NEWS

Home > NEWS > 掣圏

NEWS 掣圏

«Prev || 1 · | Next»

大鵬の孫・納谷幸男が佐山サトル率いる掣圏真陰流に入門

 元・横綱の大鵬の孫・納谷幸男が、佐山サトル総監率いる掣圏真陰流に入門した。18日の掣圏真陰流神楽坂スタジオでの入門会見と初稽古のレポートが、掣圏真陰流興義館から届いた。

続きを読む [更新:2013-03-20 (水) 11:58]

初参戦の長井満也、佐山サトルへの思い語る:12.6 後楽園

 武道 掣圏 第二回武術大会(12月6日(火) 後楽園ホール)で掣圏の試合に初挑戦する長井満也(ドラディション)のインタビューが、主催の掣圏真陰流本部興義館から届いた。

続きを読む [更新:2011-12-05 (月) 12:23]

桜木裕司、“IRO関”こと色増幸作と対戦:12.6 後楽園

 武道 掣圏 第二回武術大会(12月6日(火) 後楽園ホール)の全カードが発表された。桜木裕司(掣圏真陰流)は色増はかつて「IRO関」のリングネームでパンクラス、DEEP等に出場し、学生時代には全国高校選抜相撲大会2位、国体への出場実績もある。

続きを読む [更新:2011-12-01 (木) 18:48]

桜木裕司・佐藤光留・長井満也・若翔洋ら出場:12.6 後楽園

 武道 掣圏 第二回武術大会(12月6日 後楽園ホール)の出場選手および組合せ発表会見が25日に東京の掣圏真陰流・神楽坂スタジオで行われた。その会見の模様が掣圏真陰流本部興義館から届いた。

続きを読む [更新:2011-11-26 (土) 13:07]

若翔洋、相撲の禁止技を桜木戦で解禁?:5.24 後楽園

 『武道 掣圏』第一回武術大会(5.24 後楽園ホール)を4日後に控えた20日、掣圏真陰流本部・興義館で同大会に出場する若翔洋と長谷川秀彦が公開練習を行った。 (情報提供:掣圏真陰流 興義館/リアルジャパンプロレス)

続きを読む [更新:2011-05-23 (月) 11:26]

震災の影響で3.25 後楽園の第一回大会を延期

 武道 掣圏 第一回武術大会(3月25日(金) 後楽園ホール)が東北地方太平洋沖地震の影響で延期となった。チケット払戻し、延期開催の有無に関しては後日発表される。

続きを読む [更新:2011-03-15 (火) 14:12]

第1回大会開催。桜木裕司、元関脇・若翔洋と対戦:3.25 後楽園

 掣圏真陰流興義館の佐山サトル総監が創始した「武道 掣圏」の第1回大会が、3/25(金)後楽園ホールで開催される。相撲の土俵を思わせる八角形の試合場を使うこの大会で、佐山氏の弟子・桜木裕司が、約50kg重い元大相撲関脇の若翔洋(TEAM PAON)と対戦することが決まった。

続きを読む [更新:2011-03-03 (木) 23:49]

武道掣圏第零回大会に佐山の弟子出場:10.29 後楽園

 興義館にて8日、掣圏真陰流の佐山サトル総監が記者会見を行い、10月29日(金)に後楽園ホールで開催される『武道 掣圏』第零回大会に掣圏真陰流・興義館所属の間下隼人、齋藤彰文の両名が参戦することを発表した。(記事提供:リアルジャパンプロレス 掣圏真陰流・興義館)

続きを読む [更新:2010-10-13 (水) 10:47]

八角形リング採用の「武道 掣圏」を10月スタート

 掣圏真陰流興義館の佐山サトル総監が7日、記者会見を行い、新武道「武道 掣圏(せいけん)」の設立を発表した。試合場にはコーナーポストやロープのない約8mの八角形リングを採用。3本勝負で行われ、グラウンドの相手への打撃は禁止だが、3秒間押さえ込んでも一本、相撲のように相手をリングから落としても一本となる。

続きを読む [更新:2010-05-10 (月) 18:22]

«Prev || 1 · | Next»

Home > NEWS > 掣圏

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