Home > NEWS > パンクラス > チームZSTの二之宮、WINDY智美にラブコール

チームZSTの二之宮、WINDY智美にラブコール

 パンクラス2.1(日)ディファ有明大会に出場する、金原正徳と二之宮徳昭の「チームZST」勢が21日、東京・代々木のリバーサル格闘技ジムで公開練習。そのときのコメントがパンクラスから届いた。
第7試合 フェザー級 5分2R
アライケンジ(パンクラスism/2位)
金原正徳(パラエストラ八王子 / チームZST)

第4試合 フライ級 5分2R
江泉卓哉(総合格闘技道場武門會/2位)
二之宮徳昭(X-ONE GYM湘南 / チームZST)

金原正徳選手インタビュー



■試合に向けての調整は順調ですか?
金原正徳:コンディションは、悪くはないって感じです。特にいいわけでもないし、悪いわけでもないし。まぁ普通ですね。
■いつぐらいまで追い込まれる予定ですか?
金原正徳:来週の水曜日まではやろうかなと思ってます。
■満足のいく練習はできていますか?
金原正徳:満足ってほどではないですけど、それなりにはできてますよ。
■今回の試合に向けて、どういったメニューをこなしているんですか?
金原正徳:打撃が強い選手なので、左ハイ・左ストレートを打ってもらって、サウスポー対策をしっかりやりました。一発がある選手なので、その辺はすごく警戒しています。
■アライケンジ選手の試合映像はご覧になりました?
金原正徳:1月の頭くらいにDVDを借りて、何試合か見させて頂きました。でも映像を見たら「すげぇ強えな、この人!」って思って、ちょっと不安になってきちゃったんですよ(苦笑)。試合が迫って来たら、その不安も吹き飛んでいきましたけど。今は恐怖から楽しみに変わりました。今回の試合は、自分がもっと強くなれるチャンスだと思ってます。
■「予想より全然強いじゃん!」という感じだったんですか?
金原正徳:一緒に練習をしたことがあるので強いっていうのは分かってたんですけど、試合を見たらその印象より全然強くてビックリした感じですね。本当に一発には気をつけようと思ってます。
■では打撃に基準を置いた練習を積んできたと?
金原正徳:総合の打撃ですね。キックボクシングをやってもしょうがないので、総合に対しての打撃の練習を積みました。今までは寝技とキックボクシングを別々に練習していたことが多かったんですけど、最近は総合に対する打撃・総合に対する寝技の練習をしてます。
ZST上原譲広報:佐山(聡)さんのところで打撃を教えてもらってるんだよね?
金原正徳:そうですね。去年の夏ぐらいから掣圏道に通わせてもらっていて、桜木(裕司)さんや瓜田(幸造)さんに打撃を習っています。「こうしろ、ああしろ、こう蹴れ、こう殴れ」っていうのを丁寧に教えてくれるので、すごく勉強になってます。
ブログを拝見させて頂いたんですが、すごく掣圏道の練習はキツいようですね。
金原正徳:もの凄いですよ(笑)。朝起きて行くのが憂鬱だし、でも憂鬱のまま行ったら説教されるし…。でもみんな本気で殴ってくるわけではないし、無理矢理力でねじ込めてくるわけでもないですから。上手さをすごく感じますね。
■命の危険を感じることとかは?
金原正徳:それはしょっちゅうですよ!感じっぱなしです(笑)。でもおかげで試合さながらの練習ができてます。
■パンクラス初参戦となりますが、パンクラスにはどのような印象をお持ちですか?
金原正徳:プロレスのイメージがすごく強いので、でかい選手が戦っているリングだという印象を持ってます。
■ルールに関してはどうですか?先程のスパーリングでは踏みつけを多くやられていましたけど。
金原正徳:ルールに関しては特に問題ないですね。どんどん踏みつけていきたいです。
■先のことは何か考えていますか?
金原正徳:先のことを考えられるほど自分に余裕がないです。アライケンジという男に勝つために、クリスマスも正月も潰してこの2ヶ月必死に練習してきましたから。
■パンクラスの坂本常務が、この試合の勝者を戦極フェザー級トーナメントに推薦すると話していましたが、その事に関しては?
金原正徳:今初めて聞いたんでよく分からないですけど、勝ったら勝ったで道が開けると思うし、負けたら負けたで一から頑張るしかないと思うし…。とりあえず2月1日以降のことは何も考えずに試合に挑みます。

