Home > NEWS > Krush > 一夜明け会見でヘウヘス「防衛戦はいつでも」、ピケオー「K-1の-70kgベルトも取る」

一夜明け会見でヘウヘス「防衛戦はいつでも」、ピケオー「K-1の-70kgベルトも取る」

 Krush.72(1月15日(日) 後楽園ホール)の主要勝利選手による一夜明け会見が16日行われた。KANAにプロ7戦目で初黒星をつけ女子王座を獲得したメロニー・ヘウヘスは、今後の防衛に意欲。-70kg王座2度目の防衛を果たしたジョーダン・ピケオーは、空位となったK-1王座奪取を次の目標に定めた。



第9試合 Wメインイベント2 Krush女子タイトルマッチ -50kg契約 3分3R(延長1R)
×KANA(K-1ジム・シルバーウルフ/王者/50.0kg)
〇メロニー・ヘウヘス [Mellony Geugjes](オランダ/マイクスジム/挑戦者/49.7kg)
判定0-3 (勝本26-28/和田26-28/豊永26-27)
※ヘウヘスが新王者に

◆ヘウヘス「このベルトをできる限り防衛したい」
 Krushの王者になれてうれしいです。このベルトをできる限り防衛したいです。
(1R最初に取った左ストレートでのダウンについて)いつもKOを狙うのが信条で、早くKOするつもりで戦った結果、ああなりました。
(その直後、KANAにバックハンドブローでダウンを取り返されました)ダウンを取られたのは悔しかったですが、最終的に勝てたので良かったです。
(KANAも粘ったが?)タフな試合になることはわかっていました。3R残り1分から、トレーナーから「全てを出し切れ。オールオアナッシングだ」と言われ、全部を出した結果、ダウンを最後に奪って勝つことができました。
(KANAのレベルは欧米の選手と比べどうだった?)とても好戦的で、逆に戦いやすい選手でした。とてもレベルが高かったのですが、私のほうが強かったです。
(ピケオーと共にタイトルを取れた気持ちは?)試合前の約束が実行できてうれしかったです。
(これからの目標は?)ベルトを守っていくだけです。防衛戦はいつでも構いません。


第8試合 Wメインイベント1 Krush -70kgタイトルマッチ 3分3R(延長1R)
〇ジョーダン・ピケオー(オランダ/マイクスジム/王者/69.4kg)
×廣野 祐(NPO JEFA/挑戦者、元Bigbang&J-NETWORKスーパーウェルター級王者、元J-NETミドル級暫定王者/69.9kg)
判定2-0 (勝本29-29/梅木30-28/豊永30-29)
※ピケオーが2度目の防衛

◆ピケオー「今までで一番ストレスの溜まる試合でした」
 KOすると言っていたのに、できなかったのが残念です。廣野選手が前に出てきたのは良かったのですが、イメージと若干違い、かなり距離を詰めてきたので戦いにくかったです。怪我をしましたが勝てて良かったです。
(怪我を負った状況は?)股関節を痛めただけです。いい左をもらいましたが、ダメージはありませんでした。次回やるなら、必ずKOしたいです。
(今まで戦った日本人と比べ廣野のレベルは?)今までで一番ストレスの溜まる試合でした。かといって蹴りが強いとかパンチが強いとかは思いませんでした。
(後輩のヘウヘスと共にベルトを取った気持ちは?)彼女が勝つのはわかっていました。うれしかったです。大会後、ホテルで一緒に勝利を祝いましたが、うるさすぎて部屋を追い出されそうでした(苦笑)。次回は一緒の大会で防衛したいです。
(今後の目標は?)宮田さん、K-1のトーナメントに呼んでください。K-1のベルトも取って、守ります。


第7試合 セミファイナル -70kg Fight 3分3R(延長1R)
〇中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/元王者/70.0kg)
×和島大海(月心会・チーム侍/69.8kg)
判定2-0 (長瀬29-29/豊永30-29/梅木30-29)

◆中島「今年は倒しに行くスタイルで、K-1のベルトを狙う」
 昨日は最低限勝てたのは良かったですけど、求められたのはKOだと思うんですけど、勝ちに行くより、倒しに行く試合を、久しぶりにできたので、自分はファイターなので、そっちのほうが合っているなと確認できた試合でした。
(和島と戦った感想)普通に強かったですね。日本人で攻撃力があって、3戦しかしていないのに強かったので、新世代でこれから伸びると思いました。
(ピケオー×廣野のタイトルマッチの感想)ピケオーも強いし、廣野選手も強かったですね。でも次はピケオーとやったら、絶対勝ちます。昨日の感覚で、もうちょっと経験を積んで、前みたいに倒しに行く試合をしていけば、勝つとこまでしっかり持って行く自信があります。
(K-1は?)スーパー・ウェルターのベルトが空位なんで、やってるからには今年勝負かけたいです。今年は倒しに行くスタイルで、K-1のベルトを狙いに行くんでよろしくお願いします。



第6試合 -55kg Fight 3分3R(延長1R)
〇石田圭祐(KREST/55.2kg→55.0kg)
×結城将人(U.M.A./55.0kg)
判定3-0 (和田29-28/長瀬29-28/梅木30-28)

