Home > NEWS > REBELS > 肘有り5Rは「REBELS MUAY-THAI」に。昼の部で開催:10.28 有明

肘有り5Rは「REBELS MUAY-THAI」に。昼の部で開催:10.28 有明

 REBELSは10月28日(日)ディファ有明大会より、既存の肘有り5Rルールの「REBELS MUAY-THAI」と、肘無し3Rルールの「REBELS」の2ブランドに大会を分割する。昼の部となる「REBELS MUAY-THAI 1」では、3階級でWPMF日本タイトルマッチが行われることになった

[Press Release]
REBELSムエタイ創設と10月28日興行決定について


今年10月28日、ディファ有明興行よりREBELSブランドを2つに分割化しリニューアルします。

これまでヒジ打ちを有効とし、3分5回戦を基本としてきたムエタイプロモーションとして、
WPMF日本ルールを採用してきたREBELSのナンバーシリーズ興行は、
ヒジ打ちなし、3分3回戦を基本とするREBELSルールを公式ルールを制定し、
今回で13回目の開催となる「REBELS.13(レベルス・サーティーン)」から、
REBELSルールのイベントとさせていただきます。

これは、キックボクシングの世界メジャーシーンで標準的なルールを採用することで、
より選手にワールドワイドに活躍する懸け橋になろうという主旨で、
REBELS公式ルールは、ヒジ打ちなし、攻撃性を伴う組み付き(首相撲)からの攻撃3秒間有効、
バックハンドブローありといったアグレッシブでエキサイティングな試合を奨励する流れとなります。

そして、ムエタイを追求してきたREBELSの元来のコンセプトは、
ニューブランドとなる「REBELS MUAY-THAI(レベルスムエタイ)」として、
新たなナンバーシリーズを10月28日の「REBELS.13」前の昼興行(チケット別)でスタートさせます。

つまり、「REBELS」は、世界標準のキックボクシング、
「REBELSムエタイ」でムエタイと2ブランドでストライキングファイティングスポーツを追求していくこととなります。

興行名は、「REBELS MUAY-THAI 1」とし、REBELSムエタイのナンバーシリーズが開始されます。

興行概要は、以下の事項をご参照ください。

10月28日、三大タイトルマッチ決定


10月28日、ディファ有明で行います「REBELS MUAY-THAI 1」で、メインイベントとなる
3つのWPMF日本タイトルマッチが決定いたしました。

T-98田中秀弥

WPMF日本ウェルター級タイトルマッチ 3分5回戦 WPMF日本ルール
T-98[タクヤ](クロスポイント吉祥寺/WPMF日本ウェルター級王者)
田中秀弥(RIKIX/WPMF日本ウェルター級2位)

昨年12月22日、前王者、渡部太基(藤原ジム)よりタイトルを奪取した
“ムエタイゴリラ”T-98(読み仮名:タクヤ)の初防衛戦を行います。

挑戦者は、今年7月より行われた4名による次期挑戦者決定トーナメントを勝ち抜き、
昨日9月9日、決勝戦で勝利した田中秀弥となりました。

田中は、7月29日、REBELSのディファ有明興行で、
トーナメント準決勝戦で笹谷淳(TANG TANG FIGHT CLUB)を破り、
7月15日、マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟の後楽園ホール興行で
高修満(エイワスポーツジム)に勝って決勝戦に進出した
中澤純(ワイルドシーサー群馬/MA日本キックボクシング連盟)に勝利して、
このタイトルの挑戦権を獲得しました。

T-98と田中は、2010年11月14、初代WPMF日本ウェルター級王者決定トーナメント準決勝戦で対戦し、
その時は、田中が判定2-1のスプリットデシジョンの僅差をものにして勝利しています。

そこから2年、両者がどのように成長し、どんな戦いを見せ、どちらが勝利するのか、ご期待ください。

また、速報として、昨日(9月10日)、タイのバンコク、ラジャダムナンスタジアムにて、
T-98が試合を行い、3RKO勝ちいたしました。
これでT-98は、8連勝となりました。
この試合の詳細については、また別にリリースさせていただきます。


