Home > NEWS > Krush > 寺崎直樹、「夢先生」で奮起。佐々木大蔵、狙うは-63kg王座:10.4 後楽園

寺崎直樹、「夢先生」で奮起。佐々木大蔵、狙うは-63kg王座:10.4 後楽園

 Krush.59(10月4日(日) 後楽園ホール)のセミファイナル・-65kg Fight 寺崎直樹 vs. 佐々木大蔵の両者の直前インタビューが主催者から届いた。1月にベルトを失い「気持ちが揺らぎかけた」という寺崎だが、日本体育協会などが主催する「スポーツ笑顔の教室」で東北の震災被災地の子供たちとふれあい、逆に子供たちに勇気づけられ復帰の後押しになったことを明かす。

寺崎直樹(Booch Beat/元-65kg王者)


――1・4「Krush.50」でのKrush-65kgタイトルマッチで挑戦者NOMAN選手に敗れて以来、約9カ月ぶりの試合となりました。試合間隔が空いた理由は何だったのですか?
「一番はベルトを失ったことですね。ずっとベルトを目標にやってきて、初防衛戦ではベルトを守るつもりで戦いました。そこでベルトを手放してしまい、また色々なことを考えて、というのが試合が空いた理由ですね」

――ベルトを手放してからの期間はどのような心境で過ごしていたのですか?
「もちろんベルトを失って落ち込んだし、ものすごく悲しかったです。でも試合には勝てませんでしたが、それ以上にNOMAN戦では自分のやりたいことが出来たんです。成長を感じることが出来たし、まだ自分は選手としてやっていけるなという手応えもありました」

――力をすべて出し切って結果が出なかったという試合ではなかったわけですね。
「はい。フィジカル面だったり、テクニック面を強化するために新しい練習を始めたり、それを試合で出すことが出来て『自分自身まだ強くなっている』や『まだ自分には可能性がある』と思いました。またベルトを失って新しい目標ができたり、格闘技以外の幅広い方面に仕事や活動の幅が広がりました」

――例えばタイトルを獲って変わったと言われることはありましたか?
「ありましたね。タイトルを獲ったあと、出稽古先で『顔つきが変わったね』と言ってもらえることが多くて、僕自身はそういう意識は全くなかったんですけど、ベルトを獲るとそれが顔つきにも出るのかなと思いました」

――いつ頃までに復帰戦をやりたいという希望はあったのですか?
「試合自体はすぐにでもやりたかったし、本当はもう少し早くやりたかったのですが、仕事のこともあって、そちらにベクトルを置いていたら、色々とタイミングが合ったのが10月でした」

――そして復帰戦の対戦相手が佐々木選手に決まりました。佐々木選手は普段-63kgで試合をしている選手なので、対戦相手としては意識していなかった選手だと思います。
「そうですね。ずっと-63kgでやっていた選手だったので、最初は『えー!』と思いました。でも自分ももともとは-63kgだったので、階級を上げてきたんだなという感じで見ています」

――ファイターとして佐々木選手にはどんな印象を持っていますか?
「技も上手いし、以前チームドラゴンの山崎(秀晃)選手から『スパーリングをやっていてもすごく強い』という話を聞いたこともあって、そういう選手なんだなというイメージです」

――寺崎選手にとっては9カ月ぶりの試合ということで、9カ月前と比較してどんな姿を見せたいですか?
「まず今回の試合に向けて新しい練習を取り入れているので、それを試合で出したいですね。あとはナオキック(石川直生)のつながりで夢先生というものに参加させてもらって、これは色んなジャンルのアスリートが全国の小学校に行って、自分のことを話すというものなんですね。そして話が終わったあとに生徒さんにそれぞれ夢を書いてもらって、それが最終的に僕のところに送られてくるのですが、その中に『先生もベルトを失ったかもしれませんが、またチャンピオンになってください』というメッセージがあったんです。それを見た時、たった一日で少年に何か影響を与えられたことがうれしくて、そういう経験が復帰への後押しにもなりました。正直ベルトを失って気持ちが揺らぎかけましたけど、そういった経験や周りのサポートが新しいモチベーションになっていて、また新たな想いを持って戦いたいと思います」