◆石田「K-1に出場できるのは自分しかいない」
 昨日はKOを狙っていて、判定でしたけど、前向きに考えて、勝って反省できたのはいいことだと思うんで、次につなげたいです。
(反省点は?)いつも試合の後に箇条書きで反省点を書くんんですけど、いつもより多かったです。簡潔にまとめると「KOを狙いすぎて強弱つけず雑になった」ですね。
(結城と戦った感想)わかってはいたんですけど粘り強くて、攻撃も重くて、もらったらヤバいと思って、気持ちの強さも感じられました。
(左ジャブの手応えは?)試合前からジャブは組み立ての方法の中であって、いい形で活用できたと思います。
4月22日のK-1では、武尊が返上したスーパー・バンタム級(55kg)王座を争うトーナメントが行われます)今回はK-1出るために確実に勝たないといけない試合ででした。判定になったんですけど、反省点を糧にすればもっと強くなれると思います。K-1に出場できるのは自分しかいないと思います。


第5試合 -55kg Fight 3分3R(延長1R)
×堀尾竜司(TRY HARD GYM/元王者/55.0kg)
〇鈴木優也(K-1ジム目黒TEAM TIGER/54.9kg)
判定0-3 (朝武29-30/勝本28-29/和田28-29)

◆鈴木「前王者の堀尾選手に勝ったので、4月22日のK-1に出たい」
 昨日勝って、今は凄く清々しい気持ちですね。元王者に勝ったことが大きい一戦でした。
(堀尾と戦った感想)僕は距離を使って支配するのを意識していたんで、作戦通りハマった感じです。
(下馬評を覆した気持ちは?)ニコ生(ニコクラ)を見てて、90%の人が向こうの勝利を予想していて、KO率も0%だったのがショックで、「やってやろう」と余計火が付きましたね。
(4月22日のK-1のトーナメントに向けてアピールできた?)4月22日のことを頭に入れての試合でした。KOできなかったのは悔しいですね。前王者の堀尾選手に勝ったので、4月22日のK-1に出たいです。倒すファイトをたくさん見せるんで、お願いします。


第4試合 -55kg Fight 3分3R(延長1R)
〇伊澤波人(KREST/英雄伝説-57kg級王者/54.9kg)
×良星(平井道場/Bigbangスーパーバンタム級(55kg)王者/55.0kg)
判定3-0 (豊永30-27/賀数29-28/和田30-28)

◆伊澤「今年は1回も負けないで、ベルトもあと1~2本巻きたい」
 昨日はなんとかKrushの初参戦の選手を止めることができたんで、門番の役はできたなと思います。
(良星と戦った感想)攻撃のテンポが早く、一発一発のスピードがあって、手数も多くてやりにくかったんですけど、力の差があって、自信を持って戦えました。
(良星が試合前に言っていたローキック勝負は?)僕は空手出身なんで、普通のローじゃ全然効かないんで、蹴らせてもいいかなと蹴らせて戦っちゃいました。
(中国の英雄伝説でベルトを取り返す等、向こうでの経験は活きた?)中国人は力が強くて、思いっきりパンチをもらったり蹴られた経験があったので、今回は蹴られたり殴られたりしてもちょっと心に余裕がありました。
(4月のK-1のトーナメントに出たい?)昨日の-55kgの3試合でインパクトを残した人がK-1に出れると思っていたんで、しっかり倒して「出してくれ」と言いたかったんですけど、倒し切れなかったんで、関係者の皆様にお任せというか、自分から出せとは大きく言える立場じゃないです。
(今年の目標は?)K-1に出てベルトも欲しいですし、Krushのベルトも欲しいですし、英雄伝説のベルトも誰にも渡したくないです。負けるの本当に嫌いなんで、誰とやっても勝ちたいんで、今年は1回も負けないで、ベルトもあと1~2本巻きたいです。


第1試合 -53kg Fight 3分3R
〇軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス/K-1甲子園'16 -55kg優勝/53.0kg)
×笠見玲慈(チームOJ/53.0kg)
1R 2'58" KO (左ボディストレート)

◆軍司「今年中にベルトを取りたい」
 減量がきつくて動けるか心配もあったんですけど、1RでKOできて良かったです。
(笠見と戦った感想)パンチは強かったんですけど、勝てる相手とその瞬間思いました。セコンドの声が聞こえて、左ミドルを蹴ったら、ちょっと嫌がって、ボディを攻めたら行けました。
(減量がきついから-55kgに上げる?)-53kgは今年しか無理かなという感じで、今年中にベルトを取りたいです。
(-53kg王者の武居由樹の去年12月の防衛戦の感想)最初ダウンを取られたんですけど冷静で、3R目に取り返して、さすがだと思いました。また戦えれば、僕も前より全体的にパワーがついたんで、パンチでも勝負できるんで、どんどん前に出てパンチで攻めたいです。

Home > NEWS > Krush > 一夜明け会見でヘウヘス「防衛戦はいつでも」、ピケオー「K-1の-70kgベルトも取る」

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について