Home > NEWS > RIZIN > 榊原信行氏の新大会をフジテレビが放送。桜庭和志×青木真也決定:12.29・31 埼玉

榊原信行氏の新大会をフジテレビが放送。桜庭和志×青木真也決定:12.29・31 埼玉

 元PRIDE主催者の榊原信行氏が実行委員長を務める新大会「RIZIN(ライジン)」が12月29日と31日にさいたまスーパーアリーナで開催される。PRIDE同様に高田延彦氏が統括本部長となり、フジテレビが放送し、桜庭和志×青木真也が29日の第1弾カードとして決定。試合場はリングでルールはPRIDEと同じ。2日間に渡るヘビー級8人GPを軸に、ヒョードルの復帰戦、SBのRENAと柔術世界選手権優勝のギャビ・ガルシアのMMAデビュー戦が予定されている。
 PRIDEは1997年に旗揚げし、榊原氏は当時から幹部として参加し、2003年4月から運営会社DSEの代表に就任。森下直人前代表時代に火が付いたPRIDEブームをさらに盛り上げ、さいたまスーパーアリーナを主戦場に5万人近い観衆を集める大会を連発した。
 だが2006年6月にフジテレビから契約を解除されると、PRIDEは衰退の一途をたどり、07年3月27日の六本木ヒルズアリーナの会見でUFCへのPRIDEの売却を発表。翌月8日のPRIDE.34が最後のイベントとなり、同年10月4日にUFCによる新会社・PRIDE FCワールドワイド東京事務所が閉鎖したのと共に事実上消滅した。
 同年大晦日、旧PRIDEスタッフはライバル団体HERO'Sの運営会社FEGの協力を得て、やれんのか! 大晦日! 2007を開催。翌2008年3月にはその協力を継続する形でDREAMがスタートした。だがUFCへの主力外国人の流出、戦極(SRC)との主力日本人の分散、K-1の人気衰退によるFEGの経営危機等により、PRIDE時代のような熱気を取り戻すことはできず、2011年3月11日の東日本大震災を境に大会も減少。2012年5月にFEGが破産し、DREAM.18 & GLORY 4 ~大晦日 SPECIAL 2012~が最後の大会となった。
 さいたまスーパーアリーナの大晦日大会は翌2013年には開催されなかったが、PRIDE・DREAMに多数の選手を送り込んでいたDEEPがDEEP DREAM IMPACT 2014 ~大晦日SPECIAL~を開催。PRIDEの“聖地”は護られる形になり、榊原氏の8年ぶりの格闘技界復帰と共に、PRIDEの流れをくむ大晦日大会も本格復活することになった。
 今回の会見にさきがけ、榊原氏は9月15日(現地時間)カリフォルニアのBellator MMA & Glory: Dynamite 1に元PRIDEヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードルと共に登場し、大晦日大会のメインでヒョードルが復帰すると発表した。ヒョードルは12年6月21日のロシアでのペドロ・ヒーゾ戦で84秒KO勝ちしたのを最後に引退。今年7月に本格的なトレーニングを再開し、9月28日で39歳に。日本の大会に出るのは元気ですか!! 大晦日!! 2011の石井慧戦以来4年ぶりとなる。

 RIZIN初の大会の名称は「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS」。会場はさいたまスーパーアリーナで、賞金総額50万ドル(約6千万円)のヘビー級8人トーナメントの一回戦(1st round)4試合を29日に、準決勝・決勝(Final round)を31日実施。29日の桜庭×青木等、31日のヒョードル復帰戦等、ワンマッチも両日に組まれる。30日も含め、隣接のコミュニティアリーナ、けやき広場で「格闘技EXPO」という、他競技を含めたファン交流イベントも同時開催される。チケットは通し券も用意され、10月12日から先行予約、11月21日から一般発売がスタート。大会ホームページは http://rizinff.com/



 RIZIN開催を発表する公開記者会見が8日、六本木の東京ミッドタウンのキャノピー・スクエアで行われ、榊原氏、高田氏をはじめ、ヒョードルら出場決定選手も勢ぞろいした。司会進行は矢野武アナウンサーとPRIDE中継のゲストだったタレントの小池栄子さん。冒頭、榊原氏はヒョードルに「出てこいや」と呼ばれ登壇し、イベント概要を発表した。以下は登場順の各氏のコメントの概要。

