Home > NEWS > M-1グローバル > アフリクション中止でムサシ&ワジム氏が談話

アフリクション中止でムサシ&ワジム氏が談話

 アフリクション 8.1 アナハイム大会の突然の中止を受け、共同主催者であるM-1グローバル、ワジム・フィンケルシュタインM-1G会長、M-1G所属で同大会でババルと戦う予定だったゲガール・ムサシが声明を発表した。

M-1グローバルの公式声明(ロシア時間25日発表)



M-1グローバルはトリロジーの観戦予定だった多くのお客様およびPPV放映を心から楽しみにしていたファンの皆様に慎んでお詫び申し上げます。

24日の金曜午後にM1グローバルは何の連絡もないままにアフリクションがトリロジーの中止決定したことを知りました。アフリクションのパートナーとしてM1グローバルは突然このような事態を知らされたのです。

ヒョードルとチーム仲間それに友人や家族さらにM1グローバル支援者など渡米予定だった35名は突然の中止に呆然としました。既に先発隊で空港へ移動中だったヒョードルはM-1グローバル法律顧問から中止決定を聞かされるまで何も知らない状態でおりました。

今週初めのカリフォルニア・アスレチック・コミッションによるジョシュ・バーネットへの試合ライセンス不許可決定に従い、アフリクションが適切な代替選手を用意するだろうと我々は疑うことなく確信しておりました。ヒョードルはアフリクションサイドがどのような代替選手を用意しても万全な状態でおりました。

M-1グローバルとしては予定されていたヒョードルの試合が無くなったことへのファンの声を十分に理解しておりますし失望の気持ちも分かち合いたく思います。我々はヒョードルが一日も早く試合ができるよう努力してまいります。

MMAのプロモートを断念するというアフリクションの声明を受け、M-1グローバルとしては『M-1ブレイクスルー』という我々の新コンセプトシリーズの出発大会にアフリクションが協力してくれることを期待しております。この第1回大会は8月28日にロサンゼルスで開催します。モー・ラワル(※編集部注:キング・モーの本名)対ドン・フライをメインに据えセミにはカール・アムソウ対ニック・トンプソンを用意しておりますが、今回のトリロジーで予定されていたマッチメイクがこの大会に移行されることを希望しております。

また、M-1グローバルは8月15、16日の両日にオランダでM-1チャレンジも開催します。

近日中にはヒョードルおよびヴァディム会長の公式発言を発表する予定です。

ゲガール・ムサシのコメント(ロシア時間26日発表)



重要な点は、これまで激しい練習を積んできた選手達にどのような処置が取られるのかということです。練習に多くの時間とエネルギーを費やしてきた我々が今このような扱われ方をしている。とても難しい状態です。それも一選手がステロイドにひっかかったからですか?これは政治的なものです。僕には事態の推移を見守る以外に何もできません。

ワジム・フィンケルシュタインM-1グローバル会長声明(ロシア時間26日発表)



開催中止に至る全てのできごとは、PPVの提供が原因による混乱のためだったとアフリクションは主張しています。アメリカの法律によれば、イベントのPPV放映を宣伝したならば、 宣伝したものを提供することが義務付けられます。アメリカ以外の国ではヒョードルを中心としたマーケティング宣伝を行いました。しかしアメリカではヒョードルとバーネットの二人を軸としたマーケティングを構成していたのです。宣伝したバーネットの試合が不可能となったことでアフリクションは法律面に関しとても憂慮したのです。

ちょっと驚いた事は、アフリクションは金曜になってUFCとの和解を発表しました。そしてMMAとの関わり合いはスポンサーとしてのみになるとまで言い切りました。アフリクションとM-1グローバルには今後の関係をどうするかという問題がまさに残っており、現在交渉中です。今回の大会中止は私どもに限らず参戦予定選手と世界中のファンを失望させました。

問題はヒョードルがどうなるかということです。私は現在ヒョードルとともにアメリカにおります。ヒョードルの次の試合が数日中に決まることを希望しています。メジャープロモーターや多くの関係者から交渉の申し込みが来ています。バーネットは失格になっていないので8月にでも試合が開催できないかその可能性を探るつもりです。

また今回のトリロジー中止で、しばらく停滞していたUFCへのヒョードルの参戦交渉が活性化するのではないかと信じています。UFCがこれまで言ってきたことの、今がまさにその時なのです。(※M-1G注:ダナとヒョードルは面識がなく、ダナはヒョードルとの面会を何度も言っていた)。ヒョードルと私は今アメリカに滞在しています。UFCがここへ来るなら、いつでも交渉の用意はできています。ただしUFCの提示条件を全て受け入れるという意味ではありません。UFC選手とヒョードルの対戦交渉は希望しますが、あくまでもM-1グローバルとUFCとの協力体制の範疇でということです。

Home > NEWS > M-1グローバル > アフリクション中止でムサシ&ワジム氏が談話

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
5月は入会金無料!フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニン...

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について