Home > NEWS > パンクラス > 「日本の70kg級のトップの試合」久米鷹介×徳留一樹が調印式:12.10 有明

「日本の70kg級のトップの試合」久米鷹介×徳留一樹が調印式:12.10 有明

 PANCRASE 292(12月10日(日) ディファ有明)のメインイベント、パンクラス・ライト級タイトルマッチで対戦する久米鷹介(王者)と徳留一樹(1位、元王者)が8日、調印式を行った。昨年9月の王座戦では、久米が右フックで1R TKO勝ち。久米は「自分自身を高めてくれる徳留選手と戦えることは、全ての面でプラスになる」と話し、徳留も「日本の70kg級のトップの試合」と自負し、「前回のようになったら、きっぱり辞めるぐらいの気持ち」と決意を語る。試合はTOKYO MX、AbemaTV等で生中継される。
 久米は徳留戦の後、今年4月大会でマティヤ・ブラジセビッチ(クロアチア)に2Rチョークで一本勝ち。徳留は同じ大会で復帰し、当時1位のアキラを1R左フックからのグラウンドパンチで28秒で仕留め、「久米さんとやらせてください」と再戦を志願。7月大会では9月のUFC日本大会参戦へのアピールとして、キーラン・ジョブリン(ニュージーランド)と対戦して判定勝ちし、しっかりと強さを示してきた。
 今回の久米×徳留のライト級タイトルマッチの調印式で、パンクラスの酒井正和代表は「世界のファンも、UFCファイトパスで、日本のライト級最強を決める戦いを観ろ、と。スポーツ化を目指すパンクラスとしては最高のマッチメイクだと思います」と自賛し、「UFCスタッフにも話をして、届けに行きます。結果を出してもらい、来年さらに活躍できる環境をアシストしたいです」と話し、勝者をUFCに推薦する方針を示した。

◆久米鷹介(ALIVE/王者)※写真左
 徳留選手と前回戦って、強さも知っていますし、あの後の試合も納得する形で勝っています。僕が王者ですけど、挑戦する気持ちで自分をぶつけます。
 前回は先に自分の形にハメることで勝てましたけど、今回は全局面で勝てるよう、誰と戦うからというより、自分の実力を全部高める練習をしてきました。自分自身を高めてくれる徳留選手と戦えることは、全ての面でプラスになります。
(勝敗の鍵は?)いかに自分の動きを出すか、ですね。最後は気持ちで勝負したいと思います。
(理想のフィニッシュ像は?)フィニッシュを目指しますけど、どんな状態になっても勝利をつかむことを考えてやりたいです。

◆徳留一樹(パラエストラ八王子/1位、元王者)※写真右
 今回の試合が決まる前から、いつか(久米に)リベンジすると決めて練習してきたので、試合見てもらえればわかるっす。ベルトを失って一回辞めようと思ったんですけど、気持ちを切り替え、弱い部分を埋められたんで、気持ち強く戦えば大丈夫だと思います。
(最近の久米について)クロアチアの選手とやった時も、チャンピオンらしいというか、動きも凄いし、寝技のキープ力も凄いし、日本人のライト級のトップと思える選手だと思いました。

(前回は打撃戦で久米の術中にハマってしまったが?)前回のようになったら、きっぱり辞めるぐらいの気持ちでやってきました。全局面でやれるような練習をしてきたのでバッチリです。自分の動きができれば勝てると思います。前回はチーム一丸になれていなかったので、(打撃の出稽古先であるK-1ジム・シルバーウルフの)大宮司(進)さん、(塩田歩)館長、(同僚の)クリスMAN、みんなでダメなところを出し合ったりして、対策を立ててきました。
(家族と離れて追い込んできたそうだが?)子供がいると、試合のことだけを考えることができないので、実家に帰ってもらいました
(理想のフィニッシュ像は?)できればKOで、こないだの借りを返したいですけど、そんな簡単な相手じゃないんで、難しいと思います。やられるにしてもやるにしても、KOが一番カッコいいと思いますね。
(来年閉鎖するディファ有明で最後のパンクラスのメインイベントを務める心境)光栄ですし、こんなに強い相手とベルトを賭けて勝負できるのは本当に気合が入りますし、日本の70kg級でトップの試合だと思うので、見て欲しいですね。


 また、今大会に参戦する外国人2選手も日本に到着し、試合への意気込みを語っている。

第9試合 フェザー級 5分3R
松嶋こよみ(パンクラスイズム横浜/2位)
カイル・アグオン(米国/スパイク22/3位、元PXCバンタム級王者)

◆アグオン
(「Submit.」と書かれたスウェットを着ているのは、一本を狙うから?)これはコーチが主催しているグラップリング大会の名前ですけど、過去2度のパンクラスの試合は判定でしたので、今回はしっかり仕留めて、タイトルマッチに進みたいです。
(松嶋の印象)レスリングも打撃も強く、スープレックスも見せる、アグレッシブな選手で、UFCに近い位置にいます。共にUFCを目指す選手同士の、いいマッチメイクだと思います。
(前回8月のISAO戦で勝って、次はタイトルマッチをしたかった?)王者のナザレノ・マレガリエの怪我の影響で、ISAO選手の相手が僕に変わり。僕が勝ちました。もちろんタイトルマッチはしたいですが、とにかく試合がしたい気持ちで、練習を重ねてきました。パンクラスにもしょっちゅう「次の試合はいつだ?」と聞いていました。
(フィニッシュを狙うために強化してきたことは?)パンチ力を強化しましたが、MMAですので、グラップリングも含め、全てをいつも以上に練習してきました。
(どんな試合になりますか?)エキサイティングな試合になるでしょう。過去のパンクラスでの2試合よりもアグレッシブな試合を見せます。
(来年の目標は?)パンクラスのタイトルを狙いたいです。そのためにも休まず練習を続けます。


