Home > NEWS > REBELS > ハチマキ、TRIBEでの過酷なサーキットトレーニングを公開:7.12 有明

ハチマキ、TRIBEでの過酷なサーキットトレーニングを公開:7.12 有明

 REBELS.37(7月12日(日) ディファ有明)でJ-NETWORKスーパーライト級王者の鈴木真治(ゴールデングローブ)を相手に初防衛戦を行うREBELS-MUAYTHAI同級王者のハチマキ(PHOENIX)が30日、東京・練馬のTRIBE TOKYO M.M.Aでのサーキットトレーニングを公開した。レブナと呼ばれるマスクを着け、ランニングマシン、バーベル、懸垂、腕立て、ジャンプ、エアロバイク等を約20分続ける過酷なメニューで、後半からハチマキは途中で度々倒れていた。


 ハチマキが倒れる度、ニック永末トレーナーは「すぐ行く!」「休憩しない!」と声をかけ続け、ハチマキは次の種目に挑む。全てのメニューを終えると、ハチマキは痙攣を起こすようにして倒れ、しばらく起き上がれない状態になっていた。
 ハチマキは試合1か月を切ると、この練習で心肺機能を極限まで追い込む。練習の度に負荷が上がっているといい、永末氏は「途中でやめちゃう人もいますので、あそこまで続ける心の強さはピカイチだと思います。(バーベルの)重量も普通のキックの選手に比べたら上のほうだと思います」と、ハチマキの心身の強さを評価。本人もこの練習の成果を実感しており、同じように長期戦に強いベテランの鈴木との一戦でも活きそうだ。



◆ハチマキ
(この練習の成果は?)前の試合(1月の水落洋祐戦)の時からやってもらうようになって、スタミナもジムでの動きも良くなって、効果を感じたんで、本当はやりたくないですけど(苦笑)、やんなきゃなって感じですね。
(誰かからこの練習を紹介してもらったのですか?)ここでミット持ちをやるようになって(TRIBE代表の)長南(亮)さんから「良かったらどうですか?」と言われて。元々自分は足が遅いですし、身体能力も低いですし、スポーツテストの種目は平均以下だったので、少しでもそういう能力を高める感じですね。スタミナは自信がある方だったんですけど、やってみると無力さを感じ、そこも伸ばせるんだなって感じです。
(2周目の途中から吐き始めた時はどんな意識だったでしょう?)毎回キツいんですけど、今日は液体の量が多くて、(水中で)溺れてるような感じで、心折れてましたね。嫌だけどやんなきゃという感じです。このレブナをつけてやると、息が切れた後に取り戻せないというか、止まって吸ってても回復できないんですよね。



(ますますイケてない姿を披露してしまいましたね)ほんとイケてなかったですよね。でもせっかく取材に来ていただいたので、普通に下手糞なミット打ちやっても仕方ないんで、こういう方が絵になるかなって感じですね。
(防衛戦ということで、どういう心境でしょう?)相手も(J-NETの)チャンピオンで、鈴木選手のいるゴールデングローブは元々藤原ジムで、普段から狂気のような練習をしているイメージなんで。小林聡さんや前田尚紀さんのような、常軌を逸した攻撃をしてくるのを想定して。自分も気持ちや手数やスタミナで負けないのが持ち味だと思うんで、そこでは負けたくないですね。小林さんや前田さんは誰もが憧れるような試合をしてきた選手で、その後輩の選手とやることで、見た人の心に残る試合ができたらと思います。
(このメニューは試合よりも厳しいですか?)厳しいです。試合ってのは何が起こるかわからないし、ボディやローが効いちゃうかもしれないですし、そういう状態でもあきらめないことですね。
(防衛後の目標は?)団体がいっぱいあるんで、日本のスーパーライト級の肘有りルールで他の団体含め一番になりたいです。タイ人はボクシングで言うと世界ランカーのようなものなので、日本一というのをわかりやすく証明してからでいいと思います。その中で日本人で大和哲也選手がWBCの世界チャンピオンですので、ノンタイトルでもいいですから、どこのリングでもいいんで、やってみたいってのはありますね。
(最後にファンの人にメッセージを)絶対に観に来て後悔させない試合をするんで。REBELSのチャンピオンとして、自分がREBELSの中心だと証明する試合をするんで、応援お願いします。

