Home > NEWS > Krush > 計量クリアの堀尾竜司「武尊選手がKOできなかった選手をKOする」:12.4 後楽園

計量クリアの堀尾竜司「武尊選手がKOできなかった選手をKOする」:12.4 後楽園

 Krush.61(12月4日(金) 後楽園ホール)の公式計量が3日午後1時より東京・大久保のGENスポーツパレスで行われ、全選手がクリアした。-55kg王座初防衛戦の堀尾竜司は「武尊選手がKOできなかった選手(ハキム・ハメッシュ)を倒すことができれば、みんなに驚かれると思います」をKO勝ちに自信。堀尾のインタビューも主催者から届いている。
 なお、セミファイナルの-58kg王座決定戦・出場者決定戦・神戸翔太 vs. 大滝裕太の勝者と、-58kg WILDRUSH Leagueの最終戦での優勝者が、来年3月20日の後楽園で-58kg王座決定戦をする予定だったが、2月5日の後楽園大会が新たに決まったため、-58kg王座決定戦が2月5日の大会に前倒しとなった。
 

第9試合 メインイベント Krush -55kgタイトルマッチ 3分3R(延長1R)
◆堀尾竜司(TRY HARD GYM/王者/55.0kg)※初の防衛戦
 初防衛戦だからと言って何もバランスが崩れることなく、いつも通りの仕上がりなので、いつも通りの熱い、前に前に出る試合ができると思います。
ハメッシュの昨日の公開練習はチェックしましたか?)はい。まだ武器を見せないと言っていたので、何が来るか楽しみです。何が来ても対応できるよう、ノップ・トレーナーと練習して来たので試合が楽しみです。
(キャリア初の防衛戦を前に心理状態は?)いつも通りなんですけど、ハメッシュ選手が強豪外国人なので、強い人とやることにワクワクしていますね。
(ハメッシュの気を付けるところは?)圧力が強くてガードも堅くて、無理やりペースを作って来ると思うんですけど、それに飲まれないよう、逆に前に僕が出返して、打ち合って自分のペースに持って行きたいと思います。

(今年最後のKrushでどういう試合を見せたい?)対戦が決まった時からハメッシュ選手が、僕に対して「前に出て熱い気持ちを見せて欲しい」と、俺が言いたかったことを言ってくれたので、熱い試合になると思います。(7月のK-1で)武尊選手がKOできなかった選手を倒すことができれば、みんなに驚かれると思います。びっくりするようなKOシーンを見せたいです。

◆ハキム・ハメッシュ(フランス/チーム・ナセル・カシム/挑戦者/55.4kg→55.0kg)
 とても調子がいいです。仕上がりは順調です。いい試合ができると思います。(最初の計量で400gオーバーしたことについて)日本への到着が遅い時間で、調整が難しかったのですが、特別に大変だったわけではありません。
(初めて生の堀尾を見て)謙虚な方だと思いました。
(どういう試合を見せたい?)いつも通りですが、激しい試合が見せたいです。常に前に出る見ごたえがある試合をしたいです。どちらがKOで倒すか期待して見て欲しいです。


第8試合 セミファイナル Krush -58kg王座決定戦・出場者決定戦 3分3R(延長1R)
◆神戸翔太(POWER OF DREAM/TEAM AK/57.8kg)
 5月に(山本真弘に)ああいう負け方をして、たくさんの方を悲しませたので、これから結果で恩返しできればと思います。
 減量もタイでやってきた貯金があって、60kgやっていた時よりも調子がいいですね。明日はその成果が出ればいいと思っています。
過去2度勝っている相手はやりやすい?)なめずに普通に、いつも通り、1回目と思ってやるので、意識はないですね。
(-58kg WILDRUSH Leagueの優勝者と来年2月に王座を争うことについて)1年戦い抜いた選手はどの選手が来ても強いし、成長していると思うので、意識して見ています。
(ファンへのメッセージを)不甲斐ない1年だったんですけど、終わり良ければ総て良しだと思うので、しっかり勝って今年1年を締めくくりたいです。

◆大滝裕太(ネクサスジム/58.0kg)
 明日の試合は神戸選手と3回目ですけど、過去2回と違う展開になると確信しているので楽しみです。(その理由は?)僕の成長が一番ですね。
(過去2度負けている相手はやりにくいですか?)過去2回のことは忘れて、フレッシュな気持ちでやりたいです。
(WILDRUSH Leagueの優勝者と王座を争うことについて)自分の試合のほうで精一杯なので、ちょっと気にする程度で、目の前の試合をがんばります。
(ファンへのメッセージを)年内最後のKrushなので、最高の壊し合いをしたいです。


