Home > NEWS > MMA > 近藤有己、リングネーム戻し初戦は初のヨーロッパ:2.11 チェコ

近藤有己、リングネーム戻し初戦は初のヨーロッパ:2.11 チェコ

  • MMA
  • 更新・2017-01-10 (Tue)13:42
 「EuroFC(European Fighting Challenge)」の2月11日(現地時間)のチェコ・プラハ・O2アリーナ大会に、近藤有己(パンクラスイズム横浜)が参戦し、地元チェコのPetr Knizeと対戦する。EuroFCも公式サイトで伝えている。


 EuroFCはドイツ・ベルリンを拠点とし、昨年10月のフィンランド大会で旗揚げしたMMA大会。高谷裕之が参戦したが、ドイツ在住のイラン人・アラン・オマーに判定負けしている。メインでは地元フィンランドのトム・ニーニマキがジョナサン・ブルッキンズに判定勝ちした。
 近藤は2年前に「有己空」にリングネームを変えていたが、今年元旦から近藤有己に戻すことを自身のフェイスブックで発表した。有己空の2年間の戦績は1勝3敗と振るわず、100戦目となった12月11日の大阪でのグッドマン田中戦でも判定負けし2連敗中。現在41歳。初のヨーロッパでの試合から再浮上を図る。
 EuroFC側はプレスリリースでも近藤が過去に戦った強豪の名を連ね、「日本のMMAのレジェンド」と紹介している。対するKnizeもEuroFCは「チェコのMMAのパイオニア」を評しており、39歳・24戦23勝1敗と経験豊富だ。
 Knizeは「近藤はとてもやっかいで技術のある選手です。バランスが良く、錚々たる選手たちと戦ってきました。とても尊敬しています。激しい3Rの戦いになるでしょう」とのコメントを発表している。
 近藤の試合は大会のセミファイナルとなり、主催者側の期待も高い。メインイベントでは元UFC選手のエフレイン・エスクデロが、ライト級でフランス人のMansour Barnaouiと対戦する。

Home > NEWS > MMA > 近藤有己、リングネーム戻し初戦は初のヨーロッパ:2.11 チェコ

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について