Home > NEWS > Krush > -58kg王座に近づくのは?西京春馬×エリアス・マムーディ インタビュー4.2 後楽園

-58kg王座に近づくのは?西京春馬×エリアス・マムーディ インタビュー4.2 後楽園

 Krush.75(4月2日(日) 後楽園ホール)で-58kgで対戦するエリアス・マムーディ(フランス/マムーディジム/K-1 WORLD GP初代フェザー級(57.5kg)王座決定トーナメント3位)と西京春馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/K-1甲子園2015 -55kg優勝)のインタビューが主催のグッドルーザーから届いた。

西京春馬、エリアス・マムーディに圧勝して自分の強さをアピールする!
「ここで勝てばベルトに絡む資格があると思う。今年はベルトを獲りたい」



――今大会ではエリアス・マムーディとの一戦が決まりました。マムーディ戦が決まった時は、どんな心境でしたか?

「今回から本格的に階級を-55kgから-58kgに上げることになって、どんな相手と試合が組まれるのかなと
思っていたんですけど、エリアス選手と試合が決まったので、モチベーションが上がっています」

――昨年3月に一度、マムーディとは試合が決まっていて、マムーディの負傷で流れたことがありました。いつか戦ってみたいという気持ちはありましたか?

「そうですね。僕と試合が流れたあと、エリアス選手は初代K-1フェザー級王座決定トーナメントに出場していて、その時点で自分も-58Kgに上げるつもりだったので、気にして試合を見ていました。なのでいつか戦いたいと思っていた相手です」

――階級を上げようと思った理由を教えてもらえますか?

「-55kgで試合を続けるには減量が厳しくなっていたので、昨年末から-58kgに階級を上げることを考えていました。それで12月の中国遠征は-58kgで試合をしたんですけど、海外ということで体重調整や体調管理が難しくて……-55kgの時とあまり変わらない動きだったかなと思います(苦笑)。ただ減量が厳しくない分、試合もたくさんできると思うし、-55kg時代よりも食事を取りながら練習できるので、練習のパフォーマンスは上がっています」

――マムーディにはどんな印象を持っていますか?

11月のK-1の試合はワンデートーナメントだったので、倒すために1Rからどんどん出ていたと思います。でも今回はワンマッチなので、そこまで1Rから出てこないとは思うし、もし1Rからガンガン来ても大丈夫な対策をしたいです。ガンガン来るスタイル、距離を取るスタイル。エリアス選手がどちらのスタイルで来てもいいように練習していきます」

――マムーディは初代K-1フェザー級王座決定トーナメントで3位になっている世界レベルの強豪です。西京選手にとってもターニングポイントの試合になると思いますが、今回の試合をどう捉えていますか?

「エリアス選手は戸邊(隆馬)選手に勝って、小澤(海斗)選手には負けてしまったんですけど強さを見せていたので、僕がここでエリアス選手に圧勝で勝ったら、おいしいかなと思います」

――ズバリ、マムーディに勝ったらKrush-58kgのベルトを狙っていきたいですか?

「はい。今回いい試合で勝つことができたら、タイトルマッチも組まれると思うので、きっちり倒したいです」

――対戦カード発表会見で宮田充プロデューサーから「西京選手がいい勝ちっぷりを見せたら、タイトルに挑む資格はある」という発言もありましたが、それを聞いて燃えるものはありましたか?

「ありましたね。もしエリアス選手に勝ってもタイトルに挑戦できるのは、もっと先だと思っていたんで」

――西京選手はK-1甲子園2015で優勝していますが、プロでもベルトを獲ったり、もっとステップアップしていきたいという気持ちはありますか?

「本当は去年ベルトを獲るという目標があったんですけど、階級を上げたこともあって、それが少し先延ばしになったと思います。ここでいい試合をすればベルトに挑む資格があるということなので、きっちりエリアス選手に勝って今年は絶対にベルトを獲りたいです」

――西京選手は同門に武尊選手がいて、階級的にも刺激を受ける存在だと思います。西京選手は武尊選手と一緒に練習をしながら、どんなことを感じていますか?

「武尊選手と試合をするのは想像がつかないですけど、武尊選手とスパーリングや練習をしていれば、間違いはないかなと思います」

――それでは西京選手の試合を楽しみにしているファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「しっかり-58kgでも通用する身体を作って、-55kgの時よりもパワー・スピード全てにおいて、全部の能力を上げます。今年の目標は全試合KOで勝つこと。それ+チャンピオンになれればいいなと思います!」


エリアス・マムーディ、西京春馬との試合でリングが戦場になる!
「僕の野望はKrushで小澤海斗、K-1で武尊を倒すことだ」



――昨年11月の初代K-1フェザー級王座決定トーナメントを振り返っていただけますか?

「不完全燃焼で終わったというのが率直な気持ちだね。直前の体調不良で元々100%とは言えない状態だったし、準決勝の小澤海斗戦ではローブローもあって、自分の思うような試合はできなかった。ただK-1の会場の雰囲気、ファンの温かい気持ちは自分にとってマジックだったよ!」

――今回Krush参戦が決まった時の心境を聞かせてください。

「純粋にうれしい。前回の自分は100%ではなかったから、4月の試合では100%の自分を見せたいね」

――対戦相手の西京春馬の印象を聞かせてください。

「特別な印象はない。選手はみんな、リングでファンにベストのパフォーマンスを魅せるために沢山のことを犠牲にしている。それは自分も同じだ。だから自分と同じように試合に臨む選手には誰であれ敬意を持っている」

――西京選手は秒殺KO勝利が多い選手ですが、それについてはいかがですか?

