Home > NEWS > 極真会館 > 荒田昇毅&鎌田翔平、全日本選手権制覇に自信:11.2-3 東京体育館

荒田昇毅&鎌田翔平、全日本選手権制覇に自信:11.2-3 東京体育館

 極真会館(館長/松井章圭)「第46回オープントーナメント 全日本空手道選手権大会」(11月2日(日)~11月3日(月/祝) 東京体育館)の公開練習が本部直轄恵比寿道場にて行われた。昨年6月の世界ウェイト制優勝以来の実戦となる荒田昇毅(千葉県中央)は「100%の出来」と自信を示し、来年の世界選手権に向け「結果以上に内容も求めたい」と意気込み。今年6月の全日本ウェイト制を制した鎌田翔平(東京城西)も「自信がついて波に乗っている」と話した。

荒田昇毅


--復帰にあたり、コンディションはいかがですか?
「怪我が今年に入って完治して、練習を再開した最初の頃は怪我で衰えた部分に戸惑うこともあったんですが、怪我した時以上に稽古をやっていたつもりですので、最終的には練習での数値だったり感覚の部分だったり、以前より上がっている実感はあります。あとは試合でフタをあけてみないとわからないですけど、準備段階としては100パーセントの出来だと思います」

--トーナメント表ではAブロックの、厳しいメンツの中に入れられた感があります。
「期待の裏返しだと思うので、真摯に受け止めています。最終的に優勝した人間が強いと思うので、相手どうこうじゃなく、自分自身の強さを信じてやりたいです」

--今回の全日本のテーマは?
「今まではトーナメントが決まったら、強豪選手を意識してやっていた部分があるんですけど、今回は一番の自分の敵は自分自身だと思っているんで、自分自身に打ち勝つことができた時に優勝がついてくると思っています」



--怪我の期間、精神面でも成長できたのでは?
「今までで一番大きく長期の怪我だったので、自分はある程度の実績は残したりはしましたが、自分がいかに弱い人間だったかを実感できて、それが怪我で一番得たものでしたね。なかなか吹っ切れない自分がいたりとか、なかなか行動に移せなかったり、怪我によって影響されている弱い自分を知ることができました。最終的、いろんな人の助けがあってここまで来れたと思います」

--休んでいる間の、他の選手の活躍も刺激になりましたか?
「凄くありましたね」

--来年の世界大会を見据えて、どういう全日本大会にしたいですか?
「今回トーナメント表を見て、ほぼ外国人も最強のメンバーが揃っていて、世界大会の前哨戦と言っても過言ではありません。ここで優勝できなければ『世界大会で優勝する』と発言できるものではないので、世界の中でも誰がトップにいるのかを自分にも周りにも把握させるためにも、ここで結果を出さないといけないと思います。そして結果以上に内容も求めたいです」

--目指す内容は?
「相手の心を折る組手、相手をあきらめさせる組み手です。一本勝ちにせよ技ありにせよ、それが回りに伝わるような組手をして優勝したいです」



鎌田翔平


--全日本ウェイト制を制して、無差別の全日本大会に臨む心境はいかがですか?
「6月のウェイト制で優勝してから自信がついて、波に乗っているというか、凄くいい流れですね。支部の少年部とか他の選手たちの成績も良く、支部全体でいいムードになっていると思います」

--今回に向けて強化した点は?
「心・技・体のトータルで強化していますけど、ウェイトトレーニングで持ち上げられる重量だけでも20kgは上がりました。優勝して自信がついて、課題も見えたんで、もっと強くなりたいという意識が強くなりました。パワーが付いた分、攻撃の威力も上がりましたね。技術的には、密着が多くなっていたので、間合いを外して戦う方法を強化しました」

--今回は海外の強豪も多数参戦します。
「トップクラスの選手だと日本と海外とでは大差は無いと思うので、今回の大会で優勝できる自信はありますね」

--昨年は安島選手が優勝して、海外勢に勝てる自信につながったのでは?
「そうですね。悔しい部分もありましたけど、同じレベルだと思いました」

--来年の世界大会を見据えて、どういう全日本大会にしたいですか?
「荒田君の話と重複するかもしれませんけど、世界大会の上位に食い込む実力の選手がほぼ全員出ているので、今回の優勝者が来年の世界大会の優勝者や表彰台に乗るレベルの選手になると思うので、その中で何が何でも優勝ですね。勝つことが一番ですね。その中で理想としている、倒したり壊したりして勝つ組手ができればいいですね」



