Home > NEWS > REBELS > 闘魔×出貝泰佑、試合直前インタビュー:1.22 新宿

闘魔×出貝泰佑、試合直前インタビュー:1.22 新宿

 REBELS.10(1月22日(日) ディファ有明)で行われるIT'S SHOWTIME JAPAN公式戦・闘魔(新宿レフティージム/WPMF&WBCムエタイ日本バンタム級王者、M-1スーパーフライ級王者)vs. 出貝泰佑(バンゲリングベイ・スピリット/WPMF日本スーパーバンタム級8位)を前に、両選手のインタビューが主催のREBELSプロモーションから届いた。
[Press Release]

1月22日「REBELS.10」闘魔×出貝泰佑インタビュー


出貝泰佑(でがい・たいすけ)


――新人時代ながら前WPMF日本バンタム級王者の一戸総太選手に勝ち、闘魔選手が一昨年に引き分けているキョウヘイ・ゴールドライフ選手にKO勝ちしている出貝選手ですが、改めて自己紹介をお願いします。
出貝:一発で倒せる自信があります。得意な右ストレートでも他の技でも。

――それは、キックボクシング五冠王の闘魔選手相手でも?
出貝:ええ。アグレッシブに来るタイプだと思うんで。前蹴りを使ってきつつ、肘打ちの代わりにパンチばーっと打ってきて、俺が押されて一見ピンチになりながら一発で倒す。そんなイメージです。失神させる自信ありますよ。

――闘魔選手のことは、重々研究済みということですね?
出貝:自分と対戦する可能性がある選手は、よくチェックするんですが、(下の階級から上がってきた闘魔選手は)今までほとんど見たことがありません。(同じチームの)藤原あらしさんとの試合くらいですかね。

――刃物の様な肘打ちと前蹴りを主武器に積極果敢なファイトスタイルの闘魔選手ですが、インタビューなどでの毒舌ぶりも目立ちます。
出貝:馬鹿なクソガキ。

――「馬鹿なクソガキ」ですか?
出貝:発言とか。(あらし戦の前に流れたプロモーションビデオで言い間違えた)最先端距離とか。まあ、面白いと思いますけどね。ああやって騒いでいるのは。

――確かにあらし戦の前は、凄まじい口撃でした。
出貝:いいんじゃないっすかね。プロとして必要だと思うし。

――さて、今回から初めて公式戦が始まるIT’S SHOWTIME JAPAN(以後:STJ)ですが、ここで採用されるIT’S SHOWTIME(以後:ST)ルールは、今まで主に肘打ちあり、首相撲無制限のキック(ムエタイ)ルールで戦ってきた出貝選手にとってどうでしょう?
出貝:STルール、やり易いですね。ヒジヒザありも良いですが、それ以外にも武器があるんで大丈夫です。

――ST世界タイトルは、最軽量級が61kg級までしかありませんが、STJタイトルは、55kg級を設置する予定もあるようです。
出貝:(獲る)自信あります。

――そこで意識している選手はいますか?
出貝:(一度判定負けしているWPMF日本スーパーバンタム級王者の)清水雄介選手と王座決定戦をしたいです。

――選手キャッチコピーでは“バンゲリングベイの貴公子”“バンゲ王子”といったハンサムな部分が推し出されています。
出貝:ハンサムだとか思わないけど、これからは“マダムキラー”がいいですね。

――プライベートでは、ウサギを飼われていますが、兎を抱いたマダムキラーな感じ?
出貝:ええ、うちのウサギに伝授されたラビットキックで馬鹿なクソガキをKOしてやりますよ!(笑)

闘魔(とうま)


――まずは、対戦相手、出貝選手の印象を聞かせてください。
闘魔:知らない。どうでもいい。

――先にインタビューした出貝選手は、口の悪い闘魔選手を「馬鹿なクソガキ」と表現していました。
闘魔:そんな人知らないから、どうでもいいし、ディスってる時間がもったいないから、その分、練習した方がいいっす。

――出貝選手の研究は、必要ない?
闘魔:うん。仲間からは「マメに攻撃する人」と聞いています(笑)。最近、試合してましたっけ?