◆榊原信行実行委員長
 2007年3月に同じ六本木で私は格闘技界からの引退を発表しました。永遠に続くと信じて(UFCと)結んだ契約の後、4月のPRIDE.34をもってみんなの前にPRIDEは出ませんでした。皆さんに嘘をつく結果になったことをお詫びします。
 あれから格闘技の日々の成長を追いかけず、サッカーや他のエンターテイメントに自分をぶつけましたが、心から愛せる舞台は格闘技界にしかないと感じました。どこまでできるかわかりませんが、今、51(歳)です。ここから10年、命がけで、日本の格闘技、世界の格闘技のために捧げます。PRIDEって何?って聞かれると、みんなで作るあの熱だと思うんですね。もう一度あの熱を作るには、中途半端な気持ちではできないですし、途中で息絶えるかもしれないですけど、本気でやりたいと思う。
 最初に発表するのはイベントのタイトル名です。RIZIN FIGHTING FEDERATIONです。ネットにも出ましたが、昨日の夕方6時ぐらいまでサムライというタイトルにしたほうがいいかと迷いました。ビジネスパートナーに「名前は後からついてくる」と言われ、PRIDEもそうでしたが、RIZINというタイトルを皆さんと磨き続け、10年経った時には世界中の人が知ってるブランドネームにしたいと思います。
 そして長年一緒にいた同志に現れてもらいたいと思います。高田延彦、出てこいや!

◆高田延彦統括本部長
 俺たちここに帰って来たぞ! 96年に実行委員長(榊原氏)に出会い、約11年PRIDEで一緒に走ってきました。苦楽を共にした仲間との仕事の場が唯一のホームグラウンドです。この場に8年ぶりに立つ自分をじっくり実感すると鳥肌が立ってきますね。この8年は我々にとっては溜めとなる、爆発力を凝縮するための最高の8年だったと思っています。
 この8年間、榊原委員長と時々ご飯を食べながら、必ず彼はこう言うんです。「時が来たら、チャンスが来たら…」それを聞いた私は「OK」。その繰り返しの8年でした。去年11月終わりに委員長に呼び出され、「ノブさん、そろそろ準備段階に入らないといけない」と言われ、「OKもちろん、私で良ければなんなりと」。あれから10か月、これから夢の到達点に向かって歩けるのは、こんな幸せなことは無いです。間違いなく、仕事として格闘技に携わるのはRIZINが最後という覚悟です。
 ちょっと私、硬いんで、雄叫びあげていいですか、ウォー!。これは私、スタッフへの鼓舞、世界中の人たちへのこれから始まるよという宣言です。最後に、このイベントがどこを到達点にするか、シンプルです。人類最強のファイターを決める場をファン、世界のプロモーションの皆さんと作り上げる。それに尽きます。メイドインジャパンです。テニスでいえばウィンブルドン、ゴルフで言えば全英オープン、サッカーでいえばワールドカップ、オリンピック。他の競技の最高峰の舞台に肩を並べるところまで、必ずやりとげます。みんなと一緒にRIZINを世界最高峰の舞台に育て上げようじゃありませんか。

 RIZINにはPRIDE時代にも協力関係にあった日本レスリング協会も後援を表明。冒頭にも記した通り、PRIDE衰退の発端は、フジテレビとの契約が切られたことで、榊原氏は週刊現代の指摘した反社会勢力との交流を一貫して否定していたが、RIZINの実行委員会にはコンプライアンス担当として、サン綜合法律事務所所属で元検事の中村信雄弁護士と大鶴基成弁護士、元警視庁刑事部理事官の菅村明仁氏の3氏が就任し、コンプライアンスの強化をアピール。会見には中村氏が登場した。

◆JOC名誉会長 日本レスリング協会会長 福田富昭氏(右写真右端)
 先日ラスベガスで世界選手権があり、男子は惨敗でした。闘争心が無いからであり、(MMAに)見習わないといけませんし、レスリング界からはたくさんの選手が総合格闘技に出ています。今後はしっかり支援したいと思います。この大会が世界一になることを祈念します。

◆コンプライアンス担当 中村信雄弁護士(右写真中央)
 コンプライアンスが重要な時代だからこの場に呼んでもらえたと思います。昔から年末の格闘技イベントが楽しみで、こういう形で復活し、みなさんが喜ぶことが大事で、クリーンな大会が開催されることが大事と思っています。

◆榊原氏
 この場でコンプライアンスのことは場違いかと思いますが、私自身もみなさんから非難を受け、脇が甘かった部分も反省し、企業としての防衛力を高め、自分たちを律します。お付き合いするみなさんも含め、クリーンにしたいと思い、中村先生にご同席いただきました。中村先生、これからもご指導よろしくお願いいたします。


