Home > NEWS > Krush > 寺戸伸近×鈴木優也、直前インタビュー届く:2.14 後楽園

寺戸伸近×鈴木優也、直前インタビュー届く:2.14 後楽園

 Krush.38(2月14日(金) 後楽園ホール)で約半年ぶりのリングに上がる寺戸伸近(Booch Beat/ISKA世界バンタム級(55kg)王者)と、対戦相手となる鈴木優也(TEAM TIGER KGT)の直前コメントが主催者から届いた。

寺戸伸近


寺戸伸近
――昨年8月の広島大会以来、約半年ぶりの試合になりましたね。
「去年は1月から試合が続いてダメージも溜まっていたので、一度、そのダメージをしっかり抜こうと思っていました。それで広島大会後に少し休暇を作って、身も心もリセットすることが出来ましたね」

――昨年は初代-58kg級王座決定トーナメント&ISKA世界バンタム級王者の防衛戦と厳しい試合が続きました。いずれも激しい試合ばかりで、特にISKAの防衛戦では2度ダウンを奪われてからの大逆転勝利でした。
「お客さんや周りの人から『すごい試合だった!』と言ってもらうことは多かったですね。でも僕は勝つ前提で戦っているし、出来ることなら一方的にビシッと勝ちたいです(苦笑)」

――もう“やられてからやりかえす”試合は卒業ですか?
「どうなんですかね。自分は先にやられた方がスイッチが入るのかもしれないですけど…いずれにしても今年はやられずにやる、そういう試合をしていきたいです」

――そして今大会では昨年のWILDRUSHリーグ出場者・鈴木選手と対戦が決まりました。
「自分の中では3月までには試合をしたいと思っていたので、まずは試合をするという部分で、対戦相手のことは特に意識していませんでした」

――鈴木選手にはどんな印象を持っていますか?
「去年1年間リーグ戦を戦って成長していると思うので、気をつけるところは気をつけて、しっかり勝とうと思います」

――寺戸選手自身「自分はこの相手に負けているレベルじゃない」という気持ちもありますか?
「そうですね。周りの目もそうだろうし、自分の中で勝たなきゃいけない相手だと思っています。自分はリスクがある試合ばかりなので、そのリスクに囚われないようにしっかり戦って勝つだけです」

――寺戸選手のキャリアを考えると、自分よりキャリアがある選手や年齢が上の選手と戦うことはほぼないと思います。「寺戸を喰ってやろう」「寺戸に勝って一旗揚げよう」という相手と戦い続けていると思いますが、どんな心境で戦っているのですか?
「初めてチャンピオンになった時(2009年1月)から追われる立場でやってきたし、それが当たり前でやってきた部分はあります。でもそう簡単にはいかないよというのを見せ続けたいです」

――今回は56kg契約の試合です。55kgと58kgのどちらで戦っていくのかも含めて、寺戸選手は今年どんなことをやっていきたいと思っていますか?
「正直そこは難しい部分もあって、適正階級で言えば55kgだと思うんですよ。でも自分は58kgでもやろうと思えば出来るし…」

――最近では瀧谷渉太選手と練習を共にし、試合ではセコンドにもついています。その瀧谷選手は-55kg級王者に返り咲きした。
「今のところKrushで55kgのベルトを目指すというのは考えてないですね。もしKrushでベルトを狙うのは58kgになるのかな、と。ただ身体的に2つの階級でベルトを獲りに行くのは厳しいところもあるので、そこはしっかりと考えたいです。いずれにしても僕はISKA世界バンタム級王者なので、ISKAのチャンピオンとして防衛していくことが最優先だと思います」

――なるほど。やはり今年も海外の強豪と戦っていきたいですか?
「そうですね。やっぱり海外の選手は日本人とは違う強さがあるんで、自分は海外でも通用するんだというところを見せたいです」

――寺戸選手はKrushのベルトではないですが、ISKAの世界王者としてどんな戦いを見せたいと思っていますか?
「自分は不器用な選手なので、必死に戦う姿を見せることしかできないかもしれません。その中でも気持ちある試合をしっかり見せて、少しでもKrushが盛り上がって、自分も輝いていけたらいいかなと思います」

鈴木優也


鈴木優也
――昨年はWILDRUSHリーグへの出場もありましたが、鈴木選手にとってはどんな一年でしたか?
「正直、思い通りにいかない一年でしたね。本当は去年のWILDRUSHリーグで優勝して、1月にチャンピオンになっている予定だったので(苦笑)。それでも今回このようなチャンスが巡ってきて、関係者の方たちには感謝しています」

――リーグ戦では負傷欠場もあり、優勝には手が届きませんでした。しかし結城将人選手との最終戦は期待を感じさせる内容・結果だったと思います。
「いやあ…まだまだ不完全です。最後に打ち合いに持ち込まれて相手のペースになっちゃいましたが、本当はもっとテクニックでペースを掴んで倒すところで倒す、そういう試合をしたかったんです。それが思った以上に結城選手がタフで、あんな試合になってしまいました(苦笑)」

