Home > NEWS > Krush > 山本優弥「一年が終わる頃にはKrush=山本優弥にしたい」

山本優弥「一年が終わる頃にはKrush=山本優弥にしたい」

 Krush.16(2月17日(金)後楽園ホール)のトリプルメインイベント第1試合にて“自演乙をKOした男”シュー・イェンと対戦する山本優弥(Booch Beat)にインタビューが主催者から届いた。昨年9月のK-1MAX以来のリングに上がる山本が2012年にかける思いを語った。

山本優弥 インタビュー


山本優弥vsシュー・イェンという作品を見て喜んでもらいたい



ーー今回の対戦相手がシュー・イェンは長島☆自演乙☆雄一郎選手をKOしている選手ですが、どんな印象を持っていますか?

優弥「長島選手と戦った試合とYouTubeで幾つか試合を見ました。最初の印象は背が高くて、長島選手をパンチで倒したようにラッシュ型の選手かなと思っていたら、ムエタイスタイルで蹴りを使う試合もあって、改めて強い選手だなと思いました」

ーー中国人ファイターにはどんなイメージを持っていますか?

優弥「中国=散打というイメージがあって、距離感や使う技が独特だろうなと思います。その中でイェンはムエタイベースで、パンチが固くて重い。そして散打の技を使う選手だと分析しています。でも僕は勝つことしか考えていないので、上手く勝てたらいいなと思います」

ーー今回は外国人選手との対戦ということで、山本選手がどう戦うかを見に来るお客さんが多いと思います。

優弥「自分の勝ち負けは周りの期待とは違うところにあると思うんですけど、お客さんには山本優弥vsシュー・イェンという作品を見てもらって喜んで帰ってもらう。プロとしてそういう試合をするべきだと思っています。“本当の山本優弥”だったら自分のことだけを考えて戦いますけど“プロの山本優弥”はプロとしての試合をします」

ーー自分ではどういう試合が山本優弥らしい試合だと思っていますか?

優弥「それは周りに合わせる必要はないかなと思います。僕がこれだと思うものが山本優弥らしさかなと。僕がやる試合が僕の試合です」

ーートリプルメインイベントの第1試合に組まれることになりましたが、それについてはいかがでしょうか?

優弥「トリプルメインイベントにしてもらったことがうれしいですね。世界タイトルマッチ2試合と並んで、第1試合という形にはなりますけど、トリプルメインに試合を組まれたことには意味がある。Krushを背負うという位置にいさせてもらったんだなと思います」

ーー例えば佐藤嘉洋選手は今回の試合順について「普通に考えれば王者がいるタイトルマッチの方が後ろに組まれるもの」という発言をしていますが、山本選手はどう感じていますか?

優弥「宮田(充プロデューサー)さんがKrushは競技じゃなくて興行だというのはそこですよね。でも選手はプロだし、選手もファンも最後の試合が一番凄いという認識があると思うので、そこはみんなが取りたいところですよね。僕の試合はスーパーファイトでタイトルマッチに比べると劣るかもしれませんが、僕の試合は盛り上がると思うので楽しみにしてください……多分(笑)」

2012年は自分もKrushも変わる年にしたい



ーー去年のK-1MAXでは決勝戦で負けてしまいましたが、今回の復帰戦に向けて気合いは入っていますか?

優弥「今年は自分の価値とKrushの価値を高めるために、色んなタイトルを獲って形にしたいと思っています。これまでKrushのタイトルマッチを見てきて、チャンピオンの厳しさは分かっていますが、そこに僕も絡んでいくつもりです」

ーーKrushの出場選手たちは「自分がKrushを背負う」という言い方をする選手が多いですが、山本選手はいかがでしょうか?

優弥「そういえば僕もそんなことを言っていましたね(笑)。でも僕は堅苦しく考えているのではなくて、『この素晴らしい団体は、自分がいるから成り立っているんだ!』と思うのは、どの選手も同じだと思うんですよ。そこで僕がKrush=山本優弥と言うためには、チャンピオンにならなければ説得力がない。そういう意味でも、今はベルトを獲って形にしなければいけないと思っています。Krushを見に来てくれた人はみんな『Krushはいい団体だ』と言ってくれますよね。僕がずっとお世話になっている宮田さんのKrushがそうやって盛り上がってくれるのはうれしいし、僕もその先頭を切って頑張りたいなと思います」

ーー宮田プロデューサーは「Krushは競技ではなく興行」と言っていて、Krushではそのコンセプトに合ったアグレッシブな試合が多いですよね。山本選手は選手として、Krushのそういった部分についてどう考えていますか?

