Home > NEWS > MMA > ヒクソン、著書出版で来日。引退、今の総合界を語る

ヒクソン、著書出版で来日。引退、今の総合界を語る

 ヒクソン・グレイシーが著書「ヒクソン・グレイシー 無敗の法則」(ダイヤモンド社より9月24日発行)の発売を記念し、記者会見とサイン会を24日、ブックファースト新宿店で行った。
 ヒクソンは2000年の船木戦以降、一度も試合を行わず、昨年引退を表明した。引退の理由について「もう何も証明する必要がなくなった。いい対戦オファーが、いいタイミングで来なかった。年齢的、肉体的にもベストコンディションをキープするのが難しくなった」と改めて説明。著書では船木戦で負った目の怪我と手術、その後あった試合オファーのこと、そして引退に至った心境が綴られている。

 「ファイターとしては一区切りしたが、今は前よりもよりエキサイティングな人生を送っている。まだ50年ぐらいは生き続けるつもりだよ」と笑顔で語るヒクソン。最後の相手となった船木については「今はプロレスで活躍していると聞いてうれしい。頑張ってもらいたい」と話した。ヒクソンを尊敬していることで知られる石井慧が会見翌日のDREAMに参戦することから、石井へのメッセージを求められると、「私は運というものも信じてもいないし、頼りにもしていない。十分努力し、いい戦略を練っていることを期待している」と答えた。

 今回の著書の出版理由について、ヒクソンは「引退後、次の目標を考え始めたとき、正しい柔術を広めたかったことと、格闘技と縁の無い一般の人々にも、柔術で学んだ哲学を伝えたかった」と説明。「ファイターであれ弁護士であれ医者であれ、どんな職業でも、成功するためには、努力、勇気、戦略が必要。強いメンタルをキープすることで、良い結果が出せる」と説いた。

 ヒクソンが最後の試合をしてから10年。PRIDE、UFCの隆盛を経た、現在の総合格闘技界の状況について聞かれると、「残念ながら、競技としてだけ注目されて、本来の良いところが見逃されている。より良い社会人になることが武道の目指す姿。競技やショーのために盛り上がるだけでは物足りない」「現状では子供をMMAの試合に出るために育てようとする親はあまりいない」「私の一族がバーリトゥードを世に示した頃は、どの格闘技が一番強いか、効果的かを競い合っていたが、今は全ての格闘技を学ばないといけない」等と苦言。

 注目する日本人ファイターはいるか?という質問にも、ヒクソンは「日本には技術・才能のある選手がたくさんいるが、残念ながら今の総合格闘技のルールは、ラウンドの時間が短く、階級も細かく分かれているので、フィジカルの強さがものを言うようになってしまっている。いい技術を持っている選手でも、いい結果を残すことが難しいルールだ。相手のミスを待つまでの時間が短すぎる」と持論を展開。自ら総合格闘技のイベントをプロデュースする可能性については「私の信じる柔術・武道を表現できる場が作れるのなら作りたい」と話すにとどまった。

Home > NEWS > MMA > ヒクソン、著書出版で来日。引退、今の総合界を語る

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について