――なるほど。本当の鈴木選手はあんなものではない、と。
「はい。試合後には『もっとやれるだろ!』とダメ出しされましたし、この3カ月でさらにレベルアップしています」

――対戦相手の寺戸選手は長年この階級のトップを走っている選手ですが、どんな印象を持っていますか?
「僕がデビューしていた頃からチャンピオンで、今もISKAの世界タイトルを持っている、尊敬できる選手だと思います」

――そんな寺戸選手と対戦相手として戦うわけですが、戦う相手としてどう分析していますか?
「本当に手ごわい相手ですよね。でも今の僕は確実に進化しているので、倒して勝てると思っています。寺戸選手の方がキャリアも上ですが、僕が寺戸選手をKOして、瀧谷(渉太)選手のベルトに挑戦するつもりです」

――かなり自信があるようですね。寺戸選手に勝つ・倒すイメージはできていますか?
「明確にイメージできています。そのイメージがハマれば早い段階で倒すことも可能だと思います」

――ずばりどんな試合をして勝ちたいと思っていますか?
「最後は倒して勝ちたいですね。タイトル挑戦に向けて『次の挑戦者は鈴木しかいないだろう』と思われる勝ち方をします」

――寺戸選手は「早めにぶち壊してやろうと思います」と圧勝を宣言しています。それについてはいかがでしょうか?
「僕はそれ以上の気持ちで倒しに行くつもりです」

――-55kg級において鈴木選手はどんな自分をアピールしたいですか?
「まずは僕が寺戸選手に勝つことで-55kg級の勢力図を塗り替える。そして僕がチャンピオンになります」

――タイトル獲得という目標はもちろん、2014年はどんな1年にしたいですか?
「WILDRUSHリーグの時にも言ったことですが、Krush-55kg=鈴木優也にしたいですね。実は僕の先輩たちはみんな26歳でチャンピオンになっていて、僕も今年26歳なんですよ。去年で厄年も終わったので、2014年の鈴木優也に期待してください!」

対戦カード




第6試合 メインイベント 64kg契約 3分3R(延長1R)
山崎秀晃(チームドラゴン/Krush -63kg級王者)
モハメド・ギャラウィー(チュニジア/KONA TEAM/WAKO-PROムエタイ世界スーパーライト級王者)

第5試合 セミファイナル 61kg契約 3分3R(延長1R)
板橋 寛(スクランブル渋谷/Krush -60kg級王者)
小川 翔(OISHI GYM/MA日本ライト級2位)

第4試合 56kg契約 3分3R(延長1R)
寺戸伸近(Booch Beat/ISKA世界バンタム級(55kg)王者)
鈴木優也(TEAM TIGER KGT)

 ~休憩~
 ~梶原龍児(チームドラゴン/元Krush -63kg級王者)引退式~

第3試合 60.5kg契約 3分3R(延長1R)
卜部弘嵩(チームドラゴン/元Krush -60kg級王者)
パク・ヒョンソン(韓国/サムサンジム/大韓ムエタイ協会ライト級1位)

第2試合 -67kg Fight 3分3R(延長1R)
牧平圭太(HALEO TOP TEAM)
中澤 純(ワイルドシーサー群馬/INNOVATIONウェルター級王者)

第1試合 -58kg Fight 3分3R
林 健太(チームドラゴン)
大野 聖(頂上会テアゲネス)

オープニングファイト第3試合 -60kg Fight 3分3R
平塚大士(チームドラゴン)
遠藤信玄(TEAM TIGER KGT/元J-NETWORKライト級王者)

オープニングファイト第2試合 -55kg Fight 3分3R
佐野天馬(チームドラゴン)
リョウタ(鷹虎ジム)

オープニングファイト第1試合 -58kg Fight 3分3R
MITSUTAKA(チーム緒方)
伊藤健人(TEAM TIGER KGT)

スケジュール


開場・17:30 オープニングファイト開始・18:00 本戦開始・19:00

チケット料金


SRS席 15,000円(最前列・2列目/パンフレット付き)
RS席 9,000円
S席 6,000円
A席 4,500円
スタンディング・一般 3,500円(当日のみ)
スタンディング・小中学生 1,000円(当日のみ)
※当日座席券500円アップ
※小学生からチケットが必

チケット発売所


チケットぴあ 0570-02-9999  http://t.pia.jp/  (Pコード:594-620)
イープラス http://eplus.jp/
ローソンチケット 0570-084-003  http://l-tike.com/
後楽園ホール5F事務所(店頭販売) 03-5800-9999
グッドルーザー(電話予約) 03-6450-5470

お問い合わせ


グッドルーザー 03-6450-5470  http://www.krush-gp.com/



Home > NEWS > Krush > 寺戸伸近×鈴木優也、直前インタビュー届く:2.14 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について