 続いて榊原氏はフジテレビとスカイパーフェクTVでの放送について発表。米国での放送局となるスパイクTVの幹部と、同局で放送されている米国2番手団体のベラトールのスコット・コーカー代表が登場した。なお、海外からのRIZINへの「参画団体」には米国のベラトール、英国のBAMMA、ポーランドのKSW、リトアニアのBUSHIDO、ブラジルのジャングルファイト、韓国のROAD FC、ヨルダンのDESERT FORCEの7団体が名を連ね、コーカー氏以外にもBAMMAのデビッド・グリーン代表、BUSHIDOのドナタス・シマネイティス代表、ジャングルファイトのヴァリッジ・イズマイウ代表が登場し、新大会スタートを祝った。

◆榊原氏
 テレビ放送は、日本国内ではフジテレビさんに地上波の放送が決定しました。放送時間帯等の環境整備は時間がかかりますが、この大英断をいただいたことに心から感謝しています。スカパーさんにもPPVでライブで流していただきます。インターネットでの配信も考えています。アメリカではバイアコムグループのスパイクTVで見ていただけます。世界中で見ていただける環境を整え、メイドインジャパンのコンテンツを育てたいです。
 今、大半のトップ選手はUFCと契約しています。PRIDE時代は選手の引き抜きとか醜い出来事が多く起こりました。RIZINではトップのプロモーションとしのぎを削ることはしたくないと思い、各団体の選手の上がるコンペティション、競技会を築けばいいと思いました。競技会の主催者として、世界中のプロモーションと組み、選手が最高に輝く舞台を作ります。1回目の大会では8人のヘビー級トーナメントを開催します。各プロモーションから選手を集め、総額50万ドルをかけ、29日に一回戦、31日に準決勝と決勝、その週末で世界最強の男が決まる競技会を軸に、ワンマッチも組みたいと思います。
 ここ数年間、RIZINでは過去と現在と未来がシンクロするイベント空間を作りたいです。格闘技界に放つ3本の矢、1本目が「完結」です。アメリカでマウリシオ・ショーグンやヴァンダレイ・シウバに会いましたが、もう1回日本の熱狂の中に立ち引退したいと言うのですね。2本目は「息吹」。新しい選手のデビュー、チャレンジの場を作りたい。3本目が「未来」。いつかRIZINの世界大会に出たいと、選手たちが思うようなイベントを発信します。



 最後に満を持して出場決定選手が登場。桜庭と青木の一戦が榊原氏の口から発表され、各選手が意気込みを語り、質疑応答、囲み取材も行われた。

◆青木真也
 桜庭選手のやってきたことを最大限リスペクトしていますが、マットの上にあるのは現実です。

◆桜庭和志
 どうも桜庭です。いい試合ができるよう頑張ります。

◆RENA
 シュートボクシングのRENAと申します。私は打撃の選手ですが、MMAという大きな舞台に呼んでもらい、時間もあまり無いですし、不安と怖さしか無いんですけど、SBの王者として打撃の怖さを出し、大晦日、世界中にRENAという名前を知らしめるために大暴れします。現代社会色々ありますけど、女性が立ち上がり、女子でもやれるんだぞと見てもらいたいです。

◆ギャビ・ガルシア
 武道の生まれた日本で女性の力を見せつけます。女性もKOシーンで魅了できると見せたいです。

◆エメリヤーエンコ・ヒョードル
 春にロシアに榊原さんがいらして、この大会を提案され、復帰を考えました。日本に戻れて、PRIDEの一員としてここに来れてうれしいです。ここでロシアのプーチン大統領の誕生日を祝います。皆さんにいい試合を見せます。

◆榊原氏(会見中の質疑応答)
(ルールについて)旧RIDEルールです。10分・5分・5分、女子は5分3Rです。フットスタンプもあります。選手同士同意すれば肘も認めます。フィールドはリングで行きます。みんなが見たことが無いリングを開発中です。スクエアなリングですけど、ニュータイプのリングで、5本のロープで行きます。時代に逆行していますかね?
(桜庭×青木の契約体重について)キャッチウェイトです。10kg差があって、落としどころを考えますが、歩み寄れるウェイトになると思います。



