Home > NEWS > Krush > 小澤海斗、1年後のK-1さいたまメインアリーナは「メインイベントでやりたい」

小澤海斗、1年後のK-1さいたまメインアリーナは「メインイベントでやりたい」

 Krush.74(3月3日(金) 後楽園ホール)の主要勝利選手による一夜明け会見が4日行われた。小澤海斗は6月18日のK-1さいたまスーパーアリーナ・サブアリーナ大会での次戦を希望し、来年3月21日の同メインアリーナ大会でのメインイベンターも熱望。中島弘貴も6月のK-1での第2代スーパー・ウェルター級(-70kg)王座決定トーナメントに向け「K-1のベルトを必ず自分が巻きたいです」と話した。


第9試合 メインイベント Krush -58kgタイトルマッチ 3分3R(延長1R)
○小澤海斗(K-1ジムEBISU小比類巻道場/王者/57.9kg)
×ユン・チー(中国/大道翔クラブ/CFP/挑戦者/58.0kg)
判定2-0 (梅木30-29/和田29-29/勝本30-29)

◆小澤
 ファンのみんなになんだけど、倒せなくて、ごめん。
(ユン・チーと戦った感想)率直な感想、パンチ警戒していたら、速い蹴り来たんで、蹴りもできるだ、って感じです。練習で対策はしてたんで、普通にやって普通に勝てる感じでした。
(ユンの得意なパンチの攻防で、もらいながらも当てた感想は?)楽しかったね。打ち合い楽しい。
(K-1での試合を経て、約1年ぶりにKrushに戻り、成長した手応えは?)練習でやってることが全然出てないし、まだまだです。
(リングサイド席にいた武尊は見えた?)一瞬目が合ったんですけど、こっち見んじゃねえよ。
(今後は?)このベルトは俺の物なんで、守るのは当たり前。次は6月(18日)のさいたまのK-1で、しっかり倒せる選手になって暴れたいのがありますね。
2月のさいたまスーパーアリーナでの開催発表会見に出たことで、その思いが強まった?)6月だけじゃなく、次の9月も11月も(来年の)3月も全部出たい。もちろん3月(のメインアリーナ大会)はメインイベントでやりたい。そのためにこれから仕上げていく感じです。
(6月のK-1に出るとすれば戦いたい相手は?)誰でもいい。当たった相手をぶっ倒すだけです。
(ファンへメッセージを)俺もっと強くなるから、ファンの人は俺だけ見て、期待してください。


第7試合 -67kg Fight 3分3R(延長1R)
○牧平圭太(HALEO TOP TEAM/元王者/67.0kg)
×KENJI(K-1ジムEBISU小比類巻道場/67.0kg)
3R 0'57" TKO (ドクターストップ:左ハイキックによる右まぶたのカット)

◆牧平
 KENJI選手、気持ちが強くて、圧倒して勝つ結果ができなかったんですけど、勝利が1年8ヶ月ぶりで、子供が生まれてからは初めてだったんで、やっと父親になれた気分です。家族と笑いあえました。
(左ハイでのフィニッシュについて)上が当たって、倒そう倒そうとしすぎて、(先輩の)山内(佑太郎)さんのようにうまくやれなかったです。
(山内や三崎和雄トレーナーからの試合の感想は?)課題の方が多いと言われました。「1日だけ浮かれろ」と。「あとはすぐ練習せい」と言われました。
(同じ階級の木村ミノルのKO負けをどう思った?)正直驚いたんですけど、何があるかわからん世界なんで。
(今後の目標は?)2年間取ってたKrushの-67kgのベルトは、自分が一番ふさわしいと思っていますし、9月のK-1の(初代ウェルター級(-67.5kg)王座決定)トーナメントもリベンジしたい人がたくさんいるんで、みんな日本人とやりたいです。


第6試合 -70kg Fight 3分3R(延長1R)
○中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/元王者/69.6kg)
×山崎陽一(K-1ジム・シルバーウルフ/70.0kg)
2R 2'00" KO (右飛び膝蹴り)

◆中島
 1月に勝ったんですけど倒せなくて、倒せる感覚がつかめそうと思って、3月の試合をすぐお願いして組んでもらったんですけど、久しぶりに倒して勝てて良かったです。
(最初に左ハイでダウンを奪うまでの過程はうまく行った?)練習で出している実力を試合で出せるようになって、どんどん技の幅が広がって、蹴りでもパンチでも倒せるようになったと思います。
(左ハイは狙っていた?)狙っていなくて、自然と出て自分でもビックリです。
(ハイキックでダウンを取ったのはいつ以来?)プロでは初です。
(フィニッシュの飛び膝は?)残り1分ちょっとだったんで、ここで倒しきってやろうってのがあったし、山崎選手のパンチが強いんで、倒されないように気を付けつつ倒しに行きました。
(試合後「-70kgの日本人で一番強いのは僕。日菜太、城戸じゃない」とアピールしたことについて)昨日KOで勝てたんで、6月のK-1の(第2代スーパー・ウェルター級(-70kg)王座決定)トーナメントに出れると思っているんで、日本最強にはそこまで興味が無くて、6月にベルトを取って、結果で見せようと思います。-70kgは外国人が強いので日本人がベルトを取るのが難しいと思っている人が多いと思いますけど、自分自身は思っていないので、6月はK-1のベルトを必ず自分が巻きたいです。