第1試合 女子バンタム級 3分3R
東 陽子(MMA KING GYM KOBE/全日本アマ修斗選手権'17女子フェザー級優勝)
キム・ミョンボ [Kim Myungbo](韓国/コリアンゾンビMMA)

◆ミョンボ
 テコンドーを小学生から始め、黒帯四段です。空手は昨年秋の釜山でのアジアカップで黒帯3位でした(※パーカーの胸のロゴは新極真会のものだった)。ミドルキック、ハイキックに自信があります。MMAはプロデビュー戦です。アマでは2試合しました。2年間から始め、なんでもありのMMAの楽しさに引きこまれました。今回の相手のことは4歳上で、柔道経験があり、子供がいることだけ知っていて、映像は見ていません。私も柔術をやっていますし、自分より大きい選手を練習していますので、相手のバックボーンへの不安はありません。エキサイティングな試合にして、短時間でKOします。
(撮影では軌道が足先で変化する右ハイを披露。写真左はマネージャーで、「勝ったらご褒美でディズニーランドに連れていく」と話していた)




対戦カード


【本戦】

第11試合 メインイベント パンクラス・ライト級タイトルマッチ 5分5R
久米鷹介(ALIVE/王者)※初防衛戦
徳留一樹(パラエストラ八王子/1位、元王者)

第10試合 セミファイナル ウェルター級 5分3R
佐藤 天(TRIBE TOKYO M.M.A/1位)
村山暁洋(GUTSMAN/元王者)

第9試合 フェザー級 5分3R
松嶋こよみ(パンクラスイズム横浜/2位)
カイル・アグオン(米国/スパイク22/3位、元PXCバンタム級王者)

第8試合 フェザー級 5分3R
ISAO(NEVER QUIT/5位、元ライト級王者)※坂口道場一族から所属変更
粕谷優介(総合格闘技道場CROWN)

第7試合 バンタム級 5分3R
佐久間健太(パラエストラ柏/4位)
藤井伸樹(ALLIANCE/6位)

第6試合 フライ級 5分3R
上田将竜(緒方道場/5位)
安永有希(東京イエローマンズ/9位)

第5試合 ストロー級 5分3R
井島裕彰(GUTSMAN/3位)
前山哲兵(AACC/6位)

第4試合 ストロー級 5分3R
八田 亮(ストライプル オハナ/7位、元ZSTフライ級王者)
江泉卓哉(総合格闘技道場 武門會/8位)

第3試合 フライ級 3分3R
荻窪祐輔(K-PLACE埼玉格闘技道場)
曹 竜也(FIGHT STYLE)

第2試合 フェザー級 3分3R
松岡嵩志(パンクラスイズム横浜)
MIKE(AACC)

第1試合 女子バンタム級 3分3R
東 陽子(MMA KING GYM KOBE/全日本アマ修斗選手権'17女子フェザー級優勝)
キム・ミョンボ [Kim Myungbo](韓国/コリアンゾンビMMA)

【プレリミナリーファイト】

第5試合 ライト級 3分3R
TAG(ERUPT)
亀井晨佑(パラエストラ八王子/2017年プロ昇格トーナメント優勝)

第4試合 フライ級 3分3R
杉山廣平(SPLASH)
猿飛流(リバーサルジム川口REDIPS)

第3試合 フライ級 3分3R
廣中克至(RBアカデミー)
水谷健人(AACC/2017年プロ昇格トーナメント優勝)

第2試合 フライ級 3分3R
渡辺竜也(MAX GYM/RINGS)
後藤丈治(P's LAB 札幌)

第1試合 ストロー級 3分3R
野田遼介(ALLIANCE)
御代川敏志(パラエストラ八王子)

スケジュール


開場・14:30  開始・15:00
※プレリミナリーファイト終了後、5分の休憩の後、15:50頃より本戦第1試合を実施。いつもと逆ですのでご注意ください。終了予定21:00

中継


TOKYO MX 19:00~20:00 MX1 20:00~21:00 MX2 (エムキャスは19:00~メイン終了まで)
AbemaTVUFC fightpass 15:00~メイン終了まで

チケット料金


VIP ¥14,000- (パンフレット付)
SS ¥11,000- (パンフレット付)
A ¥8,000- (パンフレット付)
B ¥6,500-
※未就学児は無料
※当日座席券は一律500円増し。14:15より各席種若干数ずつ発売

チケット発売所


パンクラス http://www.pancrase-store.com/ http://pancrase.tstar.jp/
楽天チケット http://ticket.rakuten.co.jp/pancrase
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード 594-040)
ローソンチケット 0570-000-777(Lコード 34342)
イープラス http://eplus.jp/battle/
書泉グランデ 03-3295-0011
チケット&トラベルT-1 03-5275-2778 http://www.t-1.jp/

お問い合わせ


パンクラス 03-5339-9198 http://www.pancrase.co.jp/

Home > NEWS > パンクラス > 「日本の70kg級のトップの試合」久米鷹介×徳留一樹が調印式:12.10 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニング大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について