Home > NEWS > Krush > 武尊、エキシでもゲーオを倒す。大岩龍矢、故郷で主役取り宣言:8.20 名古屋

武尊、エキシでもゲーオを倒す。大岩龍矢、故郷で主役取り宣言:8.20 名古屋

 Krush.68 ~in NAGOYA~(8月20日(土) 名古屋国際会議場)で-58kg王者・小澤海斗に挑戦する大岩龍矢、-63kgで泰斗と戦う東本央貴、ゲーオ・ウィラサクレックとエキシビションマッチを行う武尊が22日、東京・町田のK-1ジムDRAGONにて公開練習を行った。武尊は「エキシなんで勝敗はなしですけど、ゲーオをKOして僕のKO勝ちとして戦績を増やしたいくらいです」と倒す気満々。大岩は故郷名古屋での試合で「この大会は自分の大会です」と宣言。東本は「今までとは180度変わりました」と移籍初戦に向けての調整の手応えを語る。(記事提供:K-1xKrushモバイル、写真: (C)Good Loser)

8・20「Krush.68 ~in NAGOYA~」
ゲーオとの夢の対決に向けて武尊が本気モードで練習を公開
「ゲーオをKOして僕のKO勝ちとして戦績を増やしたい」



 7月22日(金)東京・町田のK-1ジムDRAGONにて、8月20日(土)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush.68 ~in NAGOYA~」の[スペシャルエキシビションマッチ/2分2R]でK-1-65kg王者ゲーオ・ウィラサクレックと対戦するK-1-55kg王者・武尊が公開練習を行った。

 今大会でゲーオとの夢のエキシビションマッチが実現した武尊は、他のチームドラゴンのメンバーと共に異例の公開練習。記者会見での「いつもの試合と同じように追い込む」という言葉通り、試合前と変わらぬキレのある動きを披露し“試合モード”の仕上がりであることを印象づけた。

「最初にエキシの話をもらって、相手が誰になるんだろう?と思っていた時にゲーオのことが頭に浮かびました。ゲーオとはエキシが決まる前から一度やってみたいと思っていたので、ゲーオとリングで向かい合うのが心から楽しみです」とゲーオと拳を交えることに胸を躍らせる武尊。

「リングに上がって向かい合う以上、試合だと思っています」という信念のもと「タイ人はエキシになると上手さを見せる攻撃を出してきますけど、そんな余裕がないくらい本気にさせたい。エキシなんで勝敗はなしですけど、ゲーオをKOして僕のKO勝ちとして戦績を増やしたいくらいです」と倒す気満々でゲーオに向かっていくつもりだ。

 武尊がK-1王者として関東圏以外の場所でリングに立つのは今回が初めて。これまでSNSなどで「東京以外でも試合をしてください」とメッセージをもらうことも多く、VSゲーオ以外にも今回のエキシに向けて武尊のモチベーションは高い。

「基本的に僕は東京でしか試合をやっていないので、全国には僕の試合を生で見ていない人が多い。東京と比べれば名古屋は大阪や(故郷の)鳥取からも近いので、そういう人たちが見に来てくれるとうれしいですね。

 僕もアマチュアの頃は名古屋まで試合をしに行っていたので、名古屋は特別な場所です。名古屋は格闘技熱もすごいし、強い選手もすごく多いので、名古屋のお客さんがどんな感じか楽しみです。当日は一番沸かせる試合をしたいと思うので、ぜひみなさんに見てもらいたいですね」

 また今大会では同門で盟友とも言える大岩龍矢が、武尊にとっても因縁の相手・小澤海斗とKrush-58kgタイトルマッチを行う。武尊は大岩のセコンドにつうく予定で「龍矢とは同い年だし、色んな対策も教えて、一緒に練習しています。Krush-58kgのベルトはもともと僕が巻いていてベルトで、他のジムの選手じゃなくて同じドラゴンの選手に巻いてほしいと思っています」と大岩を激励。

「ベルトは守って当然。俺の標的は武尊だけ」と再戦を熱望している小澤については「もしまた上がってきたら、ぶっ倒したくてしょうがない。向こうもすっきりしてないかもしれないけど、僕の方がすっきりしてないんで、次やることがあったら必ずぶっ倒します」と話している。