――昨年10月23日のREBELSのSTルールで、強豪のヨーラダップ・ダーオペッリュウ(元ルンピニースタジアム認定ライトフライ級王者)に圧勝しています。
闘魔:(その試合を見る前に)ああ、途中で帰った! その試合の存在すら知らなかった(笑)。

――次の試合は、STJ公式戦でSTルールとして行われます。ここのところ鋭い肘打ちが主武器となっているムエタイ五冠王、闘魔選手の肘打ちなしルールは、いかがなものでしょう?
闘魔:みんなソレ言うっすね? ダイジョブですって! 確かにヒジ面白いっすよ。凶器だから。こんなヒジ出すヤツ、日本にいないっしょ?(危なすぎて)NGファイターね(笑)。とは言っても、パンチとかヒザとかも凶器っぽいっすよ。ボクシングみたいなパンパンパンじゃなくて「刺す!」みたいな。パンチもヒザも。刺す! 刺し壊す! 前蹴りなんか常に刺す。前蹴りは、(相手を押し込めて)防御みたく使う選手がほとんどじゃないっすか。じゃなくて、刺す!5ラウンドあれば、メッチャ効いてきますよ。(タイ人トレーナーの)ヌンポンに「前蹴りだけで4ラウンドで倒せる!」って言われてます!

――あの……STルールは、タイトルマッチでない限り、全て3ラウンド制なのですが。
闘魔:ぶっひゃっひゃっひゃ! そうでした!(爆笑)ダイジョブですって! 強い方が勝つから!

――スーパーフライ級(52.16kg)デビューで、現在、バンタム級(53.52kg)のタイトルを保持する闘魔選手ですが、今回、初の55kg契約となります。
闘魔:ゼンゼン余裕! 逆にいいかなくらい。減量、きつかったから。55kgだって楽ではないもん。身長は170cmあるし、リーチとか不安ないっす。

――階級が上がると体格差だけではなく、相手のパワーも段違いになります。
闘魔:そんな変わんないっすよ。フェザー(57.15kg)くらいまでゼンゼンいける。だいたい、うちのジムの仲間、大きいのが多いんで(WPMF日本ランカー、フェザー級、清川祐弥、スーパーフェザー級、SHIGERU、ライト級、金澤元気など)、問題ないし。

――STJ日本タイトルには、55kg級も制定される予定があるそうです。
闘魔:なら、六本目のベルトもいただきっす! ルッツ、来るんっすか?

――IT’S SHOWTIMEのサイモン・ルッツ代表ですか?今回は、欧州から呼んでいる選手もいませんし、試合後にSTJ公式戦結果を報告して、DVDで試合を見ていただくということですが。
闘魔:じゃあ、「コイツを次、世界タイトルに挑戦させよう」って言うような試合しますよ。

――あの……ST世界王座は、61kg級が最軽量級で、まだ、55kg級はありません。
闘魔:えっ……じゃ、DVD見たら「コイツすげえ! 55kg級、作らなきゃ!」って言わせますよ。すべては、オレ次第っすね!

――存在感で階級を作らせるですか……凄い自信です。
闘魔 だって、魔裟斗とかって、そうだったんじゃないっすか?

――確かに。
闘魔 魔裟斗選手って、オレが中学校の時に見てた時、スゲえヒールだったんっすよ。「スターになって、いい暮らしして、いいクルマ乗って」とか言ってて。けど、それって正解じゃないっすか。オレ、お金も名誉も欲しいし!絶対、ホントは、皆、そうっすよ。隠してるだけでしょ?

――藤原あらし選手などは、ロマンとして「打倒ムエタイ」に命を懸けています。
闘魔:オレ的には、今の日本軽量級見て「打倒ムエタイしてる状態なの?」って感じ。皆、「タイ人とやれよ」とかすぐ言うけど、そんな暇ねえんだよって。それより、日本を盛り上げなきゃ。オレはタイでスターになりたいわけじゃないんで。日本でスターになりたいから。ヒジ好きだけど、こだわりないんで。「キックはヒジありじゃなきゃ」って人ディスってるわけじゃないけど、オレにはないっす。日本でまだ倒すべき相手がいて、そいつら全員に勝って、日本最強で、そっから世界獲って、よくないっすか?オレ、ラスベガスで試合したいもん。女にもてたいし(笑)。

