Home > NEWS > RISE > 森本“狂犬”義久×翔貴、北井智大×秀樹 インタビュー:11.23 TDC

森本“狂犬”義久×翔貴、北井智大×秀樹 インタビュー:11.23 TDC

 スリーエー・ライフ presents RISE 121 ~RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017~(11月23日(木/祝) TDCホール)の同トーナメント一回戦・森本“狂犬”義久(BRING IT ONパラエストラ葛西/RISEフェザー級(-57.5kg)1位)vs. 翔貴(岡山ジム水島道場/ルンピニージャパン・フェザー級王者)、ライト級(-63kg)ワンマッチ・北井智大(チームドラゴン/RISE 2位)vs. 秀樹(新宿レフティージム/RISE 11位、K-1 ULTIMATE VICTOR -65kgトーナメント'17優勝)の4選手のインタビューがRISEクリエーションから届いた。

DEAD OR ALIVEトーナメント初戦からKO必至
森本“狂犬”義久、翔貴事前インタビュー



RISEフェザー級1位で現在イベントの核となりつつある森本。“狂犬”の名は伊達では無く13勝中9つのKO勝ちがある攻撃重視の倒し屋。
10月のRIZINでも第1試合で見事な打ち合いを制し逆転勝利を飾っている。
対するはRISE初参戦となる“自称・岡山の名物”翔貴。
トーナメント記者会見でも森本の発言に対し挑発する場面もありキャラクターとしても大会トップのインパクトを残しそうだ。
しかし、キャラだけでなく実力も折り紙付きで、10月にルンピニージャパンのタイトルを獲得しINNOVATIONフェザー級でも1位の実力を持つ。
トーナメント幕開けの第1試合、個性がぶつかり合う組み合わせとなった戦いの結果はいかに?
 
■森本“狂犬”義久インタビュー『オレ以外全員DEADだ!』
 
--練習お疲れ様でした。野辺広大選手もパラエストラへ練習しに来てるんですね。チャンピオンとの練習はどうでしたか?
「やっぱり60kgのチャンピオンなんでフィジカルも強くてテクニックもあるんで、超良い練習っすね」
 
--トーナメントの山組が決まりましたがいかがですか?
「名のある選手が出てきてるから全員ぶっ倒したら57kgのベルトの価値は高いかな」
 
--一回戦の相手以外に気になる選手はいますか?
「この間の会見でMOMOTAROが余裕かましてんのがムカついたっすね(笑)
すっげームカついて、ぶん殴ってやろうかなって思ったけど試合でKO賞もらった方が良いかなって(笑)
あいつはぶっ倒さないと気が済まないっすね」
 
--では一回戦の相手である翔貴選手についてはどんな印象をお持ちですか?
「よくわかんないベルト持ってたけど(笑) まぁ油断しないように。一回戦大事なんで」
 
--会見で森本選手の発言に言い返してくる場面もありましたね。イラッとしましたか?
「何かもう無理してんなって感じ(笑)声に元気無いし、ビビってんのかなって思ったっすね(笑)」
 
--このトーナメントで森本選手の目標は?どういう優勝の仕方がしたいですか?
「全試合1ラウンドKOしたいっすね! 向こうがやる気になるかっすよね。
逃げ回ってる奴を追いかけんのつまんないから全員来てくれるか」
 
--トーナメントの逆山で気になる選手は居ますか?
「順当に行けば内藤が上がってくるかなと思って内藤の名前出したんすけど、工藤ともやりたい」
 
--もう1度、工藤選手と試合したい?
「引き分けになっちゃったから。アイツとは決着つけたいっすね」
 
--優勝してからの目標は?
「優勝して挑戦権得たら、勿論、花田を指名しようかなと」
 
--花田選手がトーナメントに出なかった事に納得出来ない?
「かなりムカついてる」
 
--ここで優勝して花田選手を引っ張り出そうと?
「やらないならさっさと返上しろよって感じ」
 
--トーナメントでは一回戦の事しか考えていないですか、それとも全体を考えてますか?
「とりあえず今考えてんのは1試合だけっすね。翔貴をどう仕留めるかだけ」
 
--ではどんなトーナメントになりますか?
「オレ以外全員DEADだ!」
 
 
 