 武尊VSゲーオの夢のエキシビションマッチはどんな結末を迎えるのか? そしてかつて武尊が巻いていたKrush-58kgのベルトを巡る戦いはどうなるのか? 今年の名古屋大会も熱い戦いが続出することになりそうだ。


「今のうちに言っとけよって感じ。試合になったら分かります」

 7月22日(金)東京・町田のK-1ジムDRAGONにて、8月20日(土)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush.68 ~in NAGOYA~」の[-58kgタイトルマッチ/3分3R延長1R]で王者・小澤海斗と対戦する挑戦者・大岩龍矢が公開練習を行った。

 地元・名古屋でのタイトル挑戦が決まり「上京して2年になるんですけど、今回の試合が決まって、名古屋の人たちからめっちゃ連絡が来てお祭り状態です」と語る大岩。「今回の試合は自分にとってビッグチャンスだし、自分が成長した姿をみなさんに見せるチャンスなので気持ちが上がっています」と最高の舞台での王座挑戦に燃えに燃えている。

 対戦相手の小澤については「打ち合うスタイルで気持ちが強い」とする一方で「勝つイメージが明確にある。自分のイメージでは小澤選手はマットに倒れています」と自信たっぷりに語り、公開練習では持ち前のパワフルなパンチ・ミドルキックを次々と繰り出していった。

 王者・小澤は自身の公開練習で「ベルトは守って当然。俺の標的は武尊だけ」と発言するなど、大岩を完全無視。

 当然、大岩にとっては面白くない状況で「イライラするというか笑えてきますね。今のうちに言っとけよって感じで。試合になったら分かると思います。今回は地元で大応援団も会場に来る。みんなで戦うことでいつも以上の力を発揮できるし、負けれらないというか負けない。(小澤に勝つ)自信はかなりあります」と対抗心を燃やしている。

 今大会では野杁正明の再起戦、武尊VSゲーオ・ウィラサクレックのスペシャルエキシビションマッチなど豪華カードがずらりと並んでいる。

 その中でメインイベンターを務める大岩は「自分を見てもらえるチャンスなんで、KO勝ちしてこんな強いやつがいるんだってところを見せる。この大会を自分の大会にするじゃなくて、この大会は自分の大会です」と宣言。

 大岩は地元・名古屋でKrush-58kgのベルトと主役の座を掴み取ることが出来るか?


新生・東本央貴が名古屋大会から始動!
「チームドラゴンに入って精神・体力・ファイトスタイル、すべてが変わった」



 7月22日(金)東京・町田のK-1ジムDRAGONにて、8月20日(土)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush.68 ~in NAGOYA~」の[-63kg Fight/3分3R]で泰斗と対戦する東本央貴が公開練習を行った。
 これまで大阪で活動してきた東本は今春に上京してチームドラゴン入り。今回が練習環境を変えて最初の試合となり、公開練習ではチームドラゴンの渡辺雅和代表を相手に2分1Rのミット打ちを披露した。

 昨日から初めてドラゴン式の追い込み練習をスタートした東本は「ドラゴンに入って外からドラゴンの追い込み練習を見ていて、想像を絶する追い込みだったんで、これを自分もやると思うとゾッとしていました。実際に昨日初めてドラゴンの追い込み練習をやったんですけど、6回くらい死にかけました」と思わず苦笑い。

 しかし「試合までに何回死にかけるんやろう?と思いますが、これを乗り越えればどのくらい強くなれるのか楽しみすぎます。だから気持ちが憂鬱になることはないです」と力強く語り「ドラゴンに入って精神面と体力面、今までとは180度変わりました。ファイトスタイルスタイルも変わったので、それをみなさんには見て欲しいです」と生まれ変わった自分を見せると続けた。

 対戦相手の泰斗とは2013年1月に対戦。この時は東本が判定勝利を収めている。今回は泰斗のリベンジを受ける立場ではあるが「3年経てば向こうも違うし、こっちも違う。過去に勝ったことは全然気にしていないし、必ず勝つという気持ちは変わらない」と新たな気持ちで泰斗と戦うつもりだ。

