大きいところとか、人に対して思いやる心とか。そういう部分を見ていて、本当に凄いなと思うので。自分もそういう風になりたいと思います」
――今日、実際に練習してみてどうだった?
「最初はちょっと緊張したんですけど、やっているうちに。楽しくてじゃないですけど、そういう気持ちになったので、これから先は頑張っていかなくてはいけないと深く感じました」
――寝技は戸惑いがあった?
「寝技は初めてやったので何とも言えないんですけど」
――今は緊張がほぐれたように見えるが?
「今は緊張してないです(笑)。さっきは凄い緊張していたんで」
――体重はもっと落としたい?
「落としたいです。できれば10キロぐらい落として。全然絞れてないので、本当にガッツリこれから絞っていってやっていきたいなと思います。110キロ前後には少なくとも」
――お父さんからはどういう言葉を言われた?
「親父からは特に何も。まあ、やってこいよみたいな」
――相撲は途切れ途切れでやっていたということだが、最後は中学生の時まで?
「高校のはじめに本当にちょっとだけやったんですけど」
――(桜木裕司師範の)試合の映像を見て、怖いと思わなかった?
「最初は思ったこともあるんですけど、やっぱりここまで来たらやるしかないなっていう。後には引けないんで」
――いつまでに実戦の場に立ちたいという思いもある?
「本当にまずは体をちゃんと作って。周りの人から行ってこいと言われるぐらいに。まずはそういったところをちゃんとしないといけないと思うんで。いつまでという明確なものはないんですけど、早く出られるのに越したことはないと思うんで」
――身長はまだ伸びている?
「まだ伸びています。今は196cmぐらいですね。1年ぐらい測ってないんですけど、だいたいその前後ぐらいです」

Home > NEWS > 掣圏 > 大鵬の孫・納谷幸男が佐山サトル率いる掣圏真陰流に入門

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニング大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について