――毒舌まみれですが、ある種、正論でもあります。
闘魔:身内の応援団で友達が盛り上がるのは、ありがたいけど当たり前っすよ。それだけでなしにオレの応援してない人が「闘魔、面白いな!」って試合します。インタビューにしたって、「頑張りま~す!」「KOしま~す!」って、そんなの当たり前じゃないっすか?けど、そんなんばっかだし。逆にいいですけど。オレが目立って(笑)。あ、そうそう、もうひとつあるんっすよ。

――なんでしょう?
闘魔:あらし! 藤原あらしだけは、オレ、もう一度、どうしてもやりたいっす。もちろん、ムエタイルールでいいし、体重だって、バンタム級以下じゃないとやらないって言うんなら、死ぬ気で落とします!

――打倒ムエタイに関心のない闘魔選手ながら、珍しいこだわりのような気がします。
闘魔:ムエタイじゃなくて、最強にこだわりがあるんっす!

――それらの為にも次の試合、次の試合でどれだけのものが見せられるかですね。
闘魔 そうそう、テストマッチっすよ。ルッツが採点する。お客さんも採点する。皆、「刮目して見とけ!」ってことです!

――刮目(かつもく)とは、難しい言葉を使われますね。あらし戦前に収録したプロモーションビデオ用インタビューで「最短距離」を「最先端距離」と言い間違えた闘魔選手らしからぬ。
闘魔:アレ、今年の流行語大賞狙った闘魔語ですって!(笑)

――では、最後に一言、お願いします。
闘魔:うっす。デガワ? いや、デガイか(笑)。そいつを最先端距離でぶっ倒してやるから、皆さん、刮目して見てね!(爆笑)

2012年1月収録

1月22日「REBELS.10」飯田なおサポーターに果山サキ登場


1月22日、ディファ有明、「REBELS.10」でキャリア7戦目にしてLittle Tigerの持つWPMF日本女子アトム級タイトルに挑戦する飯田なおに強力なサポーターが現れました!

昨年、クラウンよりメジャーデビューした実力派シンガー、果山サキです。

“女子高生アイドルファイター”としてテレビで活躍する飯田なおのファイトに感銘を受け、飯田の応援歌として創られたファーストアルバムの巻頭曲「Fly」を、このタイトルマッチで入場してくる飯田の為にリング上で生歌唱し、エールを贈ることとなりました。

これは、今回、タイトルマッチという大切な試合に臨む飯田へ激励の意味も込め歌いたいと思い、飯田サイドへ想いを伝え実現したものです。

当日は、歌詞の一部を変更し、タイトルマッチバージョンを披露します。

チャレンジャー、飯田なおの気迫を盛り立てる素晴らしい歌声を、是非、お楽しみください!

果山サキ公式サイト:http://kayama-saki.com
果山サキ公式ブログ: http://ameblo.jp/kayama-saki/ 


対戦カード


IT'S SHOWTIME JAPANの部


第4試合 メインイベント STJ95kg級王座決定戦 3分5R
コウイチ・ペタス(バンゲリングベイ・スピリット/WPMF日本&M-1ヘビー級王者)
松本哉朗(藤本ジム/新日本キック日本ヘビー級王者)

第3試合 メインイベント STJ70kg級王座決定戦 3分5R
中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/K-1 70kg Japanトーナメント'10準優勝、Krush 70kgトーナメント'09 優勝)
ダニロ・ザノリニ(ブラジル/志村道場/ブラジリアン・タイ/HEATキックルール70kg級王者)

第2試合 セミファイナル 55kg級 3分3R
闘魔(新宿レフティージム/WPMF&WBCムエタイ日本バンタム級王者、M-1スーパーフライ級王者)
出貝泰佑(バンゲリングベイ・スピリット/WPMF日本スーパーバンタム級8位)

第1試合 70kg級 3分3R
亮次(エイワスポーツジム)
宝山力(新宿スポーツジム)

ムエタイの部


第12試合 メインイベント 53kg契約 3分5R
藤原あらし(バンゲリングベイ・スピリット/WBCムエタイ日本バンタム級王者、WPMF日本スーパーフライ級1位)
ポーンモンコン・K.T.ジム(タイ/ルンピニー・スーパーフライ級9位)

