Home > NEWS > 極真会館 > テイシェイラ「4年前以上に自信がある」:11.4-6 東京

テイシェイラ「4年前以上に自信がある」:11.4-6 東京

 11月4日(金)東京体育館にて開幕する極真会館・第10回全世界空手道選手権大会で、優勝候補の最右翼に挙げられる第9回大会チャンピオン、エヴェルトン・テイシェイラ(ブラジル)が、極真会館ブラジル支部長の磯部清次師範、兄弟子のフランシスコ・フィリォ師範、他の南米・ブラジルチームの選手とともに2日夜に来日した。(情報提供:ワールド空手)
第7回大会優勝者で兄弟子のフィリォ師範もテイシェイラの優勝を確信!!テイシェイラをエース格とする南米・ブラジルチーム

 昨年12月のK-1 WORLD GP 2010以来の来日となったテイシェイラは、「コンディションは過去最高と言ってもいいくらいに仕上がっています。」とリラックスした表情で語った。

 空手の復帰大会となった6月のオールアメリカンオープンで日本の荒田昇毅(千葉県南支部)に準々決勝で敗れて5位となったが、「私の中であの試合は自分の課題点や修正点が発見できたという意味で、すごく収穫になるものでした。今大会で優勝するために必要な結果だったと今は思っています。6月以降の4ヵ月は改善すべき点を重視して充分な稽古を積むことができたので、不安は全くありません」と自信を覗かせた。

 全世界の極真選手192名が集結し、体重無差別の3日間で争われる世界大会は優勝するまでに8回の試合を勝ち抜かなければならない。「もちろんスタミナ面も不安はありません。むしろK-1の試合を経験して精神的に前回よりもタフになったと思うので、最後まで冷静さを失わずに戦い続けることができると思います。マークしている選手は、他の191名全員が強敵ですが、中でもオールアメリカンで優勝したザハリ・ダミヤノフ選手(ブルガリア)、昨年の全日本大会で優勝したタリエル・二コラシヴィリ選手(ロシア)、そしてレチ・クルバノフ選手(ロシア)です」(テイシェイラ)

 優勝の自信を問うとテイシェイラは、「今は『心、技、体』の全てにおいて4年前の私自身を上回っています。この3日間でその全てを出し切ることができれば、優勝の栄冠は私のもとにやって来るはずです。ブラジルの世界連覇のために、必ず優勝します」と語った。

 また、ブラジルチームの監督であるフィリォ師範は「6月のオールアメリカン以降、ブラジルの代表選手が週1回集まって世界大会で勝つための集中稽古を行ってきました。また、8月には100回連続組手を行うなど、テイシェイラもその中で空手の間合いや戦い方を再認識し、今や4年前以上に死角がなくなっています。極真の世界大会には世界中から多くの強豪が出場しますが、テイシェイラにとって一番の敵は相手よりもむしろ自分自身。彼自身が最大の能力を発揮することができれば、世界連覇の栄光は自ずとブラジルに訪れると思います」と自信にあふれる表情で語った。

 世界大会は、初日4日(金)に1回戦、2日目の5日(土)に2回戦と3回戦、最終日の6日(日)に4回戦から決勝まで行い、極真空手世界一が決定する。

出場選手


主な外国人出場選手


エヴェルトン・テイシェイラ(ブラジル/2007年第9回世界大会優勝)
タリエル・ニコラシビリ(ロシア/2010年第42回全日本大会優勝)
アレハンドロ・ナヴァロ(スペイン/2011年ヨーロッパ選手権大会優勝)
ミハエル・コズロフ(ロシア/2009第4回世界ウェイト制大会重量級優勝)
ザハリ・ダミヤノフ(ブルガリア/2011オールアメリカンオープン優勝)
ゴデルジ・カパナーゼ(ロシア/2011オールアメリカンオープン準優勝)
レチ・クルバノフ(ロシア/2010年第42回全日本大会7位)

日本代表選手


田中健太郎(川崎中原支部/2009年第41回全日本大会優勝)
森善十朗(東京城西支部/2010年第42回全日本大会準優勝)
沢田秀男(正道会館/2010年第42回全日本大会4位)
荒田昇毅(千葉県南支部/2010年第42回全日本大会5位)
小林大起(東京城西支部/2010年第42回全日本大会6位)
鎌田翔平(東京城西支部/2010年第42回全日本大会8位)
村田達也(埼玉県西支部/2007年第9回全世界大会8位)
赤石 誠(総本部/2011年ヨーロッパ選手権大会4位)
澤村勇太(総本部/2011年第28回全日本ウェイト制軽量級優勝)
竹岡拓哉(横浜川崎支部/2011年第28回全日本ウェイト制中量級優勝)
小沼隆一(下総支部/2011年第28回全日本ウェイト制中量級準優勝)
安島喬平(茨城県常総支部/2011年第28回全日本ウェイト制軽重量級優勝)
村岡賢和(本部直轄札幌道場/2011年第28回全日本ウェイト制軽重量級準優勝)
別府良建(鹿児島支部/2011年第28回全日本ウェイト制軽重量級3位)
谷口 誠(鹿児島支部/2011年第28回全日本ウェイト制重量級優勝)
木下成準(大阪西支部/2011年第28回全日本ウェイト制重量級準優勝)
松村典雄(本部直轄岩手道場/2011年第28回全日本ウェイト制重量級3位)
鈴木雄三(東京城北支部/2009第4回世界ウェイト制軽量級優勝)
外岡真徳(正道会館/2011年第28回全日本ウェイト制重量級4位)
清水賢吾(東京城北支部/2011年第28回全日本ウェイト制重量級ベスト8)
稲岡祐樹(城西世田谷東支部/2011年第28回全日本ウェイト制中量級3位)

チケット料金


〈通し券〉
SRS席  50,000円(前売りのみ/3日間通し券・1階アリーナ指定席:パンフレット&大会記念品付き)
RS席  35,000円(前売りのみ/3日間通し券・1階アリーナ指定席:パンフレット付き)
AA席   18,000円(前売りのみ/2日目&最終日通し券・2階南側中央前方指定席:パンフレット付き)
※AA席は、200席限定 第10回世界大会特別応援シート

〈11月4日(金)◎大会初日〉
SS席  7,000円(当日8,000円/1日券・1階南側雛壇指定席)
S席   6,000円(当日7,000円/1日券・1階指定席)
A席   3,000円(当日4,000円/1日券・2階自由席)

〈11月5日(土)◎大会2日目〉
SS席  9,000円(当日10,000円/1日券・1階南側雛壇指定席)
S席   7,000円(当日8,000円/1日券・1階指定席)
A席   5,000円(当日6,000円/1日券・2階指定席)
B席   4,000円(当日5,000円/1日券・3階自由席)

〈11月6日(日)◎大会最終日〉
SS席  14,000円(当日15,000円/1日券・1階南側雛壇指定席)
S席   11,000円(当日12,000円/1日券・1階指定席)
A席    8,000円(当日9,000円/1日券・2階指定席)
B席    4,000円(当日5,000円/1日券・3階自由席)

チケット販売所


チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:819-392)
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:32867)
イープラス http://eplus.jp/ (パソコン&携帯)
極真会館HP http://www.kyokushinkaikan.org/

お問い合わせ


極真会館総本部 03-5992-9200

Home > NEWS > 極真会館 > テイシェイラ「4年前以上に自信がある」:11.4-6 東京

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について