 2012年のKrush YOUTH GPでHIROYAをKOするなど鮮烈なプロデビューを飾った東本だが、その後は思うように勝ち星を伸ばせず、東本自身「足踏みしている感じがしていて、このままじゃいかんと思っていた」と危機感を感じていた。

 チームドラゴン入りはそういった現状を打破しるためであり「一気に自分を変えたかったし、新しい環境・厳しい環境に身を置くことで自分を変えたいと思った。格闘技人生は短いものだし、自分はここで一花咲かせたい」と思ったからだ。

「会場まで応援に来てくれる人もいるし、映像で試合を見てくれる人もいる。僕に期待してくれる人もいると思うので、変わったなとかもっと応援したいと思われる試合をしたいですね。

(今後の目標は?)今回のポスターでも扱いが小さいので(苦笑)、もっとデカく扱ってもらいたいです。今年中にそうならないといけないと思うし、色んな人とも約束しました。

 だからこそジムが変わって一発目の試合で、どれだけインパクトを残せるかが大事だと思っています。大会が終わってみなさんに『今日は東本がよかった』と言ってもらえるような勝ち方をしたいです」

 名古屋大会から再出発する新生・東本央貴に注目だ!


対戦カード


Krush -58kgタイトルマッチ 3分3R(延長1R)
小澤海斗(K-1ジムEBISU小比類巻道場/王者)※初の防衛戦
大岩龍矢(K-1ジム・チームドラゴン/挑戦者)

-65kg Fight 3分3R(延長1R)
野杁正明(K-1ジムEBISU小比類巻道場/元Krush -67kg王者、K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント準優勝)
ワン・ポンフェイ [Wang Pengfei](中国/星武創新搏撃クラブ/CFP/2014年WLF-65kg級新人王)

スペシャルエキシビションマッチ 2分2R
武尊(K-1ジム・チームドラゴン/K-1 WORLD GP -55kg王者)
ゲーオ・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム/K-1 WORLD GP -65kg王者)

-55kg Fight 3分3R
倉崎昌史(GET OVER)
堀尾竜司(TRY HARD GYM/元Krush王者)

-63kg Fight 3分3R
泰斗(GET OVER)
東本央貴(K-1ジム・チームドラゴン)

-63kg Fight 3分3R
岩崎悠斗(Ten Clover Gym/J-NETWORKスーパーライト級王者・S-Battleライト級(65kg)王者)
瑠輝也(TRY HARD GYM)

-60kg Fight 3分3R
宮地謙太朗(GET OVER)
剣闘士“俊”(K-1ジム総本部チームペガサス)

-60kg Fight 3分3R
清水大輝(ライジング乙道会)
川口拓真(K-1ジム総本部チームペガサス)

-63kg Fight 3分3R
上田誠也(K-1ジム大阪Number.8)
山下和希(MAD MAX GYM)

※延長の有無は試合順により決定

出場予定選手


藤村大輔(A-BLAZE×KICK GYM)
蔵人(名古屋JKファクトリー)
HIROYUKI(MEIBUKAI)

スケジュール


開場・16:00  本戦開始・17:00  ※本戦開始前にオープニングファイトを予定

中継


GAORA SPORTS 8月26日(金)17:30~22:00 (リピート放送あり)


チケット料金


SRS席 10,000円 (完売)
RS席 7,000円 (完売)
S席 6,000円 
A席 4,500円
※当日座席券は各500円アップ
※小学生からチケットが必要です

チケット発売所


チケットぴあ 0570-02-9999  http://t.pia.jp/ (Pコード:594-620)
イープラス  http://eplus.jp/ 
ローソンチケット 0570-084-003  http://i-tike.com/ (Lコード:43051)
公武堂 052-241-2511 http://www.koubudo.co.jp/
K-1×Krush Web Shop http://shop.k-1.co.jp/
グッドルーザー(電話予約) 03-6450-5470

お問い合わせ


グッドルーザー 03-6450-5470  http://www.krush-gp.com/

Home > NEWS > Krush > 武尊、エキシでもゲーオを倒す。大岩龍矢、故郷で主役取り宣言:8.20 名古屋

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について