Home > NEWS > NJKF > フェザー級王座決定T準決勝で心×米田:5.9 後楽園

フェザー級王座決定T準決勝で心×米田:5.9 後楽園

 NJKF 5.9 後楽園ホール大会の全カードが発表された。心センチャイジム(センチャイムエタイジム/WBCムエタイルール日本フェザー級王者)vs. 米田貴志(OGUNI GYM/WMCインターコンチネンタル・スーパーバンタム級王者)、中嶋平八(誠至会/1位)vs. 蓮見龍馬(y-park/3位)のNJKFフェザー級王座決定トーナメント準決勝の2試合が行われる。
 その他にも、3月の新宿FACE大会でチャイポーンノーイに衝撃的なKO負けを喫した昨年のMVP・国崇(拳之会/WBCムエタイ・インターナショナルスーパーバンタム級王者・WBCムエタイルール日本スーパーバンタム級王者)がJ-NETフェザー級王者・佐藤政人(フォルティス渋谷)を迎え打つ一戦など6カードが新たに決定した。

 国崇の返上により空位となったフェザー級の次期王者決定トーナメントの準決勝2試合が決定。昨年のWBCムエタイルール日本統一王座決定トーナメントを制した心センチャイジムが、同トーナメントの準決勝でアトム山田にまさかの敗戦を喫した米田貴志と激突する。米田にとってはアトムに敗れて以来10ヶ月振りの復帰戦。バンタム級時代は寺戸伸近、藤原あらし、国崇と並み居る強豪を下し、日本人最強の呼び声も高かった米田だが、フェザー級転向後は苦戦。09年は2戦2敗と不本意な結果に終わっただけにここが正念場の一戦となりそうだ。対する心はWBCムエタイ日本トーナメント制覇以降も着実に試合をこなし現在5連勝。得意の膝蹴りを活かすために首相撲に磨きをかけて安定感も増し、トーナメントの大本命と言っても差し支えないだろう。
 もう一方の準決勝、中嶋平八 vs.蓮見龍馬の一戦は心 vs.米田に比べるとやや見劣りする印象が強いが、中嶋は昨年3月に心を判定で、9月にはDEEP KICKで元WBA世界ジュニアバンタム級王者・ヨックタイ・シスオーをKOしている好ファイター。心センチャイジム戦では左ボディを中心とした多彩なコンビネーションで心を翻弄し、1ポイントも失わずに判定勝ちを収めた。関西の誠至会所属ということで馴染みが薄いかもしれないが、今回のトーナメントの結果次第では関東のキックファンにも一気に注目される存在となるかもしれない。

<追加カード>

NJKFフェザー級王座決定トーナメント準決勝 3分5R
心センチャイジム(センチャイムエタイジム/WBCムエタイルール日本フェザー級王者)
米田貴志(OGUNI--GYM/WMCインターコンチネンタル・スーパーバンタム級王者)

NJKFフェザー級王座決定トーナメント準決勝 3分5R
中嶋平八(誠至会/1位)
蓮見龍馬(y-park/3位)

57.5kg契約 3分5R
国崇(拳之会/WBCムエタイ・インターナショナルスーパーバンタム級王者・WBCムエタイルール日本スーパーバンタム級王者)
佐藤政人(フォルティス渋谷/J-NETWORKフェザー級王者)

55kg契約 3分3R(延長1R)
裕センチャイジム(キングジム/Sバンタム級5位)
松本圭一太(相模原ジム/MA日本バンタム級4位)

63.5kg契約 3分3R(延長1R)
宮島教晋(誠至会/Sライト級6位)
畠山隼人(E.S.G/ライト級9位)

BONITA BOXEO バンタム級 2分3R
大浜芳美(インスパイヤード・モーション)
大石ゆきの(OISHI GYM)

Home > NEWS > NJKF > フェザー級王座決定T準決勝で心×米田:5.9 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について