Home > NEWS > M-1ムエタイ > ワンロップ、因縁の藤原あらしと日本引退マッチ

ワンロップ、因縁の藤原あらしと日本引退マッチ

 Yod Nak Suu vol.3(9.13 ディファ有明)での藤原あらし戦で、ワンロップ・ウィラサクレックが日本ムエタイ・キック界から引退することになった。ワンロップは日本の55〜60kg勢の好敵手として6年間大活躍し、あらしとは2戦1勝1敗。引退戦にはワンロップの持つWPMF世界スーパーバンタム級王座が賭けられる。
07年の再戦でのワンロップとあらし
 ワンロップは03年9月、NJKFでの桜井洋平戦で日本デビュー。体格差とルールの違いもあり、判定負けに終わったものの、ウィラサクレック会長に日本スタイルの戦い方を教え込まれると連勝街道を爆進。国崇、アトム山田、歌川暁文らを撃破し、日本6戦目の05年10月、全日本キックでの日本 VS タイ・5対5マッチで藤原あらしを右肘で2R KOした。
 その後も森田晃允、山本真弘をKOし、山本元気、石川直生と引き分け、米田貴志に2連勝する等、14戦連続無敗と絶好調だったが、07年10月の全日本キック代々木大会でのあらしとのリマッチで判定負けを喫してしまう。その後のワンロップは7連勝し、日本戦績22戦18勝(14KO)2敗2分。最近では日本人の対戦相手がいなくなり、韓国選手などと対戦していたが、ワンロップ自ら引退試合に指名したのはあらしだった。因縁の相手へのリベンジを果たし、有終の美を飾ることができるか?

Home > NEWS > M-1ムエタイ > ワンロップ、因縁の藤原あらしと日本引退マッチ

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