第7試合 -60kg Fight 3分3R(延長1R)
◆山本真弘(ゴールデングローブ/元IT'S SHOWTIME世界-61kg級王者/60.0kg)
 今回はいい感じで減量ができて、久しぶりに心技体が整った感じがするので、明日が楽しみです。
8月のレオナ・ぺタス戦で負けたことで気持ちは引き締まりましたか?)前回も減量も調整もうまく行ったんですけど、反省してより練習に取り組んできました。
(闘士選手が「真弘選手の格闘技人生を終わらせたい」と話していることについて)特にないです。プロなんで発言も大事で、僕が言えない分も言ってくれたのかなと。まだまだ若いつもりなんで、引導を渡されないよう頑張ります。
(最後にファンへのメッセージを)闘士選手は壊す、壊す、と言ってますけど、結構頑丈なんで。絶対壊すと言ってる闘士選手と、絶対壊れない山本真弘の戦いを楽しみしてください。

◆闘士(池袋BLUE DOG GYM/59.7kg)
 明日は勝ち負けとかじゃなく、この前のK-1のメインの3試合、Krushのメインもセミもいい試合だったので、今回のKrushの後ろ3つが大コケしたらしょうがないんで…、とにかく、ぶっ殺します
(今回の調整具合は?)来年にどっちの試合が見たいかですよね。俺が生き残ったほうが盛り上がるし、来年につなげたい気持ちが強かったから、いい練習につながったと思います。他の選手はみんな計量が終わって、明日に向かって食事で回復するでしょうけど、俺は回復しなくても十分勝てると思っています。
(来年の具体的は目標は?)ベルトへの執着よりも、激しい試合がしたい気持ちが強いです。闘士VS誰かでお客さんがいっぱい来るカードになってほしいし、自然と自分が強かったら、どこの場所、どこのトーナメント、どこのタイトルマッチにもつながると思うんで、俺がいなきゃ始まらない存在になりたいです。みんな年末で忙しい中、俺がしなきゃいけないのは一つだけです。壊すだけ。壊してみんなを楽しませて、その後に楽しい忘年会をしてください。絶対に盛り上げます。


第4試合 -54kg契約 3分3R(延長1R)
◆瀧谷渉太(KSS健生館/元Krush -55kg王者/53.7kg)
 1週間前に相手が(出貝泰佑から)変更になって、体重も1kg多い54kgになり、53kgで調整していたので余裕がありました。亀本選手は新空手から出て来た選手で、これから上がって来ると思っていましたが、新空手では僕が先輩なので、新空手魂で僕が上回っているところを見せたいです。
(対戦相手の直前の変更の影響は?)出貝選手とやってみたかったので残念でしたが、試合自体があるのには変わらないので、気持ちは切らさずここまで来れました。自分らしい動きができると思います。
(初代-53kg王座に向けて)タイトルを見据えた試合ですけど、まずは目の前の試合に勝ちます。亀本選手のほうが背が高いのですが、小さい僕が相手よりも大きく見えるぐらいの試合をして勝って、この先も突き進みたいです。

◆亀本勇翔(K-1ジム・チームドラゴン/54.0kg)
 前回、10月に(武居由樹に判定で)負けて、たった2か月で生まれ変わることはできませんが、100パーセントの力を出し切ればチャンピオンになれると思いっています。
(直前のオファーでしたが調整は?)前回の試合が終わってからすぐに追い込んでいたので、ちょうどいいタイミングでした。全く問題ないです。
(瀧谷の印象は?)強い選手だとは思うんですけど、瀧谷選手はドラゴンボールが好きで、僕もゆかりがあって、うちはチーム“ドラゴン”にいる“亀”本、それだけですけど…、初めての会見なので多目に見てください。まあ、僕も熱い試合をすれば勝てると思います。


堀尾竜司「武尊選手と比べられることも意識しています」



――8月に第4代-55kg王者となり、初防衛戦でハキム・ハメッシュと対戦することになりました。最初にオファーを受けた時は率直にどんな気持ちでしたか?
「チャンピオンになったからといって一旦落ち着くのではなく、とにかく早く試合をしたいと思っていました。挑戦者は誰でも構わなかったので、相手がハキム選手だからといって特に思うことはなかったのですが、やはり7月にK-1で武尊選手と戦っている相手で、負けてはいるんですけど判定までいったということで自分が何を目指すかは決めています」