■翔貴インタビュー『ワシが主人公』
 
--初参戦ですね!自己紹介からお願いしても良いですか?
「岡山の名物、桃、マスカット、そして俺『翔貴』です。よろしくお願いします」
 
--岡山の名物は自称ですか?それとも岡山の人からそう呼ばれてるんですか?
「自称っす!もう自分を名物にしようかなって思いまして。
だからこのトーナメント優勝やったら『翔貴まんじゅう』出してボンボン売ろうかなって思ってます(笑)」
 
--地元で開催している岡山ジムの興行では人気者ですか?
「僕が出ないと興行にならんと思いますね!」
 
--翔貴選手は今年でいくつになりますか?また、格闘技のキャリアは?
「今年21歳です。13歳からやったんですけど、遊び感覚でやっとったら16歳の時にプロテスト受けろって言われてそっからですね」
 
--プロでは勝ったり負けたりあったと思いますが戦う喜びはありますか?
「勝ったら嬉しいし、楽しいっすね。怖いって思った事無いっすね。試合出るからこの相手怖いとか思った事無いです」
 
--対戦相手を見て緊張はしない?
「応援来とるんで、その期待を裏切る事の方が緊張しますね!」
 
--先日、ルンピニージャパンのタイトルを獲りましたね。プロになって初めてのタイトルだと思いますが獲得した時の気持ちは?
「全然満足しないっすね。まだまだ上行きたいんで。このトーナメントにWBCのチャンピオンとか居ますし。これ優勝したら確実に僕がトップだと思うんで」
 
--このトーナメントのオファーが来た時に何を思いましたか?
「最初、またご飯食べられなくなるって思ったんですよ(笑)。けど前の試合が1ラウンドKOだったんでまぁ良いかなって思って。
ちょうどおいしそうな奴ばっかなんで出ようかなって」
 
--翔貴選手以外の7人を見ていかがですか?
「見た時に普通に優勝もらったなって思いましたね! 1番コイツ当たればいいなって思ったのが、あの、誰でしたっけ?狂犬、森、森本ですかね? 頭悪そうな。やった! と思いましたね。ド突き合ってくれるんで。1ラウンドか2ラウンドで終わりますね」
 
--狂犬選手のどの辺が頭悪そうですか?
「いやただ振り回すだけだと思います。見た感じ。ただ振り回して当たれって感じで。そんなん来たら普通に避けてコンニチワって感じですね。
たぶん1回倒れたら立てれんのやないっすかね。立とうとしたら上から睨みつけますね(笑)」
 
--睨みつけて立てなくする?
「次やられるなって思って引っ込むんじゃないっすかね(笑)」
 
--他に決勝で当たりたい選手は居ますか?
「いや、ぶっちゃけ興味無いっすね、あっちのブロックは! だから最初に狂犬なんとか倒して、たぶんその次にMOMOさんが出ると思うんで。それ倒してもう優勝かなと思います」
 
--準決勝で勝てればもう優勝できる?
「そうっすね! もう優勝できる気しかしないっすね!」
 
--岡山県出身だからMOMOTARO選手の名前は気になりますよね?
「気になりますし、あとタイで一緒に練習で会った事あるんですよ! その時にMOMOさん『おネエ』って言われてたんで(笑)
僕が優勝やったら『おネエ』ってリングネームにしてもらいたいっす(笑)」
 
--狂犬選手の試合がRIZINの地上波放送で流れて有名になりつつあります。
「RIZIN見たんですけど、言って良いんすかね? 僕もあの選手なら1ラウンド終わらせられます。
見た時に、あ、もらったなって思いました。絶対勝てるって」
 
--翔貴選手の得意技は何ですか?
「結構何でも出来るタイプなんで。まぁフェザー級だったら殴り合いやっても、誰とやっても負ける気しないっすね。
上手い殴り合いします。1発ももらわないで」
 
--岡山を有名にしたい気持ちはありますか?
「ワシが主人公だと思っとるんで。前の試合の時も言ったんですけど、『翔貴まんじゅう』作るって。
これ優勝やったら『翔貴まんじゅう』売ったらバカーンって爆発すると思うんで。美味しいやつ作るんで買って下さい(笑)」
 
