Home > NEWS > REBELS > 梅野源治、ルンピニー王座戦の相手決まるも「やり辛いのが来たな」:2.18 後楽園

梅野源治、ルンピニー王座戦の相手決まるも「やり辛いのが来たな」:2.18 後楽園

 REBELS.54(2月18日(日) 後楽園ホール)での梅野源治のルンピニースタジアム認定ライト級王座決定戦の相手が、同級6位でプロムエタイ協会王者のクラップダム・ソー・チョー・ピャッウータイに決まった。昨年11月のルンピニーでのムアンタイ戦の前まで12連勝8KO勝ちの快進撃を続けていたアグレッシブファイターで、1月11日に会見した梅野も「やり辛いのが来たな」と警戒するコメントをした。
 梅野は昨年5月にラジャダムナン同級王座を失ったが、9月のREBELSでのスアレックとの再起戦で完勝し、11月のREBELSでルンピニー同級4位のインディートーンを左肘打ちで沈め、ルンピニー7位となっていた。
 その後、ルンピニー日本支局のセンチャイ・トングライセーン代表(右下写真右)の仲介で、梅野のルンピニー王座挑戦の交渉が進められた。センチャイ氏によると、ルンピニー側もインディートーンをKOした梅野を「ハイテクニック持っている」「凄い認めている」という。
 現時点での王者はヨードレックペット。16年10月のREBELSのラジャダムナン認定タイトルマッチで梅野が下した相手だが、6ヶ月以内の防衛義務を果たせないため返上し、空位の王座を2月18日の後楽園で6位のクラップダムと争うことになった。



 クラップダムは昨年11月のルンピニーでのムアンタイ戦の前まで12連勝8KO勝ちの快進撃を続け、梅野も「以前からタイで話題になっていた」と十分知る選手だ。下の映像は昨年9月の試合で、赤がクラップダム。蹴りも使いこなすものの、特筆すべきはパンチと肘で、3R開始すぐから左アッパーの連打で相手を追い詰めKO勝ちした。



 もう一つの映像はムアンタイ戦。ムアンタイは15年5月のMuayThai Super Fight名古屋大会で梅野が4RパンチでKO勝ちした相手だが、現在、梅野同様にライト級に階級を上げトップ戦線で活躍する。ムアンタイは赤、クラップダムは青。クラップダムが3Rから4Rにかけて、肘とパンチで追い詰める場面を作るも、4R終盤、ムアンタイが肘と膝を効かせ、何度も転がして主導権を握り判定勝ちした。



 この2試合ともサウスポー対決のため、オーソドックスの梅野との試合ではまた違った一面を見せそうだが、基本的にガンガン来ることに変わりは無いだろう。梅野が9月に戦ったスアレックには「超攻撃型ムエタイ」というキャッチフレーズがつけられていたが、さらに上回る攻撃型であり、打たれ強さもスアレックとは比べ物にならないだろう。

 センチャイ氏によるとクラップダムと梅野の試合は「タイでも騒ぐことになるカード。ルンピニーからもビッグカードと言われました」とのこと。2月のランキング更新時には両者とも1位から6位の間になる模様だ(ちなみにムアンタイは現在2位)。もし梅野が勝てば日本人初のルンピニー王者、ラジャダムナン&ルンピニーのムエタイ2大タイトル獲得者となる。

