Home > NEWS > Krush > 野杁正明、-67kg級王座返上。ベストの-65kgで王座奪取宣言

野杁正明、-67kg級王座返上。ベストの-65kgで王座奪取宣言

 野杁正明(OISHI GYM)がKrush -67kg級王座を返上した。ベスト体重の-65kg級でKrush、GLORYの頂点を目指すのが理由。3月8日のKrush.39で初代-65kg級王座決定トーナメント準決勝・決勝が行われるが、野杁は「他の階級に比べるとパッとしないんで盛り上げたい」と語り「5月11日の後楽園で勝って、8月24日の名古屋でタイトルマッチをやり、11月3日の代々木にはチャンピオンとして出たい」と青写真を描いた。
 野杁は昨年5月のGLORY 65kg SLAM決勝で久保優太に敗れ、9月の名古屋でのリベンジマッチで勝利。久保の持つ-67kg級王座が懸けられ、野杁が勝利しチャンピオンとなった。その間に高橋誠治を破りWBCムエタイ日本スーパーライト級(63.5kg)王座を獲得。今年に入り2月16日のNJKFでは大和哲也の持つWBCムエタイ・インターナショナル・スーパーライト級王座に挑戦し敗れたが、野杁の本来のベスト体重は2本のベルトの間の65kgだという。

 東京・表参道のKrush事務局で26日会見した野杁は「67kgのベルトを取れてうれしかったんですが、この間の63.5kgの減量もキツくて、65kgがベストだと思っていたので、67kgのベルトを返上することにしました。3月8日に65kgの初代王者が決まるんですけど、そこに食い込みたいです。65kgで日本一、世界一を目指したいです」と返上の経緯と今後の展望を語った。
 今年に入って本格始動したKrush -65kg級は、1月の後楽園大会で初代王者決定トーナメント一回戦が行われ、3月8日の後楽園で準決勝と決勝が行われる。野杁は「同じ名古屋出身で一緒に練習している泰斗君にベルトを取ってもらいたいんですけど、他の階級に比べるとパッとしないんで、僕が入って盛り上げたいです」と豪語する。

 野杁のKrush -65kg級での初戦は、5月11日の後楽園大会を予定。Krushの宮田充プロデューサーは5月に1試合を挟ませてから野杁に王座挑戦させる考えで「これ以上実績十分な選手はいない。一番最初のチャレンジャーは野杁君がふさわしい」と語った。
 野杁は「5月11日の後楽園大会で勝って、8月24日の名古屋大会でタイトルマッチをやり、11月3日の代々木大会にはチャンピオンとして出たい」と早くも青写真を描いており、「世界のベルトはまだ一本も持ってないので、GLORYの65kg級のベルトも取りたい」とさらに先の夢も語った。なお、現在のGLORYのフェザー級(65kg)のランキングは1位・モザブ・アムラーニ、2位・久保、3位・野杁、4位・リアム・ハリソン、5位・ゲイブリエル・ヴァルガとなっている。

 また、ムエタイ路線についても、野杁は「主戦場はKrushですけど、話のチャンスがあれば会長と決めていきたいです」と前向きなコメント。宮田氏も「高橋戦、大和哲也戦と、1回だけで終わらない意義のあるオファーWBCムエタイさんとNJKFさんには頂きました。二刀流でやっていくとすれば凄いですし、あの試合(哲也戦)で野杁君の可能性を感じた人も多いと思います。基本はKrushをベースに暴れてもらうんですけど、今後もいいオファーがあれば、OISHI GYMさんとも相談して送り出したいです」と話し、後押しする姿勢を示した。

Home > NEWS > Krush > 野杁正明、-67kg級王座返上。ベストの-65kgで王座奪取宣言

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
5月は入会金無料!フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニン...

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について