Home > NEWS > RIZIN > ジェロム・レ・バンナ、大晦日欠場について公式サイトで釈明

ジェロム・レ・バンナ、大晦日欠場について公式サイトで釈明

 ジェロム・レ・バンナが昨年の大晦日のRIZINのバルト戦を直前に欠場した件について、チーム・レ・バンナが釈明文を1月11日にバンナの公式サイトにフランス語で掲載し、3月11日になってようやく英訳と日本語訳も公開された。

RIZIN FFに関するご説明



日本のMMAの新組織である「RIZIN」は、さいたまスーパーアリーナで開催される年末の総合格闘技イベントに、ジェロム・レ・バンナがエストニア人の把瑠都凱斗と対戦することを発表し、この情報は数多くの専門サイトによって瞬く間に広がりました。そして同組織は、契約書には署名がされていたことを明かしましたが、どんな「Fight Agreement(格闘契約書)」にも署名はされていませんし、承認もされていません。確かに話し合いはありましたが、何ら合意には至っていませんでした。

また、ジェロム・レ・バンナは足に怪我を負っており、手術を遅らせていたこの古傷が、12月22日と23日の練習中に再び痛み始めました。ジェロム・レ・バンナは、MRIを証拠としてRIZIN側に戦えないことを告げましたが、話し合いに関係なく試合はできない状況でした。

RIZIN側は、実際には交わしていない契約書に署名がしてあることを主張して、法的措置を取ると表明し、ジェロム・レ・バンナに試合をさせようとしました。しかし手続きが守られていなかったために彼は参加をしませんでした。

ジェロム・レ・バンナは日本で最後の試合をすることを望んでおり、可能であればイノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)の開催参加を希望しています。ジェロムは、津波の被害者のための活動やその他チャリティ活動を行っている、アントニオ猪木の連盟(IGF)に非常に敬意を持っています。

日本での試合に関する詳細情報は、2016年内にお届けいたします。

2016年が素晴らしい一年になりますことを、チーム・レ・バンナ一同、心よりお祈り申し上げます。皆様に益々ご繁栄がありますよう、心より願っております。


昨年8月の母国引退戦でのバンナと夫人
 このバンナ陣営の声明の英訳・日本語訳をしたのは、昨年8月のバンナの母国フランスでの引退試合を取材した日本人の番名比呂氏。バンナが大晦日のRIZINと同時刻のIGF両国国技館大会に登場し、RIZIN側の反感を買ったが、番名氏は「バンナがRIZINとの交渉を開始した直後の10月中旬の時点で『今年はまだ一度も愛する日本に来ていないから、仮に大晦日に試合が決まらなかったとしても、プライベートで12月上旬頃に来日しようと思ってるよ。それに俺の大切な友人が出産を控えナーバスになっているから、俺も妻も彼女を元気付けてあげたいからね』と話していました。IGFへの登場も、古傷が悪化しRIZINに試合ができないと伝えた後に、アントニオ猪木氏から招待されたからで、RIZINへの背信やネガティブキャンペーンではないはずです」と補足説明。「RIZINに対しては『ちゃんと問題が解決すれば俺はいつでも再交渉にオープンな姿勢で応じる』とのことです」とも代弁している。

Home > NEWS > RIZIN > ジェロム・レ・バンナ、大晦日欠場について公式サイトで釈明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JTクラブジム
JR東海道本線「沼津」徒歩5分
入会時「バウレビ見た」で特典付!キックボクシング8冠王・土屋ジョーが直接指導!老若男女国籍、全て不問!

さらに詳しく

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
新規入会キャンペーン。入会金無料!!入会月も月謝無料!!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