◆榊原氏(囲み取材)
(ヒョードルはヘビー級GP?)ワンマッチです。31日に試合をさせたいと思います。
(桜庭は引退試合?)引退試合ではないです。結果的に引退試合になっちゃうかもしれないですけど(苦笑)、本人が決めることなんで、引退試合にするとは聞いてないですね。
(29日も放送?)そうです。29日も31日もフジテレビで放送するよう最終調整中です。生(放送)で乗るには時間的に難しいのかなと思いますけど、どの時間帯にして何時間放送するとかはこれからです。
(日本人選手の割合は?)日本人選手の試合をできるだけ多く組みたいですけど、随分長い間(かつてのPRIDEファンは)世界の最高峰の総合格闘技の試合って見てないと思うんですよね。世界中のプロモーションから現時点のトップコンテンダーを呼びたいと思うので、海外の試合もたくさん組みたいので、それでも3分の1は日本人選手の出場を考えています。
(ヘビー級GPは各プロモーター1人ずつ?)そうです。8団体選ぶのも大変で、このスタイルを今年から始め、ゆくゆく競技会としてのブラッシュアップをしたいです。世界中のプロモーションの対抗戦は格闘技界では世界初だと思うんですね。アジアのプロモーションからなのにブラジルの選手が送られても構わないです。
(年に何回開催しますか?)世界中のプロモーションの邪魔をしたくないんで、年10回とか18回とかやってると思いますけど、そういう回数をやる気はない。総合格闘技は他のスポーツと違ってシーズン制が無くて、PRIDEをUFCに渡した時もPRIDEとUFCでメガファイトをすると言ってて、それがスーパーボウルになればいいし、プロレスだってレッスルマニアがあるわけで、ピークを作る、それは年2回とか3回とか、やっても4回ぐらいじゃないですか。このスタイルの大会は。毎週末大会あったら飽きますよ。溜めを作りたいです。
(毎回違う階級でGPをやる?)はい。それが一つの軸になります。それ以外にワンマッチで。UFC以下、プロモーションの順位決定戦です。プロモーターの枠を外して、この大会だけは中立の舞台で、BAMMAとKSWのチャンピオンが戦うとか、起こせていければいいなと。
(1日飛びでトーナメントをやるスタイルは今回だけですか?)これも実験的なんだよね。3試合はキツいとか選手から出るかもしれないですし。PRIDE(GP)の2000年の時は1日3試合やらせましたけど。ただ今の総合格闘技、マンネリ化しているでしょ?新しいチャレンジとか、新しいムーブメントなり。選手の技術の進歩もある部分止めてると思うんだ。この競技会だけはリングの中でやるんだと言うと、金網でやっている選手も戦い方を考えなくちゃいけない。そういうことがこのスポーツの発展や進歩につながると思って実験でやってみます。1日のインターバルがいいのか。医学的には2日間空ければ肉体はほぼ回復するということらしいですけど、選手がコンセントレーションを整えるのは大変かもしれないですし、それもゲーム性の面白みで、やってみましょうよ。
(大晦日のメインイベントはヒョードル戦ですか?GPの決勝ですか?)まだわからないです。ヒョードルの相手はこれからなんで。色々取りざたされているところも含めて。ヒョードルは誰とでもやると言ってるけど、選手を持っていなくて、各プロモーションから借りるんでね。(ベラトールの)スコットと相談するとしても日々のプロモーションの中での色々があると思うし。未来につながる試合にしたいですね。ファンの中では「(ヒョードルは)UFCに行ったほうが見たいカードが組めたはず」って、でも大半見た試合じゃん?ファブリシオ・ヴェウドゥム(現UFCヘビー級王者)とか見たい?と俺は思うけど、あんまり言ってると…(笑)。まあ、ニュームーブメントが起こせることを、ファンが求めることをわかりながら、先をイメージしたことが必要かと思います。
(日本国内の団体との協力は?)DEEPさん、修斗さん、シュートボクシングさん、パンクラスさん、ZSTさんとは、協力していこうと話をしました。今日みんなにも来てもらおうと思いましたけど、てんこ盛りなんで、せっかく写真撮っても載せてくれないから、また次の機会に、日本の中のアライアンスは発表させてもらって、それぞれの団体が送り出す選手と一緒に会見とかできたらいいなと思います。
(クリーンな大会ということで、ドーピングの対応は?)世界のプロモーションでレギュレーションやレベルが違いますが、あらゆる検査を全部します。今の世界標準に則って進めたいです。
(サプライズは?芸能人やプロレスラーや他競技は?)そういうのはあると思いますね。芸能人は出ないですけど(笑)ニューカマーも求めていると思うんですよね。今までの日本の総合格闘技を支えた選手たちの生きざまも見たいけど、5年先、10年先を引っ張る選手を生み出さないといけない。
(PRIDEとの大きな違いで、女子に力を入れる?)そうだね。めちゃくちゃ入れます。(UFC女子バンタム級王者の)ロンダ・ラウジーに負けないぐらいの女子の人気を作り出したいと思います。アマレスの福田会長とも話しましたが、伊調(馨)とか吉田(沙保里)とか、女子もプロで活躍できる場があるといいとも思うんです。PRIDE時代と違って女子の総合のレベルも上がったし、UFCの2階級だけじゃなく、もっと上とか下とか。人類最強は男とは限らないって、ギャビ・ガルシアを見てるとわからなくなるもんね(笑)
(旧PRIDEルールを検証して新たにRIZINルールを作ることは?)一緒です。プラス肘も解禁して、他のプロモーターにも話して、そのルールを待ってましたって選手もたくさんいて。特に柔術の選手は5分という時間軸の中で一本を取りに行くのは大変ですけど、10分あれば。
(レジェンドファイターが上がっても過激なルール?)そうです。マスターズ構想もあって、ベラトールもUFCもほぼマスターズって試合があるけど(笑)、この競技って選手に進化に時間がかかって、ダン・ヘンダーソンも言っていたけど、20の時よりいろんなことを覚えて熟成するのに時間がかかるって。40超えてもトップで戦えるんで、そうすればマスターズで四点膝は無しとかグローブが大きくなるとか。まだやれる選手がどんどん押し出されて引退していく中で、日本の中でそういう場を担保してあげてもいいんじゃないかな。
(全試合MMAですか?)基本はMMAですけど、他のルールも入れようと思います。近々発表しますけど。あんまり総合格闘技に固執していなんでね。メタモリスのホリオン(・グレイシー)とかと話してもグラップリングも可能性があるし、スタンディングのヘビー級のぶつかり合いだって見てみたい。日本のファンたちが熱狂したソフトを取り戻すためのトライアウトの場なんで、今回の大晦日はいろんなショーケースにして、検証して、そこから進化させたいです。世界のファンは日本のファンの見る目が優れているというリスペクトもあるし、日本のファンの中で新しい総合格闘技の舞台をもう1回作り出したいです。

