Home > NEWS > Krush > 卜部弘嵩、因縁のグサヴィエ・バスターとISKA世界王座戦:4.26 フランス

卜部弘嵩、因縁のグサヴィエ・バスターとISKA世界王座戦:4.26 フランス

 卜部弘嵩(チームドラゴン/元Krush -60kg級王者)の初の海外遠征試合が決まった。12年10月のKrushで対戦したグサヴィエ・バスターの地元フランスに乗り込み、4月26日(土/現地時間)にリマッチを行う。今回はISKA世界スーパーライト級王座決定戦として行われる。弘嵩は「周りを黙らせるぐらい、日本の選手が強いところをしっかりアピールしたい」と話した。
 バスターは韓国生まれのフランス人で29歳。弘嵩と12年10月に対戦し、延長までもつれ込む接戦を繰り広げたが、弘嵩の右ハイで左耳の皮膚が裂けドクターストップと、スッキリしない結末となってしまっていた。バスターは昨年6月のKrushにもISKA世界ライト級(60kg)王座決定トーナメントの出場で来日。初戦は石川直生にTKO勝ちしたが、石川戦で左右のまぶたをカットし、決勝の卜部功也戦は傷が深くなりレフェリーストップ負けと、卜部兄弟とは因縁浅からぬファイターだ。

 バスターはかねてから弘嵩との再戦を熱望しており、バスターの住むフランス・ヴァンヌで4月26日(土/現地時間)に試合が組まれることに。空位のISKA世界スーパーライト級王座(62.3kg)が懸けられる。ルールは肘無しのK-1スタイルのオリエンタルルールで3分5R。両者とも本来はスーパーライト級よりも軽い階級のため、双方同意のもと61.5kg契約で争う。弘嵩は2月14日のKrush.38でパク・ヒョンソン(韓国)に判定勝ちしており、2か月半の間隔での試合となる。

 26日、東京・表参道のKrush事務局での記者会見で、弘嵩は「去年出たKrush選手名鑑にも海外の試合に出たいと書いていたので、試合が決まってうれしいです」「バスター選手の地元で完全アウェーですが、しっかり勝ってベルトを持ち帰りたいです」と抱負。前回の決着を踏まえ「きっちり倒して勝ってきたい」と話し、「アウェーなんで、色々あると思うんですけど、そういうのも含めて自分の強さを見せたい」「周りを黙らせるぐらい、日本の選手が強いところをしっかりアピールしたい」と意気込んだ。

 さらにKrushの宮田充プロデューサーは、弘嵩の弟・功也にも、フランスの別の大会から4月の試合のオファーが来ていることを明かした。Krushには元-63kg級王者のトーマス・アダマンドポウロスら多数のフランス人ファイターが参戦しており、フランスでもKrushの認知度は高まっているといい、その流れでこれらのオファーにつながっている。宮田氏は「フランスでいい試合をしてもらって、Krushの強さをアピールしてもらいたい」「日本から何人か乗り込んで対抗戦になるのが理想」とも話しており、両国のしのぎ合いが今後ますます発展していきそうだ。

Home > NEWS > Krush > 卜部弘嵩、因縁のグサヴィエ・バスターとISKA世界王座戦:4.26 フランス

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について