――ペース的にはもっと早く防衛戦やりたかったですか?
「そうですね。今まで長く試合が空いても、怪我した時に4カ月空いたくらいなんですね。それまでは2カ月?2カ月半ペースで試合を続けていたので、そのペースで防衛戦をやってもいいくらいでした」

――8月の王座決定トーナメントは1日2試合でしたが、2試合ともKO勝ちでしたし、そこまで休むことなく比較的早く練習を再開したのですか?
「そうですね。怪我もそこまでなかったので、特に練習が出来ないという状況ではなかったです」

――改めてチャンピオンになってからここまでの間、堀尾選手自身はどんなことを考えて練習してきましたか?
「チャンピオンになって目標は達成したんですけど、また新たな目標として防衛し続けることが大事だと思います。ベルトを持った以上、これから戦っていく選手はもっと強くなると思うので、今まで以上に練習に力を込めてやらなきゃいけないという意識を持っています」

――チャンピオンになって落ち着くというよりも、もっとチャンピオンとして自分を高めるという意識なんですね。挑戦者のハメッシュにはどんな印象を持っていますか?
「前に出てくる力もあるし、いい意味で技もこれという決めたものがなく、とにかくなんでも出来る選手ですよね。距離を取るタイプではなく、近い距離でパンチも打ちたい選手だと思うので、自分とは噛み合うんじゃないかなと思ってます」

――武尊選手に敗れてはいますが、武尊選手が倒せなかった相手ですし、逆にハメッシュのパンチで武尊選手の顔も腫れていました。敗れてもなおインパクトを残した相手ですが、今まで戦ってきた中でも一番の強豪ですか?
「そうですね。本当にどんどん相手が強くなるということを実感しました」

――堀尾選手の成績を振り返るとKrush-55kgのファイターとはほとんど戦っていて、しっかり勝ってきました。こういった海外の強豪と戦うことはイメージされてましたか?
「してましたね。外国人選手は経験したことのないパワーや体の強さがあるので、そういうものもチャンピオンにならなかったら経験できなかったと思います。だから少しワクワクもしてまいますね」

――武尊選手が倒せなかった、判定まで粘られた相手と戦うとなればそれを越える結果や内容=ずばり“KO”が自分のテーマですか?
「はい。やはり『Krushのベルトを持つ者が強い』や『他の団体の選手よりも強い!』という姿を見せたいし、武尊選手と比べられることも意識しています。武尊選手といずれは戦わせてほしいんですけど、もしここで武尊選手が勝った相手に負けていたら、その道は完全に閉ざされてしまいます。武尊選手との対戦を見据えたうえでも負けてはいけない相手なので、勝つための努力をしていきたいですね」

――王座決定トーナメントを含めて、ここ最近の充実ぶりで堀尾選手への期待感は高まっていると思います。それがプレッシャーになることはないですか?
「それはないですね。期待してもらえる嬉しさの方が一気に来ているので、それにどんどん応えたいです。周りの期待に応えれば、これだけ嬉しいことがあるんだから、もっと嬉しいことが欲しい!という貪欲さが今まで以上に出てきましたね」

――今回はメインイベントでの試合となりますが、自分もここまで来たかという気持ちはありますか?
「はい。会場に入った時には緊張するとは思うんですけど、リングに立てば、ものすごく楽しめると思うので、楽しみですね」

――周りの期待も高まる中、初防衛戦でどんな試合を見せたいですか?
「僕の一番の武器は、気持ちを出して前に前に攻め続ける諦めないファイトスタイルなので、それを出していきたいです。その上で僕が狙うのは相手を倒してお客さんがワァーッ!と盛り上がってスカッとするKO勝利です。今までだったら気持ちを出して結果的に倒せればいいと思いましたが、Krushのチャンピオンになった以上、倒す前提で気持ちを出していきたいです」

――王座決定トーナメントを超える興奮を生みたいですか?
「そうですね。あの時はものすごく嬉しかったのですが、今回はチャンピオンとしてメインイベントのタイトルマッチを戦うので、あれ以上の歓声を起こせるくらいのKO劇をやらないといけないと思っています」