--岡山から色々発信していこうと思ってますか?
「やっぱ都会で試合やっとる人も毎回試合見に行ったり出来るやないですか? 試合回数多いし。
僕たち本当に1年に2~3回しか無いんで。もっと岡山で大会増やしたいんで、だから僕が優勝したら岡山の名物から日本の名物にしようと思うんで」
 
--これで優勝したら岡山に翔貴選手の試合を見に来る人も増えるかもしれないですね。
「そしたらまんじゅうを10名様にプレゼントみたいな感じで配っていきます」
 
--RISE初なのでお客さんに一言お願いします。
「この試合が終わったら皆僕の事大好きになるんで、プロフィールに電話番号書くんで電話して下さい」


沸騰中のライト級戦線
北井智大、秀樹事前インタビュー



北井は今年3月からRISEに参戦し3連勝中。特に前回のRISE120ではメインイベントで劇的な逆転勝利を収め現チームドラゴンのリーダーとして奮闘中。
対する秀樹は今年5月に約2年振りの復帰。海外の試合も入れ5戦全勝でK-1 GLOBALのベルトも獲得。
元WPMF世界王者のいつかと結婚し、先日第一子が誕生したばかりで公私ともに順調なところをみせている。
不可思が持つライト級のベルト挑戦者として最右翼の二人。
激闘派ファイターの北井、秀樹はどんな戦いをみせるか!!

■北井智大インタビュー『またチームドラゴンが常勝軍団と言われるように』
 
--前回(10月9日川島史也戦)の激闘を振り返っていかがでしたか?
「意外とパンチ強くてヤバかったですね。仲江川選手よりはパンチもキレも無いだろうと思っていたのですが、それを上回ってたのでビックリしました。
正直、2ラウンド覚えてないです。」
 
--結構効いていた?
「そうですね。でもあそこで引くとバレるなって思ったので。結果的に会場が盛り上がる良い試合が出来たので良かったかなって。」
 
--メインとして良い内容の試合でしたね。勝ち方もファイトスタイル的に理想通りですね。
「はい、今までもああいうのは何回もありましたが、逆転した感じで。僕らしさが出て良かったんじゃないかなと思います。」
 
--1ヶ月スパンでの試合になりますが、試合はこなしていきたい?
「そうですね、どんどん試合していきたいです。」
 
--今回の試合は今年のRISEで1番大きい試合になりますが?
「初めてやる会場なので、そのワクワク感もあり、デカイ会場なので楽しみだなっていうのもあります。対戦相手もそうですけど。」
 
--その対戦相手である秀樹選手に対してはどんな印象をお持ちですか?
「ちょっと試合見させてもらったんですけど、結構ガンガン来るタイプで、サウスポーなので避けるのも上手で、強いなぁとは思いますね。」
 
--何か気を付けている事はありますか?
「パンチはもらいたくないっすね。前回いっぱいもらったんで(笑)。ちょっと今後が心配になりますから(笑)。」
 
--秀樹選手に対してどう戦いたいですか?
「理想としてはヒットアンドアウェイですね(笑)。何言ってんだって感じですが(笑)。」
 
--秀樹選手はK-1グローバルの世界トーナメントで優勝しています。勢いがあると思いますが。
「勢いはあるんじゃないですかね。でも僕も気持ちの面では良い感じに来てるんで、負ける気は無いですね。」
 
--この試合で勝てばタイトルマッチへ王手と思いますが、いかがですか?
「今回やってからその後の事は考えていくので、とりあえず目の前の試合をしっかりこなしてからいきたいっすね。」
 
--今年からRISEに参戦して3連勝中です。今年の出来はいかがですか?
「頑張ってがむしゃらに勝利を掴みに行ってる感じですね。」
 
--恐らく年内最後の試合になるかもしれませんが、この試合で2017年をどうやって締めくくりたいですか?
「KOが無いっすよね。なのでKOで行きたい気持ちは凄くありますけど、狙いすぎても良くないので。
前回通り良い試合が出来ればそれに越した事は無いかなと。負けない試合をします。」
 
--ところで、所属のチームドラゴンは、今どんなチームですか?
「あんまり昔と変わらないです。しっかり練習して皆で勝ち抜こうって気持ちは常にあるので。
またチームドラゴンが常勝軍団と言われるように頑張っています。」
 