――タイトルを失っても、新たにモチベーションになるものが見つかったわけですね。
「はい。それまでは自分のためだけに戦っていて、家族や仲間のために戦おうと思ってチャンピオンになれました。今はまた新しいモチベーションがあるし、モチベーションそのものも高いです。身体もしっかり上がっているので、あとはきっちり結果を出したいと思います」

――現在、-65kgでは王者NOMAN選手が名古屋大会でドロー防衛に成功して、11・14「Krush.60」で山崎秀晃選手と2度目の防衛戦を行います。今の-65kgの状況をどのように見ていますか?
「僕はNOMANにも山崎選手にも負けているし、-65kgにはK-1で活躍している選手たちもいて、本当に強い選手が多い階級だと思います。その中でNOMANと山崎選手が戦うことになって、2人とも知っている仲なので複雑な想いもありますが、この2人が戦うことでまたKrush-65kgに新しい何かが生まれると思います」

――それでは最後に寺崎選手の復帰を楽しみにしているファンのみなさんにメッセージをいただけますか?
「自分の中で新しい戦うテーマや目的が出来ているので、またリングの上で暴れたいと思います。期待していてください」

佐々木大蔵(チームドラゴン)


――試合へ向けて体調や仕上がりはいかがですか?
「いつも通りばっちりに仕上がっています。早く試合がしたくて、試合当日が待ち遠しいです」

――普段は-63kgで試合をしている佐々木選手ですが、今回は-65kgでの試合になりました。何か調整面でいつもと違うことはありましたか?
「いつもより2kg違うので減量は楽ですし、そこまで減量に重点を置かずに練習に身を注ぎました。いつも以上に自分をいじめることが出来ましたね」

――改めて今回-65kgでの試合を受けた理由を教えてもらえますか?
「-65kgでオファーを受けたというのもあるし、対戦相手が前チャンピオンの寺崎選手ということでチャンスだなと思いました。自分の名前を上げられる試合だと思ったので、すぐにやりますと返事しました」

――佐々木選手は今年に入って2連敗と結果が出ていない状況ですが、それについてはどう捉えていますか?
「負けてはいけないというか…僕自身、負けるとは思っていなくて、そういうところがダメだったのかなと思います。決して気を抜いたわけではないですが、自分自身の動きが出来れば勝てると思って、事前に対戦相手の映像もほとんど見なかったんですね。そこで自分の未熟さに気づけたし、色々な反省点が見つかる試合でした。もう次は後がないという気持ちで練習に身を注いでますし、覚悟も出来ています」

――もうこれ以上、負けられないとう危機感はありますか?
「危機感というか…もう終わってしまったことなので、そこで見つかった反省点を克服できているかどうか。そこは自分次第ですし、僕は克服した姿を見せるつもりです」

――対戦相手の寺崎選手にはどんな印象を持っていますか?
「HIROYA選手に勝った試合が印象的で、若い選手にも負けない勢いがある選手だなと思います」

――寺崎選手は一発で試合を決める攻撃力があって逆転勝ちも多い選手ですが。
「そういう部分ではお客さんの心をひきつける選手だなと思いますね」

――今回の試合は佐々木選手にとって次につながる大きなチャンスだと思います。この試合をクリアして浮上のきっかけにしたいと思いますか?
「はい。ずっと秀さん(山崎秀晃)がKrush-63kgのベルトを持っていて、先日タイトルを返上したじゃないですか。だから-63kgのタイトル戦線に名乗りを上げるのが僕の役目だと思うし、僕が-63kgのチャンピオンにふさわしいと思ってもらえる試合を見せたいです」

――佐々木選手としては空位になっている-63kg王座を狙っいきたい、と。山崎選手の返上が発表された直後、誰もよりも早くツイッターで「第4代Krush-63kgのベルトを巻くのは俺だ」とアピールされていましたね。
「はい。ああいうところでも誰にも負けたくなかったんで。-63kgはずっと同門の秀さんがのチャンピオンでしたけど、秀さんの次にベルトを巻くのは僕だと思っていたので、誰にもそれは譲れないし、譲るつもりもありません」