「良いことなんじゃないかな。でも一つ言えることは…格闘技は数学や化学のように数字で強さが決まるものじゃないってことだね」

――今回はどんな試合をして勝ちたいと思いますか?

「この試合に向けてハードなトレーニングをするつもりだ。どんな試合になるかは分からないけど、Krushのリングが戦場になると思う」

――現在Krush-58kgのベルトを持っているのは小澤選手です。小澤選手にリベンジしたいという想いはありますか?

「あの時の自分は100%のコンディションじゃなかった。今は蹴りの精度をあげるトレーニングをしているし、次に小澤と戦うときは必ずマットに沈めてやるよ。
 そして僕の最終的なゴールは武尊に勝って、K-1王者になることだ。その前に小澤にリベンジして、Krush-58kgのタイトルを獲ってから武尊に挑戦する。その時はK-1&Krush統一王者エリアス・マムーディの誕生だね」

――日本で戦っていく上での目標を聞かせてください。

「魔裟斗のような有名な選手になることだ。魔裟斗はリングの外ではスタイリッシュでリングに上がると最高の戦士になる。彼は日本の選手で最もグレイトなファイターだと思う」

――K-1・Krushで活躍して、日本で成功したい気持ちはありますか?

「もちろん! 出来れば日本でたくさん試合をしたいし、僕の希望はK-1・Krushの試合にフォーカスすることなんだ」

――それではマムーディ選手の試合を楽しみにしている日本のファンにメッセージをお願いします。

「ファンにメッセージを送る前に一言だけいいかな? 僕が最初にメッセージを送りたいのは戸邊隆馬だ。彼はプロファイターを引退したそうだけど、彼とK-1のリングで戦えたことを光栄に思っている。これから戸邊が進む道での成功を心から祈っている。

 そして日本のファンの皆さん、皆さんの温かい声援が本当に力になっています。これからも日本で試合が組んでもらえるような熱い試合をするから、これからも応援よろしくお願いします!」

対戦カード


第5代Krush -65kg王座決定トーナメント決勝 3分3R(延長1R)
小宮由紀博(HEAVY CLASS/J-NETWORKウェルター級4位、RKA同級王者)
中澤 純(TEAM Aimhight/元INNOVATION&MA日本ウェルター級王者)

Krush女子タイトルマッチ -50kg契約 3分3R(延長1R)
メロニー・ヘウヘス(オランダ/マイクスジム/王者)※初防衛戦
紅絹(NEXT LEVEL渋谷/挑戦者、元J-GIRLSミニフライ級王者)

-67kg Fight 3分3R(延長1R)
渡部太基(ゴールデングローブ/元Krush -67kg王者)
山際和希(谷山ジム/Bigbangウェルター級王者)

-65kg Fight 3分3R(延長1R)
左右田泰臣(K-1ジム・シルバーウルフ/元RISEスーパーライト級(65kg)王者)
松下大紀(NPO JEFA)

-58kg Fight 3分3R(延長1R)
エリアス・マムーディ(フランス/マムーディジム/K-1 WORLD GP初代フェザー級(57.5kg)王座決定トーナメント3位)
西京春馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/K-1甲子園2015 -55kg優勝)

第5代Krush -60kg王座決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
レオナ・ペタス(バンゲリングベイ・スピリット/英雄伝説アジア-60kgトーナメント'16優勝)
朝久泰央(朝久道場)

第5代Krush -60kg王座決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
郷州征宜(K-1ジム総本部チームペガサス)
安保璃紅(TRY HARD GYM)

-63kg Fight 3分3R
泰斗(チーム泰斗)※GETOVERから所属変更
青津潤平(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

-55kg Fight 3分3R
良星(平井道場/Bigbangスーパーバンタム級王者)
貴章(Gwinds/KDN)

-60kg Fight 3分3R
三輪裕樹(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)※Madness Cherryから所属変更
山本直樹(優弥道場)※Booch Beatから所属変更

-63kg Fight 3分3R
金子晃大(K-1ジム・シルバーウルフ)
小只直弥(K-1ジム総本部チームペガサス)

-65kg Fight 3分3R
蔵人(名古屋JKファクトリー)
高下由暉(Fighting Kairos)

スケジュール


開場・17:00  プレリミナリーファイト開始・未定  本戦開始・18:00

中継


AbemaTV 完全生中継
GAORA 18:00~22:30 生中継 (リピート放送あり)

チケット料金


SRS席 15,000円 (完売)
RS席 9,000円 (完売)
S席 7,000円 (完売)
A席 5,000円 (完売)
スタンディング 一般 3,500円 (完売)
スタンディング 小中学生 1,000円 (完売)
※当日券の販売は行いません
※小学生からチケットが必要です

お問い合わせ


グッドルーザー 03-6450-5470  http://www.krush-gp.com/

Home > NEWS > Krush > -58kg王座に近づくのは?西京春馬×エリアス・マムーディ インタビュー4.2 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

TRY-EX(トライエクス)キックボクシングジム
JR総武線「市川」徒歩8分
2019年12月のジム移転の前にご入会して頂けると、月会費は永年、退会するまでの間は、11月現在の月会費のままの値段となります。入会するなら今がお得!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について