第11試合 セミファイナル WPMF日本女子アトム級タイトルマッチ 2分5R
Little Tiger(F.TEAM TIGER/WPMF日本女子アトム級王者)
飯田なお(新宿レフティージム/挑戦者)

第10試合 WPMF日本ミドル級タイトルマッチ 3分5R
銀次郎(Soul of innocent/WPMF日本ミドル級2位)
三沢晃治(クロスポイント吉祥寺/WPMF日本ミドル級4位)

第9試合 スーパーバンタム級 3分5R
鷹大(ウィラサクレック・フェアテックスジム/WPMF日本スーパーバンタム級4位)
炎出丸(クロスポイント吉祥寺/WPMFスーパーバンタム級6位)

第8試合 WPMF日本ライト級王座決定トーナメント準決勝戦 3分5R
水落洋祐(はまっこムエタイジム/WPMF日本ライト級2位)
ハチマキ(PHOENIX/WPMF日本ライト級4位)

第7試合 WPMF日本ライト級王座決定トーナメント準決勝戦 3分5R
遠藤信玄(スクランブル渋谷/WPMF日本ライト級3位)
黒田アキヒロ(フォルティス渋谷/J-NETWORKライト級王者)

第6試合 60kg契約 3分5R
末廣智明(大道塾吉祥寺支部/WPMF日本スーパーフェザー級6位)
稲葉竜太(team OJ/APKFライト級王者)

第5試合 スーパーライト級 3分3R
NIIZUMAX!(クロスポイント吉祥寺/WPMF日本スーパーライト級6位)
JYO(大誠塾)

第4試合 スーパーバンタム級 3分3R
吉野幸喜(湘南格闘クラブ)
キョウヘイ・ゴールドライフ(ゴールドライフジム)

第3試合 フライ級 3分3R
小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/元M-1&KAMINARIMONジュニア45kg級王者)
矢島直弥(はまっこムエタイジム)

第2試合 スーパーライト級 3分3R
野呂瀬博之(STRUGGLE)
下坪卓暁(ラジャサクレック・ムエタイジム)

第1試合 バンタム級 3分3R
作間晃雄(S.V.G.)
眞鍋京介(エイワスポーツジム)

fighting entertainment STARS 5th(アマチュアREBELSルール)


第6試合 女子55kg契約 90秒2R 
maro(TEAM NORIKO)
聖☆羅(クロスポイント大泉/M-1ジュニア女子40&50kg級王者、J-GIRLS U-15ミニフライ級王者)※新垣聖羅 改め

第5試合 70kg契約 90秒2R 
モリヤマン(クロスポイント吉祥寺)
虎雨鬼(総合格闘技茂原支部)

第4試合 70kg契約 90秒2R 
安井力也(クロスポイント吉祥寺)
ペコ(クロスポイント大泉)

第3試合 85kg契約 90秒2R 
高谷 聡(クロスポイント吉祥寺)
上山吉春(STRUGGLE)

第2試合 55kg契約 90秒2R 
ブッシー・バルボア(クロスポイント吉祥寺)
優輝(Wolf Kickboxing Gym)

第1試合 47kg契約 90秒2R 
大貴(クロスポイント大泉)
須藤大輝(ラジャサクレック・ムエタイジム/M-1ジュニア50kg級8位)

スケジュール


開場・12:30 STARS開始・13:00 本戦開始・14:00
(ムエタイの部の後にIT'S SHOWTIME JAPANの部を開催)

チケット料金


VIP席 30,000円(31,000円)完売
SRS席 15,000円(16,000円)完売
RS席 10,000円(11,000円)完売
S席 9,000円(10,000円)完売
A席 7,000円(8,000円)完売
B席 5,000円(6,000円)完売
立見 4,000円(5,000円)
※ カッコ内は当日料金。1月22日午後12:00より会場チケット売場(受付)にて販売

チケット販売所


チケットぴあ 0570-02-9111  http://pia.jp/t/
参加各ジム、各選手
REBELS公式サイト  http://www.rebels-muaythai.jp/

お問い合わせ


REBELSプロモーション 03-3397-0752  info@rebels-muaythai.jp   http://www.rebels-muaythai.jp/

Home > NEWS > REBELS > 闘魔×出貝泰佑、試合直前インタビュー:1.22 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について