SHIGERU末廣智明

WPMF日本スーパーフェザー級タイトルマッチ 3分5回戦 WPMF日本ルール
SHIGERU(新宿レフティージム/WPMF日本スーパーフェザー級王者)
末廣智明(大道塾吉祥寺支部/WPMF日本スーパーフェザー級1位)

今年3月25日、WPMF日本スーパーフェザー級王座決定戦で藤牧孝仁(はまっこムエタイジム)を破り
無敗のままチャンピオンとなったSHIGERUが初防衛戦を行います。

相手は、本来、藤牧よりも先に王座決定戦を行う位置にありながら
負傷欠場に泣いた末廣智明です。

末廣は、前田尚紀、板橋寛といった強豪選手に勝利するといった実績で、
WPMF日本ランキング制定当初よりスーパーフェザー級のトップランカーであり、
このタイトル挑戦が遅く感じられるほどのベテラン強豪です。

無敗のSHIGERUか、“無冠の強者”末廣か、ハイレベルの攻防戦に、ご期待ください。

貴之・ウィラサクレック入月健一

WPMF日本ミドル級王座決定戦 3分5回戦 WPMF日本ルール
貴之・ウィラサクレック(ウィラサクレック・フェアテックスジム/WPMF日本スーパーウェルター級王者)
入月健一(S.V.G./WPMF日本ミドル級1位)

今年1月22日、WPMF日本ミドル級王者決定戦で勝利し戴冠した三沢晃治(クロスポイント吉祥寺)が、
教職に就いた為、長期欠場となり、同王座を返上することとなり、これに伴い行われることとなったタイトルマッチに、
現在、1階級下のWPMF日本王者である貴之・ウィラサクレックが立候補し、
同階級1位の入月健一とベルトを争うこととなりました。

貴之は、日本ムエタイジムの最大手、ウィラサクレック・フェアテックスジムの古株選手であり、
日本人選手のエースを長年背負ってきた強打のサウスポーファイター。
ミドル級でのタイトルマッチ経験も複数あり、遅れて来た大器が満を持して二階級同時制覇を狙います。

入月は、名門、S.V.G.の前田憲作、内田康弘、新田明臣、藤原あらしなどに続く看板選手として
連勝街道を突っ走るトップランカー。
その勝ち星の中にはTOMOYUKI(誠剛館)などの強豪も加わっており、念願のタイトル初挑戦となります。

天才型の貴之と努力型の入月、階級下王者と現1位の対決にご期待ください。

対戦カード


WPMF日本ウェルター級タイトルマッチ 3分5R
T-98[タクヤ](クロスポイント吉祥寺/王者)
田中秀弥(RIKIX/2位)

WPMF日本スーパーフェザー級タイトルマッチ 3分5R
SHIGERU(新宿レフティージム/王者)
末廣智明(大道塾吉祥寺支部/1位)

WPMF日本ミドル級王座決定戦 3分5R
貴之・ウィラサクレック(ウィラサクレック・フェアテックスジム/WPMF日本スーパーウェルター級王者)
入月健一(S.V.G./WPMF日本ミドル級1位)

※この他、10試合程度を予定。

スケジュール


開場・10:30 本戦開始・11:00(予定)

チケット料金


SRS席 10,000円(11,000円) 
RS席 8,000円(9,000円) 
A席 7,000円(8,000円) 
B席 5,000円(6,000円) 
※ カッコ内は当日料金。
※チケット発売日:9月中旬

チケット販売所


イープラス
参加各ジム、各選手
REBELSプロモーション(連絡先は下記)

お問い合わせ


REBELSプロモーション 03-3397-0752  info@rebels-muaythai.jp   http://www.rebels-muaythai.jp/

Home > NEWS > REBELS > 肘有り5Rは「REBELS MUAY-THAI」に。昼の部で開催:10.28 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について