Home > NEWS > M-1グローバル > M-1首脳陣が来日

M-1首脳陣が来日

 M-1グローバルの首脳陣が来日し、7月19日のカリフォルニアでのAffliction Bannedの開催発表と、7月17日(木)後楽園ホールでDEEPと共催するM-1チャレンジ日本大会の概要発表を行った。
 3日に東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテルで行われた会見は、DREAM.5の会見との2部構成で行われた。写真左からDREAMの笹原圭一イベントプロデューサー、M-1チャレンジ日本代表総監督を務める佐伯繁DEEP代表、M-1Gのワジム・フィンケルシュタイン代表、アピ・エクテル副代表、ウィリアム・ラム広報。右端はAfflictionの大会ポスターだ。

 ヒョードル×シルビア等豪華カードの並ぶAffliction Bannedは、アパレルブランドのAfflictionとM-1Gとの共催。M-1チャレンジ日本大会はDEEP、昨年大晦日のやれんのか!はFEG等と共催と、他のプロモーターとの共催というのがM-1Gの活動の基本パターンだ

 ワジム氏は「DREAMに限らずいろんな大会と選手を参加・交換したい。M-1Gは他の組織と競合せず、ともにMMAを発展させていくために組織された。UFCは残念ながら閉鎖された組織で、ヒョードルの参戦はならなかった。ランディ・クートゥアは来年フリーエージェントになるので、そのときにヒョードル戦を2試合組む。両選手の公平を期すため、ケージとリングの両方でやりたい。アメリカで1試合やり、ひょっとするともう1試合は日本での実現も可能かもしれない」と活動方針と今後のプランを語った。Affliction Bannedに関しても「あと1週間ほどで日本での中継パートナーが決定する」と話している。

 M-1チャレンジは8カ国、10チームが参加するMMA国別対抗戦(5階級)。A、Bグループに分かれ、3月から11月までに世界7カ国で総当たり戦を行い、各グループの優勝チームが12月の決勝戦に進出する。日本チームはBグループに所属。中村大介、桜木裕司らがメンバーで、4月のロシア大会ではロシアのレギオンチームに勝利した。2戦目の7/17後楽園大会ではオランダチームと激突。Aグループのフランスとアメリカの対抗戦も行われる。

Home > NEWS > M-1グローバル > M-1首脳陣が来日

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について