対戦カード


12月31日


未定

12月29日


契約体重調整中 1R10分・2-3R5分
桜庭和志(フリー)
青木真也(Evolve MMA/ONE世界ライト級王者)

出場予定選手


エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア/元PRIDEヘビー級王者)※31日
RENA(シーザージム/SB世界女子フライ級(51kg)王者)
ギャビ・ガルシア(ブラジル)

スケジュール


12/29 開場・14:30 開始・16:00(予定)
12/31 開場・14:30 開始・16:00(予定)

チケット料金


VVIP席(特典付)300,000円
VIP席(特典付)100,000円
SRS席 30,000円
RS席 18,000円
S席 9,000円
A席 6,000円
※12月29日、31日セット券はVIP席150,000円、SRS席45,000円、RS席28,000円
※1歳より入場券が必要です。
[特典内容]
・VVIP席:受付はRIZIN事務局(03-5772-3223)のみとなります。特典・お申し込みはRIZIN事務局までお問い合わせください。
・VIP席1日券:専用入場ゲート・オリジナルグッズ・専用ラウンジ・リラックスシート・VIP専用化粧室
・VIP席セット券:VIP席1日券の特典+オリジナルパス・フェアウェルパーティー
[販売スケジュール]
特別抽選先行:10月12日(月・祝) 12時から10月17日(土)18時 http://www.rizinff.com/specialreserved
ファミリーマート抽選先行:10月20日(火)から10月24日(土)
イープラス抽選先行:10月27日(火)から11月8日(日)
イープラス先着先行:11月12日(木)から11月18日(水)
一般発売:11月21日(土) 10時から

チケット販売所


チケットぴあ 0570-02-9999 http://pia.jp/ 1日券 Pコード830-835 / セット券 Pコード=684-028
ローソンチケット 0570-084-003 http://l-tike.com/ 1日券 Lコード39016 / セット券 Lコード39017
イープラス http://eplus.jp/rizin

[以下の販売所はSRS席・RS席・S席の1日券のみ取り扱い]
レッスル 03-6302-1963 http://www.wrestle.jp/
書泉グランデ 03-3295-0011 http://www.shosen.co.jp/
フィットネスショップ格闘技 03-3265-4646 http://www.fs-kakuto.com
チケット&トラベルT-1 03-5275-2778  http://www.t-1.jp/tk/
さいたまスーパーアリーナ 048-600-3037 http://www.saitama-arena.co.jp/
公武堂 052-241-2511 http://www.koubudo.co.jp/

お問い合わせ


RIZIN事務局 03-5772-3223 http://www.rizinff.com/

Home > NEWS > RIZIN > 榊原信行氏の新大会をフジテレビが放送。桜庭和志×青木真也決定:12.29・31 埼玉

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