--現在、北井選手はチームドラゴンの中でリーダー的な存在ですが、ご自身の中で、チームを引っ張る為に何か見せたいものはありますか?
「この前の試合みたいなものを見せたいですね。今まで何回もあるんですけど、気持ちの面で負けたと思ったら負けなんで。
負けたと思わなければ僕は立っていられるんで。立っていられない時は本当に負けですね(笑)。」
 
--上京してチームドラゴンに入ってから大きく変わった事はありますか?
「凄く真面目になりました(笑)。会長の存在も大きいですけど、1人で出て来たっていう。やっぱり揉まれましたかね(笑)。」
 
--高知から東京に来た北井選手にとって、土佐魂とは?
「誰に何を言われても自分が決めている事は変えない。1つ芯に置いて、その気持ちは常に持っていますね。そこ無くしたらダメだと思ってるので。」
 
--いつもおっしゃっている『いごっそう』とは何ですか?
「頑固で酒飲みでギャンブル好きで、一言でロクでもない奴みたいな感じです(笑)。」
 
--そういう頑固さがファイトスタイルに繋がっているのでしょうか?
「やっぱり気持ち的な面になりますけど、高知出身というただそれだけで、変な事をしていると『お前、東京に染まったな』って言われるので(笑)。」
 
--目指す所はRISEの王者?
「目指すならチャンピオンを目指さないと。格闘技をやっている以上は。」
 
--この大舞台でどんな北井智大を見せたいですか?
「前回ああいう試合をしたので、またあんな試合をすればお客さんは盛り上がると思います。
ただ身内の人からすると冷や冷やすると思うので、危なげなく、サクッと勝てれば良いなと思っています。」
 

■秀樹インタビュー『K-1のベルトを獲ったのもRISEのベルトを獲る為の糧』
 
--今年の5月に復帰しましたが、ブランクから復帰に至った経緯を教えて下さい。
「元々大学4年生の1年間だけプロでやるって決めていて、それを会長も承諾して下さっていました。
その期間はプロ、あとは社会人に集中しようと思っていたんです。
その時の目標が1年の間にチャンピオンになる事だったのですが、結局なれずに就職しました。
もう格闘技はやり切ったから社会人として頑張ろうと思い込もうとしていたんですけど、やっぱり格闘技が好きで、営業とかで辛い場面があると戻りたいなって思っていました。
会長からもアプローチがずっと来ていて。『選手寿命がある中で今やる事は何だ?』って言葉がずっと響いていました。
復帰する話は、いつか(妻/元WPMF世界女子フライ級王者)にも誰にもしていなかったですし、ただ自分の中で決めていて。
タイミングは模索していたんですけど、社会人1年目の途中で会社を辞めて復帰したら逃げたようになるので、社会人としても結果を出してから復帰してやるってモチベーションで、日々必死に営業をやっていました。
今年で26歳になるんですけど、30歳に近づく年齢になり、格闘技のピークって今だなって感じるようになりまして。
当時の営業予算を2期連続で達成したので、もう一期達成したら復帰しようと決め、達成出来たので復帰を決意しました。」
 
--仕事をしている時にも葛藤はありましたか?
「凄くありました。逆にそれがモチベーションになって、社会人としての成績に繋がった部分もあります。」
 
--良い会社に勤めていたと思うので、勿体無くはなかったですか?
「両親を含め色んな人に、安定を求めるならそのまま居た方が良いと言われましたけど、同じ境遇の人には自分の夢を追いかけた方が後々後悔しないんじゃないかって言われました。」
 
--復帰してみて、今はモヤモヤしたものは無くなりましたか?
「学生の頃は一生懸命やっていたけど気持ち的に中途半端な部分があったのかなと。
今は社会人の時に抱えていた気持ちが爆発出来ているのかなって感じています。
生活も懸かっていますし、復帰して負けているってなったら話にならないと思うので、気持ちの引き締まり具合は強いのかなって。」
 
--復帰して5戦し、一つが判定でそれ以外は全てKOです。先日はK-1グローバルの世界チャンピオンになりましたね。
「世界の選手が集まるトーナメントなので、かなり相手は強かったですけど、やってやるっていう覚悟で臨めていたので、その辺りのプレッシャーなどはなかったです。」
 
