Home > NEWS > パンクラス > 砂辺は“名勝負”、廣瀬は“塩漬け”宣言

砂辺は“名勝負”、廣瀬は“塩漬け”宣言

 パンクラス 10.25 ディファ大会で行われる、フライ級タイトルマッチの調印式が、東京・中目黒に9月に移転したパンクラスの事務所にて15日行われた。ミドル級2位の金井一朗と戦うことが決まった3位のKEI山宮も会見に出席した。
調印式を終えて記念撮影
 王者の砂辺光久は「6月の王座決定戦では、アマチュア時代を含めたベストバウトをお客さんに提供できたと思うので、それ以上の作品を作り、挑戦者の気持ちで挑みたい」と抱負。挑戦者・1位の廣瀬勲の印象については「これまで6戦負けていない選手に土をつけることになる。強いと思うけど、あとはスタミナがあるというぐらい」と評し、相手に負けていない点は?という問いには「パンクラス愛です」と答えた。
 対する廣瀬は「本当はネオブラ優勝の後にやらせてもらえると聞いていて、のびのびになったけど、大きい舞台で挑戦できてうれしい」「砂辺選手は自分よりキャリアがある方で、自分と違ってプロとしても華がある。ガンガン噛みついていきたい」「自分にはスタミナしか長所が無いんで、3Rフルに使って塩漬けにしたい」と意気込みを語った。
 今回からフライ級は58kgから56.7kg(125ポンド)に設定体重が変更となるが、廣瀬は「自分はもともと重くないので適正体重です。いつも以上にスタミナが持つと思う」、砂辺も「自分も問題ない」と話した。

 なお、会見では次の3カードが新たに発表された。

 ウェルター級2R・和田拓也(SKアブソリュート/王者)vs. 宇良健吾(Team ura-ken)
 ミドル級3R・金井一朗(パンクラスism/2位)vs. KEI山宮(GRABAKA/3位)
 フェザー級2R・アライケンジ(パンクラスism/4位)vs. 鹿又智成(パラエストラ八王子)

「エアコンの設定温度が高い」と、犬猿の仲であるパンクラス坂本氏にボヤく山宮
 宇良(うら)は01年にアマ修斗全日本選手権ライトヘビー級で優勝後、ロサンゼルスのrAwチーム(現R-1ジム)でトレーニングを積んだ。現在はフリーとして様々なジムで練習。WEC、ROTRなどで戦い、28歳の今年、ついに日本デビューする。

 金井にとって山宮は、02年5月のデビュー戦の相手で、1R3分51秒パンチによるTKO負けを喫している。山宮は「デビュー戦の金井と今の金井は全く別人。金原さんとの試合でもいい動きをしていた。松井戦も相当強いなと思った」と評し、「この試合クリアしたらベルトを狙いたい」と話した。

Home > NEWS > パンクラス > 砂辺は“名勝負”、廣瀬は“塩漬け”宣言

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

TRY-EX(トライエクス)キックボクシングジム
JR総武線「市川」徒歩8分
12月2日に新装移転オープン!1月に入会の方は入会金無料です!“楽しいキック”をモットーに指導をしています。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について