Home > NEWS > REBELS > 梅野源治、ラジャダムナン王座陥落後初戦はスアレックと:9.6 後楽園

梅野源治、ラジャダムナン王座陥落後初戦はスアレックと:9.6 後楽園

 REBELS.52(9月6日(水) 後楽園ホール)で梅野源治がスアレック・ルークカムイと対戦することが決まった。ライト級5Rで争われる。梅野は5月17日にタイでサックモンコン・ソーソンマイに判定負けし、ラジャダムナン認定ライト級王座の初防衛に失敗して以来の試合。今後もラジャやルンピニーのベルトを目指す方針は変わらず、恩のあるREBELSのリングで再始動し、在日タイ人強豪相手に健在ぶりを示すつもりだ。

 スアレックは昨年に翔・センチャイジム、雷電HIROAKI、前口太尊を圧倒し、3月大会では潘隆成と5R引き分け。6月の後楽園のREBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王座決定トーナメント一回戦ではピラオ・サンタナに1R KO勝ちしている。

 7月14日の記者会見で梅野は、ラジャでの敗戦について「やっと奪ったベルトの初防衛戦で、ダウンを取られる悪い内容で負けて悔しい思いをしました。会長やトレーナーや応援してくれている人たちにも悲しい思いをさせ、どん底に突き落とされた感じでした」と振り返る。
 そんな中、スアレック戦のオファーをもらった梅野は「本来ならタイのランカーやタイに住んでいる選手とやりたかったですけど、前回は勝てていないですし、REBELSさんには僕が有名じゃない頃からメインで使ってもらい、いい試合を組んでもらい、ラジャダムナンの王座にも挑戦させてもらった恩があります。スアレックも面白い試合をする選手なので、REBELSを盛り上げたいと思って受けることにしました」と対戦承諾の経緯を語る。
 梅野の目標はこれまでと変わらない。「今回、いい勝ち方で勝って、今後、できるならREBELSでタイの現役ランカーとかを呼んでもらい、ラジャとルンピニーが本当の意味での世界チャンピオンだと思うので、これからも世界のトップを目指したいです」と語る。
 5月のタイでのタイトルマッチでの梅野は、コンディションの悪さを隠し切れなかった。梅野は「4月の試合(※KNOCK OUTでのロートレック戦で判定負け)が終わってから、目が二重に見えていて、ミット打ちでも的を絞れなくて、スパーリングでもあまり見えていない状態でした。色んな先生のところにも回って診てもらったんですけど、5月の試合から結構休んだことで、二重に見えなくなってきて、動いていいても的が絞れるようになって、上腕二頭筋も骨がつながってきているので、怪我の影響は無いと思います」と話す。



 スアレックについて梅野は「日本でチャンピオンクラスをKOして、在日のタイ人では強い選手」と評するが、「うちのジムの前口が(昨年11月のREBELSで)やったのを見ました。パンチとローしか無いので、ジャブとミドルで手堅く勝とうと思えば確実に勝てます。パンチとローで勝負しても勝てますし、首相撲でも勝てますし、実力差はあると思っていますね」と強調。「アグレッシブな選手なので確実に盛り上がると思います。相手の戦い方に合わせて僕の戦い方がどう変化するかも注目して欲しいです。必ず楽しい試合をします」と、梅野の復活を待つファンに向けアピールした。

 一方のスアレックは日本語で「梅野選手との試合、びっくりしたけどうれしいです。梅野選手は強いとみんな言っているけど、どれだけ強いかやってみたいです」「肘上手と知ってますけど僕のほうが上手です」「梅野選手は遅い。肘しかない。強いけど僕には勝てない。100パー勝てます」「梅野選手はアゴ弱いです。ダウン取ってみんな見せたいです」とコメント。外国人ならではのストレートな表現を連発し、REBELSの山口元気代表や記者をヒヤヒヤさせていたが、梅野も上記の通りに冷静に自信たっぷりな言葉を返していた。

 なお、既に発表の小笠原瑛作のISKA K-1ルール 世界バンタム級(55kg)王座決定戦の試合時間が、3分3R(延長1R)から3分5R(延長無し)に変更となっている。

対戦カード


ライト級 3分5R
梅野源治(PHOENIX/WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者、元ラジャダムナン認定ライト級王者)
スアレック・ルークカムイ(タイ/STURGIS新宿ジム/元ラジャダムナン認定フェザー級7位)

ISKA K-1ルール 世界バンタム級(55kg)王座決定戦 3分5R
フランク・“ジョヴァンニ”・グロス [Franck "Giovanni" Gross](フランス/ISKAオリエンタルルール世界フェザー級(57kg)王者)
小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/REBELS 52.5kg級王者)

REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王座決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
鈴木真治(フジマキックムエタイジム/元J-NETWORK王者)
杉本卓也(ウィラサクレック・フェアテックスジム/J-NETWORK 1位)

REBELS-MUAYTHAIライト級王座決定トーナメント 3分3R(延長1R)
良太郎(池袋BLUE DOG GYM)
大谷翔司(スクランブル渋谷)

REBELS-MUAYTHAIライト級王座決定トーナメント 3分3R(延長1R)
津橋雅祥(エスジム/蹴拳ムエタイ・スーパーフェザー級王者)
ピラオ・サンタナ(オランダ/メジロジム)

ムエタイ フェザー級 3分3R
浦林 幹(フリー)
千羽裕樹(スクランブル渋谷)

ムエタイ 57kg契約 3分3R
三浦 翔(クロスポイント大泉)
酒井洋一(ウィラサクレック・フェアテックス西川口)

スケジュール


開場・17:30 本戦開始・18:00(予定)

チケット料金


VIP席:¥30,000(¥30,500)
SRS席:¥15,000(¥15,500)
S席:¥10,000(¥10,500)
A席:¥7,000(¥7,500)
B席:¥5,000(¥5,500)
立見:¥3,000(¥3,500)
※カッコ内は当日料金
※6歳未満は入場無料(小学生から有料、6歳未満でも座席を必要とする場合は有料)

チケット販売所


イープラス http://eplus.jp/
参加各ジム、参加各選手
後楽園ホール

お問い合わせ


REBELSプロモーション 03-6262-3760  inquiry@rebels.jp  http://rebels.jp/ 

Home > NEWS > REBELS > 梅野源治、ラジャダムナン王座陥落後初戦はスアレックと:9.6 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JTクラブジム
JR東海道本線「沼津」徒歩5分
入会時「バウレビ見た」で特典付!キックボクシング8冠王・土屋ジョーが直接指導!老若男女国籍、全て不問!

さらに詳しく

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