優弥「選手は勝つことが一番で、自分がチャンピオンになることが一番でいいと思います。でもお客さんの立場からすれば、どちらが勝っても負けてもいいから、良い試合を見せてくれと思いますよね。そこで良い試合とは何か? 僕は選手自身がそれを考えて狙ってやるものではないと思うんです。そうじゃなくて選手が自分の個性を出して、周りに自分という人間を知ってもらうことが、良い試合につながる。ただ打ち合うだけじゃなくて『選手個々の魅力がある試合』『それぞれの色のある試合』をすれば面白くなると思います」

ーー今回のイェン戦が2012年の初戦です。今年はどんな1年にしたいですか?

優弥「自分も変わって、自分の見方が変わって、Krushも変わる年にしたいと思います。一年が終わる頃にはKrush=山本優弥になるようにしたいです」

対戦カード


第9試合 トリプルメインイベント(3) ISKA世界ライトウェルター級(64.5kg)王座決定戦 3分5R(延長1R)
久保優太(Fighting Kairos)
シャルル・フランソワ(フランス/Muay Thai Academy 57/WPMFインターコンチネンタル・ウェルター級王者)

第8試合 トリプルメインイベント(2) ISKA世界ライトミドル級(72.3kg)タイトルマッチ 3分5R
ファディ・メルザ(オーストリア/CITYTHONG GYM/王者)
佐藤嘉洋(名古屋JKファクトリー/挑戦者)

第7試合 トリプルメインイベント(1) 70kg Fight 3分3R(延長1R)
山本優弥(Booch Beat)
シュー・イェン(中国/北京盛華国際武術クラブ/CFP)

第6試合 セミファイナル 61kg契約 3分3R(延長1R)
才賀紀左衛門(MAD MAX GYM)
後藤勝也(池袋BLUE DOG GYM)

第5試合 60kg Fight 3分3R
中島剛志(青春塾)
悠矢(大和ジム)

第4試合 60kg Fight 3分3R
大沢文也(TANG TANG FIGHT CLUB)
鈴木雄三(極真会館)

第3試合 70kg Fight 3分3R
山崎陽一(シルバーウルフジム/WPMF日本スーパーウェルター級6位)
田村陽典(DC LAB.GYM)

第2試合 56kg契約 3分3R
伊澤波人(チームドラゴン)
作田良典(Get Over)

第1試合 60kg Fight 3分3R
大滝裕太(ネクサスジム)
乱暴(チーム乱暴)

オープニングファイト第4試合 60kg Fight 3分3R
北井智大(チームドラゴン)
島野浩太朗(菅原道場)

オープニングファイト第3試合 55kg Fight 3分3R
結城将人(チャモアペットムエタイアカデミー)
Yo-Hei(KSS健生館)

オープニングファイト第2試合 60kg Fight 3分3R
将大(MAD MAX GYM)
園田顕悟(小比類巻道場)

オープニングファイト第1試合 60kg Fight 3分3R
鈴木雅博(チームドラゴン)
粟納貴之(S.F.K)

スケジュール


開場・17:00 オープニングファイト開始・17:30 本戦開始・18:30

チケット料金


SRS席 12,000円
RS席  8,000円
S席  6,000円
A席  4,000円
※当日座席券は各500円アップ。
※小学生からチケットが必要です。

チケット発売所


チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:594-620) http://t.pia.jp/t/
イープラス  http://eplus.jp
後楽園ホール 03-5800-9999
グッドルーザー(電話予約)  03-5351-8390

お問い合わせ


グッドルーザー 03-5351-8390  http://www.krush-gp.com/

Home > NEWS > Krush > 山本優弥「一年が終わる頃にはKrush=山本優弥にしたい」

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について