対戦カード




第9試合 メインイベント Krush -55kgタイトルマッチ 3分3R(延長1R)
堀尾竜司(TRY HARD GYM/王者/55.0kg)※初の防衛戦
ハキム・ハメッシュ(フランス/チーム・ナセル・カシム/挑戦者、元WBCムエタイ世界フェザー級王者/55.4kg→)

第8試合 セミファイナル Krush -58kg王座決定戦・出場者決定戦 3分3R(延長1R)
神戸翔太(POWER OF DREAM/TEAM AK/57.8kg)
大滝裕太(ネクサスジム/58.0kg)

第7試合 -60kg Fight 3分3R(延長1R)
山本真弘(ゴールデングローブ/元IT'S SHOWTIME世界-61kg級王者/60.0kg)
闘士(池袋BLUE DOG GYM/59.7kg)

 ~休憩~
 ~武尊、牧平圭太ほか挨拶~

第6試合 -70kg Fight 3分3R(延長1R)
山崎陽一(K-1ジム・シルバーウルフ/70.0kg)
小鉄(K-1ジム目黒TEAM TIGER/70.0kg)

第5試合 -70kg Fight 3分3R(延長1R)
松倉信太郎(TRY HARD GYM/70.0kg)
内山政人(Funny-G/69.6kg)

第4試合 -54kg契約 3分3R(延長1R)
瀧谷渉太(KSS健生館/元Krush -55kg王者/53.7kg)
亀本勇翔(K-1ジム・チームドラゴン/54.0kg)

第3試合 -58kg Fight 3分3R(延長1R)
鈴木雄三(極真会館/58.0kg)
渡辺 武(Booch Beat/58.0kg)

第2試合 -58kg WILDRUSH League 2015公式戦(最終戦) 3分3R
小澤海斗(K-1ジムEBISU小比類巻道場/勝ち点8/58.0kg)
伊藤健人(K-1ジム目黒TEAM TIGER/勝ち点5/58.0kg)

第1試合 -58kg WILDRUSH League 2015公式戦(最終戦) 3分3R
翔也(K-1ジム・チームドラゴン/勝ち点5/58.0kg)
藤橋 光(K-1ジム・シルバーウルフ/勝ち点3/58.0kg)

-58kg WILDRUSH League 2015公式戦(最終戦) 3分3R
○朝久裕貴(朝久道場/勝ち点6→8)
×林 京平(JTクラブジム/勝ち点1)
不戦勝

 ~オープニングトーク 山崎秀晃~

オープニングファイト第3試合 -60kg Fight 3分3R
篠崎澄人(K-1ジムEBISU小比類巻道場/60.0kg)
浅利一徹(池袋BLUE DOG GYM/59.6kg)

オープニングファイト第2試合 -67kg Fight 3分3R
斉藤雄太(K-1ジムEBISU小比類巻道場/67.0kg)
栗原圭佑(Fighting Kairos/66.7kg)

オープニングファイト第1試合 -53kg Fight 3分3R
武居由樹(POWER OF DREAM/WINDY KICKスーパーフライ級王者/53.0kg)
勝大(K-1ジム・シルバーウルフ/52.2kg)

スケジュール


開場・17:00  オープニングファイト開始・17:15  本戦開始・18:00  

中継


ニコニコ生放送 ニコニコKrushチャンネル月額会員800円、非会員1,200円
GAORA

チケット料金


SRS席(最前列・2列目/パンフレット付き) 15,000円
RS席 9,000円 
S席 6,000円 
A席 4,500円
スタンディング・小中学生 1,000円(当日のみ)
※当日座席券は各500円アップ。当日券は16時より1F・当日券売場にて販売
※小学生からチケットが必要です

チケット発売所


チケットぴあ 0570-02-9999  http://t.pia.jp/ (Pコード:594-620)~12/1(火) 23:59まで
イープラス  http://eplus.jp/ ~12/1(火) 20:00まで
ローソンチケット 0570-084-003  http://i-tike.com/ ~12/1(火) 23:59まで
後楽園ホール5F事務所(店頭販売) 03-5800-9999 ~12月3日(金)19:00まで ※店頭販売
グッドルーザー(電話予約) 03-6450-5470

お問い合わせ


グッドルーザー 03-6450-5470  http://www.krush-gp.com  

Home > NEWS > Krush > 計量クリアの堀尾竜司「武尊選手がKOできなかった選手をKOする」:12.4 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について