--準決勝と決勝は見事なKOでしたね。
「それはジムの浜川会長の作戦勝ちで、言われた通りの事しかやっていないので。
作戦を立てていただいた会長のおかげだと思います。」
 
--世界タイトルを獲る前と後では何か違いはありますか?
「世界一になったっていう感覚はあまり無いんですけど、ベルトって誰もが追いかける物で、それを獲った以上は背負う物も大きくなったということなので、今後は勝ちにこだわってやらなきゃいけないかなって。そういう意識が非常に高くなりましたね。」
 
--5月に復帰してからRISEでは2戦目です。ベルトを持ってRISEに戻ってきた形ですが、どういう気持ちで試合に臨みたいですか?
「自分の中で、今回が今年1番の大会だと思っているので、非常にモチベーションが高いです。
沢山のお客さんが来る分、自分の知名度を上げるチャンスだと思っているので、勝つのはマストで、あとはどれだけインパクトを残せるかという事にこだわってやっていきたいと思います。」
 
--今回の相手、北井選手についてはどういった印象をお持ちですか?
「前回の試合を見たんですけど、かなりアグレッシブで気持ちが強く、打たれても打ち返してくるタイプだと思います。
僕も気持ちの部分では負ける気は無いですし、僕は距離を取って戦うタイプなので、詰めてくるのかなって。
そこをしっかり対策して自分に触れさせないような試合がしたいです。」
 
--北井選手は上位ランカーなので、ここで勝てば王者の不可思選手に近づきますね。
「元々、K-1のベルトを獲ったのもRISEのベルトを獲る為の糧だと思っているので、ここで負けたらその意味が無くなります。
今年はかなり濃い一年でしたが、今回が今年を締める大事な一戦ですし、次のタイトルに懸かるかもしれない試合なので、絶対勝たなくちゃいけないと思ってます。」
 
--試合前にお子さんが生まれるかもしれない状況だそうですね。(11月4日に無事出産)
「自分がお父さんになるって意味でも、どうしても負けられないです。
負けたら家に入れてもらえないのかなって、それぐらい圧力がかかっています。」
 
--普段から奥さんにダメ出しはされますか?
「良い悪いははっきり言われますね。自分に優しく人に厳しいって感じです。尻に敷かれてるかなって(笑)。」
 
--奥さんは元キックボクサーなので、大変さをわかっているのでしょうね。
「減量がキツくてピリピリしている時でも、ふと一歩下がってくれる場面があったりするので、支えてくれていると非常に感じてます。
減量用に鳥の胸肉を中心としたディナーを用意してくれたりもします。」
 
--秀樹選手から見た奥さんの第一印象はどうでしたか?
「今思えば気取ってるのかなって部分もあったんですけど、当時は格好良い女性だなって思っていました。
ジムに初めて行った時も男子と同じメニューでやっていて、泣きながら必死についていってました。」
 
--キックボクサーとして、世界王者として尊敬していた気持ちがいつ変化したのですか?
「憧れが好きに変わるタイミングは自分でもわかりません(笑)。ただ彼女に出会っていなかったらプロにはなっていないと思います。
僕、学生チャンピオンになった経緯があるのですが、かなりダメ出しされて悔しくて、じゃあプロでもやってやるかって思ったので、彼女の存在は大きいです。」
  
--やっとプロとして奥さんと肩を並べられて、家庭内の格差も無くなったのでは?
「認めてくれていたら嬉しいなと思います。そこの部分では対等に扱ってくれている気がします。」
 
--お子さんのお名前は決まっていますか?
「男の子で、名前は太陽です。いま落ち込んでいる人って多いじゃないですか?
そういう人たちを明るく照らしていけるような人間になって欲しいって意味を込めて、太陽という名前をつけました。
それと格闘技も関係していて、『格闘技を通して元気出たよ』って言葉をいつかも僕ももらっているんですよ。
本当に悩んでドン底だったけれど、いつかの試合を見て、僕の試合を見て元気出たとか、そう言われた経験があったので、格闘技関係でもそうでなくても、人を元気に照らしていけるようにって意味も込めています。」
 
--では最後に、太陽君に一言お願いします。
「太陽! パパ絶対勝つからな!」 

対戦カード


RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017





第1試合 リザーブマッチ 3分3R(延長1R)
佐野貴信(創心館/RISEフェザー級7位)
泰良拓也(パウンドフォーパウンド)

