Home > NEWS > REBELS > 藤原あらしとTOMONORIが初対決:7.19 有明

藤原あらしとTOMONORIが初対決:7.19 有明

 REBELS.3(7.19 ディファ有明)のメインイベントが、52.5kg契約5R・藤原あらし×TOMONORIに決まった。
 長らくキックボクシング軽量級を牽引してきたあらしは、最強の在日ムエタイ戦士、ワンロップ・ウィラサクレックと3度対戦し、2勝で勝ち越し、WPMF世界スーパーバンタム級王者にまで昇りつめた日本キックボクシング界を代表するスター選手。TOMONORIは、NJKFのエースの一角で、フライ級最強と断言して過ぎない実力と実績を誇る名選手。
 あらしが2005年、日本バンタム級を代表する王者たちを一同に集めた55kg契約トーナメント「MACH 55」で優勝したのに対し、TOMONORIは、2006年、同じコンセプトでフライ級王者対象に行われた52kg契約トーナメント「MACH GO! GO!」で優勝(共にJ-NETWORK主催)し、両者は、まさに軽量級の竜虎として立ち並ぶ存在と言える。そんな、バンタム級とフライ級を代表する両者が、現在、互いにベストと思われるスーパーフライ級付近(52.5kg)で激突する。

藤原あらし(M-1MC株式会社提供)TOMONORI(株式会社 ヴェスパエンターテインメント提供)

 なお、あらしはプロデビューから所属してきたS.V.G.を脱会し、S.V.G.時代の先輩である新田明臣とニコラス・ペタスが代表を務めるバンゲリングベイ・スピリットに移籍した。6月6日のM-1ディファ大会が移籍初戦となる。

 また、REBELSは今回より新体制に移行。REBELS事務局は「JMD(Japan Martial-arts Directors/Japan Muay-thai Directors)に参加し、同組織に賛同するM-1MCなどと、これまで以上の協力関係を築き、WPMF日本タイトルを基軸として運営してまいります。採用ルールは、WPMF日本ルールを基準とし、5回戦、肘打ちあり、首相撲制限なしの正統派ムエタイを行い、公正で厳粛なる競技としての確立を目指します」と発表している。新組織概要は以下の通り。

REBELSロゴマーク
 代表 山口元気
 統括部長 新田明臣
 事務局長 大島健太
 相談役 山本 智

 REBELS事務局
 〒167-0021
 東京都杉並区井草3-14-14カーサ・プリメーラ202
 TEL&FAX 03-3397-0752

Home > NEWS > REBELS > 藤原あらしとTOMONORIが初対決:7.19 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について