NEWS

Home > NEWS > REBELS

NEWS REBELS

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

梅野源治、ルンピニー王座戦の相手決まるも「やり辛いのが来たな」:2.18 後楽園

 REBELS.54(2月18日(日) 後楽園ホール)での梅野源治のルンピニースタジアム認定ライト級王座決定戦の相手が、同級6位でプロムエタイ協会王者のクラップダム・ソー・チョー・ピャッウータイに決まった。昨年11月のルンピニーでのムアンタイ戦の前まで12連勝8KO勝ちの快進撃を続けていたアグレッシブファイターで、1月11日に会見した梅野も「やり辛いのが来たな」と警戒するコメントをした。

続きを読む [更新:2018-01-11 (木) 19:25]

梅野源治、ルンピニー王座決定戦出場。UMA×小鉄を追加:2.18 後楽園

 REBELS.54(2月18日(日) 後楽園ホール)での梅野源治のルンピニースタジアム認定ライト級王座決定戦出場が正式決定した。対戦相手は1月に発表を予定。梅野は5月にラジャダムナン同級王座を失ったが、9月にスアレックとの再起戦で完勝し、11月にルンピニー4位のインディートーンを左肘打ちで沈め、ルンピニー7位となっていた。

続きを読む [更新:2017-12-26 (火) 19:40]

炎出丸、MA王者のKING強介と対戦。Sフライ級王座リーグ戦開幕:2.18 後楽園

 REBELS.54(2月18日(日) 後楽園ホール)にスーパーバンタム級・炎出丸(クロスポイント吉祥寺/元J-NETWORK王者)vs. KING強介(ロイヤルキングス/MA日本バンタム級王者)が追加された。炎出丸は11月の後楽園で国崇に判定勝ちし、約2年ぶりの白星。KING強介はREBELS初参戦。最近はホーストカップ日本バンタム級王者として同大会を主戦場としてきたが、11月に鈴木真彦に判定負けし王座陥落していた。

続きを読む [更新:2017-12-25 (月) 19:02]

宮元啓介×小笠原裕典、WBCムエタイ王者対決:2.18 後楽園

 REBELS.54(2月18日(日) 後楽園ホール)にスーパーバンタム級・宮元啓介(橋本道場/WBCムエタイ・インターナショナル王者)vs. 小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺/WBCムエタイ日本統一王者)が追加された。宮元は12月10日のKNOCK OUTで江幡塁に判定負けして以来の試合。

続きを読む [更新:2017-12-22 (金) 20:37]

天心と対戦、浜本“キャット”雄大「笑う人は笑っていればいい」:12.31 埼玉

 RIZIN 12月31日(日) さいたまスーパーアリーナ大会の「Cygames presents RIZIN KICKワンナイトトーナメント」1回戦で那須川天心と対戦する浜本“キャット"雄大。世間的にはまったく無名の存在ながら、REBELSの山口元気代表は、浜本を自信を持ってRIZINに送り込む。「相手はあの天心君ですけど、キャットは天心君に勝てる可能性を持ってると思います…」(記事提供:REBELSプロモーション、文・浜本&外会長写真撮影:茂田浩司)

続きを読む [更新:2017-12-20 (水) 20:20]

潘隆成×橋本悟、スーパーライト級対決が決定:2.18 後楽園

 REBELS.54(2月18日(日) 後楽園ホール)の第1弾決定カードが発表された。17年はスアレック、ゴンナパーとの激戦を経験し、前回11月大会で小川翔に判定勝ちした潘隆成が連続出場。17年3月大会で吉田敢を1R KOして以来の登場となる橋本悟と対戦する。

続きを読む [更新:2017-12-20 (水) 16:41]

ピラオ・サンタナ「僕がベルトを巻く。REBELSで防衛を重ねる」:11.24 後楽園

 REBELS.53(11月24日(金) 後楽園ホール)で ピラオ・サンタナ(オランダ/メジロジム)がいよいよREBELS-MUAYTHAIのライト級タイトル決勝に挑む。サンタナの本名はシェリー・サンタナ・ドス・サントス(Shely Santana dos Santos)という。リングネームは本名を短くした「シェリー・サンタナ」とか「サンタナ」だけでも似合う気がするが本人はピラオ・サンタナ(Pilao Santana)を愛用する。ピラオとはMMAでのパウンドという意味。サンタナの出身ベースはMMAだからだ。(記事提供:REBELSプロモーション)

続きを読む [更新:2017-11-20 (月) 14:49]

4連続KO中 37歳・国崇を奮い立たせた、ある観客の言葉:11.24 後楽園

 REBELS.53(11月24日(金) 後楽園ホール)にて、キック界のレジェンドがREBELS初参戦を果たす。現在37歳、プロ生活17年で85戦を戦ってきたISKA&WKA世界フェザー級王者、国崇 [くにたか](拳之会)である。NJKF軽量級の看板選手として他団体のリングに乗り込んで激闘を繰り広げ、13年にはラジャダムナン、14年にはルンピニー王座に挑戦。国内屈指の実力者であることは誰しもが認めるところだが、ある理由から自分のスタイルを見失い、低迷した時期があったという。「この年齢になると技術どうこうではなくて、大事なのは『気持ち』。今年に入って、本来の自分のスタイルを取り戻せました」。レジェンドが低迷から脱するまでの苦悩と、REBELS初参戦に向けた思いを語った。(記事提供:REBELSプロモーション 文:茂田浩司)

続きを読む [更新:2017-11-11 (土) 13:31]

梅野源治、現役ルンピニーランカー攻略図を語る:11.24 後楽園

 REBELS.53(11月24日(金) 後楽園ホール)のメインイベントを飾るのは、梅野源治(PHOENIX)とインディートーン・ポー・フィナバット(タイ/ルンピニースタジアム認定ライト級4位)の激突。14年にWBCムエタイ世界王座、昨年10月にラジャダムナン王座を獲得した梅野が、いよいよ史上初の「ムエタイ世界3大王座」獲りへの残り一つ、ルンピニー王座に向かって踏み出す。「9月にスアレック選手と戦い、勝利したことで自信を持ってインディトーンという『強いヤツ』と戦える」 決戦を前に、梅野の胸中に迫った。(記事提供:REBELSプロモーション 文・スナップ写真撮影:茂田浩司)

続きを読む [更新:2017-11-10 (金) 18:18]

梅野源治・スアレック・潘隆成・良太郎、垣根超え合同練習:11.24 後楽園

 REBELS.53(11月24日(金) 後楽園ホール)に出場する梅野源治、スアレック・ルークカムイ、潘隆成、良太郎が8日、千代田区のPHOENIX studioで合同公開練習を行った。スアレックは今年のREBELSで3月に潘と、9月に梅野と対戦しているが、試合後は親交が深まり、技術面でも切磋琢磨する機会が設けられた。ルンピニー王座奪取に向けて現役ランカーと対戦する梅野も「日本人のディフェンスレベルが上がっている」と刺激を受けていた。

続きを読む [更新:2017-11-08 (水) 19:52]

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

Home > NEWS > REBELS

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について