第4試合 Krush -60kg次期挑戦者決定トーナメント一回戦Bブロック 3分3R(延長1R)
○島野浩太朗(菅原道場/MA日本スーパーフェザー級王者/60.0kg)
דDYNAMITE”高橋佑太(Y'ZD GYM/蹴拳ムエタイ・ライト級王者/60.0kg)
判定3-0 (豊永30-27/梅木30-27/和田30-27)

◆島野
 DYNAMITE選手の気持ちを感じたリングでした。やり辛さを感じましたね。
(3R終盤にダウンを奪った右フックについて)最終的にあれが当たる形に持っていければと準備してきたので、終了間際だったんですけど、当たって良かったです。
5月28日の後楽園大会での準決勝の闘士戦に向けて)昨日の闘士選手と原田選手の試合映像をチェックしました。よく闘士選手が、お客さんが熱くなる試合をするとずっと発言していて、そういうスタイルで来ると思うので、相打ちというポジションでの攻防があるのかなと想定しています。
(大沢文也と横山巧で決勝で当たりたいのはどっち?)大沢文也選手ですね。試合前日の夜中、僕が以前大沢選手に負けた試合の映像を見ていました。



第3試合 Krush -60kg次期挑戦者決定トーナメント一回戦Bブロック 3分3R(延長1R)
○闘士(池袋BLUE DOG GYM/59.8kg)
×原田ヨシキ(マッハ道場/60.0kg)
判定3-0 (和田29-27/豊永29-26/長瀬29-26)

◆闘士
 昨日は会場入りする前に映画の「クローズZERO II」を見てて、小栗旬さんの戦うシーンをイメージし過ぎて、映画で見たジャンピングハイキックが入ってくれてダウンを取ったんですけど、壊すイメージを勘違いして、ダウンの後はグチャグチャになってしまいました。練習でやったこともないハイキックが入りましたね。
(準決勝の島野浩太朗戦に向けて)今日朝起きたら、リビングから解説とか歓声の音が聞こえて、息子が島野君の試合見てて、朝からマジ見たくないんですけど(苦笑)、このトーナメントの中で唯一のリベンジマッチなんで、巷ではミスターリベンジ男なんて呼ばれているんで燃えてます。
(大沢と横山で決勝で当たりたいのは?)僕はある選手と最後に試合したいと言ってて、そのためにあるトーナメントと思っているので、どっちが上がってきても関係ないです。


第2試合 Krush -60kg次期挑戦者決定トーナメント一回戦Aブロック 3分3R(延長1R)
○大沢文也(TANG TANG FIGHT CLUB/60.0kg)
×稲石竜弥(チームOJ/Bigbangライト級王者/60.25kg→60.0kg)
判定3-0 (28-26/28-26/27-26)

◆大沢
 一回ダウン取られてから取り返すことができて、今回は本部席の宮田さん(K-1プロデューサー)の眉間のシワが寄らなかったのでホッとしています。
(最初にローキックをもらってダウンしてからの気持ちの切り替えは?)ぶっちゃけ、今回負けて、ダメな試合をしたらやめようと思ってたんで。ダウン取られたら「やるしかねえな」って思ってたっす。逆に足を怪我してたから行けたと思います。
(準決勝でやることになった横山巧の昨日の試合は見た?)正直、稲石は全然強く無かったっす。横山のほうが何倍も強い。このトーナメントの8人で一番注意してますね。昨日も横山と明戸の試合前に裏で待ってて、どうせ勝つの横山でしょ?って思ってました。でも(横山の戦績が)6戦無敗と言っても、自分より強いのと戦ってないだけだからね。



第1試合 Krush -60kg次期挑戦者決定トーナメント一回戦Aブロック 3分3R(延長1R)
×明戸仁志(K-1ジムEBISU小比類巻道場/60.0kg)
○横山 巧(リーブルロア/59.5kg)
判定0-3 (梅木28-30/勝本28-29/和田28-29)

◆横山
 昨日の試合は、一般の選手ならあの内容でいいんでしょうけど、目指しているのははもっと上なんで悔しいです。次はKOできる選手になります。
(会見場に登場する時にマスクをつけていたが、花粉症?)左眼の下が腫れたからです(苦笑)。カウンターで何発か右をもらったんで、修正しないと。
(試合前は巧さじゃない部分を出したいと話していたが、自己評価は?)30点ぐらいですね。でもハードパンチャー相手にゴリ押しできたのは誇りです。
(準決勝の大沢戦に向けて)お客様が見たいのはKOなんですよ。KOする試合をお客さんに見せたいです。それをやっていかなければ上に行けないと思っています。

Home > NEWS > Krush > 小澤海斗、1年後のK-1さいたまメインアリーナは「メインイベントでやりたい」

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について