◆梅野源治(PHOENIX/ルンピニー認定ライト級7位、元ラジャダムナン同級王者、WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者)
 クラップダムはファイタータイプで、パンチと肘が得意で、少し前まで12連勝8KO勝ちで、以前からタイで話題になっていて、知ってはいたんですけど、…やり辛いのが来たなと。見てる人からすれば盛り上がるだろうけど、試合中、痛いだろうなと。頑張らないと簡単に勝てる相手じゃないですね。タイ人のトレーナーとも『クラップダムが来たら嫌だね』と話していました。これから1か月と1週間、しっかり対策を練りたいです。
 コンビネーションのパターンはだいたい決まっているんですけど、一発一発がフルスイングで、一発いいのをもらったら立てないだろうし、打たれ強い印象です。(王座を返上する)ヨードレックペットのほうが評価は上でしょうけど、より攻撃的なので、やり辛い印象がありますね。厳しいでしょうけど、そこで気持ちを切らさず、いかに集中して戦うかが勝敗を分けると思います。
(これまでの練習状況は?)相手が決まっていないので、一つ一つの動きを確認したり、基礎体力を上げたり、色々な競技のいい所を取り入れて練習しました。テコンドーや空手の距離感を聞いて、ムエタイに活かせるか、トレーナーと相談しながら試している感じです。
(日本人初のルンピニー王者になる自信は?)自信はあります。しっかり練習をしていて、体の使い方も色々試して、実際この間のインディートーン戦もいい結果につながって、より自信を深められましたし、2月はしっかり取って、やりたいことを色々やって行きたいです。
(タイで防衛したい?)タイでやってみたいのはもちろんありますね。

対戦カード


ルンピニースタジアム認定ライト級王座決定戦 3分5R(インターバル2分)
クラップダム・ソー・チョー・ピャッウータイ [Kulabdum Sor. Jor. Piek-Uthai](タイ/6位、タイ国プロムエタイ協会王者)
梅野源治(PHOENIX/7位、元ラジャダムナン王者、WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者)

スーパーバンタム級 3分3R
宮元啓介(橋本道場/WBCムエタイ・インターナショナル王者)
小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺/WBCムエタイ日本統一王者)

スーパーライト級 3分3R
橋本 悟(橋本道場/ムエタイオープン王者)
潘 隆成(クロスポイント吉祥寺/元WPMF日本王者)

スーパーウェルター級 3分3R
UMA(K&K BOXING CLUB/元REBELS 65kg級王者)
小鉄(K-1ジム目黒TEAM TIGER)

スーパーバンタム級 3分3R
炎出丸(クロスポイント吉祥寺/元J-NETWORK王者)
KING強介(ロイヤルキングス/MA日本バンタム級王者、元ホーストカップ日本同級王者)

REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王座決定リーグ戦 3分3R
老沼隆斗(STRUGGLE/J-NETWORKスーパーフライ級新人王'17)
蓮沼拓矢(テッサイジム)

REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王座決定リーグ戦 3分3R
JIRO(創心會)
濱田 巧(team AKATSUKI)

ライト級 3分3R
大谷翔司(スクランブル渋谷)
雅 駿介(PHOENIX)

フェザー級 3分3R
浦林 幹(フリー/元J-NETWORKバンタム級王者)
原島 モルモット 佑治(テッサイジム)

スーパーバンタム級 3分3R
三浦 翔(クロスポイント大泉)
MITSURU(ウィラサクレック・フェアテックス三ノ輪)

72kg契約(肘無し) 3分3R
吉田英司(クロスポイント吉祥寺)
佐藤ウィラサクレック(ウィラサクレック・フェアテックス三ノ輪)


概要


スケジュール 開場・17:00 オープニングファイト開始予定・17:10 本戦開始予定・18:00 
チケット料金 VIP席¥30,000 SRS席¥15,000 S席¥10,000 A席¥7,000 B席¥5,000
※当日500円アップ ※6歳未満は入場無料(座席を必要とする場合は有料)
チケット販売所 REBELS公式サイト イープラス 後楽園ホール
お問い合わせ REBELSプロモーション 03-6262-3760  inquiry@rebels.jp  http://rebels.jp/ 

Home > NEWS > REBELS > 梅野源治、ルンピニー王座戦の相手決まるも「やり辛いのが来たな」:2.18 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
入会金無料!入会月も月謝無料!女性会員は月謝4320円!! レディース・キッズクラスも!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について