――佐々木選手が-63kg戦線に絡むためにも、今回の試合は重要な一戦になりました。ずばりどんな試合を見せたいと思っていますか?
「今回は-65kgの試合ですが、元チャンピオンの寺崎選手が相手です。現チャンピオンのNOMAN選手は寺崎選手に判定勝ちでしたが、僕はその寺崎選手をKOで倒して、NOMAN選手以上のインパクトを残したいと思います。そして-63kgのタイトル戦線に名乗りを上げます!」

対戦カード


第9試合 メインイベント Krush -70kgタイトルマッチ 3分3R(延長1R)
中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/王者)※初の防衛戦
山内佑太郎(HALEO TOP TEAM/挑戦者)

第8試合 セミファイナル -65kg Fight 3分3R(延長1R)
寺崎直樹(Booch Beat/元王者)
佐々木大蔵(チームドラゴン)

第7試合 -77kg契約 3分3R
阿佐美ザウルス(TANG TANG FIGHT CLUB)
藤田智也(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

第6試合 -58kg WILDRUSH League 2015公式戦 3分3R
小澤海斗(K-1ジムEBISU小比類巻道場/勝ち点8)
朝久裕貴(朝久道場/勝ち点4)

第5試合 -58kg WILDRUSH League 2015公式戦 3分3R
翔也(チームドラゴン/勝ち点5)
伊藤健人(K-1ジム目黒TEAM TIGER/勝ち点3)

第4試合 -58kg WILDRUSH League 2015公式戦 3分3R
林 京平(JTクラブジム/勝ち点1)
藤橋 光(シルバーウルフ/勝ち点0)

第3試合 -55kg Fight 3分3R(延長1R)
石田圭祐(チームドラゴン)
朝久泰央(朝久道場)

第2試合 -55kg Fight 3分3R(延長1R)
kazyosi(シルバーウルフ)
貴章(Gwinds/KDN)

第1試合 -53kg Fight 3分3R
亀本勇翔(チームドラゴン)
武居由樹(POWER OF DREAM/WINDY KICK スーパーフライ級王者)

オープニングファイト第3試合 -63kg Fight 3分3R
KAZUHIRO(BTC GYM)
並木義弘(TEAM OJ)

オープニングファイト第2試合 -65kg Fight 3分3R
ユウキ・旬(FADT)
野口陽平(87キックフィットネスクラブ)

オープニングファイト第1試合 -60kg Fight 3分3R
飛翔(チームペガサス)
本村謙太(朝久道場)

スケジュール


開場・17:00  オープニングファイト開始・17:15   本戦開始・18:00  

中継


ニコニコ生放送 ニコニコKrushチャンネル月額会員800円、非会員1,200円
GAORA 初回放送 10月20日(火)19:00~22:00

チケット料金


SRS席(最前列・2列目/パンフレット付き) 15,000円(完売)
RS席 9,000円 
S席 6,000円 
A席 4,500円
スタンディング・一般 3,500円(当日のみ)
スタンディング・小中学生 1,000円(当日のみ)
※当日座席券は各500円アップ
※小学生からチケットが必要です

チケット発売所


チケットぴあ 0570-02-9999  http://t.pia.jp/ (Pコード:594-620)10/1(木) 23:59まで
イープラス  http://eplus.jp/ 10/1(木) 20:00まで
ローソンチケット 0570-084-003  http://i-tike.com/ 9/30(水) 23:59まで
後楽園ホール5F事務所(店頭販売) 03-5800-9999
グッドルーザー(電話予約) 03-6450-5470

お問い合わせ


グッドルーザー 03-6450-5470  http://www.krush-gp.com

Home > NEWS > Krush > 寺崎直樹、「夢先生」で奮起。佐々木大蔵、狙うは-63kg王座:10.4 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について