※トーナメントの組合せはこちらのPDFファイル参照

主な出場選手


[Aブロック]
荒田昇毅(千葉県中央/2013世界ウェイト制重量級優勝)
小林龍太(城西世田谷/2013全日本ベスト16)
竹岡拓哉(東京城西/2014全日本ウェイト制軽重量級4位)
清水祐貴(東京城北/2014全日本ウェイト制軽量級準優勝)
イヴァン・メゼンツェフ(ロシア/2013全日本6位)
上田幹雄(横浜北/2014全日本ウェイト制重量級準優勝、2013全日本7位)
イゴール・ティトコフ(ロシア/2014全日本ウェイト制中量級優勝)
オレクサンダー・イエロメンコ(ウクライナ/2014オールアメリカン優勝)

[Bブロック]
森善十朗(東京城西/2013世界ウェイト制中量級優勝)
亀井元気(兵庫・大阪南/2014全日本ウェイト制軽量級優勝)
アレハンドロ・ナヴァロ(スペイン/2013全日本準優勝)
小沼隆一(下総/2013世界ウェイト制軽量級優勝、2013全日本4位)
スティーブン・キュージック(オーストラリア/2013世界ウェイト制重量級4位)
与座優貴(茨城県常総/2014全日本ウェイト制軽量級4位)
イリヤ・カルペンコ(ロシア/2013世界ウェイト制軽重量級3位)

[Cブロック]
鎌田翔平(東京城西/2014全日本ウェイト制重量級優勝、2013全日本5位)
澤村勇太(総本部/2013世界ウェイト制中量級準優勝)
デビッド・シャルコシャン(ロシア/2013全日本4位)
高橋佑汰(東京城北/2014全日本ウェイト制軽重量級優勝)
村田達也(埼玉西北/2013全日本ウェイト制軽重量級4位)
加賀健弘(東京城西/2014全日本ウェイト制中量級準優勝)
ザハリ・ダミヤノフ(ブルガリア/2013世界ウェイト制重量級3位、オールアメリカン4度優勝)

[Dブロック]
ダルメン・サドヴォカソフ(ロシア/2014オールアメリカン3位)
石﨑恋之介(東京城西/2013全日本ウェイト制軽重量級準優勝)
中村昌永(兵庫・大阪南/2014全日本ウェイト制軽重量級準優勝)
ジマ・ベルコジャ(フランス/2014ヨーロッパウェイト制重量級準優勝)
荒木 聡(本部直轄浅草/2014全日本ウェイト制重量級4位)
安島喬平(茨城県常総/2013全日本大会優勝)

スケジュール


11月2日(日) 開場・10:00 1回戦64試合、2回戦32試合
11月3日(月/祝) 開場・10:00 試割り、3回戦16試合、4回戦8試合、準々決勝4試合、準決勝2試合、3位決定戦&決勝戦各1試合

チケット料金


[二日間通し券]
RRS席 50,000円(前売りのみ/1階アリーナ南側最前列指定席:パンフレット&大会記念品付)
SRS席 35,000円(前売りのみ/1階アリーナ指定席:パンフレット付)
[一日券]
RS席 14,000円(当日15,000円/1階アリーナ指定席)
S席 8,000円(当日 9,000円/1階指定席)
A席 6,000円(当日 7,000円/2階指定席)

チケット販売所


チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード 827-098)
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード 39324)
イープラス
極真会館全国各支部・道場
極真会館ホームページ http://www.kyokushinkaikan.org/

お問い合わせ


極真会館 03-5766-3500 http://www.kyokushinkaikan.org/ 

Home > NEWS > 極真会館 > 荒田昇毅&鎌田翔平、全日本選手権制覇に自信:11.2-3 東京体育館

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について