Home > NEWS > ラウェイ > ミャンマー認定の大会初開催。ミャンマー人王者対決も実現:10.27 後楽園

ミャンマー認定の大会初開催。ミャンマー人王者対決も実現:10.27 後楽園

 プロレスのZERO1の運営会社であるファーストオンステージ(FOS)の中村祥之代表が、ミャンマーの国家ラウェイ連盟(MTBF(Myanmar Traditional Boxing Federation)からラウェイのプロモーターライセンスを取得し、10月27日(木) 後楽園ホールで初の大会「Lethwei Grand Prix in Japan 2016」を開催する。ミャンマーからラウェイの王者を招聘し、ミャンマー人同士の試合も全6試合中3試合組まれる。

 ラウェイは拳にバンデージのみを装着し、パンチ、キック、肘打ちだけでなく頭突き、投げ技、関節技と絞め技も認められる立ち技格闘技。過去に寒川直喜、藤原あらしら日本のキックボクサーもミャンマーでラウェイの試合を経験し、日本でも06年のクシマズファイト今年5月のZONE等でラウェイの試合が組まれてきたが、ラウェイの試合だけ、なおかつミャンマーの競技組織が認可した大会はこれが初となる。FOSは今年2月にミャンマーの首都ヤンゴンで同国初のプロレス大会を開催。FOSの中村代表はラウェイに魅せられ、ミャンマー人以外で初のラウェイのプロモーターライセンスを取得した。
 初の大会は2試合が発表され、うち1試合はミャンマー人の王者同士の試合で、本場の最先端の攻防を観ることができる。もう1試合は80kg級王者のトゥン・トゥン・ミンとタイでムエタイを習うオーストラリア人選手の一戦。トゥンは7月の巌流島に参戦し、コンゴ人のMMA選手・ルクク・ダリのグラウンドパンチで敗れたが、ローキック、首相撲からの膝蹴りは鋭く、スキルの高さをうかがわせていた。他にも日本人では関西を主戦場とするキックボクサー、桜華のラウェイ挑戦が決定している。


ラウェイルール概要


・3分5R、インターバル2分、判定なし(ダウン数ダメージは無関係)
・グローブは装着せず、バンデージのみで試合を行う。肘撃ち、頭突きが認められる。
・故意ではなく流れの中で蹴りが金的に当たってしまった場合は有効打となり試合は続行される。
・1Rで3回ダウン、試合を通し合計4回のダウンでTKO
・1~4Rの試合中、劣勢又は失神等が起こった場合選手又はセコンドがレフェリーに「タイム」を要請し「スペシャルタイム」(2分間)の休息が許される。最終5Rはスペシャルタイムを行使できない。
・選手が流血した場合、レフェリーとドクターの判断により続行又は勝敗が宣告される。

対戦カード


75kg契約 3分5R(インターバル2分)
Too Too(ミャンマー/MTBF 75kg級王者)
Soe Lin oo(ミャンマー/MTBF 73kg級王者)

80kg契約 3分5R(インターバル2分)
トゥン・トゥン・ミン [Tun Tun Min](ミャンマー/MTBF 80kg級王者)
アデム [Adem](オーストラリア/タイ・フェニックスジム)

※全6試合を予定。うち3試合はミャンマー人選手同士の試合


出場予定選手


桜華(道場 絆)※60kg契約

スケジュール


開場・17:30 開始・18:30

チケット料金


VVIP 15000円  
VIP 10000円 
S席 7000円 
A席 5000円 
B席 4000円

チケット販売所


チケットぴあ(Pコード:833-702)
ローソンチケット(Lコード:32100)
イープラス
後楽園ホール

お問い合わせ


ファーストオンステージ 03-5777-5361 

Home > NEWS > ラウェイ > ミャンマー認定の大会初開催。ミャンマー人王者対決も実現:10.27 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

TRY-EX(トライエクス)キックボクシングジム
JR総武線「市川」徒歩8分
12月2日に新装移転オープン!1月に入会の方は入会金無料です!“楽しいキック”をモットーに指導をしています。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について