第2試合 一回戦(1) 3分3R(延長1R)
森本“狂犬”義久(BRING IT ONパラエストラAKK/RISEフェザー級(-57.5kg)1位)※BRING IT ONパラエストラ葛西より所属名変更
翔貴(岡山ジム水島道場/ルンピニージャパン・フェザー級王者、INNOVATION 1位)

第3試合 一回戦(2) 3分3R(延長1R)
MOMOTARO(OGUNI GYM/WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王者)
宮崎就斗(TARGET/RISEフェザー級6位)

第4試合 一回戦(3) 3分3R(延長1R)
工藤政英(新宿レフティージム/RISEフェザー級3位、元REBELS 55kg級王者)
KEN・FLYSKYGYM(FLYSKYGYM/RISEフェザー級10位、DoA ROOKIES LEAGUE 2017優勝)

第5試合 一回戦(4) 3分3R(延長1R)
内藤大樹(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級(55kg)王者)
原口健飛(聖武会館/JAPAN CUP 2017 -57kgトーナメント優勝、ACCELフェザー級王者)

第7試合 準決勝(1) 3分3R(延長1R) 一回戦(1)勝者 vs. (2)勝者
第8試合 準決勝(2) 3分3R(延長1R) 一回戦(3)勝者 vs. (4)勝者

第11試合 メインイベント 決勝 3分3R(最大延長2R)

※トーナメント決勝は3ノックダウン制、準決勝以下は2ノックダウン制


ワンマッチ





第10試合 セミファイナル RISEバンタム級(-55kg)タイトルマッチ 3分5R(無制限延長R)
那須川天心(TARGET/王者、ISKAオリエンタル世界同級王者)※2度目の防衛戦
イグナシオ・カプロンチ(アルゼンチン/ドージョー・セルピエンテ/挑戦者、WKN世界57kg級王者、WKC世界60kg級王者)

第9試合 RISEスーパーフェザー級(-60kg)タイトルマッチ 3分5R(無制限延長R)
野辺広大(RISE ON/INSPIRIT/王者)※初防衛戦 ※1-siam gymから所属変更
イ・チャンヒョン [チャンヒョン・リー](韓国/RAON/RISE 1位)※仁川ムビジムから所属変更

第6試合 ライト級(-63kg) 3分3R(延長1R)
北井智大(チームドラゴン/RISE 2位)
秀樹(新宿レフティージム/RISE 11位、K-1 ULTIMATE VICTOR -65kgトーナメント'17優勝)


オープニングファイト第4試合 56kg契約 3分3R
村山智耶(HAYATO GYM/RISEバンタム級(-55kg)8位)
森園直樹(TIA辻道場/元グラディエーター武士道スーパーフェザー級王者)

オープニングファイト第3試合 バンタム級(-55kg) 3分3R
佐藤 駿(PHOENIX/RISE 10位)
リョウタ(鷹虎ジム/J-NETWORKスーパーバンタム級5位)

オープニングファイト第2試合 -64kg契約 3分3R
田村亮太朗(リアルディール)
北濱精悦(TARGET SIBUYA)

オープニングファイト第1試合 -53kg契約 3分3R
金子 梓(新宿レフティージム)
ギッティチャイ・タツヤ(はまっこムエタイジム)

スケジュール


開場・14:00 オープニングファイト開始・14:30  本戦開始・16:00
(第6試合・北井智大×秀樹の後に休憩)

中継


CS放送 スカイA(放送日時未定)

チケット料金


VIP席 30,000円(完売)
SRS席 15,000円(完売)
RS席 10,000円(完売)
S席 7,000円(完売)
第1バルコニー席 9,000円(完売)
第2バルコニー席 7,000円(完売)
第3バルコニー席 5,000円(完売)
立見 5,000円 (11/11(土)10時よりチケットぴあにて限定数販売)
※未就学児は保護者膝上に限り無料


お問い合わせ


RISEクリエーション 03-5319-1860 http://www.rise-rc.com/   http://www.facebook.com/rise2003/ 

Home > NEWS > RISE > 森本“狂犬”義久×翔貴、北井智大×秀樹 インタビュー:11.23 TDC

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
新規入会キャンペーン。入会金無料!!入会月も月謝無料!!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