(編集部注:下の動画は食事中の方はご覧になられないことをお勧めします)



対戦カード


メインイベント REBELS 60kg級タイトルマッチ 3分5R
町田 光(橋本道場/王者、INNOVATIONスーパーフェザー級王者)※2度目の防衛戦
郷州 力(PHOENIX/挑戦者、RISEスーパーフェザー級(60kg)3位)

REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級タイトルマッチ 3分5R
ハチマキ(PHOENIX/王者)※初の防衛戦
鈴木真治(ゴールデングローブ/挑戦者、J-NETWORK王者)

REBELS-MUAYTHAIライト級タイトルマッチ 3分5R
小川 翔(OISHI GYM/王者)※初の防衛戦
雷電HIROAKI(スクランブル渋谷/挑戦者、INNOVATION王者)

REBELS 52.5kg級王座決定戦 3分5R(延長1R)
小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/ムエタイオープン・スーパーフライ級王者、元REBELS-MUAYTHAIフライ級王者)
優希(Desperado/WPMF日本スーパーフライ級王者、元J-NETWORK同級王者)

65.5kg契約 3分3R(延長1R)
水落洋祐(はまっこムエタイジム/REBELS 65kg級王者)
中村広輝(赤雲會)

ムエタイルール ウェルター級 3分3R
大竹将人(TARGET/J-NETWORKウェルター級王者)
重宗(TSKjapan)

55kg級 3分3R
浜本'キャット'雄大(クロスポイント吉祥寺)
宮崎就斗(TARGET)

55kg級 3分3R
KOUMA(ウィラサクレック・フェアテックスジム)
鈴木雄大(スタージス新宿ジム)

55kg級 3分3R
原島モルモット佑治(テッサイジム)
ZAWA-3(スクランブル渋谷)

55kg級 3分3R
小倉尚也(スクランブル渋谷)
大山拓也(インスパイヤードモーション)

NEW RAIDERS LEAGUE スーパーフライ級 3分3R 
MICHAEL・FLYSKYGYM(FLY SKY GYM/勝ち点2)
堀 堅斗(クロスポイント吉祥寺/勝ち点0)

NEW RAIDERS LEAGUE スーパーフライ級 3分3R
土橋朋矢(新宿レフティージム/勝ち点2)
平山“ハリウッド”幸文(PHOENIX/勝ち点0)

NEW RAIDERS LEAGUE スーパーフライ級 3分3R 
佐藤仁志(新宿スポーツジム/勝ち点0)
スダ456(BRING IT ON パラエストラ小岩/勝ち点0)

ムエタイルール 60kg契約 3分3R
小磯哲史(テッサイジム)
新垣竣太(Top Fighter)

ムエタイルール(肘無し) フライ級 3分3R
立嶋挑己(ASSHI-PROJECT)
蓮沼拓也(TESSAI GYM)

スケジュール


開場・14:30 本戦開始・15:00

チケット料金


VIP席 30,000円(30,500円)
SRS席 15,000円(15,500円)
S席 10,000円(10,500円)
A席 7,000円(7,500円)
B席 5,000円(5,500円)
自由席 4,000円(当日同額)
※カッコ内は当日料金
※6歳未満は入場無料(小学生から有料)
※自由席は座れなかった場合立見となります

チケット販売所


イープラス http://eplus.jp/
REBELSプロモーション 03-6262-3760  inquiry@rebels.jp  http://rebels.jp
参加各ジム、参加各選手

お問い合わせ


REBELSプロモーション 03-6262-3760  inquiry@rebels.jp  http://rebels.jp

Home > NEWS > REBELS > ハチマキ、TRIBEでの過酷なサーキットトレーニングを公開:7.12 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について