二之宮徳昭選手インタビュー


ZST上原譲広報:“ZST期待のエース”なので、よろしくお願いします。
二之宮徳昭:よろしくお願いします!
■試合に向けて、どのようなスケジュールで練習しているんですか?
二之宮徳昭:週に1回は必ず休むようにしてるので、週6で練習をしています。
■体調はいかがですか?
二之宮徳昭:今はコンディションを整えつつ、風邪など引かないように十分気をつけています。これから減量をするんですけど、徐々に体重を落として試合当日は最高の状態に持っていけるようにしたいです。
■対戦相手の江泉卓哉選手には、どのような印象をお持ちですか?
二之宮徳昭:見た感じ体がすごいですよね。でもそれ以上に、気持ちが強い選手だなと思ってます。なおかつ、打・投・極のバランスも取れていて、キワの攻防の際にも常にクレバーに動いて相手に絶対に譲らない、その辺がやっぱり恐いところでもありますし、「自分があの勢いに対応できるかな」っていう不安も多少あります。でも今は、ちょっと楽しみというか、早く戦いたいなという気持ちのほうが強いですね。
■試合をご覧になったことは?
二之宮徳昭:もう毎日見てますよ。過去の試合映像を入手したので、朝起きた時と寝る時には必ず見て、イメージを作って練習をしてます。
■1日2回も見ていたら飽きてこないですか(笑)?
二之宮徳昭:飽きますけど、でもやっぱり恐いですから。僕は小心者なんで、あれだけ強い相手だと不安に押しつぶされそうになるので、どうしても研究しちゃいます。それを続けていくうちに、ワクワクというか、早く戦ってみたいと思えるようになってくるんです。
■パンクラスでは2戦目となりますが。
二之宮徳昭:前回負けてるのにまた使って頂けて、すごく嬉しいです。パンクラスとZSTの関係者の方に、お礼の気持ちでいっぱいです。それにランカーの選手とやらせて頂けることが、すごく光栄です。江泉選手に失礼のないように、胸を借りるつもりで激しい試合をしたいです。ガンガンぶつかっていきたいと思います。
■先程、上原広報のほうから“ZST期待のエース”と言われていましたね。
ZST上原譲広報:ZSTのことより、パンクラスが好きな理由を言いなよ。何でパンクラスが好きなの?
二之宮徳昭:…え?マジっすか??
ZST上原譲広報:二之宮には、パンクラスが好きな理由があるんですよ。
二之宮徳昭:え?あの…ちょっと……実は、昔からWINDY(智美)選手のファンで(照)。それで、名前を覚えて頂きたいなと思ってます。
ZST上原譲広報:ファンなの?好きなの?
二之宮徳昭:ファンです!
ZST上原譲広報:え?
二之宮徳昭:ファ、ファンですって!!
ZST上原譲広報:本当にそれでいいのか?
二之宮徳昭:ファンですよ……今は(笑)。今回の試合で“二之宮”っていう選手がいることを、アピールできたらいいなと思ってます。
■WINDY選手のファイトスタイル等も好きなんですか?
二之宮徳昭:WINDY選手の戦い方は大好きです!強烈に印象に残るじゃないですか。“最恐姉さん”っていうキャッチフレーズもピッタリだし。僕もそういうインパクトを残せる選手になりたいですね。選手としてもすごく尊敬してます。
ZST上原譲広報:試合とかスタイルよりも、容姿が好きなんでしょ?
二之宮徳昭:それもまぁ、あるっちゃありますけど……。
ZST上原譲広報:今のうちにアピールしとけよ!
■言って頂ければ記事にしますよ。
二之宮徳昭:マジっすか!?いや、あの……素敵な方だなと思ってます(照)。

Home > NEWS > パンクラス > チームZSTの二之宮、WINDY智美にラブコール

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニング大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について